世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ロンドン観光2日目!ハリーポッターの駅とシャーロック・ホームズが大人気

11月25日(土)。早いもので、ロンドンに来てもう3日目です。

 

今日はロンドンを満喫すべく、ハリーポッターのホグワーツ特急で有名な「キングス・クロス駅」や、シャーロック・ホームズミュージアム、大英博物館などに行ってきました。

 

 

メトロ1日乗車券を購入

f:id:Fukuneko:20171126042031j:image

Waterloo駅にて

 

2泊目のホテルは高めだったので、朝食は食べずにチェックアウト。

次のホテルに向かい、荷物を置いてから観光へ向かいます。

 

ロンドンはそれぞれの名所がそこそこ離れているので、メトロ1日券を購入することにしました。

 

f:id:Fukuneko:20171126042038j:image

日本語選べる!と喜ぶもこの画面だけだった

 

ロンドンのメトロは「Underground」です。「Tube」とも呼ばれています。

 

早速券売機で購入。

言語を選べて素晴らしいと思ったら、最初の画面だけであとはずっと英語でした。

 

f:id:Fukuneko:20171126042044j:image

OFF-PEAKで12.30ポンド

 

・今日のチケットか明日のチケットか

・利用可能ゾーン(通常のロンドン観光なら1~6でOK)

・年齢

・必要な枚数

 

などを選択して無事購入できました。

12.30ポンドでしたが「OFF-PEAK」とあるので時期によって値段が変わるのかもしれません。

 

Kings Cross(キングス・クロス)駅へ 

f:id:Fukuneko:20171126042133j:image

ここじゃなかった

 

1日乗車券で次のホテルに移動し、荷物を置いて観光へ。

 

実はチェックアウトしたホテルのカードキーのうち1枚を主人がお財布に入れたまま持ってきてしまっていました。

 

幸いまだロンドンに滞在しているので返却は可能。

デポジットとかあるかもしれないので、早い方がいいだろうとホテルに電話してみたら「ノープロブレム!」と。

 

一応、

「明日そちらの近くに行くので返しに行きます。」

ということルームナンバーとともに伝えたら

「持ってて大丈夫!そのキー(持ってきちゃったカードキー)は使えなくなるからまったく問題ないよ!」

ということでした。よかった。

 

ふくねこ、クレジットカードの件もあって、英語で簡単な用件なら電話できるようになりました。

この度で唯一のレベルアップ!

 

さてさて一安心してハリーポッターにも出てきたお目当てのキングス・クロス駅へ。

 

キングス・クロス駅に向かう途中、あまりに立派な建物が手前にありここかと思ったのですが、違う駅でした。

 

f:id:Fukuneko:20171126042140j:imageセント・パンクラス駅

 

ホテルも入っている「セント・パンクラス駅」の建物でした。

ここも見ごたえありです。素敵。

 

キングス・クロス駅の9と3/4番線へ

f:id:Fukuneko:20171126042145j:image

意外とシンプル

 

セント・パンクラス駅の隣にあるシンプルな建物がお目当てのKings Cross(キングス・クロス)駅。

 

土曜日ということもあって人がたくさん。

 

f:id:Fukuneko:20171126042157p:image

ヒトデだらけ

 

そしてポケモンハンターもたくさん。

みんなルアー刺しすぎ。笑

 

※ルアー:「ポケストップ」と呼ばれるポイントで使えるアイテム。ポケストップに刺すとポケモンが出やすくなる。ルアーを刺すとポケストップにピンクの花びらが舞う。

 

f:id:Fukuneko:20171126042201j:image

 

ポケモンをやっているであろう人々の間を抜けて駅の入口へ。

 

f:id:Fukuneko:20171126042215j:image

 

キングス・クロス駅はそのクラシックな外観から想像できない近未来的な駅でした!

 

f:id:Fukuneko:20171126042227j:image

 

本当にここにあるのかな…?と不安に思いつつも、9番ホームの方向へ向かうと人だかり。

 

9と3/4番線、ありました!!

 

f:id:Fukuneko:20171126042236j:image

記念撮影用のマフラーもあり

 

ハーマイオニー、ロン、ハリーがカートを押しながら突っ込んでいったあの壁がそこに。

実際にこの目で見ることができて感無量です!

 

撮影するときはマフラーがたなびくよう係の方が端っこを持ってくれます。

みんな笑顔で見ているだけで楽しくなりました。

 

f:id:Fukuneko:20171126042254j:image

 

隣にはお土産屋さん。

グリフィンドールやスリザリンはもちろん、4チームすべてのマフラーやセーターが置いてありました。

 

奥のゾーンには杖やクディッチのジャケットも。

 

セーターを買うかものすごく悩みましたが、お値段はやっぱりそれなりで今回はお見送りに。

 

ベイカー・ストリートへ

f:id:Fukuneko:20171126042354j:image

配線いっぱい

 

次はシャーロック・ホームズのミュージアムがあるベイカー・ストリートへ。

 

主人が名探偵コナン好きで、コナンの元となっているシャーロックホームズも好きなんだそう。

 

f:id:Fukuneko:20171126042404j:image

奥に立っている人の顔がうまいこと隠れた

 

ちなみにコナンに出てくる「米花(べいか)街」は「ベイカー・ストリート」の「ベイカー」に由来しているのは有名なお話。

 

f:id:Fukuneko:20171126042410j:image

 

ミュージアムに向かう途中にはビートルズショップもありました。

 

イギリス・リヴァプール出身の彼らも英国の顔ですね。

 

シャーロック・ホームズミュージアムへ

f:id:Fukuneko:20171126042453j:image

 

ところで11月末のロンドン。

寒いです。

 

マラケシュ空港に貴重な長袖を置いてきてしまったふくねこ。

薄い長袖シャツにノースフェイスの山用コンパクトジャケットを着ていましたが、全然足りません!

 

f:id:Fukuneko:20171126042504j:image

 

ショップに入ってほっと一息。

ここでチケットを買ってから隣のミュージアムの入口に並びます。

 

ミュージアムのチケットは一人15ポンドでした。

 

f:id:Fukuneko:20171126042524j:image

 

お土産屋さんにはシャーロックに扮したかわいいテディベアがたくさん。 

 

売る気はあるのか?趣味で取り揃えているんじゃ?と思うくらいグッズがすごく充実していました。

 

160ポンドのパイプを買う人がいたら拍手したい。

 

f:id:Fukuneko:20171126042636j:image

 

その後、気温8度、風のせいで体感温度は4度くらいの寒空の下待つこと30分強。

中に入れる人数に限りがあるので、入場制限をしているようです。

 

もう限界や…という時、ようやく中に入ることができました。

 

f:id:Fukuneko:20171126042642j:image

 

2階に上がってからまずはスタッフさんからの案内がありました。

 

・ここにあるのは100年以上前のもの

・触らないでね

・写真は撮って大丈夫!

 

その他シャーロックにまつわる歴史もお話しいただいたのですが、英語なので細かいところをフォローしきれず。

 

由緒ある素敵な場所ということは分かりました!

 

f:id:Fukuneko:20171126042645j:image

 

5分くらいの説明の後は建物内を自由散策。

暖炉は本物の炎でした。

 

f:id:Fukuneko:20171126042653j:image

 

ここは寝室だそう。

以外に小さなベッドでした。

 

f:id:Fukuneko:20171126042700j:image

 

3階と屋根裏部屋もあるので上に上がってみます。

 

f:id:Fukuneko:20171126042706j:image

 

階段の踊り場にはリアルな蝋人形!

びっくりしました。

 

f:id:Fukuneko:20171126042713j:image

素敵な帽子

 

シャーロック・ホームズについてはまったく詳しくないのですが、部屋は大変興味深く見られました。

 

蝋人形もたくさん。リアルでちょっと怖かったです。

 

f:id:Fukuneko:20171126042720j:image

今にも動きそう

 

f:id:Fukuneko:20171126042726j:image

撃たれてる

 

f:id:Fukuneko:20171126042736j:image

心の中で「ひょうわ!」と叫んだ

 

f:id:Fukuneko:20171126042741j:image

屋根裏にはかばん

 

シャーロック・ホームズ好きにはたまらないミュージアムですが、そうでない人も視覚的に楽しめる場所でした。

 

カツカレーを食べてロンドン塔へ

f:id:Fukuneko:20171126042808j:image

キッコーマン!

 

お昼ご飯はミュージアム近くの日本食(?)店へ。

 

麺もありましたが、チキンカツカレーに惹かれてカツカレー。

 

f:id:Fukuneko:20171126042814j:image

 

6.90ポンドくらいでした。

ルーが冷め気味でしたがチキンカツが柔らかくておいしかったです。

 

赤いのは唐辛子で噛むと辛いので要注意。

ごはんはジャポニカ米ではなく細長・固めのライスでした。

 

f:id:Fukuneko:20171126042843j:image

 

ベイカー・ストリート駅に戻り、地下鉄で「Tower Hill」という駅まで移動します。

 

f:id:Fukuneko:20171126042854j:image

 

本数も多くて楽々移動。

 

テロは怖いけど地下鉄最高です。

 

ロンドン塔とタワー・ブリッジへ

f:id:Fukuneko:20171126042910j:image

 

Tower Hillの駅を出ると目の前にロンドン塔。

「塔」ですがどちらかというと「城塞」です。

 

f:id:Fukuneko:20171126042916j:image

 

世界遺産にも登録されています。

入場料は28ポンド

 

f:id:Fukuneko:20171126042933j:image

 

外観で十分満足したので中には入りませんでした。

それよりも寒くて寒くてどこか暖かい場所に入りたいです。

 

f:id:Fukuneko:20171126042946j:image

 

寒くても、かっこよさに何枚も写真を撮りました。

 

f:id:Fukuneko:20171126042955j:image

f:id:Fukuneko:20171126043007j:image

 

ここから「タワーブリッジ」という見事な橋が見えるので、寒さに耐えて見に行きます。

 

f:id:Fukuneko:20171126043012j:image

 

川風が寒い。

橋きれい。

寒い。

 

f:id:Fukuneko:20171126043057j:image

 

曇りと雨が多いロンドンで晴れの背景でタワーブリッジが見られたのはラッキーでした!

 

f:id:Fukuneko:20171126043105j:image

寒い・・・

 

甘いピーナッツアーモンドの匂いにそそられながら次の目的地、大英博物館に向かいます。

 

大英博物館は入場無料

f:id:Fukuneko:20171126043136j:image

 

大英博物館の最寄り駅は

・Holborm

・Tottenhum Court Road

の2駅です。

 

f:id:Fukuneko:20171126043145j:image

 

今回Tottenhum Court Roadという駅で降りたので、上の案内のようなルートで向かいます。

徒歩5分くらいでした。

 

f:id:Fukuneko:20171126043307j:image

 

オックスフォードストリートはショッピングの街だそう。

暖かい洋服が欲しいです。

 

f:id:Fukuneko:20171126043313j:image

 

5分ほど歩いて、大英博物館へ到着。

ギリシャの神殿を思わせる建物です。

 

入る時に手荷物検査がありました。

 

f:id:Fukuneko:20171126043314j:image

 

大英博物館の入場料は常設展であれば無料です。

太っ腹!

 

有志で5ポンドを入れる箱がそこかしこにあるので、余裕があればぜひ。

 

f:id:Fukuneko:20171126043330j:image

 

入って左手のエリアにはロゼッタストーン。

世界史の教科書で見たあの石です。

 

細かい文字がたくさん刻まれていました。

 

f:id:Fukuneko:20171126043338j:image

 

ロゼッタストーンの裏側、初めて見ました。

 

f:id:Fukuneko:20171126043342j:image

 

この辺りはエジプトのコーナー。

昔岡山で見た「大英博物館の秘宝展」を思い出します。

 

f:id:Fukuneko:20171126043347j:image

f:id:Fukuneko:20171126043352j:image

f:id:Fukuneko:20171126043402j:image

 

人もそれほど多くないので、ゆったり回れるのがうれしいです。

 

あと館内は暖房があまり効いてないので外との「暖差」がなく、ジャケットを着たままで全然回れました。

 

暑くなると上着を脱いで持つのが面倒なので、どこの美術館もこの方式でいいんじゃないかと思います。

 

f:id:Fukuneko:20171126043408j:image

モアイ像もあった

 

f:id:Fukuneko:20171126043412j:image

薬の展示も

 

f:id:Fukuneko:20171126043415j:image

「南アジア」のコーナーにあった

 

f:id:Fukuneko:20171126043419j:image

 

「日本」のコーナーもあったので行ってみました。

 

f:id:Fukuneko:20171126043429j:image

 

一番はじめに「はにわ」。

一気に大和時代くらいまで遡ってます。

 

f:id:Fukuneko:20171126043449j:image

 

「日本」のコーナーには甲冑があったり、掛け軸があったり、器があったり。

 

見慣れているせいかあまり感じるものがありませんでした(^^;

海外から見る「日本」のイメージがこういうところからできていくんだろうな…。

 

その後中国と韓国のゾーンも少し見ましたが、遠い国から見たら区別付かないだろうなあと思いました。

 

f:id:Fukuneko:20171126043454j:image

18世紀の展示

 

他にもヨーロッパコーナーやアフリカコーナーなど、歴史好きにはたまらない博物館です。

 

f:id:Fukuneko:20171126043500j:image

植物図鑑

 

全部見て回ると半日はかかりそうです。

中にはカフェレストランもありました。

 

f:id:Fukuneko:20171126043531j:image

本屋さんでこれはいいのか

 

お土産屋さんやブックショップも充実しています。

 

f:id:Fukuneko:20171126043535j:image

 

我々の性格上、感性で気の向くまま回ったのですが、2ポンド~の価格でガイドブックを販売しているので、それを利用するとより深く楽しめると思います。

 

f:id:Fukuneko:20171126043542j:image

すっかり日も暮れた(まだ16時過ぎ)

 

博物館の後はスーパーで夕飯のサンドイッチや飲み物を買って帰りました。

TESCOが比較的安くて助かります。

 

ホテルで間違ったサービスを受ける

f:id:Fukuneko:20171126043549j:image

 

レセプションでカードキーと荷物を受け取り、部屋へ。

 

しっかりしたホテルなので(他が空いてなかった)バックパックがやっぱりちょっと恥ずかしくなります。

 

f:id:Fukuneko:20171126043557j:image

 

あれ?

何かケーキが置いてある…??

 

f:id:Fukuneko:20171126043609j:plain

 

「Brearley」…今思えばこれは名前だったのかもしれません。

 

置かれているケーキに違和感を感じ、封筒を開けたら中には「Happy Birthday!」、そして送り元には知らない方のお名前が。

 

いやいやいや!!

これ部屋間違ってるでしょ!!

 

主人は「食べていいんじゃない?」と言っていましたが、絶対違うと思ったのでふくねこ一人、封筒を持ってレセプションに確認しに行ってきました。

(部屋から電話しようとしたけど通じなかった。)

 

するとやっぱり違っていて、ケーキは別の部屋に運ばれることに。

封筒、開けちゃってすみません。

 

部屋に戻ってしばらくすると恰幅の言いホテルマンがケーキのプレートを取りに来ました。

 

お水とスパークリングウォーターはどうぞ飲んでくださいと。

プチラッキー。

 

なんだか面白かったです。

 

f:id:Fukuneko:20171126043603j:image

 

そんなトラブルはありましたが、バスルームもきれいでよいホテルです。

 

f:id:Fukuneko:20171126043604j:image

鍵がかかるトイレは落ち着く

 

スーパー「TESCO」で買ってきたサンドイッチは昨日食べたのと同じでした。

 

相変わらず美味しかったです。

明日も同じサンドイッチを買ってしまいそうな気がします。

 

ただ、ふくねこのスワイプタイプのクレカはうまく使えるお店と使えないお店があるのが切ないです。

同じTESCOでも店舗によってエラーになったり。

どうにかしてIC付きのクレカを手に入れられないか、模索中です。

 

明日はラーメンを食べて幸せになりたいと思います。