世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ロンドンで行列ができるラーメン屋さん「金田家」へ。替え玉もあります

11月26日(日)。ロンドンの滞在も4日目となりました。

物価も高いのでゆっくり長居をするような場所でもないのですが、おかげで朝の時間に余裕があるのがうれしいです。

 

この日はコインランドリーで洗濯をしたり、博多ラーメンを食べたり、ロンドンの街歩きを楽しんできました。

 

大英図書館は日曜11時から 

f:id:Fukuneko:20171127051053j:image

ビートルズの手書きの歌詞とかある

 

まずホテルに近い大英図書館に行こうとしたのですが、開いていませんでした。 

お休みかと思ったのですが後から調べたら日曜は11時からとあり、無念。

 

朝ご飯に食べたスタバのサーモンベーグルサンドイッチが美味しかったです。

550円くらいしたけど(飲み物は頼まず)、ここはロンドン中心地。東京の丸の内とかで食べるカフェの朝ご飯と思ったら高くないと思えてきました。

 

あとスタバはスワイプタイプのクレジットカードも使えました!

さすが!

 

コインランドリーは4ポンドから

f:id:Fukuneko:20171127051056j:image

頼もしい回転 

 

そのベーグルサンドはコインランドリーで洗濯をしながらほおばりました。

 

ロンドンに来てから、洗面器が洗濯に不向きであることを言い訳に手洗い洗濯をさぼっていたのです。

 

都会はコインランドリーがあるから便利。

ぜんぶ自動でやってくれる洗濯機、最高です。

 

 

このコインランドリーは一番小さいサイズが4ポンド。

取り扱いはコインのみです。

 

洗剤は無くても1ポンドで買えます。

ふくねこたちはモロッコで買った洗剤があるのでそれを利用。 

 

洗濯を待っている間もけっこう多くの方が来ていました。人気の(?)ランドリーのようです。

 

f:id:Fukuneko:20171127051101j:image

ラッセルスクエアという公園

 

洗濯は30分ほどで完了。

乾燥はせず、次のホテルで干すことにしました。

 

f:id:Fukuneko:20171127051104j:image

いつも夕方みたいな日差し

 

11月末のロンドンは一日中夕方のような光の加減で、朝起きて外に出たときからもう一日が終わるような感覚になります。

 

f:id:Fukuneko:20171127051109j:image

 

お昼ご飯は美味しいと大評判のラーメンを食べに行くことにしていました。

 

メトロを使うのが少しもったいないような微妙な距離だったので、濡れた衣類を入れて重くなったバックパックを担いで頑張って歩きます。

 

でもロンドンは景色がきれいなので歩くのが苦になりません。

 

f:id:Fukuneko:20171127051116j:image

ルービックキューブと鳩

 

f:id:Fukuneko:20171127051149j:image

赤のダブルデッカー(バス)が似合う街

 

ヨーロッパは見慣れたと思っていましたが、ロンドンはやはり洗練されていました。

 

一風堂の向かいのラーメン屋さん「金田家(KANDA-YA)」

f:id:Fukuneko:20171127051128j:image

 

いい感じに歩いたなーという頃、一風堂ロンドン店が見えてきました。

 

しかし今回行くのはそのお向かいにある博多ラーメンのお店「金田家(KANDA-YA)」さん。

 

そう、ここは博多ラーメンのプチ激戦区なのです。

 

昇龍ラーメンも気になる 

 

12時の開店前に既に十数人の行列ができていました。

 

f:id:Fukuneko:20171127051132j:image

入り口にもメニューあり

 

ちょうどうまいこと最初の枠での入店に成功。

日本人のスタッフさんもいらっしゃいます。

 

f:id:Fukuneko:20171127051137j:image

 

貼り紙にもある通り、お店はそれほど広くありません。

20人ギリギリ入るかなというくらい。

 

これがまたラーメン屋っぽくていいですね。

 

f:id:Fukuneko:20171127051140j:image

 

頼んだのは「とんこつX(エックス)」、麺固め。

 

スープも麺もチャーシューもすべて美味しかったです!

 テーブルに置いてある辛子高菜はけっこうピリ辛です。 

 

麺の替え玉もできるようなのでぜひ。

スープを少し残しておくのをお忘れなく!

(美味しくて一気に飲み干してしまいました。)

 

テムズ川を渡ってバンクサイドへ

f:id:Fukuneko:20171127051148j:image

 

今日は「セント・ポール大聖堂」の対岸、バンクサイドというエリアに泊まります。

ちょっと面倒ですが街歩きを楽しみつつ移動。

 

f:id:Fukuneko:20171127051150j:image

メッセンジャーのあの猫だ

 

f:id:Fukuneko:20171127051156j:image

クリスマスモードですね

 

f:id:Fukuneko:20171127051200j:image

夜絶対きれいな場所

 

f:id:Fukuneko:20171127051207j:image

 

てくてく歩いてテムズ川にかかる橋へ。

まだお昼過ぎなのに日が傾いていて何だか焦ります。

 

f:id:Fukuneko:20171127051211j:image

 

反対側はまだまだ昼間の雰囲気。

 

f:id:Fukuneko:20171127051221j:image

 

端からロンドン・アイが見えました。

目印になる建物のおかげで全体の位置関係が分かってきました。

 

初めてのヒルトン 

f:id:Fukuneko:20171127051411j:image

チボリ公園のような看板

 

今日はなぜか恐れ多くもヒルトンに泊まることになりました。

他のホテルと比べて価格にあまり差がなかったそうです。

 

f:id:Fukuneko:20171127051225j:image

イギリスっぽい 

 

あと、ヒルトンに泊まるのが主人の夢だったそう。 

でもバックパックで入ることにやはり抵抗が…。せめて持っている服の中で一番まともっぽい服を着ていきました。

 

上着で隠れるけど。

 

f:id:Fukuneko:20171127051229j:image

エレベーターを降りたときのインパクト 

 

レセプションでは我々のバックパックスタイルにも差別なく接してくださいました。

さすがヒルトン。 

 

f:id:Fukuneko:20171127051233j:image

 

部屋はダブルのシンプルなお部屋。

 

f:id:Fukuneko:20171127051236j:image

 

なんとなく壁やカーテンに重厚感を感じます。 

 

f:id:Fukuneko:20171127051243j:image

お菓子に顔がほころぶ 

 

引き出しを開けたらお茶セット。 

ミルク付きがうれしいです。

 

f:id:Fukuneko:20171127051248j:image

 

隠し扉みたいなクローゼットがありました。 

 

f:id:Fukuneko:20171127051253j:image

 

バスルームは広々。

そしてたぶんこれが少しお手頃になっていた秘密。 

 

f:id:Fukuneko:20171127051301j:image

 

体の不自由な方用のお部屋でした。

 

そういえばレセプションでそんなことを言っていました。

不都合があればおっしゃってくださいというようなことも言われていたので、変えてもらえないか聞きに行きましたが追加料金がかかるということでこのまま使いました。

 

シャワーを浴びるとトイレの足元まで床が水浸しになるのですが、水はけがよいのでそんなに気にならなかったです。

よかった。

 

f:id:Fukuneko:20171127051304j:image

 

ロンドンに来てからコンディショナーが置いてある率が高くなりました。

ありがたいです。 

 

セント・ポール大聖堂へ

f:id:Fukuneko:20171127080140j:plain

 

ホテルで小休止した後は、セント・ポール大聖堂に行ってみることにしました。  

またまたテムズ川を渡っていきます。

 

f:id:Fukuneko:20171127080158j:plain

 

ロンドンにはこのパディントンのくまさんをよく見かけます。

見るたびにパンを食べたくなります。 

 

f:id:Fukuneko:20171127080603j:plain

 

ミレニアム・ブリッジという歩道橋がセント・ポール大聖堂のすぐ近くにあるので、その橋を渡っていきました。 

 

昨日近くで見たタワー・ブリッジが真横から見えました。

遠いけど。

 

f:id:Fukuneko:20171127080208j:plain

月が串刺し 

  

f:id:Fukuneko:20171127080216j:plain

夕暮れ早い 

 

太陽が出ていても寒いのに、日照時間が短い秋冬のロンドン。

寒いです!

 

f:id:Fukuneko:20171127080238j:plain

冷たかった 

 

ところでロンドンはそこら中でキャラメルピーナッツを売っています。

綿あめの屋台のようなカートでピーナッツにキャラメル掛けをしていて、見た目はほかほか温かそうなのですが、買ってみたら冷たかったです。

 

冷え冷えでも美味しい豆でした。

 

f:id:Fukuneko:20171127080245j:plain

デザインがかわいいポール 

  

f:id:Fukuneko:20171127080247j:plain

 

橋を渡りきると、またパディントンのくまさん。

 

ここまでさんざん「パディントンのくまさん」とずっと言っていますが、正式には「パディントンベア」というイギリスの作家さんマイケル・ポンド氏が書いた作品です。 

 

www.paddington-bear.jp

 

日本語のオフィシャルサイトもあるくらいの人気ぶりです。

 

ドラえもんみたいな存在かもしれません。

 

f:id:Fukuneko:20171127080254j:plain

 

セント・ポール大聖堂に話を戻します。

 

ここはチャールズ王太子とダイアナ元妃が結婚式を挙げた由緒正しい教会です。 

ちょうど結婚が決まったヘンリー王子とアメリカの女優メーガンさんもここで挙げるのですかね。

 

f:id:Fukuneko:20171127080318j:plain

 こういう時計塔好きなんです

 

f:id:Fukuneko:20171127080333j:plain

正面から 

 

この日は日曜日。

ツーリストが入れない日でした。ちょっと残念!

 

暗くなるとお腹が減る 

f:id:Fukuneko:20171127080338j:plain

 

ぐるっとその辺を回り、買い物をしてホテルに戻ることにしました。  

 

また17時前なのですが、暗くなってくるとお腹が空いてくるから不思議です。

 

f:id:Fukuneko:20171127080348j:plain

自転車置き場がしっかりしてる

 

東京の中心地には自転車置き場や自転車ゾーンの車道がほとんどないけれど、ヨーロッパはエコのため自転車を推奨していることもあるのか、自転車にやさしい道路になっています。

 

ロンドン、自転車寒いだろうな。

 

f:id:Fukuneko:20171127080347j:plain

 

主人の咳が長引くので、近くのショッピングモールにあったドラッグストアで咳止め薬を購入。

あと日本から持ってきた歯磨き粉がなくなりかけているので、見慣れたアクアフレッシュを買いました1.25ポンド(≒200円)。

 

ホテルで使ってみたら口の中が泡あわの水色になってすっきりしました。

 

f:id:Fukuneko:20171127051316j:image

太郎さんが気になる 

 

ロンドンは日本食レストランも多いですね。

 

f:id:Fukuneko:20171127080437j:plain

降りたくなる階段

 

再びテムズ川を渡ります。

 

ロンドンとこのテムズ川は切っても切れない関係。

そう、東京の神田川、北関東の利根川のように。 

 

f:id:Fukuneko:20171127080449j:plain

 

夕ご飯は帰りにスーパーCo-opで買って帰りました。

夜になると半額シールが貼られる商品もあって、ちょっとお得に食べ物をゲット。

 

お米を鍋で炊いたり自炊できる設備がある点ではゲストハウスやホステルなどの方が良いのですが…(と言ったらせっかく高いホテル取ったのにと怒られました)。

 

苗場山頂のヒュッテが好きです。

また登りに行きたいなあ。