世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

カトマンズ近郊のダルバール広場3か所を制覇すると入場料が合計3500ルピー(4000円弱)

ダルバール広場は3つある

f:id:Fukuneko:20170819183732j:plain

ネパール地震の被害で多くが損壊

 

山に囲まれた国、ネパール。

首都カトマンズとその周辺にも世界遺産が多くあります。

 

2015年4月25日のネパール地震(震源:カトマンズ北西約77キロ)の影響により、歴史的建造物の多くが損壊しました。

復旧作業が進められていますが、政治的な情勢が不安定であったこともあり、復興は遅々として進まずといった状況だそうです。

 

カトマンズとその近郊にある「ダルバール広場(Durbar Square)」と呼ばれる世界遺産もダメージを受けていました。

 

で、このダルバール広場、なんと3つも存在しています。

復旧中だろうが行くしかない。

 

3箇所とも制覇してきました!

 

カトマンズのダルバール広場

f:id:Fukuneko:20170819180430j:image

入場料1000ルピー(1100円くらい)

 

まずはカトマンズのタメル地区からも歩いて行けるダルバール広場です。

 

タメル地区の真ん中あたりのホテルから歩いて20分くらいで着きました。

街中はあちこちで修復作業をしていて、足場が組まれている建物も多いです。

 

木材が降ってくることもあるので歩くときは上にもご注意ください。

(でかいのが目の前に降ってきた。)

 

平均月収2万円くらいのネパールの物価で考えるとけっこう高いです。

外国人料金ですね。

 

f:id:Fukuneko:20170819192753j:image

 

「ダルバール」は「王宮」とか「宮廷」を意味します。

つまりダルバール広場は元王宮広場があった場所です。

 

f:id:Fukuneko:20170819192815j:image

 

こんな感じの建造物が立ち並んでいます。

広場への入場チケットで博物館にも入れます。

 

で、このダルバール広場ですが、上の写真でも見て分かる通り、鳩がたくさんいます。

 

f:id:Fukuneko:20170819192828j:image

なにこれ

 

鳩がたくさんというレベルを超えて鳩が敷き詰められてます。

 

へりに座っている女性たちは鳩のエサを売っています。

観光客がこれを買って鳩に餌をあげるという仕組みです。

 

世界遺産でそんなことありなのか。

 

f:id:Fukuneko:20170819192842j:image

牛もいる

 

あと、広場にはなぜか牛がいます。

 

野良牛。

 

f:id:Fukuneko:20170819192851j:image

おとなしい牛

 

なぜ牛がいるのかはよく分かりません。

 

あまり損壊していないように見えますが、あちこちで修復作業をしていました。

 

f:id:Fukuneko:20170819192901j:image

 

ネパールはヒンズー教とチベット仏教がメインらしいのですが、無宗教日本人からすると建造物の違いがよく分からないので芸術として鑑賞していました。

 

こうしてお参りしている人たちを見ると、ネパールの人たちの信仰の深さを感じます。

 

タメル地区からも歩いて行けます

 

パタンのダルバール広場

f:id:Fukuneko:20170819180811j:image

ここも1000ルピー

 

こちらはカトマンズの南、パタンのダルバール広場です。

 

宿の人がタクシーの人に交渉してくれて、タメル地区からのタクシー往復で1200ルピーでした(散策時間は2時間)。

 

f:id:Fukuneko:20170819191926j:plain

絶賛修復中

 

こちらもがっつり修復作業が進められていました。

 

日本が協力しているそうです。

国旗マークとJapanなんとかと書いてありました。

 

そういえば街中で「あなたはJICA?」と聞かれたこともありました。

ただの旅人ですすみません。

 

f:id:Fukuneko:20170819191953j:plain

パンフレットなどにも載る景色

 

ここは一番早く直したのかな?

きれいになっていました。

 

少し高台からの撮影になっていますが、これ、屋根の上から撮っています。

 

親切なネパール人が「あの上から撮るんだよ!」みたいに教えてくれたのです。

ダンニャバード(ありがとう)。

 

f:id:Fukuneko:20170819192004j:plain

芸術品として素敵

 

こちらもチケットで博物館に入れます。

 

ここの博物館は個人的に素敵な仏像があって見ごたえがありました。

細部の彫刻が凝っていて、思わず見入ってしまいます。

 

f:id:Fukuneko:20170819192037j:plain

何かのお供え場所 

 

ここでもお線香でお参りしていました。

 

この囲いの中に子供が入ってたけど大丈夫かな。

帰りがけには居なくなっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170819192105j:plain

復旧が進みますように 

 

 

バクタプルのダルバール広場

f:id:Fukuneko:20170819203526j:plain

朝早くて人が少ない

 

こちらが3つ目のカトマンズの東、バクタプルにあるダルバール広場です。

 

おそらくダルバール広場の中で一番広いです。

 

f:id:Fukuneko:20170819203527j:plain

1500ルピー

 

広いだけあって1500ルピーと他の2箇所より高いです。

これも復旧に役立ててもらえれば…。

 

f:id:Fukuneko:20170819203608j:plain

これは新しそう

 

一見地震の被害がなさそうに見えますが、やはり一部損壊したのか、木で支えていたり修復中の箇所もありました。

 

もしかしたら普通にいつもそうなのかもしれませんが分かりませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20170819203536j:plain

世界遺産で寝る犬

 

来たのが8:45くらいで朝早めの時間だったせいか、人もまばらで落ち着いた雰囲気。

 

仕事に向かう途中の町の人たちの通勤路になっているようでした。

 

f:id:Fukuneko:20170819203554j:plain

元からこうなのか崩れたのか

 

なお、博物館は10時からです。

今回時間の都合で入れませんでした。残念。

 

バクタプルのダルバール広場までのアクセスはタクシーが便利です。

 

今回はナガルコットからの帰りに寄ってもらい、チップとして500ルピー払いました。

多かったのかもしれませんが、またタクシーで来たら1000は超えると思うので^^; 

 

広いので全部見るのに2時間くらい散策の時間を取ってもらうようタクシーの運転手さんに言っておくと吉です。

 

 

一早い復旧を願います

今回3つのダルバール広場を観光しました。

2日あれば3か所とも余裕で回れる距離です。

 

どこが一番とは決めづらいですが、個人的にはバクタプルが落ち着いていて好きです(時間帯によるかも)。

 

3か所回ると入場料が3500ルピーと結構しますが、募金の気持ちで。復旧費用にあててくれればと思います。

 

復旧が進んだらまた観に来てみたい!