世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

2017年7月〜2018年1月まで夫婦で世界一周。猫との暮らしを夢見る日々。

ラパスからウユニへの飛行機移動!高山病対策とラパス空港でのSIMカード

ウユニ塩湖に向かうため、ラパス空港で7時間近く待つことになりました。

高い飛行機だったら早い便があったのですが、高すぎたので遅くても待つことに。

せっかくなのでSIMカードをここで購入しておきました。

 

ボリビアのおすすめSIMは「entel」か「tigo」

ラパスの空港では2社のSIMカードを購入できます。

ボリビア最大手の「entel」、そして「tigo」です。

 

今回、主人はentel(エンテル)、ふくねこはtigo(ティーゴ)を購入して比較してみました。

どちらも電話番号付き、1GB。

エンテルの方が5Bs.ほど安く、ウユニ塩湖で使えるということが分かりました。

 

ボリビア最大手「entel(エンテル)」

f:id:Fukuneko:20171222015950j:image

1階に大きなオフィスあり

 

エンテルのオフィスは1階にあります。

大きな店舗を構えているのですぐ見つかると思います。

 

f:id:Fukuneko:20171222020006j:image

entelの料金表

 

料金システムには1日タイプ(上の枠)と容量タイプ(下の枠)がありました。

容量タイプは30日有効で、容量ごとに金額が変わります。

 

今回1GBを購入しました。

料金:50Bs.+SIMカード10Bs.の計60Bs.

 

購入にはパスポートが必要です。

設定にはけっこう時間がかかりましたが、英語対応もある程度可能なのでやり取りがしやすいです。

 

手続きが簡単な「tigo(ティーゴ)」

f:id:Fukuneko:20171222015210j:image

2階の奥のお店にて

 

ふくねこはこちらの「tigo」で。

「tigo」の看板が出ているお店はいくつかあったのですが、以前こちらで購入した方が設定までやってくれたという情報をもとに来店。

 

f:id:Fukuneko:20171222015233j:image

はまってるSIMは別のです

 

料金は1GBで65Bs.(7日間有効)。

案内されたのは単一のプランのみでした。

 

アクチベーションの設定もすべてやってくれます。

パスポート不要、支払いは現金のみ。

サクッと終わりました!

 

entelとtigoの回線状況は?

市内ではtigoの方がつながりが良かったのですが、ウユニ塩湖ではtigoは圏外、entelはつながる場所がありました。

 

「ウユニ塩湖なう」をしたい場合はentelがおすすめです。

 

f:id:Fukuneko:20171222020047j:image

tigoここでできるよって

 

「aqui tigo(アキー・ティーゴ)」の看板が出ているところであれば同じように購入できるかもしれませんが未確認です。

(チャージだけかも?)

 

高山病の薬が買える場所

ウユニ塩湖もラパスの空港も、富士山の山頂と同じかそれ以上の場所にあります。

そこで日本人の多くは高山病による頭痛、吐き気、腹部膨張感などに悩まされるそうです。

 

高山病対策の薬もあり、事前に飲んでおくと高山病の症状を抑えることができます。

 

高山病の薬としては日本やアメリカでは「Diamox(ダイアモックス)」という薬を入手可能です。

ただ、これは医師の処方が必要で 5000円くらいするそう。

 

f:id:Fukuneko:20171227001621j:image

ラパス空港の薬局

 

ラパスの空港では薬局で高山病の薬が買えます。「ソローチピル」という名前で売っており、1階の薬局で取り扱っています。

 

Arrivalの出口を出てすぐ左手、スポーツショップみたいなお店の横に「Farmacia(ファルマシア・薬局の意味)」があり、そこで買えるようです。

 

搭乗待合室エリアはけっこう充実

f:id:Fukuneko:20171222020124j:image

これは外のフードコート

 

フードコートでサンドイッチを夕飯に食べ、ぼちぼち搭乗エリアに入っとこうかという時間になりました。

 

f:id:Fukuneko:20171222015304j:image

 

クスコの空港での中に何もない件があったので、ラパスでも中に何もないのかなーと思っていたら意外な充実ぶり。

カフェやお店が入っていました。

 

さすが事実上のボリビアの首都です(憲法上はスクレ)。

 

f:id:Fukuneko:20171222015343j:image

 

充電コーナーもありました。

 

f:id:Fukuneko:20171222020143j:image

 

猫の看板のかわいい雑貨屋さんも。

スリ防止にクッパみたいなリュック欲しくなりました。

 

よく見たらトトロもいますね。

 

f:id:Fukuneko:20171222020037j:image

 

待合室の奥が開放的なカフェになっていました。

ここで休んでいてもよかったかも。

 

f:id:Fukuneko:20171222015432j:image

 

搭乗口はすぐそば。

 

f:id:Fukuneko:20171222015515j:image

 

空港の周辺からは雪山が見えました。

 

f:id:Fukuneko:20171222015422j:image

 

外を眺めたり、写真を整理したりしているうちにようやく搭乗時刻に。

南米の飛行機は遅延や欠航が多いと聞いていたのですが、無事に飛び立ってよかったです。

 

※この後の便は欠航になったそう。セーフ!

 

飛行機はやっぱり小さいボンバルディエ

f:id:Fukuneko:20171222015514j:image

 

飛行機への登場はやはり歩いて階段をのぼるタイプ。

2度目なのでこの小さい飛行機にも驚きません。

 

f:id:Fukuneko:20171222015516j:image

 

みんな写真を撮ってました。

アジア人多し。

 

f:id:Fukuneko:20171222020013j:image

 

機内もさほど変わらず。

こちらの方がちょっと新しい感じです。

 

f:id:Fukuneko:20171222020035j:image

 

離陸後に見えたラパスの夜景が最高にきれいでした!

 

f:id:Fukuneko:20171222015547j:image

 

雲の間で遠くに沈む夕日も。

神秘的です。

 

これだけ曇ってるってことはけっこう天気下り坂だったんですね。

 

f:id:Fukuneko:20171222015554j:image

 

ウユニ空港にはほぼ定刻に到着。

降りてから歩いて建物に向かいます。

 

f:id:Fukuneko:20171222020005j:image

 

荷物を受け取るターンレールはなく、ここに並べられた荷物を受け取る方式でした。

一度出てしまって言われて戻りました

 

f:id:Fukuneko:20171222015651j:image

 

市内やホテルまでのタクシー運賃表も貼りだしてありました。

高いのは塩のホテルなどですね。

 

f:id:Fukuneko:20171222015648j:image

 

我々は宿にお願いしてあったタクシーで15Bs.

名前を印刷した紙を持って待っていてくださったので安心して乗れました。

 

※ウユニ村自体観光業で成り立っている村なので、治安はよいです。空港に居るタクシーに普通に声をかけても問題ないと思います。 

 

いよいよ一番来たかったウユニ塩湖!

楽しみです!!