世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ウィーンの名店カフェ・ザッハーで超濃厚なザッハトルテ「オリジナルザッハー」を食べてきた

f:id:Fukuneko:20170918035149j:image

混んでました

 

音楽と芸術の街、ウィーン。

 

歴史ある美しい建物が残る街です。

 

そして日本にはないザッハトルテの名店「ザッハー」がある街です。

 

花より団子。

芸術よりチョコ。

 

行ってまいりました。

 

驚くほど高いわけではない

f:id:Fukuneko:20170918035154j:image

日本円を応援しよう

 

カフェザッハーはウィーンを代表する高級ホテル、「ホテルザッハー」に併設しています。

 

訪れた後また通りかかったのですが、その時も行列だったので常に行列ができているんだと思います。

 

入口にメニューがあり、価格を確認。

 

ウィンナーコーヒーっぽいのが5.9€。

オリジナルザッハー(ザッハトルテ)が6.9€。

 

高いけど目玉が飛び出るほどじゃなくて一安心。

 

服装は半ズボン以外はほぼOK

f:id:Fukuneko:20170918035159j:image

ここで待ちました

 

格式高いホテルに併設しているカフェなので、服装が心配でしたが意外とみんなカジュアルでした。

 

ただ半ズボンはNGと立札(古い言い方ですね。何て言うんだろう)に書いてありました。

 

観光地になっているから多少服があれでも入りやすかったです。

 

メニューもおしゃれ

f:id:Fukuneko:20170918035208j:image

歴史も書いてありました

 

10分か15分ほど待ったでしょうか。

思ったより回転がよく、割とすぐに入れました。

 

あとテーブルの席数で空いた席に合うグループを通しているようだったので、効率よく回しているようでした。

さすがだ。

 

テーブルには一人一冊の物々しいメニュー。

中にはメニュー以外にザッハーの歴史のようなものも書いてありました。

 

f:id:Fukuneko:20170919042030j:plain

壁も立派

 

ところで、メニューにザッハトルテではなく「オリジナルザッハー」と書かれていたことが気になった方も居るかと思います。

 

ザッハトルテ好きの方はご存知かもしれませんが、もう一つの名店「デメル」と商標権を争い、今の「オリジナルザッハー」という名前になったんだそう。

 

甘いケーキにも甘くない背景があったようです。

 

f:id:Fukuneko:20170919042040j:plain

しばし待つ

 

実はふくねこ主人は8年暗い前にも一度ウィーンに来ていて、その時は身なりが気になって入れなかったそうです。

 

8年越しのザッハトルテに胸を震わせていました。

 

濃厚×濃厚なオリジナルザッハー

f:id:Fukuneko:20170918035221j:image

それほど待たずにすぐ来た

 

お店は常に満席状態。

 

にもかかわらず我々のオーダーしたカフェラテ的なもの(読めなかった)とオリジナルザッハーが来ました。

 

主人は何やらいろいろ感動を言葉にしてつぶやいていましたが、こちらはマイペースに行かせていただきます。

 

f:id:Fukuneko:20170918035227j:image

乗ってるチョコがザッハー印

 

さすが本場というか、めちゃくちゃ濃厚なチョコケーキでした。

 

ほぼ甘くないホイップを付けるとちょうどよかったです。

 

うー美味しい。

 

大事に食べました。

乗っているチョコを食べるタイミングに迷いましたが、辿り着いたら食べる方式で行きました。

 

こんなささいなことに悩まない人間になりたい。

 

サッハー、余裕があればぜひ来店を

f:id:Fukuneko:20170918035239j:image

お手洗い前の制服クマさんズ

 

どっしりと重厚なザッハーのオリジナルザッハーは、日本では食べられないということもあり、ウィーンに来たら食べる価値があると思います。

 

デメルの方を食べていないのでどっちがいいとは言えませんが…。笑

 

ただ行列に並ぶ覚悟とそれなりの出費になるという覚悟は必要かと。

 

ショップもあったので、時間がない方はショップ利用という手もあります。

 

f:id:Fukuneko:20170918035255j:image

機敏に接客されてます

 

濃厚過ぎて食べられなかったひともいるらしいので、甘いのが苦手な方は厳しいかも。

 

右前奥に座っていたカップルの男性の方は別のメニューを頼んでいました。

 

食事メニューも美味しそうでした!