世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ミーソン遺跡の現地ツアーに参加しました。服装や持ち物の注意点など

現地ツアーはめちゃ安い

f:id:Fukuneko:20170715113339j:image

 

ダナン・ホイアン観光の目玉のひとつにミーソン遺跡巡りがあります。

このツアー、日本の旅行会社で申し込むこともできますが、なかなかいいお値段になってしまいます…。

現地のツアー会社だと半額以下の値段なので、ホテルのフロント経由でそちらに申し込むことにしました。

 

f:id:Fukuneko:20170715113458j:image

入場に必要なカード 

 

利用したのはAN PHU & AN THU TRAVELという会社。

自称ハンサムガイのヨンさんというガイドさん付きです。ガイドは英語です。

 

f:id:Fukuneko:20170715000246j:plain

さっきのカードを渡して右側の団体用から入場

 

8:30に宿泊したホテル前でピックアップしてもらい、出発。

何て楽なんだ(笑)。

 

ホテルで手配してもらったツアー料金は7USDでした(ドンだと13万ドンくらい)。直接ツアー会社に行けばもう少し安いかもしれません。

朝の回(8時台)と昼の回(13時台)があり、我々は朝の回に参加しました。

 

f:id:Fukuneko:20170715113537j:image

チケットは帰りにもらえました

 

ツアー参加者は55名で欧米系のお客さんがほとんどでした。

あと、ツアー料金とは別に入場料15万ドン(外国人料金、約750円)が別途かかります。

現地ツアーはだいたいそのシステムのようです。

 

バスの中でガイドのヨンさんがスケジュールを説明してくれます。 

帰りルートが「ランチ付きのボート」と「バスで帰るだけ」の2パターンあって(ホテルでも説明あり)、バスの中でお金を払ってランチ付きに変更している人もいました。

確か2、3ドルの違いです。

 

f:id:Fukuneko:20170715000306j:plain

電気カートで移動

 

バスは2時間弱くらいでミーソン遺跡の入口に着きました。

 

途中ヨンさんが道端で下車して消えたのですが、バスを降りたら突然現れていました。謎です。

 

f:id:Fukuneko:20170715000311j:plain

 一方通行(ツアーは矢印と逆に進んだ)

 

グループBCDの遺跡がメインの遺跡になります。

まずはBCDへ向かいました。

 

f:id:Fukuneko:20170715000326j:plain

グループBCDの遺跡

 

ヨンさんが「ここから撮るのが一番!」とおすすめしていた場所付近から撮影。

少し撮影場所が低いですが、チケットの写真と同じ場所です。

 

f:id:Fukuneko:20170715000335j:plain

遺跡の中へ

 

ヨンさんが歩いている観光客に向かって「Excuse me!」と呼び掛けて何かと思ったらビューティフルフォトの邪魔になるからちょっとどいてくれないかみたいなことを言っていました(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20170715000348j:plain

まだBCDエリア

 

写真だと分かりにくいですが、蒸し暑いです!!!

あと虫が居たりするので、日焼け止めと水分、虫よけスプレーなどを持って行くことを強く推奨します。

飲み物は途中遺跡に入る前に立ち寄る売店でも買えます(2万ドン)。

 

f:id:Fukuneko:20170715000353j:plain

 

同じような写真が続きますが、ついつい撮ってしまうのです。

 

f:id:Fukuneko:20170715000403j:plain

 

欧米系の女性はみんな肩を出した服装でした(笑)。

暑いですもんね。 

 

f:id:Fukuneko:20170715000417j:plain

 

これは建物の中に保管された米軍の砲弾です。

ベトナム戦争の際、容赦なく破壊されたベトナムの遺跡たち。

 

修復された部分と昔から残っているレンガの違いの説明もしてくれました。

 

f:id:Fukuneko:20170715000416j:plain

シヴァ神が祀られていた

 

古いレンガは接着剤なしで組まれていて、新しいレンガは色が違い、レンガの間に接着剤が使われていました。

 

f:id:Fukuneko:20170715000432j:plain

首がない

 

フランス領だったベトナム、フランス人がこの遺跡を発見して、首を持って行ったりしたそうです。 

 

この像だったかは忘れましたが、今はフランスの美術館に保管されていて、ベトナムへの返還を求めているけれどまだ手元に戻ってきていないとヨンさんが言っていました。

 

f:id:Fukuneko:20170715000440j:plain

カンボジアっぽい(行ったことないけど) 

 

f:id:Fukuneko:20170715000453j:plain

どうやって組んだんだ

 

f:id:Fukuneko:20170715000503j:plain

みんな興味津々で撮る

 

f:id:Fukuneko:20170715000526j:plain

ドラクエの世界 

 

f:id:Fukuneko:20170715000547j:plain

 「旅の扉」(ワープゾーン)がありそう

 

f:id:Fukuneko:20170715000600j:plain

ガイドのヨンさん

 

ちなみに我々は「チームベトナム」としてベトナムの国旗を目印に行動していました。

ガイドのヨンさんが面白い方で、時々皮肉も交えたベトナムとアメリカ、フランスとの過去を語ってくれます。

 

ヨンさんのお父さんはベトナム戦争から帰ってきて奥さんと出会い、ヨンさんが生まれたそうです。 

「Thank you for Americac poeple.」と。うまいなあ。

 

f:id:Fukuneko:20170715000611j:plain

偶然モデルさんみたいな人が写った 

 

f:id:Fukuneko:20170715000626j:plain

黒いのはライオンのモンスターだそう

 

f:id:Fukuneko:20170715000636j:plain

クメール語の石板

 

f:id:Fukuneko:20170715000653j:plain

こんな遺跡も

 

f:id:Fukuneko:20170715000702j:plain

これも首がない

 

f:id:Fukuneko:20170715000708j:plain

 ラピュタっぽい

 

f:id:Fukuneko:20170715000716j:plain

再建中の遺跡も

 

この後突然スコールが来ました。

暑かったので濡れて楽しむ人も。携帯とか大丈夫なのかな。 

 

ミーソン遺跡に行く際の注意点まとめ

f:id:Fukuneko:20170715000725j:plain

10分もせずおさまりました

 

ミーソン遺跡に行くなら現地ツアーが安いです。

不安な場合はホテルに手配してもらうと楽です。直接申し込むより高くなりますが、それでも日本の会社より安いです。

 

雨が降ることもあるので雨具を持って行くことをおすすめします。

飲み物は必須です(現地でも買えます)。

服装は特に気にすることはありませんが、動きやすく歩きやすい服装と靴がベターです。

虫に刺されることもあるので、虫よけスプレーなどがあると安心です。

 

雨にぬれてもすぐ乾くので、濡れたい人はどうぞ(笑)。