世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ローマ観光1日目前半戦:スペイン広場やトレビの泉などの治安について感じたこと

 

f:id:Fukuneko:20171006071107j:plain

今回も良い天井でした

 

いよいよローマ観光。

 

ローマと言えばローマ法王とローマの休日。

そしてがバチカン市国があり「すべての道はローマに通ず」のあのローマです。

 

一体どんな場所なのか。

一日歩き回ってメジャーどころを抑えてきました。

 

 

ローマに着いた第一印象

f:id:Fukuneko:20171006071112j:plain

外観を取り忘れた教会

 

ふくねこたちはバスでフィレンツェからローマ入りしたため、ローマの中心駅「Termini」ではなく「Tiburtina」というお隣の駅に着きました。

 

バスを降りて「え、ここローマ?」と。

普通のバスターミナルでした。

 

Termini駅も近代的な駅なのでローマ感はないです。

イタリアの首都なだけあって駅ビルもエレクトロニクス!という感じ。

 

f:id:Fukuneko:20171006071140j:plain表情に心を奪われたシスター像

 

駅から一歩出ると正直「汚いなあ」という印象。

 

ごみがたくさん落ちているし、たばこの吸い殻もたくさん。

バチカン周辺はもちろんですが、バリバリの観光地の方はそれほどごみがありませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20171006071154j:plain

その辺にあった教会にすらため息

 

Termini駅周辺の治安については、人々が動き出す時間(7時くらい)から明るいうち(季節による)は特にそんなに怖いと思う景色は見えませんでした。

 

駅の東側や南の方はなんかちょっと不良っぽい黒人の方が居て雰囲気が怖かったです。

見た目だけ、って可能性もありますが。

 

f:id:Fukuneko:20171006071208j:plain

本文と関係ない写真が続きますがご容赦ください

 

ふくねこは主人から「ローマを気を付けろ」と言われていたので、それなりに駅周辺や地下鉄、人混みでは警戒しながら歩いていました。

 

ただ、実際のところ人混みはまだしも駅周辺は普通にみんな通勤や移動で使うし、地下鉄も混んでるところに乗らなければ特段不安要素はなかったです。

 

f:id:Fukuneko:20171006071217j:plain

祈りの場所

 

ふくねこの場合、日本でもお財布はカバンの中のチャックが閉まる場所か、常に自分の手に当たる場所に入れているくらいのことはしています。

 

あと、乗り物ではカバンは絶対体にくっつけている。

 

f:id:Fukuneko:20171006071245j:plain

外観を取り忘れるくらいの教会でこのレベル 

 

そんな感じで過ごしているので、自分の中で警戒レベルは上げたものの、ちょっと警戒しすぎたかな、という気持ちも残っています。

 

でも何かあったら精神的ダメージが大きすぎるので、やっぱり警戒しといてよかったかも。

 

f:id:Fukuneko:20171006071229j:plain

平たい天井も好きです 

 

ところで、「日本人は隙があってスリに狙われやすい」と言いますよね。

周りを見ると欧米の人もリュックを前側にしたりカバンを前に持っていました。

リュックに鍵をかけている中国の方もいました。

 

日本人旅行客も同じような対策をしているし、「狙われやすい」と言われてスリ犯側も狙いにくくなってるはず。

 

実際の被害数は他の国に比べてどうなの?

ってちょっと思いました。

 

f:id:Fukuneko:20171006071222j:plain

サンタ・マリア・デッラ・ヴィット―リアという教会でした

 

在ミラノ日本総領事館のホームページにミラノとミラノ以外の都市で分けたスリや置き引き被害の2017年9月の最新資料(ブログ更新時)がありました。

リンク

 

(他の期間はこちらから)

 

女性の被害が多いかと思ったら男性の被害の方が多いようです。 

 

 

f:id:Fukuneko:20171006071333j:plain

テロ対策で警察もいっぱい

 

特に年齢が高いほど狙われやすい傾向にあるようです。

老若男女問わず気を付けねばなりませんね。

 

スペイン広場

f:id:Fukuneko:20171006071343j:plain

 

教会のあとはスペイン広場へ。

 

ローマの休日でオードリー・ヘプバーンが役の中でジェラートを食べていた階段がある場所です。

 

f:id:Fukuneko:20171006071427j:plain

有名なのはこの階段よりもうちょい下

 

ローマの休日とかオードリー・ヘプバーンってどの世代まで話が通じるのだろうか。

 

数十年まえ、オードリー・ヘプバーンという有名女優がヒロインを演じたローマを舞台にした映画があったのです。

 

f:id:Fukuneko:20171006071444j:plain

下に見えるのがスペイン広場

 

f:id:Fukuneko:20171006071514j:plain

下りてみた

 

最初ふくねこはこれがトレビの泉だと思い写真を撮ったのですが、主人に「これじゃない。こんなんじゃない。もっとすごい」と言われ納得。

 

そうですよね、こんな閑散としているわけないですよね。

 

f:id:Fukuneko:20171006071516j:plain

警備の目も光ってます

 

やはり階段で記念撮影している人が多かったです。

 

荷物を置いて写真を撮っている人がいて、見てるこっちがそわそわしました。笑

 

スリ・置き引き以外には特に気を付けることはなさそうです。

 

f:id:Fukuneko:20171006071511j:plain

警備の人、歓談中

 

せっかくなので「ニャー助の休日」にしてみました。

 

小さいけど小首をかしげた感がマッチしていて個人的に好き(自己満)。

 

ポポロ広場

f:id:Fukuneko:20171006071810j:plain

ピンチョの丘から

 

続いて、メディチ邸、ピンチョの丘を経てポポロ広場へ。

 

f:id:Fukuneko:20171006071812j:plain

とりあえず撮った

 

f:id:Fukuneko:20171006071839j:plain

イタリアはこの塔が多い

 

f:id:Fukuneko:20171006071849j:plain

右の2つはサンタ・マリア教会

 

うまい具合に塔のてっぺんに太陽を持ってこれそうだったので、十字架に光を灯してみました。

 

見てみたら中央下らへんにできたスペクトルまでイタリア国旗カラー。

 

f:id:Fukuneko:20171006071855j:plain

ポポロ門

 

現存のものではないとはいえ、500年以上前からこの場所にあったと思うと歴史を感じます。

 

道路とかも整備されてももともとはそこにあったんだもんなあ。

甲州街道とか日光街道も好きです。

 

そしてどこの広場にも銃を持った兵士が立っているのでなんとなく安心です。

物騒だけど安心。

 

カピトリーニミュージアム

f:id:Fukuneko:20171006071948j:plain

教会だけど美術館もある

 

この外観が素敵な教会は、中に小さなミュージアムがあります。

 

駆け足で回ったので入っていません。

 

遠くから見てうわーっと思って一人で近くまで撮りにきました。

(主人は疲れたから休むと木陰で待機。)

 

最高裁判所

f:id:Fukuneko:20171006072026j:plain

威厳がある

 

そしてお隣は最高裁判所。

 

f:id:Fukuneko:20171006072037j:plain

 

審判の槍(?)か何かを持った姿がかっこよすぎです。

 

ふと、夜にこの像が動き出して「裁きを」という場面が浮かびました。

 

サンタンジェロ城・サンタンジェロ橋

f:id:Fukuneko:20171006072122j:plain

お城の前が橋

 

さらにそのお隣にはサンタンジェロ城とサンタンジェロ橋があります。

 

f:id:Fukuneko:20171006072206j:plain

 

橋の両側には何体もの像が立ち並んでいます。

 

これがひとつひとつまた素晴らしい!

 

f:id:Fukuneko:20171006072224j:plain

 

f:id:Fukuneko:20171006072239j:plain

きれいに入った

 

f:id:Fukuneko:20171006072036j:plain

あちらは明日また

 

サンタンジェロ城とバチカン市内にあるサン・ピエトロ寺院は秘密の地下通路でつながっているらしいです。

 

何かの映画で見たような気がする。

 

バチカン市国は待たずに入れる&理解が深められるよう翌日の日本語ツアーを申し込んでおいたので、1日目はスルー。

 

当日券に並んでたら日が暮れちゃう。

 

f:id:Fukuneko:20171006072253j:plain

とんがってる建物

 

そんなわけで次の目的地に向かいます。

 

f:id:Fukuneko:20171006072506j:plain

 

歩いていたら気になるものが。

 

f:id:Fukuneko:20171006072515j:plain

 

靴屋さんでした。

 

うーん、この感じいいなあ。

 

ナヴォーナ広場・四大河の噴水

f:id:Fukuneko:20171006072614j:plain

奥はマダーマ宮という宮殿

 

サンタンジェロ橋から東南東に足を進め、ナヴォーナ広場へ。

 

f:id:Fukuneko:20171006072549j:plain

 

ここには四大河の噴水という大きな噴水があります。

 

細かく見ると地味に突っ込みどころがあって面白かったです。

 

パルテノンじゃなくてパンテオン神殿

f:id:Fukuneko:20171006072622j:plain

人が増えてきた

 

そしてさらに東に進み「パンテオン」神殿へ。

 

ギリシャのパルテノン神殿と似てますね。

中は無料で入れます。

 

この神殿の柱の足元が四角い石になっていて、ふくねこ、見事にけっつまづきました。

 

身に付いた筋力とバランス力のおかげで転倒は免れたものの、わりと周囲の注目を集めてしまいちょっと恥ずかしかったです。

 

上ばかり見ているとつまづくのでご注意ください!

 

f:id:Fukuneko:20171006072646j:plain

 

神殿の中はだだっ広い空間が広がっています。

 

みんな天井にスマホやカメラを向けています。

もちろんふくねこも。

 

ただここは自由に入れて人も多いので油断するとスリにやられそうだな、とふと思いました。

 

f:id:Fukuneko:20171006072657j:plain

天井が好きだから

 

f:id:Fukuneko:20171006072702j:plain

 

天井からはちょうど光が差し込み、壁を神々しく照らしていました。

これも考えられてるんだろうな。

 

f:id:Fukuneko:20171006072739j:plain

 

よくぞこんな中心に何もなく頑丈な建物を建てたものです。

 

知恵と技術と芸術の融合。

 

ついでにローマの神殿をもう一つ見ていきました。

 

アドリアーノ神殿

f:id:Fukuneko:20171006072757j:plain

こちらは四角い

 

こちらは中には入らず。

Googleストリートビューで見たら素敵だったので、時間があれば中もぜひ。

 

ふくねこたちは次の目的地への通り道だったので流し見していきました。 

 

トレビの泉は噴水エリアでの飲食に罰金も

f:id:Fukuneko:20171006070910j:plain

こ、これが・・・!

 

ローマに来たらやはりここ、トレビの泉も欠かせないスポットです。

 

ローマの休日の映画にも出てきた場所で、コインを後ろ向きで投げ入れるともう一度ローマに訪れることができる、というジンクスで話題になった場所です。

 

f:id:Fukuneko:20171006070948j:plain

泉にコインはない

 

ただ、コインを投げ入れている人を見なかったです。

中のコインは慈善団体に寄付されているそうですね。

 

そして、このトレビの泉、かなり観光客への監視が強化されたようです。

スリよりもそっちが気になりました。笑

 

噴水の淵に座る・上がる、噴水エリア内での飲食に対して監視員が「ピピー!!」と笛を鳴らしてきます。

 

情緒も何もあったもんじゃないなあ、と。

トレビの泉は笛でびっくりした思い出。

うーん。

 

罰金は最高240ユーロで、実際に課せられた人もいるみたいです。

せめてそのことを書いておいてくれたら…。

 

観光は朝がおすすめ

朝のうちはどこもそれほど人が多くありませんでしたが、昼になるにつれて人がッどんどん増えてきました。

 

朝の涼しいうちに込みそうな場所を巡ってしまうと写真も撮りやすくておすすめです。

寝ぼけていない限り、スリに遭う確率も減ると思われ。

 

まだまだ後半も歩きます!