世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

チェンマイで病院に行くなら日本語通訳のいる「Ram Hospital(ラームホスピタル)」が安心

日本語通訳が常駐の病院

f:id:Fukuneko:20170806145403j:image

ウアリン砦の近く

 

海外旅行で怖いのが病気や怪我です。

 

幸いふくねこは海外で病気やけがを経験したことが一度もないのですが(ちょっとした下痢とかはある)、主人は海外で骨折し手術まで至ったことがあるツワモノです。

 

今回もチェンライでお腹を壊し、加えて皮膚炎のようなものも発症しました。

しかもけっこう長引いている…。

 

せっかく海外旅行保険に入っているので、保険会社との提携があり、しかも日本語通訳のいるチェンマイラーム病院に行ってきました。

 

きれいで安心感のある病院

f:id:Fukuneko:20170803231949j:plain

癒しの青

 

まず入ってすぐの辺りに外国人向けカウンター(Foreingner service)があり、そこですぐに日本人の通訳の方が「日本人の方ですか?」と声を発してくださいました。

 

あふれ出る安心感。

 

その後は下の記事のの後半のとおり、無事に診察を終えお薬をもらえました。

 

www.fukuneko-trip.com

 

ラーマ病院でのざっくりした流れをまとめると、

 

通訳さんによる簡単状況聴取

保険証券・パスポートの提示、問診票の記入(通訳さんが手続きしてくれる)

診察(通訳さんが同席してくれる)

次の診察の予約(必要があれば通訳さんが手続きしてくれる)

お会計(サインだけ。通訳さんが案内してくれる)

薬の受け取り(通訳さんが解説してくれる)

お帰り

 

と、通訳さんがすべて親切に案内してくださるという素晴らしい環境でした。

 

今回、東京海上日動の長期向け海外旅行保険に入っていたのですが、提携している病院なのでお会計もサインひとつでOKでした。

 

東京海上日動は出発前に近くに店舗があったこともありそこで申し込みましたが、海外旅行保険のAIU なども長期向けでおすすめです。

 

増設されたきれいな別館も

f:id:Fukuneko:20170806145421j:image

スタバのとなり

 

チェンマイラーマ病院には新しく増設されたヘルスセンターもあり、こちらには歯科(デンタルクリニック)、皮膚科(スキンセンター)などが入っています。

 

新しい施設だけあってめちゃくちゃキレイでした!

 

f:id:Fukuneko:20170806145430j:image

隣のスタバはドライブスルー付き

 

f:id:Fukuneko:20170806145435j:image

 

「チェックアップセンター」や「フィジカルセラピーセンター」もあるので、検査や理学療法なども行っているようです。

 

スキンセンターは主人の診察で中に入ったのですが、クリーンで日本の新しい私立病院のようでした。

(分かりにくいですね。とにかくきれいでした。)

 

別日に行った皮膚科でも日本語のできる通訳さんが付いてくれて安心でした。

 

f:id:Fukuneko:20170806145438j:image

スキンセンターはピンクが基調

 

ちょっと前まで皮膚科の治験を担当していたので、「ここ治験やってくれたらいいな…。」とか無意味に思ってしまいます。

 

タイ北部で何かあった際には、日本語通訳のいるチェンマイラーム病院に相談してみると安心です。

 

ちなみにタイ語だと「ラーム・ロームパヤバーン」です。

「ラームホスピタル」でも通じます!