世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

2017年7月〜2018年1月まで夫婦で世界一周。猫との暮らしを夢見る日々。

LATAM航空でリマへ!ホルヘ・チャベス空港と市内のシャトルバスが便利で快適だった

12月8日(土)。日本を出てちょうど5か月。

サンティアゴからペルーのリマへ飛行機で向かいました。

リマ到着後のタクシーが高いし交渉が面倒だなと思っていたのですが、2017年からちょうど運行が始まった空港シャトルバスが利用できたので助かりました。

 

 

サンティアゴ市内から空港への行き方

f:id:Fukuneko:20171211125652j:image

メトロ料金は時間帯による定額制

 

サンティアゴには地下鉄がありますが、惜しいところで空港までは路線が伸びていません。

 

そのため空港までの移動はバスがメインです。

バス乗り場は主要な地下鉄駅に設置されているので、そこから乗ることができます。

 

f:id:Fukuneko:20171211125702j:image

 

空港バスの停留所がある地下鉄駅は会社ごとにいくつかありますが、「Los Hereos」と「Pajaritos」が利用しやすいです。

 

Los Hereosは始発のターミナルになるので座席が確保しやすいですが、空港から一番遠くバスの乗車時間が長くなり渋滞時には時間がかかってしまいます。

Pajaritosは一番空港に近い乗り場なのでバスに乗る時間が短く、渋滞に巻き込まれる可能性も低いようです。

 

ふくねこたちはPajaritos駅を利用しました。

メトロの運賃が一律なのでどこまで行っても同じ金額ですしね。

 

f:id:Fukuneko:20171211125716j:image

 

出来に着くと「Bus transfer」の表示がありバスの乗り換えはこっちだよと教えてくれています。

分かりやすいです。

 

f:id:Fukuneko:20171211125727j:image

 

バス乗り場との間にはファストフード店とカフェが何店かあります。

お昼ご飯はKFCのセットをシェアしました。

 

f:id:Fukuneko:20171211125742j:image

 

こういうラップ系の食べ物、好きなんです。

 

f:id:Fukuneko:20171211125756j:image

 

本題に戻って、空港に向かうバスは「turbus」と「Centropuerto」の2社があります。

運賃はturbusが1800ペソ、Centropuertoが1700ペソです。

 

停まるメトロ駅は少し異なるのですが、Pajaritosは両方の会社が停まります。

 

f:id:Fukuneko:20171211125811j:image

 

Centropuertpの方が10ペソ安いのですが、窓口が見つからなかったのでturbusを利用しました。

空港専用の窓口があるのでそこでチケット購入。

 

f:id:Fukuneko:20171211125814j:image

 

バス乗り場は出て左。

窓口でも丁寧に教えてくれました。

 

f:id:Fukuneko:20171211125826j:image

 

レシートみたいなチケットでした。

Centropuertoのバスの方が先に2台来たので、そちらの方が便が多いのかもしれません。

 

そしてPajaritosは市内での最後の停留所になるので、座席がすでに満席でした。

 

満席でも乗せてもらえるのですが、Pajaritosから空港までの30分くらいを立って乗ることになるので時間がある方はLos Hereosから乗るといいと思います。

 

空港での降車場所は1か所です。

 

LATAM航空でリマへ

f:id:Fukuneko:20171211125850j:image

 

サンティアゴのアルトゥーロ・メリノ・ベニテス空港もすっかりクリスマスモードでした。

 

サンティアゴーリマは世界一周航空券(ビジネスタイプ)に組み込んでいた区間で本当はビジネスクラスに乗れるのですが、旅程を早めたら空きがなく、ちょっともったいないのですがエコノミーで行くことにしました。

 

f:id:Fukuneko:20171211125859j:image

 

出国審査はあっさりとものの数秒で終わりました。

 

ゲートを確認して搭乗口へ。

 

f:id:Fukuneko:20171211125908j:image

 

「LATAM航空」はもともと「LAN航空」というチリの航空会社だったのですが、TAM航空と合体してLATAMになったそうです。

 

機体は「LAN」になっていました。

 

f:id:Fukuneko:20171211125916j:image

 

ゲートを出たら歩いて搭乗。

地上から直接階段で乗るってちょっとワクワクします。

 

f:id:Fukuneko:20171211125923j:image

 

3時間半近くの路線ですが、国際線です。

まくらと毛布が付いていました。

 

f:id:Fukuneko:20171211125931j:image

 

ほぼ定刻にびゅーんと離陸。

 

飲み物のサーブがあった後は機内食タイム。

 

f:id:Fukuneko:20171211125943j:image

 

サンドイッチとクラッカー、チーズにレモンタルトでした。

 

このチーズはスーパーでもホテルの朝食でもよく見るチーズです。好き。

 

f:id:Fukuneko:20171211125957j:image

 

サンドイッチは食べやすいよう半分に切られていました。

可もなく不可もなくな普通に美味しいサンドイッチです。

 

ただ、パンの表面が異様にパラパラ落ちるので食べづらかったです。笑

レモンタルトは甘かったけど美味しいタルトでした。

 

リマ空港から市内への移動はバスかタクシー

f:id:Fukuneko:20171211130046j:image

タクシーの呼び込みすごい

 

入国手続きでは「渡航の目的は?」「何日くらいペルーに居ますか?」という質問程度ですんなり終了。

 

今までで一番楽な入国審査だったかもしれません。

税関申告も申告するものがない人は荷物を持ってそのまま外に出られました。

 

制限エリアの外に出ると一斉に「タクシー?」「タクシー?」!

 

f:id:Fukuneko:20171211130004j:image

出たら絶対分かるバスカウンター

 

リマ空港から市内への移動はタクシーと市バスしかなく旅行者の悩みの種だったのですが、2017年になってからなんと空港シャトルバスが誕生していたのです。

www.airportexpresslima.com

 

ラッキー!

 

これにより、タクシーで40USDくらいかかっていたところ片道8USD(25ソル、往復48ソル)で市内(新市街のミラフローレス)まで行けるようになりました。

 

f:id:Fukuneko:20171211130158j:image

バス停に近いホテルマップまである

 

バス停があるのは新市街のミラフローレスエリアのみ。

旧市街に行く人はこれまで通りタクシーを使うか、もしくはミラフローレスまで空港バスに乗り、そこからタクシーや市バスに乗り換えたら安く済みそうです。

 

f:id:Fukuneko:20171212101437j:image

乗り場はちょっと遠い

 

窓口に行って泊まるホテルを伝えたら、どこで降りたらいいかも教えてくれてバス停まで連れて行ってくれました。

 

f:id:Fukuneko:20171211130155j:image

我々の到着を待っていてくれた

 

バスまで連れて行ってくれた女の子、なんと日本語が少し話せました。

ペルーは日系人が多くて、日本に行ったことはないけど日本語が話せる人もいるそうです。

 

f:id:Fukuneko:20171211130301j:image

 

バスはきれいだしWiFiも使えるし(ただし遅い)座り心地も良かったです。

 

f:id:Fukuneko:20171211130847j:image

 

おまけに座席にはUSBプラグも!

が、USBがささらず使えないところもあるのでダメだったら別の席でトライしてみてください。

 

その後、道路渋滞もなく45分くらいでミラフローレスに到着しました。

 

f:id:Fukuneko:20171211130306j:image

パラグライダー飛んでた

 

車内ではスタッフさんが我々が泊まるホテルの名前を聞いてくれてどこで降りたらいいかを再度教えてくれ、最寄りになったら声をかけてくれるという神対応。

 

f:id:Fukuneko:20171211130331j:image

きれいなツリー(天気悪し)

 

>心配していたリマ空港ー市内の移動はものすごくスムーズに進んだのでした。

 

安定のibisホテルへ

f:id:Fukuneko:20171211130338j:image

かわいい雑貨屋さんも近い

 

リマでの初日は最近よくお世話になっているibisホテルに宿泊。

比較的安い値段なのにきれいで安心して利用できるので重宝してます。

 

チェックインのピークだったのか部屋数か多いのか、フロントは混んでいました。

 

f:id:Fukuneko:20171211130348j:image

 

部屋は他の国とほとんど変わらないつくりです。

安心します。

 

f:id:Fukuneko:20171211130357j:image

 

セキュリティボックスと毛布もありました。

 

f:id:Fukuneko:20171211130406j:image

 

バスルームもこれまでのibisと同じ。

 

f:id:Fukuneko:20171211130416j:image

 

シャワーも扉があるのでトイレの床が水浸しにならずに済みました。

ちょっと濡れたけど。

 

f:id:Fukuneko:20171211130433j:image

カップヌードルがあった!

 

夜ご飯はホテルの近くにあったミニスーパーでカップ麺とパン、ドリンクを買って食べました。

カップ麺は2.30ソル(≒81円)でした。

不思議な味が癖になるインカコーラは2ソル(≒70円)。

 

ちなみに食べに行くのが面倒だっただけで近くに食べ物屋さんはいっぱいありました。

 

f:id:Fukuneko:20171211130444j:image

お米料理が!!!

 

翌朝は朝食ブッフェをつけていたので、夜ご飯の栄養不足を補うかのように朝からもりっと食べました。

 

チャーハンがあるとは思っていなかったのですごくうれしかったです。

あとペルーはジャガイモが美味しいですね。

 

これがリマに行ってるのに全然それっぽくない過ごし方の始まりでした。