世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

バンコク発パンダバスのアユタヤ遺跡ツアーに参加してきた

アユタヤ遺跡に行ってきた

f:id:Fukuneko:20170728140011j:image

神聖な地ですみません

 

バンコク発のアユタヤ半日ツアーに参加してきました。

 

自力で行けば安く済むとは思いつつ、楽さと短時間で効率よく回れるという点からツアーにしました。

 

利用したのはパンダバス。

ツアーは現地でネットから申し込みました。

前日の12時までネットから申し込み可だったので、行き当たりばったりな旅スタイルにありがたいツアーでした。

 

ツアーで回ったのは3ヶ所で、入場料込み。

やっぱりツアーは楽ちんでした。

 

ワット・ヤイチャイモンコール

f:id:Fukuneko:20170728001824j:plain

衣を召された寝釈迦様

 

ツアーの集合が7:10だったため6時起き。

ツアーバスは2時間ほど走って

 

ガイドのビアさんに連れられてまず着いたのは、アユタヤ王宮エリアの外にある「ワット・ヤイチャイモンコール(วัดใหญ่ชัยมงคล)」。

 

左の川に囲まれたエリアがアユタヤ王宮 

 

9:15まで自由行動って言っていたけど、ガイドさんの話が終わらずあと30分ちょいしかない…とソワソワし始めた頃お話が終わり、自由行動に。

 

自由行動は5分延長されました(笑)。

f:id:Fukuneko:20170728001837j:plain

石板のような像は菩提樹を表しているもの

 

この寺院は14世紀の中ごろにアユタヤ王朝の初代王ウートン王によって建立されました。

スリランカから帰国した修行層の瞑想場として建てたそうです。

別名「ワット プラ チャオプラヤータイ」とも呼ばれます。

 

f:id:Fukuneko:20170728001950j:plain

でかい

 

ちょっと残念なことに、仏塔の修復中で黄色い布がかけられていました。

 

f:id:Fukuneko:20170728002001j:plain

でかい(2回目)

 

レンガを組み合わせてよくこんな大きさの建物を建てたものです。

塔の全長は70m。

 

そのうちの半分くらいまで一般の観光客が登ることができます。

 

f:id:Fukuneko:20170728002019j:plain

夜は絶対怖い

 

登る前に靴を脱いでいる人も居ましたが、靴のまま入ってよいそうです。

 

実際、水たまりがあったりいろいろ落ちていたので靴で登ってよかったです。

 

f:id:Fukuneko:20170728002028j:plain

塔から見下ろした図

 

アユタヤの赤レンガはバンコク市内の建物にも使われているそうです。

 

というのも、遺跡がみつかったとき、世界遺産に認定される前は特に保護もされていませんでした。

そのため使えるものはどんどん使おうということで、なくなった遺跡も多いそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170728002320j:plain

ドラクエに出てきそう

 

f:id:Fukuneko:20170728002049j:plain

この感じ好きです

 

18世紀後半にアユタヤ王朝がビルマ(今のミャンマー)軍の猛攻を受けるも、このワット・ヤイチャイモンコールは、市内から離れた場所にあったため戦禍を免れました。

 

16世紀が終わる頃、ビルマ軍との戦いの際、第19代王のナレスワンが自ら象に跨り(この辺りでは馬ではなく象に乗って戦っていた)、ビルマ王子との一騎打ちに勝利し、戦争が終結したことを記念して、高さ72mの仏塔を建てたそうです。

 

つまり勝利の塔か。

塔の中腹にはそのナレスワン王とみられる方の肖像画がありました。

中心には仏舎利(お釈迦様の遺骨)が収めされているそうです。

 

次はいよいよ王朝エリアに入ります。

 

f:id:Fukuneko:20170729095736j:image

この川に囲まれた感じもドラクエ

 

ちょいちょいドラクエを出してすみません。

好きなんです。

 

ワット・マハタート

f:id:Fukuneko:20170728002524j:plain

犬、多かったです

 

訪れたのはワット・マハタート。

 

アユタヤで絶対に見たかった遺跡がこちらにあるのです。

 

f:id:Fukuneko:20170728002533j:plain

木の根が巻き付いた仏頭

 

それがこの仏様のお顔です。

 

このワット・マハタートの仏様の顔はほとんどビルマ軍に持ち去られたそうです。

そしてなぜかこの一つの仏頭がここに置き去られ、今のような形に。

 

記念撮影もできますが、仏様のお顔より高く立たないよう座って撮影をするようにスペースが設けられていました。

 

f:id:Fukuneko:20170728002550j:plain

ダンジョンぽい

 

f:id:Fukuneko:20170728002606j:plain

月日と共に歪んだレンガ壁

 

f:id:Fukuneko:20170728002904j:plain

顔のない仏像たち

 

f:id:Fukuneko:20170728002626j:plain

傾いた塔(水平がずれてるせいもある)

 

ここは敷地が広く、見ごたえがありました。

木の根に埋まった仏塔は必見です!

 

ワット・プラ・シーサンペット 

f:id:Fukuneko:20170728003057j:plain

ゾクゾクする

 

ツアーで見る最後の遺跡がこちら、アユタヤ王宮内最も重要とされた寺院です。

 

元々は1448年に建立され、宮中儀式などがここで行われていました。

 

f:id:Fukuneko:20170728003216j:plain

リクエストに応えて撮影

 

ビルマ軍との戦いで大部分が破壊されたため、現在ある姿は戦後に修復されたものです。

 

まだ敷地内の修復作業は続けられています。

 

f:id:Fukuneko:20170728003311j:plain

この雰囲気好きです

 

f:id:Fukuneko:20170728003552j:plain

絵になる

 

小学生の団体も訪れていました。

 

ナウシカの「蟲笛」のようなおもちゃ(回すとブーンとセミの鳴き声のような音がする)を10バーツで売っていて、子供たちが買っていました。

 

食用のセミを呼び寄せて捕まえるそうです。

本当に蟲笛でした。

 

像にも乗った

f:id:Fukuneko:20170728003718j:plain

意図せずカメラ目線

 

このツアーには10分間の象乗り体験も組み込まれています。

 

初めての象乗りに少しドキドキしましたが、象の背中の高さに乗り場があるのでほっとしました。

 

f:id:Fukuneko:20170728003726j:plain

リラックスリラックス

 

と言っても、桟橋みたいなところから直接象さんの頭に足を失礼して椅子に座るので、足を載せるときは恐るおそるという感じでした。

 

ごめんよ象さん。

 

f:id:Fukuneko:20170728003743j:plain

けっこう揺れる!!

 

乗り心地はというと、けっこうゆっさゆっさします(笑)。

荷物はきちんと抱えておかないとはずみで飛んでいきそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170728003754j:plain

人柱となった仏塔の横を通る

 

f:id:Fukuneko:20170728003806j:plain

この子は記念撮影係

 

初めてのアユタヤ、初めての象乗り。

行って良かったです。

 

いつかドラクエの衣装を着て再訪したいと思いました。