世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

アルゼンチン側からはイグアスの滝が近い!イグアスからの行き方と園内のホテル

12月2日(土)。イグアスの滝に着いたふくねこ達。

いよいよ「悪魔の喉笛」とも呼ばれるその世界三大瀑布の滝を見ることができました!

 

 

イグアスの街からイグアスの滝へ

f:id:Fukuneko:20171203094804j:plain

うろうろしてたら教えてくれた

 

ブエノスアイレスからイグアスへバスで行く場合、イグアスのバスターミナルで乗り換える必要があります。

 

イグアスの滝最寄りのプエルト・イグアス空港からのバスもここに着くようです。

 

滝行きのバスを探していたら、おじちゃんが「Fall?」と聞いてくれて無事にチケットゲット。

 

f:id:Fukuneko:20171203094811j:plain

 

スペイン語だと滝はCATARATASというようです。

 

行きは7:20~19:20

帰りは7:50~20:00

 

本数もたくさんあります。

 

f:id:Fukuneko:20171203094815j:plain

 

会社はRIO URGUAY(リオ・ウルグアイ)という会社でした。

往復で1人150ペソ。

 

f:id:Fukuneko:20171203094819j:plain

 

乗り場は11番ということで、歩道橋を上がって反対側に渡ります。

 

f:id:Fukuneko:20171203094833j:plain

 

チケット売り場は乗り場の近くにもありました。

 

ブラジル側のイグアス行きは往復80ペソでした。安い。

※ブラジル側の入国については後述。

 

f:id:Fukuneko:20171203094845j:plain

爆睡中の犬

 

本数が多いのであまり待たずにバスがやってきました。

 

f:id:Fukuneko:20171203094901j:plain

 

バックパック車内に持ち込み、荷物棚に載せました。

 

ふくねこたちは園内のホテルを予約したので大きな荷物ですが、多くの場合はイグアスの街に宿を取るので大きなトランクのあるバスを使っていないんだと思います。

(帰りのバスは荷物棚すらなかった。)

 

イグアスの滝を見るには入園料が必要

f:id:Fukuneko:20171203094956j:plain

 

バスは30分ほどでイグアスの滝の入口に到着。

 

イグアスの滝は「イグアス・パーク」という公園内にあり、入園料を支払う必要があります。

 

f:id:Fukuneko:20171203095002j:plain

 

これが年々上がっており、2017年12月2日現在、500ペソでした。

2017年1月頃の情報は330ペソだったのに…。

(その頃はペソが倍近く高かったからあまり変わらないか。)

 

開園時間は8:00〜18:00です。

ブラジル側も同様ですが、ブラジル側はサマータイムがありその期間中は7:00〜17:00となります。

アルゼンチン側から見るだけなら関係ないけどブラジル側にも行くならちょっと注意。

 

f:id:Fukuneko:20171203095020j:plain

しっかりしたチケット

 

入口にはATMが2台と、お土産屋さんもありました。

お土産屋さんには中にロッカーもあって不要な荷物を預けられます。

 

ふくねこたちのバックパックを見ておねーさんがアドバイスしてくれましたが、中に泊まるんですと説明して納得。

ありがとうございます。

 

イグアス・パーク内の移動について

f:id:Fukuneko:20171203095350j:image

 

公園内にはトロッコ列車とバスが走っていますが、基本的にはトロッコと徒歩での移動です。

 

入り口からトロッコのセントラルステーションまでは少し距離があります。

 

バスについては利用していないのでよくわかりませんが、ホテルへの移動に便利なようです。

 

f:id:Fukuneko:20171203095404j:image

土曜日で混んでた

 

f:id:Fukuneko:20171203095410j:image

学生さんの団体さんも

 

この学生さんの女の子2人組に「フォト」的なことを言われ、撮ってほしいのかなと思い「OK!」と答えたらなぜかふくねことツーショットで撮りたいと。

 

(o▽o)??

 

とりあえず一緒ににっこり。笑

 

その後男の子が入ってきてなぜかその子ともツーショット。

見ていませんが、ふくねこたぶん困惑の笑顔になっていたと思います。

 

東洋人が珍しかったのか、バックパック姿が面白かったのか、謎は残されたままです。

 

トレイルルートでホテルまで

f:id:Fukuneko:20171203095711j:image

 

途中のインフォメーションの方に「ホテルはどっち?」と聞いたら「あっち」とトレイルルートを教えてもらいました。

 

でも実はCENTRAL STATIONから一駅分トロッコ列車に乗ればちょっと楽できたみたいです。 

 

f:id:Fukuneko:20171203095420j:image

注意書き

 

“危ない動物がいるから道から反れないでね、子供には気を付けてね。”

とのこと。 

 

そんなワイルドな道なのかとちょっと警戒。

 

f:id:Fukuneko:20171203095431j:image

至って平和だった 

 

看板の注意書きはあったものの、遊歩道は整備されているし暑いことを除けば快適に歩けました。

 

f:id:Fukuneko:20171203095437j:image

緑はいいなあ

 

f:id:Fukuneko:20171203095442j:image

 

トロッコ列車の踏切を渡るとCATARATASという駅です。

 

f:id:Fukuneko:20171203095446j:image

来ていない空きに

 

f:id:Fukuneko:20171203095457j:image

 

ちょうどトロッコ列車がCATARATASの駅に停まっていました。

 

おじちゃんが「滝に行くならこれだよ!」と教えてくれましたが、「ホテル!ホテル!」と答えてたらなるほどという笑顔で手を振ってくれました。

 

危険生物の正体?

f:id:Fukuneko:20171203095509j:image

 

歩きながらふと動くものが目に入り、見てみると尻尾の長い生き物が!

 

f:id:Fukuneko:20171203095517j:image

かわいい

 

アナグマでした。

観光客の持っている食べ物目当てにそこらじゅうウロウロしています。

 

f:id:Fukuneko:20171207130334j:image

 

可愛いし人慣れしていて逃げませんが、触っちゃダメです。

手を引き裂かれます。

 

あとサルにも注意です。

 

園内にある「メリアホテル(旧シェラトン)」

f:id:Fukuneko:20171203095524j:image

 

入り口から汗だくになって歩くこと約40分、数人に聞いてやっとホテルに到着しました。

 

チェックインには早かったけどラッキーなことに部屋に入れました。

 

f:id:Fukuneko:20171203095535j:image

 

泊まったのはジャングルビューのお部屋。

 

部屋によってはなんとイグアスの滝が見えるそうです!

 

f:id:Fukuneko:20171203095542j:image

 

でも暗くなってしまえば景色は関係ないし、園内に泊まれるだけで幸せです。

 

f:id:Fukuneko:20171203095549j:image

 

500mlのお水が1人1本付いていました。

 

f:id:Fukuneko:20171203095553j:image

トイレの紙は流していいっぽかった

 

f:id:Fukuneko:20171203095713j:image

窓からの眺め

 

「ジャングルビュー」というのでわっさわっさした緑を想像していましたが、公園のような景色でした。

 

公園内にあるから当然か。

 

f:id:Fukuneko:20171203095617j:image

プールもあった

 

荷物を置き、早速イグアスの滝へ向かいます。

 

f:id:Fukuneko:20171203095624j:image

美味しいりんご 

 

お昼ごはんはロビーにあったフリーのりんご。

 

(イグアスは物価がめちゃくちゃ高く、夜ごはんもこのフリーのりんご1個と残していた味気ないパンでした…笑)

 

トロッコ列車に乗って移動

f:id:Fukuneko:20171203095629j:image


園内には無料で乗れるトロッコが走っています。

 

駅は以下の3つ。

・Central(セントラル)

・Cataratas(カタラータス)

・Garganta del Diablo(ガルガンタ デル ディアブロ)

 

f:id:Fukuneko:20171203095631j:image

 ディズニーランドっぽい

 

滝に一番近いのがGarganta del Diablo。

「悪魔ののど笛」の駅名が付いています。

周辺の散策をしたり園内のホテルに行くならCataratasの駅が利用できます。

 

それ以外は基本徒歩です。

 

f:id:Fukuneko:20171203095635j:image

 

列車はけっこう混み合います。

密着しないもののいつも詰めて乗る感じでした。

 

f:id:Fukuneko:20171203095642j:image

 

ディズニーランドのウェスタンリバー鉄道に乗っているみたいで楽しかったです。

 

でも日が当たるとめちゃ暑いです。

 

f:id:Fukuneko:20171203095644j:image

 

時々蝶の群れが舞っていたりする様子も見れました。

 

トロッコ列車はブラジル側にはないので(そんなに広くない)、アルゼンチン側ならではの楽しみ方ですね。

 

イグアスの悪魔の喉笛へ

f:id:Fukuneko:20171206113943j:plain

悪魔の喉笛への入口

 

10分ほど乗って「Garganta del Diablo(悪魔の喉笛)」駅に到着。

 

Garganta del Diabloの駅から滝の観瀑台までは徒歩15分くらい。

暑いので水分を持って行くのをおすすめします(^^;

 

f:id:Fukuneko:20171206113304j:plain

水は濁ってる

 

ジャングルの中を抜けて橋をずーっと進むと滝があります。

 

f:id:Fukuneko:20171206112815j:plain

見えてきた! 

 

水しぶきが見え、ようやく滝が見えてきました。

 

歩みも気持ち早くなります。

 

アルゼンチン側のイグアスの滝の感想

 

やっと辿り着いて観たイグアスの滝がこちらです。

 

f:id:Fukuneko:20171206113450j:plain

吸い込まれてる

 

f:id:Fukuneko:20171206113403j:plain

ずおおおおおお!!

 

滝が落ちる様子が目の前で見れるので、大迫力でした。

 

「悪魔の喉笛」と名付けられたのも納得。

 

f:id:Fukuneko:20171206113617j:plain

虹がよく見ると二重

 

f:id:Fukuneko:20171206113233j:plain

誰かの肩が

 

こんなに間近で見られると思わなかったのでびっくりしました。

 

苦労して来た甲斐がありました!

 

ブラジル側のイグアスはビザなしで行けるか?

f:id:Fukuneko:20171206114033j:plain

甲羅干し

 

ところで気になるのはブラジル側のビュー。

 

ブラジル側からの眺めも見たいなと思ったものの、例え日帰りでもビザが必要ということで断念。


ブラジル側からは滝の全景を見る感じになるようです。

 

でも滝の迫力を間近で感じるならアルゼンチン側がおすすめです!

 

f:id:Fukuneko:20171206113648j:plain

お腹が空いてたらしく撮ってたきのこ

 

f:id:Fukuneko:20171206113832j:plain

この子もお腹空いてる

 

f:id:Fukuneko:20171206113849j:plain

食べられそう

 

散策も楽しいアルゼンチン側のイグアス 

f:id:Fukuneko:20171206114148j:plain

 

アルゼンチン側にはイグアスの滝の一部(?)の滝がいくつかあるので、それらを見に散策してきました。

 

f:id:Fukuneko:20171206114024j:plain

それなりに歩く

 

普段あまり歩かない方にとってはお手軽な散策コースではないですが、こちらも壮大な景色でした!

 

f:id:Fukuneko:20171206114807j:plain

映画の世界みたい

 

f:id:Fukuneko:20171206114830j:plain

近付くとこんな

 

ボートで渡るエリアは15時までで行けず、ホテルに戻りました。

 

けっこう歩いたうえに夜行バス明けだったので、園内のホテルですぐ休めたのは本当にありがたかったです。

 

シャワーでさっぱりして生き返りました。

 

服装や持ち物について

滝の近くは舞い上がる水しぶきがすごいので濡れてもいい服装がよいです。

 

晴れていたらすぐ乾くのでそこまで気にしなくてもいいと思いますが、水着を着込んでいる人も居ました。
(滝壺ツアーに行く人かな?)

 

カメラやスマホの防水対策もしておくと安心です。

 

f:id:Fukuneko:20171207132723j:image

 

ホテルは朝食ブッフェ込みだったので、翌朝ここぞとばかり栄養補給。

野菜とお米があってうれしかったです!

 

この後は約20時間のバス移動が2本立てになるので、食べておいてよかったです。

 

そんなバス移動に続きます。