世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ベルンの観光:アインシュタインの相対性理論が生まれた見どころたくさんの小さな街

f:id:Fukuneko:20170927013127j:plain

昼バージョンもお送りします

 

宿でHPを回復させてふくねこたち。

 

次のホテルに荷物だけ置かせてもらいに行き、朝食を摂って観光をスタートしました。

 

物価が高い

f:id:Fukuneko:20170927012648j:image

チャイとローストビーフサンド

 

いきなりお金の話で恐縮ですが、スイスは物価が高いことで世界的にも有名な国です。

 

朝食をカフェで食べたのですが、サンドイッチがだいたい6~8フラン(約700円~900)。

飲み物もカフェラテ4.5フラン(約520円)から。

 

今こうして見ると都会のおしゃれカフェで食べる値段と変わらないのですが、一般的なカフェでこの価格なのです。

 

f:id:Fukuneko:20170927012657j:image

チョコ付きだった

 

ローストビーフサンドは7フランでした。

 

日本円で800円くらいでローストビーフが食べられるなら…と奮発したらとても美味しいサンドイッチでむしろ得した気分。笑

 

夜のおさらいから観光スタート

f:id:Fukuneko:20170927013115j:plain

昼も素敵です 

 

まずは昨日の夜歩いた川沿いへ来てみました。

 

日中見る景色もまた美しい街並みです。

 

アインシュタイン・ミュージアム

f:id:Fukuneko:20170927013050j:plain

The・逆光

 

橋を渡り切ったところには噴水と立派な建物がありました。

 

f:id:Fukuneko:20170927013106j:plain

 

あまりよく地図を見ずに来たらアインシュタインミュージアムでした。

 

ここベルンはアインシュタインの相対性理論が生まれた街なのです。

 

相対性理論としてふくねこが知っているのは、

「海の底とエベレストの山頂ではエベレストの山頂の方が時間が早く流れている」

ということくらいですが、アインシュタインが凄い人だということは知っています。

 

(相対性理論について詳しく知るにはググってみてください。)

 

f:id:Fukuneko:20170927013124j:plain

お家には行くからね

 

ただ、同じベルンの街にある「アインシュタインハウス」に行く予定だったので、ミュージアムには入りませんでした。

 

物価の高いスイス。

そういろいろと入るわけにはいかんのです。

 

川辺の遊歩道

f:id:Fukuneko:20170927013131j:plain

昼間は川に近い下の遊歩道から 

 

昨夜は川辺の上の方の遊歩道を通ったのですが、せっかくのいいお天気。

川沿いの遊歩道まで降りてお散歩しました。

 

最初に渡った橋の上から川辺に降りてきたということは、また橋に行くには登らねばなりません。

 

下った分は上らねばならぬ。

 

これが登山性理論です(今作った)。

 

f:id:Fukuneko:20170927013121j:plain

エレベーターがあった

 

が、そこはすべての人にやさしい国スイス。

 

大変そうな階段の横にエレベーターがありました! 

 

f:id:Fukuneko:20170927013150j:plain

日中は半袖でOKな気候でした

 

そのお隣にはクマ公園の案内が。

 

夏にはクマさんたちの泳ぐ姿が見られるそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170927013227j:plain

禁止事項と注意事項

 

そうこうしているうちにエレベーターがやってきました。

 

f:id:Fukuneko:20170927013135j:plain

思いのほかぐんぐん上がった

 

これ、ちょっとしたアトラクションみたいです。

 

f:id:Fukuneko:20170927013316j:plain

それにしてもいい天気だ

 

登った先からは街のメインストリートに続く橋がきれいに見えました。

 

水と山のある街。

景色映えします。

 

ベアパーク(くま公園)

f:id:Fukuneko:20170927013226j:plain

ピンクの豚については謎 

 

この辺りはクマ公園だけあって、クマの置物もありました。

 

f:id:Fukuneko:20170927013205j:plain

クマ!…じゃない

 

主人がのぞき込んで「クマだ」と言ったので本物のクマかと思いきや、よく見たら木彫りのクマ。

 

ここは人間が入れるエリアのようです。

 

この後1人誰か入ってきたのですが、けっこうシュールな光景でした。

 

f:id:Fukuneko:20170927013418j:plain

くたびれモード 

 

本物のクマさんは隅っこでだれていました。

 

これ、中に人間が入ってるんじゃないか。

 

バイトのにーちゃんが暑くてぐったりしているような光景でした。

時々思い出したかのようにこちらを見てはまたぐったり。

 

お疲れモードのようです。

 

f:id:Fukuneko:20170927013129j:plain

漂う哀愁 

 

こちらはもう1頭のクマさん。

 

ずーっと背中を向けていました。

 

そうですよね。

毎日毎日人間に見られたら嫌気もさしますよね。 

 

f:id:Fukuneko:20170927013317j:plain

路上に掘られていたのは名前かな?

 

f:id:Fukuneko:20170927013204j:plain

見上げてもクマ

 

クマ公園の近くにはインフォメーションセンターがあり、お土産屋さんもありました。

 

時間は既にお昼過ぎ。

サンドイッチも売っていたけど、あまり美味しそうじゃないのが6フランくらいしたのでここでは買いませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20170927013321j:plain

若めなアインシュタイン

 

インフォメーションセンターの近くにアインシュタインと記念撮影できるスポットも。

 

あまり目立つ場所ではないですが、記念にぜひ。

 

f:id:Fukuneko:20170927012807j:image

目が怖い

 

ディズニーキャラっぽい子供用の乗り物もありました。

 

ユーロ・フランいずれも使えるよう。

機械のセンサー構造が気になります。

 

f:id:Fukuneko:20170927013311j:plain

 

クマ公園から1本上の道を上がると川向かいに街を一望できます。 

 

ここからの景色が一番好き。

 

アインシュタインハウス

f:id:Fukuneko:20170927013401j:plain

 

街中を抜け、メインストリート沿いにあるアインシュタインハウスへ。

 

ここはアインシュタインの相対性理論が生まれた家だそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170927013332j:plain

 

入館料は一人6スイスフラン。

 

グループだとちょっと安いようです。

 

f:id:Fukuneko:20170927013458j:plain

飲食と犬禁止

 

何しろ普通のお家なので、階段を上がって玄関を入ったようなところに入館受付がありました。

 

クレジットカードは使えません。

ユーロは使えますが同じ(6ユーロ)なのでちょっと高くなる。

フランで払った方がお得です。

 

f:id:Fukuneko:20170927013416j:plain

 

中にはアインシュタインのご両親のことや家族のことが記録されていました。

 

f:id:Fukuneko:20170927013449j:plain

 

このソファーは実際に使用されていたものらしく、「Don't touch, don't sheat」と書いてありました。

 

 

f:id:Fukuneko:20170927013508j:plain

仲間との写真

 

f:id:Fukuneko:20170927013510j:plain

日本語の本の紹介も

 

f:id:Fukuneko:20170927013802j:plain

漫画もあった

 

中欧のテーブルに置かれた漫画には、この部屋で1905年にこの部屋で相対性理論が考えられた時の様子が描かれていました。

 

これはアインシュタインファンにはたまらないだろうな。

 

f:id:Fukuneko:20170927013500j:plain

2階は資料メイン

 

1フロアだけかと思いきや、もう一個上の階にも展示室が。

 

そこではアインシュタインとその仲間たちのことがつづられていました。

 

あと、部屋の角にPC広げてヘッドホンしてる人が居たけどあれは係の人なのかただ単にそこで勉強してた人なのか…。

 

いまだに気になります。

 

f:id:Fukuneko:20170927050826j:plain

かの有名なE=mc2(2乗)

 

f:id:Fukuneko:20170927013521j:plain

窓から見えた街の景色 

 

アインシュタインがここに居たのかと思うと、何だか感動。

 

物理好きの友達にぜひおすすめしたいと思いました。

 

アインシュタインハウスの1階は「アインシュタインカフェ」というカフェになっているのですが、ちょっとお高そうだったので別のお店へ。

 

f:id:Fukuneko:20170927012733j:image

カフェオレを1杯だけ

 

美味しそうなサンドイッチに惹かれて適当に入りました。

 

サンドイッチの値段が書いていなくて一個一個聞いていくという。笑

この国では値段が怖くて聞かずには買えないです。

 

バケットは6.5フランするだけあって美味しかったのですが、パンで口の中を切りました。

バケットあるある。

 

f:id:Fukuneko:20170927013348j:plain

これは飲める水

 

あと、とにかく街中にこんな水場が多いので飲料水には困らないです。

 

でもスーパーにもお水は売っています。

売っているのは軟水なのかもしれません(買う機会がなかったのでチェックせず)。

 

時計塔

f:id:Fukuneko:20170927013517j:plain

下をくぐれるのがいい

 

そしてこのメインストリートでひときわ目を引くのが時計塔です。

夜も通りましたがやっぱり昼にも見に行きました。

 

大きな文字盤が道行く人々に時刻を知らせてくれます。

 

f:id:Fukuneko:20170927013504j:plain

天文時計かっこいい

 

プラハでほれ込んだ天文時計。

やはりかっこいいです。

 

よく見ると文字盤が12+12の24時間になっていました。

 

大聖堂

f:id:Fukuneko:20170927013511j:plain

こちらも夜も来ました

 

時計台の近くには大聖堂もあります。

 

おそらく街で一番高い建物です。

 

f:id:Fukuneko:20170927013558j:plain

正面の装飾が見事

 

大聖堂は祭壇が改修中でした。

残念。 

 

地下のお店たち

f:id:Fukuneko:20170927013513j:plain

地下にお店がある

 

こちらはベルンの街で素敵だなと思った光景のひとつです。

 

エストニアのタリンでもそうでしたが、ほとんどの建物の地下にお店があり、こんな感じに入口が付いているのです。

 

f:id:Fukuneko:20170927013335j:plain

なんかかわいい!

 

寒い地域ならではの工夫なのかもしれません。

 

こういう入口を見たことがなかったので、すごく印象に残りました。 

 

f:id:Fukuneko:20170927013342j:plain

ネットカフェもあった

 

連邦院

f:id:Fukuneko:20170927013617j:plain

展望エリアには自由に入れます

 

ここは議事堂と各省庁のオフィスが入った場所です。

 

実際にはもっと横長の建物で、横長の方はそれなりにオフィスっぽい雰囲気の建物になっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170927013733j:plain

 

展望スペースからの景色もきれいでした。

 

f:id:Fukuneko:20170927055255j:plain

盗撮気味ですみません

 

広場に大きなチェスがあって、若者が勝負していました。

かっこいいなあ。

 

f:id:Fukuneko:20170927013719j:plain

5大陸を表しているらしい

 

近くには公園もあり、たくさんの人が何かを食べたり座ってお話したりと、土曜の午後を楽しんでいました。

 

f:id:Fukuneko:20170927013735j:plain

スズメの水浴び場になってた

 

街の広場

f:id:Fukuneko:20170927013551j:plain

ここにも時計台

 

連邦院の前からメインストリートの方へと広場があり、そこではたくさんの屋台が出ています。

 

ただ、これらはキャッシュオンリー…。

 

買い食い、衝動買い防止にはなりますが、何も買えないのがちょっと寂しい。笑

 

まだまだあるぞ、ベルン

f:id:Fukuneko:20170927013621j:plain

スズメさんも日向ぼっこ 

 

今回ベルンのメインの場所だけ行きましたが、他にもミュージアムやガーデンがあり、素敵なカフェもたくさんありました。

 

スイスだけの旅だったら買って帰りたいかわいらしい雑貨のお店もそこかしこにあって、一人歩きしていたらなかなか前に進めなかったと思います。

 

人も穏やかで素敵な街でした。