世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

マラケシュからロンドンへ!ブリティッシュエアウェイズはラウンジも飛行機も噂通りだった

11月23日(木)。

若干長居をしたモロッコともお別れ。一気にロンドンへ北上します。

物価も一気に上昇するのが切ないですが、ハリーポッターやピーター・パンの舞台にもなったロンドン、楽しみです。

 

 

マラケシュ空港までは乗り物を使おう

f:id:Fukuneko:20171124021534j:image幻覚を見ているのではないか

 

ホテルをチェックアウト後ロビーでのんびり過ごし、マラケシュ空港へ。

 

ホテルはマラケシュ駅の横だったのですが、マラケシュ・メナラ空港まで歩いて行ったらめっちゃ遠くて大変な目に遭いました。

 

昨日Googleマップ先生にお伺いを立てた時は2.8km、30分と出ていたのです。

 

そのくらいなら歩いて行けんじゃん!と思ったら、なぜか今日(空港に向かった日)は車での移動方法の案内しか出ない…。

なぜ???

 

まあ車のルートでも一緒だろうと歩き始めたのでした。

 

これが過ちでした。

 

そもそもGoogleで出てきたルートは本来車でも通れないルートで(庭園みたいな中を通っていく)、それすら違う距離だったのです。

 

空港にある程度近付き、もうすぐ見えてくるかなーまだかなーと歩くも全然着かない。まっすぐな道を歩き続け、いつまでも変わらない景色

 

これ、このままずーーっと歩き続ける悪夢なんじゃないか?

 

と疑いました。

 

f:id:Fukuneko:20171124021537j:image

標識に安堵

 

結局1時間15分くらいかかって到着。 

 

f:id:Fukuneko:20171124021546j:image

見えると元気が出る 

 

タクシーでもマラケシュ駅から1000円しないくらいなので、普通にタクシー使って全然いいと思います。

 

かっこいいぞマラケシュ空港

f:id:Fukuneko:20171124024531j:image

こちらは到着口

 

マラケシュ空港は想像をはるかに超えて近代的でした!

 

この波のようなデザインは砂漠の大砂丘をイメージしているのですかね。 

 

f:id:Fukuneko:20171124021555j:image

上の2言語はどう頑張っても読めない

 

空港は出発ロビーに入るときにセキュリティチェックがありました。

荷物を機械に通して、体も金属探知機で検査。

厳重です。

 

そう考えると羽田とか成田とか日本の空港は緩いなあ。 

 

f:id:Fukuneko:20171124021703j:plain

わりとペラペラな紙

 

今回、ワンワールドのビジネスクラス世界一周航空券なので、ブリティッシュエアウェイズを利用します。

 

チェックインして残りのお金を両替(※)し、保安検査場へ。

※出国後は両替所がないと聞いていたので。本当にありませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20171124021607j:image

デザイン性高し

 

「Fast track」から通るということで早く通過できるのかと思いきや、超厳重なセキュリティチェックがありました。

 

一つ一つカバンを開けて見るので時間がかかります。

けっこう厳密な所持金の申告もありました。

 

前の人は面倒になったのか、持っているお金を手に持って見せていました。

 

f:id:Fukuneko:20171124021611j:image

きれいだなあ

 

ふくねこはディルハムはもちろん、ユーロもUSDもスられて持っていないけど、ネパールルピーを3500くらい持っていたので申告。

見せてと言われたのでカバンから出して見せました。

 

シンガポールやカナダ・USドルの小銭もあったけど特に何も言われず「OK、OK」と。

 

先にチェックしたふくねこだけ見て主人はスルー。

後ろが詰まってたからかな?

 

手荷物を機械に通し、人間も探知ゲートをくぐってさらにボディチェック。

お隣の普通のレーンはいつもの感じなのに、何だかビジネスクラスの方が厳重でした。 

 

マラケシュ空港のラウンジ

f:id:Fukuneko:20171124021709j:image

ラウンジでごはん食べたい

 

今回のフライト(ブリティッシュエアウェイズのビジネスクラス)で使えるラウンジは、A1ゲート近くのVIPラウンジという場所。

 

ラウンジに食べ物があるのを当てにしているためお昼ごはんを食べていません。

 

腹ペコです!!

 

足早にラウンジを探します。

 

f:id:Fukuneko:20171124021712j:image

隣はプレイルーム

 

スタッフさん2人に聞いてやっとラウンジを発見。

A1ゲートの前でした。

 

f:id:Fukuneko:20171124021711j:image

小瓶はドレッシングとはちみつ

 

「マラケシュ空港のラウンジはショボい。」

 

そんな噂をネット上で見ていたのでどんなものかと思ったら、本当にショボかったです。

 

いえ、飲み物や食べ物をいただけるだけありがたいのですが、やっぱりせっかくビジネスクラスで買ったと思うと残念に思ってしまうのです。

 

それでもチキンやサンドイッチ、サラダ、パン、フルーツをいただいてきました。 

サーモンサンドが特に美味しかったです!

 

搭乗チェックも厳重だった

搭乗時刻になり、搭乗口に向かうべくラウンジを出る準備。

 

ふくねこはいつも着ていた水色の綿シャツがないことに気付きました。

 

…!!

保安検査場を通る時に脱いでそのまま置いてきた!!

 

しかしそれももう2時間以上前のこと。

持っていた水のボトルを無言でゴミ箱に投げ捨てたスタッフのことを思うと、もうきっとそのシャツはないでしょう。

 

けっこうお気に入りだったのですが、背中のあて布も破けてしまっていたし、裾も穴が空いていたのでここは断捨離することにしました。

 

というか、取りに行っても無い可能性が高いうえにけっこう遠い保安検査場まで戻る気力がありませんでした。

 

長袖が1枚のみなので、どこかで調達したいと思います。

 

まさかの座席と機内食 

f:id:Fukuneko:20171124081838j:image

機内食メニュー 

 

飛行機の座席は主人と離れていました。

チェックイン時に並び席が空いていなかったようです。

 

そして座席はよくあるビジネスクラス用の広めのシートではなく、普通席。

3席ある真ん中の席にテーブルを設置し、2席にしていました。

 

うーん、機材の関係もあると思うのですが、チケットを奮発しただけにやっぱりちょっと残念です^^;

 

f:id:Fukuneko:20171124081718j:image

左上のはチーズケーキじゃなくてチーズだった

 

とは言えやはり隣を1つ空けているのは快適です。

 

デザートのティラミスが美味しかったです!

 

f:id:Fukuneko:20171124081708j:image

ブレブレでした

 

そしてメニューにまさかのグリーンチキンカレー。

ここでお米が食べられるとは思いませんでした。薄味めでしたがごはんが食べられてうれしいです。

 

でも、このレベルの機内食なら入れ物が違うだけでエコノミーでもあるのでは?

タイ航空とかエコノミーでもごはん美味しかったなー。

 

と、ブリティッシュエアウェイズは噂通りショボめのビジネスクラスでした。

(↑食べ物が関わっているので厳しい。笑)

 

クリスマスムード漂うロンドンへ到着!

f:id:Fukuneko:20171124081717j:image

イスラム教圏から一気にキリスト教圏

 

ふくねこのお隣にいらしたおじさまの祈りの成果もあってか、多少揺れがあったものの無事に飛行機はロンドン・ガトウィック空港へ到着。

 

おじさま、揺れがあるたびに手を組んで祈っておられました。

 

早く飛行機を降りられたものの、入国審査の窓口にはなぜか人がいなくてまったく列が進まず。

 

やっと人が窓口に入り、入国審査となりました。

ロンドンはテロの懸念もあるので厳しいかと思いましたが、渡航の目的や日本での仕事、期間などを聞かれておしまい。

 

ガトウィック空港ノースターミナルのホテルへ

f:id:Fukuneko:20171124081719j:image

ターミナル間は無料のシャトルトレインで

 

到着したのはサウスターミナル。

本日の宿の予約はノースターミナル付近。

 

徒歩13分ほどのターミナル間を移動をする必要があるのですが、無料のシャトルトレインが走っていて無料で楽々行けました。

 

f:id:Fukuneko:20171124081952j:image

 

しかも 空港のシャトルトレインの駅にあるエレベーターにホテルの案内も。

分かりやすくて感動。

 

f:id:Fukuneko:20171124081959j:image

 

エレベーターを降りたら目の前がホテルでした。

 

ロンドンにしては値段もそれほど高くなく、夜の到着便にありがたいホテルです。 

「Premier Inn」というチェーンホテルで数もそれなりにあります。ロンドンでの宿泊におすすめです。

 

f:id:Fukuneko:20171124081953j:image

 

部屋も広く清潔です。

モロッコの感じもいいのですが、やはり新しくてモダンなのは落ち着きます。

 

何よりカードキーがすんなり空くという安定感。

さすがロンドン。

 

f:id:Fukuneko:20171124081734j:image

 

部屋にはポットとコーヒーセットもありました。 

 

f:id:Fukuneko:20171124081752j:image

 

ミルクがあるのがうれしいです。

英国はやはりTWININGSの紅茶ですね。

 

f:id:Fukuneko:20171124081743j:image

 

お風呂はバスタブ付きのシャワー。

 

シャワーカーテンも汚い感じが一切なかったです!

 

f:id:Fukuneko:20171124081748j:image

 

扉(引き戸)に鍵がないのがちょっと落ち着かないですが、洗面台も広くてきれいで居心地最高のホテルでした。

 

ベッドも柔らかくて気持ち良かったです。

 

明日からは数日ロンドンを満喫します!