世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

プラハ観光①:中心地の旧市街広場~カルルーフ橋周辺の見どころ散策

f:id:Fukuneko:20170910082716j:image

魔女がお出迎え

 

中世の面影を色濃く残す街、プラハ。

そんなプラハには3泊4日の滞在でした。

 

と言っても初日と最終日は移動日で、実質観光をしたのは実際に回ったのは賞味2日。

いつものごとく歩き回ってきました!

 

火薬塔

f:id:Fukuneko:20170910053430j:image

 

15世紀に建てられ17世紀には火薬の保管庫として利用されていた建物です。

中にも入って上から眺めることもできます。

 

f:id:Fukuneko:20170910154210j:image

 

火薬塔の横にはのだめカンタービレにも出てきた市民会館。

夕方に撮ったので陰っていますが、きれいな建物でした。

 

共和国広場(Public square)

f:id:Fukuneko:20170910053441j:image

夕焼けに染まったティーン教会

 

火薬塔から川方向へ少し進むと広場があります。

 

ここで見えている2本の塔が目立つ教会は14世紀に建てられたというティーン教会です。

 

14世紀っていつだ…。

 

調べてみたら日本はざっくり言うと室町時代でした。

見事なお城を建てていた日本も負けてないぞ。

 f:id:Fukuneko:20170910053457j:image

夕焼けの広場は100点満点

 

プラハはチェコの一大観光地にもなっていて、いろいろな国の方を見かけます。

 

韓国の方の姿が多いです。

プラハを舞台にしたドラマが大ヒットして、聖地巡礼的に訪れることで人気だとか。

 

どこのお国も一緒ですね~。

 

f:id:Fukuneko:20170910053513j:image

何度も撮ってしまう

 

写真だと夕焼け感がいまいち出せずもどかしいですが、夕暮れ時の共和国広場、イチオシです。

 

f:id:Fukuneko:20170910053534j:image

 

あと、プラハは広場の中央にあるスメタナ像にも代表されるように、音楽の街です。

 

広場でもバイオリンの生演奏に合わせたタップダンスがストリートパフォーマンスとして披露されていました。

 

f:id:Fukuneko:20170910053551j:image

 

広場に響き渡る軽快な音楽とリズミカルな足音が素敵でした。

 

f:id:Fukuneko:20170910053615j:image

 

足音と言えばもう一つ。

 

馬車が走ってます。

 

こちらは観光用ですが、警察の馬車も見かけました。

馬が乗り物…かっこよすぎる。

 

アジアの象もかっこいいですがやっぱり馬、いいなあ。

 

プラハの天文時計

f:id:Fukuneko:20170910053631j:image

改修工事中でした

 

こちらは旧市庁舎と天文時計です。

 

市庁舎は時計台になっているのですが、あいにく改修中でした。

維持するのも大変ですよね。

 

天文時計は上から仕掛け時計、プラネタリウム時計、カレンダリズム(カレンダーの時計)という構成です。

 

仕掛け時計は1時間ごと、正時に動きます。

 

プラネタリム時計の腕時計欲しいなと思ってググったら、いろいろ出てきました。

帰国したら買いたいものリストにイン。

 

f:id:Fukuneko:20170910053643j:image

 

この裏は旧ユダヤ人墓地だったかな?

 

通りがかった時には既に閉まっていました。

 

カルルーフ橋

f:id:Fukuneko:20170910053758j:image

人がたくさん 

 

南側から川沿いを歩いて行くとプラハ城をバックに見えてくる立派な橋が「カルルーフ橋」という橋です。

 

ロードオブザリングに出てきそうな橋。

 

f:id:Fukuneko:20170910053810j:image

 

近付くと橋の入口に塔のような門のようなものが建っています。

 

通り抜けるところには額を地面に着けて帽子を差し出してお金を乞うている人が居ました。

 

プラハの街中ではけっこうそんな人を見ました。

 

タリン、ベルリンにもいたけどみんな女性で、プラハではみな男性でした。

 

f:id:Fukuneko:20170910053826j:image

見事な演奏

 

橋のいたるところで様々なパフォーマーがそれぞれの才能を発揮していました。

 

こちらは弦楽器とカホン(たぶん)のクインテット。

 

f:id:Fukuneko:20170910053842j:image

ずっと聞いていられる 

 

すぐ近くにプラハ音楽院もあるので、そこの学生さんでしょうか。

 

わずかですがチップを投げてきました。

笑顔が素敵でした。

 

f:id:Fukuneko:20170910053905j:image

 

橋の途中には絵描きや操り人形、オカリナ(?の小さいやつ)などのパフォーマーだけでなく、 見事な像があちこちにあります。

 

f:id:Fukuneko:20170910053913j:image

 

なんかもう全部魅力的なのですが、キリがないので瞳と心に保存してきました。 

 

f:id:Fukuneko:20170910053924j:image

それでもやっぱり

 

f:id:Fukuneko:20170910053949j:image

足を留めてしまう

 

ジョン・レノンの壁

f:id:Fukuneko:20170910053957j:image

ここではない

 

旧市街側からプラハ城側の岸へ渡った対岸の少し南には、ジョン・レノンの壁という場所があります。

 

f:id:Fukuneko:20170910054056j:image

 

突然の銃撃でこの世を去ってしまったジョン・レノン。

 

彼の訃報を知った一人の少年が、ジョン・レノンを弔う意を込めてこの壁にメッセージを描いたのが始まりだそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170910054103j:image

ぎっしり

 

中には訳の分からないメッセ五―じもあったりしますが、それ以来ここにはたくさんのメッセージや絵が描かれ始めたようです。

 

落書きと言えば落書きなんですけどね。

 

f:id:Fukuneko:20170910054110j:image

 

そんな壁も2014年に革命25周年で一度真っ白に塗りつぶされ、新たに描かれたのが今の壁です。

 

Wikipediaによると所有者は「マルタ騎士団」となっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170910054117j:image

 

一度真っ白に塗られたのは「新たなメッセージを残すため」という意味で、もう描くなよということではなかったようです。

 

でもこれ誰がいつ描いてるんですかね。

夜中とか?

 

似顔絵めちゃくちゃ上手だなあと思ったのと同時に、梯子使って描いたのかなあと変に関心しました。笑

 

f:id:Fukuneko:20170910054126j:image

似たようなサイズの手だった

 

水路のある風景と水車

f:id:Fukuneko:20170910054026j:image

 

これは特に主要な観光スポットというわけではありませんが、ブルタバ川(モルダウ川)が流れるプラハでは水路もあります。

 

水路ギリギリに建っている建物との風景が美しいです。

 

f:id:Fukuneko:20170910054035j:image

 

ジョン・レノンの壁に行く途中に大きな水車を見つけました。

 

暗くて分かりづらいですが、水車台の端っこには魔法使いのようなドワーフのような像もちょこんと建っています。 

 

この水車のある橋の柵に鍵が何個もかけてありました。

愛の場所らしいです。

 

そんなにたくさんではないので、定期的に外されてるのではないかと思います。

 

フランツ・カフカミュージアム

f:id:Fukuneko:20170910054137j:image

チケットはここではない

 

その後、フランツ・カフカのミュージアムにも行きました。

 

チケットはこちらではなく反対側のミュージアムショップで買うという不思議なシステム。

 

f:id:Fukuneko:20170910054159j:image

チケットにもカフカ

 

f:id:Fukuneko:20170910054205j:image

一人200CZK(チェココロナ)

 

この時のレートだとだいたい1000円くらい。

 

けっこう高いなあと思ってしまいました。笑

 

館内は撮影禁止です。

カフカの生い立ちなどの資料があったり作品の紹介がされていました。

 

室内が暗くて壁も黒く、音楽もちょっとサイコな感じでホラーハウスのようでした。

怖くなってきてサクッと観て出てきました。

 

f:id:Fukuneko:20170910054216j:image

なかなか日本じゃない像 

 

入口の広場には向かい合ってお小水をする像があります。

 

しかも動きます。

カップルで来ると微妙に気まずいやつです。

 

はい。しっかり動画でおさめました。

 

プラハは割と歩いて回れる

f:id:Fukuneko:20170910054238j:image

写真ばかりが増えていく

 

旧市街広場とカルルーフ橋周辺の散策では、日にちをまたいだものの2時間半~3時間もあれば散策できると思います。

各スポットに費やす時間にもよりますが、早ければ2時間くらいでも歩いて回れる距離感です。

 

f:id:Fukuneko:20170910054245j:image

トラム見慣れてきた 

 

歩いて回るのが大変な場合は、トラムの1日券を利用すると楽です。

 

シングルチケットは24チェココロナ(30分以内の乗車)で120円くらいです。

110チェココロナ(2017年9月のこれを書いているとき)で550円くらいなので、何度も乗り降りするなら一日券が楽だしお得です。

 

 プラハのメトロ、トラム、バスのページはこちら

 

 続いては目玉のプラハ城付近へ向かいます!