世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

美味しいコーヒーが飲めるミュージアムカフェ「Museo del Cafe」の居心地が最高

南米においてかわいいカフェが多いというクスコ。

中でもこのMudeo del Cafeはコーヒーも美味しくて居心地もよく、おまけに無料でミュージアムも見られて最高の場所でした!

 

入り口は少し分かりづらい

f:id:Fukuneko:20171213093335j:plain

 

Museo del Cafe(ムセオ・デル・カフェ)はアルマス広場からエスパデロス通りに入って少し歩いた右手にあります。

 

チョコレートカフェのお隣です。

 

入り口は「Tinta」というレストランの表示が出ている門を入るとあります。

 

f:id:Fukuneko:20171213093349j:plain

 

中に一歩入ると壁に「Museo del Cafe」の名前がでかでかと。

 

f:id:Fukuneko:20171213093353j:plain

 

少し進んで右手の階段が入口です。

階段を上っていざお店へ。

 

展示でコーヒーの歴史が知れる

f:id:Fukuneko:20171213093425j:plain

 

階段を上ると右手にミュージアム、まっすぐ行くとカフェです。

 

コーヒー豆やグッズも取り揃えています。

日本製のサイフォンも売っていました。ジャパンクオリティ!

 

f:id:Fukuneko:20171213093433j:plain

 

展示コーナーにはコーヒー豆を収穫する女性や焙煎をする姿が紹介されていました。

 

f:id:Fukuneko:20171213093448j:plain

 

ここでは関係ないですが、クスコは犬が多いです。

そこらじゅううろうろしてたり寝てたりします。

 

f:id:Fukuneko:20171213093447j:plain

 

そして奥にはコーヒー豆の袋で首を吊る男性のちょっと怖い人形も。

苦しい時代もあったんですね。

 

f:id:Fukuneko:20171213093454j:plain

 

さらにこの奥では年表でコーヒーのことが紹介されていました。

さらにさらに、実際に豆を選別する女性たちをブース越しに見ることもできます。

 

何かと入場にお金がかかるクスコでこれだけの展示を無料で見られるのはうれしいです。

 

値段は高めだけど美味しいコーヒー

f:id:Fukuneko:20171213093456j:plain

 

そして肝心のカフェへ。

空いていたこともあり、落ち着いた雰囲気で静かな空間でした。

 

f:id:Fukuneko:20171213093510j:plain

 

椅子も座り心地がよく、長居しても疲れなそうです。

この席からはちょっとした展示も見えました。

 

Wi-Fiはテーブル上のミニメニューに書いてあります。

ただし速度は遅め。

 

f:id:Fukuneko:20171213093512j:plain

 

メニューのトップはやはりコーヒー!

他のお店がエスプレッソを4ソル~で提供しているのを考えると、価格は少しお高めです。

 

カフェラテは10ソルでした。それでも350円くらい。

 

もっと本格的な卓上ドリップで飲む場合は20ソルくらいします。

 

f:id:Fukuneko:20171213093509j:plain

 

コーヒーはまろやかで飲みやすく、とても美味しかったです!

深いカップにたっぷり入っていてボリュームもあるのでなかなかの飲みごたえ。

 

食べ物もちょっと高いけど美味しそうで食べたくなるものばかりでした。 

 

 

ほぼ完全に観光客目当てのお店なのでローカルな雰囲気はありませんが、店内も広々としていて居心地が良かったです。

 

何より美味しいコーヒーが飲めました!

 

(カフェラテだけど!)

 

 

↓↓以下は蛇足です↓↓

 

本当はこの後日本人シェフが経営する「きんたろう」か「Pucara」というレストランに行く予定だったのですが、きんたろうはランチ営業お休み、Pucaraは改装で12/17まで休業という悲しいお知らせでした。

 

我慢せずここで食べておけばよかったー。

無念です。