世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

3泊4日のフュッセン滞在でお世話になったホテル・ホステル。ホテルの朝食は白ソーセージを

f:id:Fukuneko:20170926000602j:image

街並みも可愛いフュッセン 

 

気に入った街には長めに滞在する自由旅。

 

小さな街フュッセンですが、3泊4日のゆっくり滞在でした。

 

まあ初日は到着してほとんど何もできないし、最終日は次の土地に出発したので自実質の滞在は2.5日くらいなのですが。

 

そして直前なので宿代が高かったです…。

 

Hotel Sonne Füssen(ホテルゾンネフュッセン)

f:id:Fukuneko:20170925233815j:image

謎のドレスがお出迎え

 

こちらは1泊目のお宿です。

 

駅から徒歩5分ほどと近く、スーパーにも徒歩1分くらいで行けます。

 

f:id:Fukuneko:20170925235332j:image

 

受付のスタッフさんの対応がとても丁寧で気持ち良かったです。

 

そして受付の奥にも見えますが、このホテル、あちこちになぜかドレスが飾ってあるのです。

 

f:id:Fukuneko:20170925235350j:image

ここにも

 

f:id:Fukuneko:20170926001335j:image

ここにも(これ好き)

 

男性用の晴れ着(?)も飾ってありました。

 

それらを眺めて部屋に到着。

 

f:id:Fukuneko:20170925235532j:image

うわあああああ

 

ひ、広い…!!

 

空いている部屋がなかったとはいえ、だいぶいい部屋でした。

 

ヨーロッパみたいです(ヨーロッパだ)。

 

f:id:Fukuneko:20170925235548j:image

雑誌とお菓子があると思ったら

 

f:id:Fukuneko:20170925235619j:image

お菓子は有料でした

 

f:id:Fukuneko:20170925235621j:image

 

ベッドの上に何か置いてありました。

 

f:id:Fukuneko:20170925235642j:image

キャンディだった

 

ハート型の飴がベッドに置いてありました。

 

こういうちょっとしたことがうれしいです。

 

ちなみにフロントロビーにも飴とウェルカムドリンク(アップルジュース)がありました。

美味しかったです。

 

f:id:Fukuneko:20170925235652j:image

 

おしゃれな洗面台は洗濯には向かず。

 

そういうホテルじゃないってことですね。

 

f:id:Fukuneko:20170925235702j:image

 

そしてなんとバスタブが!

 

寒い地域にはあるもんですね。

 

f:id:Fukuneko:20170925235714j:image

扉は兼用

 

しかもシャワー室まで付いていました。

 

不思議な構造のバスルーム。

 

f:id:Fukuneko:20170925235729j:image

 

アメニティも充実していました。

残ったのは今後のためにお持ち帰り。

 

この地域に入って、シャンプー・ボディソープ・ハンドソープが兼用タイプになりました。

 

f:id:Fukuneko:20170925235806j:image

 

セーフティボックスもありました。

 

バスローブにスリッパまで!

 

f:id:Fukuneko:20170925235831j:image

 

冷蔵庫にはミニバーのドリンクがたっぷり。

 

個人的には空いてる方が自分で買ってきたものが入れられてありがたいのですが。

一度出せばいいんですけど、なんとなく。

 

シャワーの使い心地もよく、ベッドも気持ちよかったです。

 

朝食は7時からだったかな?

朝早めにノイシュバンシュタイン城に行くために早起きして朝ごはんを食べに行きました。

 

f:id:Fukuneko:20170925235848j:image

 

また衣装にお目にかかりました。

 

f:id:Fukuneko:20170925235924j:image

サーモンと目玉焼き、白ソーセージが最高

 

朝食は種類が豊富で目移りしてしまいました。

 

メニューには大好きな白ソーセージがあって幸せ。

そしてスモークサーモンまで。

 

お隣のおじさまはサーモンをお皿半分くらいに取っていました。

その気持ち分かります。

 

クリームチーズでオリジナルサンドにして満足満腹の朝となりました。

 

LUITPOLDPARK HOTEL(ルイポルドパークホテル)

f:id:Fukuneko:20170926000054j:image

 

こちらは2泊目。

 

通りの名前にもなっているルイポルドの名の付いたホテルです。

 

f:id:Fukuneko:20170926000114j:image

 

受付の雰囲気があまり良くなかったのですが、部屋は広くてきれいでした。

 

荷物は前のホテルに置いてとりあえずチェックインだけしに行ったので、あまりに荷物が少なくて不審に思われたのかもしれません。笑

 

f:id:Fukuneko:20170926000139j:image

屋根裏館が好き

 

f:id:Fukuneko:20170926000150j:image

高そうな照明

 

f:id:Fukuneko:20170926000218j:image

 

洗面台が広々としていました。

 

洗濯もしやすかったです。

 

f:id:Fukuneko:20170926000224j:image

 

シャワーも快適で飛び散り防止の板も付いていました。

 

f:id:Fukuneko:20170926000243j:image

 

そしてやはりこちらもバスタブ。

 

栓がうまく取り外したりはめたりできず、主人が苦労したそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170926000322j:image

 

クローゼットが家か!というくらい広かったです。

 

セーフティーボックスはあったけど壊れていました。

謎の30分カウントが始まって怖かったです。

(なにも起きなかった。)

 

f:id:Fukuneko:20170926000351j:image

 

窓からはお城が見えました。

 

フュッセンの街は夜暗かったです。

山ですね。

 

f:id:Fukuneko:20170926000352j:image

 

朝起きたら山々がきれいに見えました。

 

部屋のプチ不備はあったけど、窓からの眺めはとても良かったです。

 

f:id:Fukuneko:20170926000427j:image

パンプキンシードのパンが美味しかった

 

朝食はこちらもブッフェスタイル。

 

気付かずにリザーブドのテーブルに座ってしまって、しかもそれが中国人16人のグループで、同じグループと勘違いされてスタッフさんにそこでOKと言われて座っていたら、やはり何かそのグループとスタッフさんがもめていました(話をしていた程度)。

 

我々は16人だからそこで大丈夫だよ、とそのグループのおじさまが言ってくれたのでそのまま朝食を済ませました。

 

そんなことがあっても白ソーセージは美味しかったです。

白ソーセージ、最高だ。

 

Bavaria City Hostel(バヴァリアシティホステル)

f:id:Fukuneko:20170926000748j:image

 

もう1泊しようか、と停まった3泊目はホステルへ。

 

久々にドミトリーです。

 

f:id:Fukuneko:20170926000839j:image

 

この「開けていいのかな?」というドアを開け、

 

f:id:Fukuneko:20170926000828j:image

 

矢印に従い、

 

f:id:Fukuneko:20170926000759j:image

 

この矢印を昇るとレセプションです。

 

下は荷物置き場になっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170926000931j:image

 

部屋は2段ベッドが2つとシングルが2つの6人部屋。

 

f:id:Fukuneko:20170926000949j:image

 

残っていたここを使いました。

 

ふくねこは上の段。

面倒。笑

 

f:id:Fukuneko:20170926001000j:image

 

部屋にはコンセントが1個しかなく、充電は共用エリアかキッチンスペースでしていました。

 

アルコールと食べ物(Cookingと書いてあった)も部屋ではNGのようでした。

 

f:id:Fukuneko:20170926001028j:image

 

共用キッチンにはポットとコンロ。

 

オーブンは壊れているらしく使えませんでした。

トースターもなかったのでフライパンで食パンを焼きました。

 

f:id:Fukuneko:20170926001027j:image

 

若い韓国人カップルがお肉と卵、チーズなどを焼いてワインを楽しんでいました。

めちゃいい匂いした。

 

同じ部屋の子たちでした。

 

f:id:Fukuneko:20170926000838j:image

 

洗面台は横長式。

 

シャワールームは3室ありました。

 

f:id:Fukuneko:20170926000858j:image

 

扉は透明だけど女性用なので気にしない人なら大丈夫。

 

キッチンが意外と混むので長居はしづらかったです。

メインストリートにあって観光にも便利な場所でした。

 

4日目の朝からはスイスのベルンへ。

いよいよ物価最高レベルの土地へ向かいます。