世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

サンティアゴの観光に便利で治安も○なホテル。そして小さな苦悩(世界の猫探し270~272匹目)

12月6~8日はサンティアゴに滞在しました。

イースター島への玄関であるものの際立った観光名所が少ないと言われるサンティアゴ。どんな街か回ってみました。

 

 

チリ国立美術館

f:id:Fukuneko:20171207140622j:image

安定の逆光

 

滞在1日目はアルマス広場前、2~3日目はアルマス広場の少し東のエリアのホテルに泊まったのですが、周辺の雰囲気も良く安心して過ごせました。

 

その2泊目のホテルの真ん前が国立美術館でした。

美術館はこれまでさんざん巡ってきたのでもういいかな…と中には入らず。

 

f:id:Fukuneko:20171207140633j:image

 

外にはアーティスティックな彫像。

美術館ですね。

 

f:id:Fukuneko:20171207140639j:image

 

ちょうど学生さんたちが校外学習で訪れていたようです。

制服がかわいくて思わず撮ってしまいました。 

 

ミニスカートのピッタリめワンピースになっていて、日本じゃ保護者の方からNGが出そうなデザインです。笑

可愛かったなあ。

 

ここです

 

おすすめホテルその1:ALTIPLANIMO BELLAS ARTES

f:id:Fukuneko:20171207141212j:image

 

ちなみに泊まったホテルはこちらです。

国立美術館から道を渡ったところにあります。

 

入口の開け閉めはフロントの方が管理されているので変な人が入ってくることもありません。

 

f:id:Fukuneko:20171207141219j:image

 

おまけにコーヒー類やお茶類が24時間飲み放題という素晴らしいサービス付きでした。

 

部屋も素敵だったのですが、ちょっと心の不調が起きてしまいそれどころではなく写真を撮り損ねるという。

 

気になる方は予約サイトに写真があるので見てみてください。

agoda(ホテルの検索結果ぺージに飛びます)

 

そのまま森林公園の南側の道を通って「セントラルマーケット」に向かいます。

 

f:id:Fukuneko:20171207140643j:image

270:看板娘(?)

 

すると、途中の小さな個人商店の軒先に仔猫が!

 

f:id:Fukuneko:20171207140655j:image

この後太ももによじ登り主人慌てる

 

人懐っこくてどんどん近付いてきました。

 

f:id:Fukuneko:20171207140702j:image

来てくれた

 

ふくねこの方にも来てくれないかな…と羨望のまなざしで見ていたらこちらにも。

仔猫ならではの爪を立てて登ってくる感じが愛しくてたまりません。

 

猫とじゃれてたらおじちゃんが笑顔で何か話しかけてきました。

でもスペイン語なのでさっぱり分からず。

 

仔猫のことについて何か言っていてのだと思うのですが、以前「細菌がいるから可愛いけどさわっちゃだめだよ」とギリシャで出会ったアメリカ人の方に言われたこともあって、そんな感じの注意を促してくれている可能性もあるので、戯れはほどほどにして猫さんとお別れしました。

  

セントラルマーケット

f:id:Fukuneko:20171207140720j:image

大きなメルカドです

 

そのまま歩いてセントラルマーケットへ。

アルマス広場から10分弱北に歩いたところにあります。

 

ここはどちらかというと観光客向けの市場です。

そのためレストランのお値段もちょっとお高め。

 

f:id:Fukuneko:20171207135950j:plain

271:市場の門番

 

チリは海鮮が美味しいというだけあって、猫も多いようです。

この猫さんも魚屋さんの横に。

 

f:id:Fukuneko:20171207135954j:plain

272:売り物じゃないにゃー

 

さらにその先には本来海産物が並んでいるであろう棚に悠々と猫さんが寝ていました。

 

きちんとそろえた前足がとてもかわいいです。

 

f:id:Fukuneko:20171207140003j:plain

お帰りかにゃ 

 

この市場のレストランで食事をしたのですが、ここでも写真を撮る心境ではなく食べ物を撮り忘れました。

 

サーモングリルにフライドポテトと目玉焼きが付いたもの、クラムチャウダーのようなソース(スープかと思ったらソースだった)をシェアして食べました。

飲み物は主人がファンタ1缶。

全部で13700ペソ(2500円くらい)とけっこう高かったです。

 

チリの物価もそれなりです。

 

アルマス広場をぐるり

f:id:Fukuneko:20171207140747j:image

 

サンティアゴの一番の観光名所がこのサンティアゴ大聖堂ではないでしょうか。

スペイン文化の影響を受けた(?)美しい教会でした。

 

f:id:Fukuneko:20171207140755j:image

 

しかも無料で拝観できるというのがうれしいです。

 

f:id:Fukuneko:20171207141323j:image

 

天井、壁、柱、いたるところに美が施されています。

 

f:id:Fukuneko:20171207140805j:image

 

ちょうど中央は作業中でした。

こうやって整備しているんですね!

 

f:id:Fukuneko:20171207140822j:image

f:id:Fukuneko:20171207140830j:image

 

ふくねこ、この旅の途中(中欧くらい?)から少し心の具合に波が生じていました。

もともと一人行動で気ままに過ごすのが好きだったこともあり、四六時中誰かと一緒に行動するというのが地味に負担になっていました。

 

ずっと一緒に過ごしていると相手の小さな気になる部分がだんだん大きくなっていって、ささいなことから不快に感じる気持ちがどんどん膨らんでしまうのです。

(「美味しんぼ」の山岡さんもゆうこさんと結婚する前に似たようなことを言ってました。)

日本ではお互いの仕事と時間を持っていたので大丈夫だったのですが、一人行動が時に危険になる海外では一人になる時間がほとんどなく、おまけにスリにあってお金の自由も利かない状況でストレスになってたのかなーと思います。

 

PMS(月経前症候群)の影響もあるかもしれませんが、そんな不具合を持ちながら旅を続け、夫婦間で言い合いになることもしばしば。

 

それでも何とかお互い一緒に観光はしていました。

 

f:id:Fukuneko:20171207140834j:image

郵便局

 

f:id:Fukuneko:20171207140853j:image

暑いのにクリスマスという不思議な感覚

 

f:id:Fukuneko:20171207140857j:image

何の建物かと思ったら

 

f:id:Fukuneko:20171207140902j:image

歴史博物館でした

 

f:id:Fukuneko:20171207140909j:image

 

イグアスの滝ではそのイライラが最高潮に達してしまい、主人が一番楽しみにしていた場所なのにその思い出を良くないものにしてしまいました。

 

この日(12/6)は2年前に結婚式を挙げた日。今日こそ穏やかに過ごすぞと自分に言い聞かせる。

 

f:id:Fukuneko:20171207140916j:image

写真を撮るときは緊張

 

ちなみに南米ではiPhoneは貴重品なので、写真を撮るときはパッと撮ってパッとしまう作戦で。

出すときも周囲に人がいないときに。

 

一見平和そうなアルマス広場ですが、真昼間に強盗があったこともあるらしいので気が抜けません。

馬に乗ったお巡りさんも居ました。

 

f:id:Fukuneko:20171207140923j:image

世界のケンタッキー

 

その後も街をぶらぶら。

 

途中アルゼンチンでSIMを購入したMovistarという携帯会社を見つけ、チリでチャージすれば使えるか聞いてみたのですが、スペイン語オンリーなのであまりうまく意思疎通できませんでした。

 

結果、どうやら使えるっぽいのですが、ここではできなくて別の場所に行ってみてと紙を渡されました。

 

…。

 

面倒になったのでWiFiでがんばることにしました。笑

 

f:id:Fukuneko:20171207140928j:image

 

サンティアゴはヨーロッパに居るような雰囲気の建物もたくさんです。

 

f:id:Fukuneko:20171207140930j:image

ナポリの隣がドバイとはこれ如何に

 

ドバイだけど寿司バーなお店が謎でした。

歩いてモネダ宮殿まで。

 

f:id:Fukuneko:20171207140935j:image

 

ここはホテルの方におすすめされて来てみたのですが、特に来なくてもいいかなという場所でした。ごめんなさい。

 

f:id:Fukuneko:20171207140941j:image

 

お腹が空いたのでお昼ご飯を食べるお店を探しながらホテル方面に戻ります。

 

MAYSUSHIでパッタイ

f:id:Fukuneko:20171207140949j:image

世界のキッコーマン

 

お昼ご飯はたまたま見つけた「MAYSUSHI」というアジア料理店へ。

巻きもの系のお寿司のほか、タイ料理も扱っていました。 

 

f:id:Fukuneko:20171207140957j:image

エビたっぷり

 

あまり期待せず頼んだカマロン(エビ)のパッタイが美味しい!

主人はチキンチャーハン。

 

どちらも美味しかったのですが、チャーハンは味が濃くて(パッタイも濃かったけど)途中で食べるのがしんどくなってきたそう。

 

なのでふくねこのパッタイをシェアして、残ったチャーハンを少し貰いました。 

確かに最後の方は特に味が濃くて思わず「白飯をくれっ…!!!」と言いたくなる。

 

カードが使える場所では食費はふくねこが支払っているので、お会計をして次の目的地へ向かったのですが、このチャーハンが後程トラブルの元となるのでした。 

 

サンタ・ルチアの丘から街をプチ一望

f:id:Fukuneko:20171207141004j:image

 

続いて向かったのが「サンタ・ルチアの丘」。

 

サンティアゴにはもっと眺めの良い「サン・クリストバルの丘」があるのですが、遠いのでこの日は新市街に近いこの丘に行ってみることにしました。

 

f:id:Fukuneko:20171207141014j:image

お昼ご飯のピクニック

 

f:id:Fukuneko:20171207141023j:image

 

暑いのですが、風は涼しいので木陰は気持ちよく歩けます。

お花もたくさん咲いていてきれいでした。

 

f:id:Fukuneko:20171207141031j:image

 

この丘は10~15分もあれば気軽に登れます。 

 

f:id:Fukuneko:20171207141042j:image

 

その分眺望もあまり期待できません。

これは最初に到着する広場の展望エリアから撮ったもの。

 

手前のビルで奥の建物が見えない。笑

 

f:id:Fukuneko:20171207141049j:image

 

これで終わりではありません。さらに登っていきます。

 

と、ここで主人が「さっきのチャーハンのせいで気持ち悪い」と言い出しました。

 

これでカチンと来てしまったのです。

そりゃ味が濃くて気持ち悪くもなったかもしれなけれど、お金を払った人の前で言うことかと。

 

f:id:Fukuneko:20171207141055j:image

 

ホテル代はヨーロッパ以降の宿代は主人が選びたいからということで持ってもらっていて(うちではお財布は基本別々)、支払っている額はふくねこより全然多いのですが、そういう問題じゃなくて。

うまく言えませんがとても嫌な気持ちになったのです。

 

f:id:Fukuneko:20171207141105j:image

 

そのことを言い始めてお金の話になったりして、その後は殺伐とした空気に(写真も心なしか殺伐としているように見えます)。

 

怒りたくなかったのに。

気持ち悪いことを心配してあげるべきだったのに。

 

どうしても抑えきれないほうの自分が出てきてイラっとしてしまった。

 

f:id:Fukuneko:20171207141112j:image

 

ふくねこたちと近しい方々からしたらちょっとびっくりかもしれませんが、そんなこともあるのです。

 

南米で一番美味しい味噌ラーメンがある「金太郎ラーメン」

f:id:Fukuneko:20171207141142j:image

 

とまあそんなこともありましたが、なんだかんだ夜ご飯には一緒に近くのラーメン屋さんに行きました。

 

f:id:Fukuneko:20171207141147j:image

ここだけ見ると一見日本

 

ふくねこはまだ気持ちが落ち着いておらずメニューを選ぶのが一苦労な状態だったので、「選べないなら選ぶよ、味噌でいい?」という主人の言葉で味噌ラーメン。

 

f:id:Fukuneko:20171207141324j:image

泣ける一杯

 

この味噌ラーメンが大変美味しく、味噌に癒されました。

煮卵も美味しい。

 

旅の途中でここで働いている男の子が「ここの味噌ラーメン、南米で一番っす」と言っていただけあって美味しい味噌ラーメンでした。

 

f:id:Fukuneko:20171207141204j:image

美味しかったらしいサーモン

 

こちらはラーメン屋だけど、刺身もあります。

 

食べる資格がないとその時は思っていて食べなかったサーモン。

写真を見ると美味しそうでサーモン食べたくなります。

 

f:id:Fukuneko:20171207141209j:image

 

お店の斜め前ではフリーマーケットのようなものが開催されていたり、ストリートパフォーマンスをしている若者がいました。

 

チリの若い力を感じました。

 

f:id:Fukuneko:20171210043209j:image

1490ペソ(300円弱)

 

帰りにスーパーで一応の節目の日として赤ワインを買ってみました。

 

飲みやすかったけど飲みきれず。

オレンジジュースで割って飲むのが我々の定番です。

 

f:id:Fukuneko:20171210043218j:image

二度焼きしたらパン焦げた

 

翌朝ホテルの朝食で不足しがちなビタミンを補充。

ルッコラが美味しくてはまりました。

 

きれいなアパートメントホテル「Lasterria Santiago Suite」

f:id:Fukuneko:20171210043228j:image

 

サンティアゴ最終日はアパートメントタイプのホテルに宿泊しました。

 

チェックインは14時だったのですが、12時過ぎに行って用意ができてるとのことで部屋を使わせてもらえました。

 

f:id:Fukuneko:20171210043236j:image

 

アパートメントなのでキッチンや冷蔵庫、レンジにポットにトースター、オーブンとコンロもあります。

 

これはうれしい。

 

f:id:Fukuneko:20171210043442j:image

 

食器や調理器具もひととおり揃っていました。

 

3人分あるので定員は3人なのかもしれません。

 

f:id:Fukuneko:20171210043244j:image

 

ベッドも可愛かったです。

ヨーロッパに来たみたい。

 

f:id:Fukuneko:20171210043302j:image

 

クローゼットには金庫もありました。

 

f:id:Fukuneko:20171210043307j:image

 

バスルームのシャワーカーテンも清潔。

こういうところが地味に高得点。

 

たまにカビカビのありますからね…。

 

f:id:Fukuneko:20171210043311j:image

 

地下の洗濯機が使えると聞いていたのですが、鍵がかかっていました。

 

3階のアパートメントホテル事務室に聞きに行くと、1階の受付で鍵を貰う必要があると。

そして洗濯機を使うには1500ペソ分のコインが必要だと。

※チリペソは500ペソ以下がコインです(500ペソ紙幣もあるけど発行はされていない)。

 

何ですかこのRPGみたいな連鎖。

 

崩しに行くのも面倒なので、あきらめて洗面台で洗いました。

よく乾きました。

 

f:id:Fukuneko:20171210043331j:image

 

アパートメントホテルの周辺は整備された地域で、景観がとてもきれいでした。

 

最初、チェックインだけしに身ひとつでこちらの宿に来ていました(アパートメントタイプだと荷物を預かってもらえない場合があるので)。

無事に部屋が使えるということで泊まっていたホテルに荷物を取りに行き、部屋に荷物を置いてからサン・クリストバルの丘に行く予定でした。

 

f:id:Fukuneko:20171210043348j:image

 

が、心の疲れが体にも影響したのか、気持ち悪くなってしまい1時間かけて丘を登れる体調ではないと判断して部屋で休むことにしました。

 

長距離バスの疲れで鼻と喉をやられてしまったのもあるかもしれません。

 

f:id:Fukuneko:20171210043346j:image

凝った壁画も

 

なんかもうマイナスな考えしか出てこなくて、違う自分みたいでした。

 

一枚薄い板の向こうに楽しむ気持ちを持った自分がいて、ちょっと勢いをつければその壁を割ってそっち側に行けそうなのに、その力が出ない感じ。

 

f:id:Fukuneko:20171210043350j:image

ファッションモールも

 

少し落ち着いてから近くのカフェでサンドイッチを食べました。

高かったけど美味しかったです。

 

そのままスーパーに夜ご飯を買いに。

 

f:id:Fukuneko:20171210043357j:image

 

せっかく自炊できる設備があるのでインスタントのピラフ(?)を買ってきました。

 

あとパンと明日の朝食のコーンフレークや飲み物など。

スーパーもそんなに安くはないですね。むしろドイツとかの方が安かったです。

 

f:id:Fukuneko:20171210043409j:image

 

何も分からず見た目だけで買ったこのごはんは、作り方もぼんやりしか分かりませんでしたがまずくはなかったです。

ちょっと水が足りなかったかな。

それでもお米が食べられて満足。

 

心の方は少し持ち直してきましたが、副鼻腔炎と咳喘息が絶賛継続中です。

標高が高いところに行く前に治したいです。