世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

パリ観光⑥:オルセー美術館でミレーの落穂拾いとゴッホの自画像に出会えた

f:id:Fukuneko:20171028160103j:image

 

ベルサイユ宮殿からRERで再びパリ市内に戻り、そのままオルセー美術館へ向かいました。

 

f:id:Fukuneko:20171028160159j:image

駅も美術館のよう

 

ベルサイユ~オルセー美術館はRER-Cラインで直結しているので乗り換えなしで楽ちん。

 

パリミュージアムパスはお得なのか

f:id:Fukuneko:20171028160252j:image

階段を上がればオルセー!

 

ところで48€で購入したパリミュージアムパス2日券。

ここまでのチケット代をまとめてみました。

 

ルーブル美術館 15€

オランジュリー美術館 9€

国立近代美術館(ポンピドゥーセンター) 14€

ベルサイユ宮殿 15€

※いずれも26歳以上の料金。

 

ここまでの料金で既に53€分。

 

元を取った!笑

 

後はオルセー美術館が12€で合計65€。

その後凱旋門にも登ったので12€分77€。

 

無事にパリミュージアムパスをお得に使いこなすことに成功です。

2日で4つ以上の施設に入るのであれば、2日券はほぼ確実にお得なチケットと言えます。

 

ミュージアムパスも並ぶオルセー

f:id:Fukuneko:20171028160327j:image

 

オルセー美術館は月曜休館のためか、火曜のこの日はおそらく他の日より混んでいたものと思われます。

 

入口からずらーっと行列!

 

f:id:Fukuneko:20171028160336j:image

 

ミュージアムパスの列はどうかなと思ったら混んでいました。

赤いテープが足りなくて新たに設置されたくらい。

 

40分くらい並んでようやくセキュリティチェックへ。

何か食べながら並べばよかった。

 

前の親子は途中でお母さんがサンドイッチを買いに行っていました。

 

f:id:Fukuneko:20171028160408j:image

 

セキュリティチェックを通過後は荷物を預けます。

リュックとか大きなカバン、傘は持ち込めません。

コートも預けられます。

 

f:id:Fukuneko:20171028160419j:image

 

中にはレストランも。

ここは特別用かな?

 

普通のエリアもあります。

 

ゴッホはどこだ

f:id:Fukuneko:20171028160448j:image

 

まずはお目当てのゴッホの作品を探しに行きました。

 

正面に分かりやすく掲示がされているのでありがたいです。

 

f:id:Fukuneko:20171028160514j:image

 

ゴッホは72番の部屋でした。

 

f:id:Fukuneko:20171028160525j:image

 

こんな夢のある絵画が目に留まり、奥へと進みます。

 

f:id:Fukuneko:20171028160534j:image

 

人だかりがあると思ったら自画像が!

 

ゴッホさんも大人気でした。

 

f:id:Fukuneko:20171028160546j:image

 

自画像以外はあまり人だかりもなくゆっくり見ることができました。

 

以下はゴッホではありませんが個人的にいいなと思った絵を撮ったものです。

 

f:id:Fukuneko:20171028160558j:image

想像して描いたのだろうか

 

f:id:Fukuneko:20171028160608j:image

エデンの園かな?

 

f:id:Fukuneko:20171028160619j:image

今も昔も牛は人にとって偉大な友

 

オルセー美術館はルーブルやベルサイユのように複雑な建物の構造をしておらず、展示がいくぶん見やすいです。

 

 

f:id:Fukuneko:20171028174229j:plain

正面が入口

 

とはいっても通路の奥にさらに部屋があったりして観る順に迷うところはあるのですが、短時間で全部観るのは難しいので気になったところを重点に巡りました。

 

f:id:Fukuneko:20171028160631j:image

大理石のマーブルを生かした彫像

 

f:id:Fukuneko:20171028160641j:image

美術館の正面裏にある時計も素敵

 

ようやく半分。

続いてミレーの落穂拾いを探しに行きます。

 

ミレーの人気は日本人だけ?

f:id:Fukuneko:20171028160652j:image

 

ミレーの作品は4番の部屋にありました。

入場して左手側のエリアです。

 

f:id:Fukuneko:20171028160701j:image

 

「落穂拾い」はあっけなく見つかりました。

 

ミレーの部屋に入って正面。

そしてこのときちょうど誰も観ていませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20171028160954j:image

 

ミレーの「落穂拾い」は海外ではそこまで有名ではないんですかね。

おかげでじっくり観賞できました。

 

f:id:Fukuneko:20171028160709j:image

働く農婦たち

 

f:id:Fukuneko:20171028160717j:image

 

表情から時代背景を想像。

そして光の加減が素晴らしいと思いました。

 

以下は他の気になった作品です。

 

f:id:Fukuneko:20171028160729j:image

寂しげ

 

f:id:Fukuneko:20171028160736j:image

グッときます

 

f:id:Fukuneko:20171028160747j:image

羊の群れ

 

f:id:Fukuneko:20171028160758j:image

 

羊のもふもふ感がすごくリアルでした。

 

f:id:Fukuneko:20171028160805j:image

 

あっ。また目の前に!

 

f:id:Fukuneko:20171028160813j:image

モウ〜

 

よけてくれました。

 

この牛もすごくリアル!

 

f:id:Fukuneko:20171028160822j:image

よだれも再現

 

体表や地面の質感が絵とは思えないほどでした。

 

f:id:Fukuneko:20171028160831j:image

なんか好き

 

f:id:Fukuneko:20171028160839j:image

細部まで細やか

  

f:id:Fukuneko:20171028160851j:image

荘厳さを感じた一枚

 

たくさんの絵画や彫刻を見て芸術がお腹いっぱいになったところでオルセー美術館を後にしました。 

 

自分の好みが浮き彫りになって、好きなタイプの絵ばかり眺めてしまいましたが、十分楽しめました。

 

f:id:Fukuneko:20171028174337j:plain

こんな部屋もあった

 

f:id:Fukuneko:20171028174345j:plain

やっぱり広かったです

 

パリでもケバブはお手頃 

f:id:Fukuneko:20171028161124j:image

 

ホテルに戻るまでにお腹がすいて途中で買った5€くらいのケバブサンドもボリューム満点でした!

ヨーロッパではケバブよく食べてます。

 

ちょっと休憩してノートルダム大聖堂と凱旋門、シャンゼリゼ通りへ行ってきます。