世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

安くて快適!シンガポールのおすすめホステル5軒に宿泊してみた(世界の猫探し285〜286匹目)

治安が良く日本からのLCC直行便もあるシンガポール。

ホーカーやフードコートを利用すれば食費を抑えやすく、公共交通機関も発達していてとても旅行がしやすい国です。

 

ただ、シンガポールにはマリーナベイサンズのようなリゾート感溢れるホテルも多く、宿泊費が高い国でもあります。

 

f:id:Fukuneko:20180128132646j:image

マーライオンはリニューアル中

 

ところが最近シンガポールでは、プライベート空間も確保できてかつドミトリーのように安く泊まれるカプセルタイプのホステルが増えてきているそうです。

 

今回、ドミトリーが苦手な人でも比較的泊まりやすいホステルをはしごしてきました。

 

 

ベッドは完全個室の「The pod(ザ・ポッド)」 

f:id:Fukuneko:20180128132528j:image

 

こちらはブギスエリアにあるホステル。

アラブ街の観光に便利です。

 

f:id:Fukuneko:20180128133218j:image

写真派ダブルサイズ

 

部屋はベッドと簡単な小物置き場のようなテーブルだけですが、こんな感じに完全個室のカプセルホテルになっています。

 

バス・トイレは共同。

5階のランドリーが空いていれば無料で使えるという点が素晴らしいです。

 

ただ、部屋が完全に密室ではなくドアの上部が空いていたりするので、外の音も聞こえるしこちらの音も聞こえてしまうというデメリットもあります。

 

f:id:Fukuneko:20180128133251j:image

 

でも無料で付いている朝食がホステルとしてはすごく豪華でした。

 

おかゆにシリアル(ただのコーンフレークじゃない)、茹で卵、ミニクロワッサンにチョコケーキのデザートも。

 

f:id:Fukuneko:20180128133310j:image

ジャムバー

 

もちろん食パンとトースターもあり。

カヤジャムもありました。

 

自分で利用した食器は自分で洗うのが基本のホステルですが、ここでは朝食で食べた食器はシンクに置いておけばスタッフさんが片付けてくれます^^

 

<なんちゃって評価>

プライバシ―:★★★☆☆

セキュリティ:★★★★☆

清潔さ:★★★☆☆

朝食: ★★★★★

 

※評価は★3つが標準、ホステル基準でお考え下さい。

 

チャイナタウン観光に便利な「Adler Hostel(アドラーホステル)」 

f:id:Fukuneko:20180128133418j:image

 

こちらはチャイナタウンのメイン通りに近いホステルです。

 

チャイナタウン駅から脇目もふらず歩けば徒歩5分くらい。

でも普通に歩くと歩みが遅くなるのと混雑でもう少しかかります。

 

f:id:Fukuneko:20180128133355j:image

 

ホステルは受付のある入り口と部屋がある入り口が違いました。

受付側にも部屋があったので増設したのかもしれません。

 

f:id:Fukuneko:20180128133443j:image

 

マシンのコーヒーやお茶がフリーでいただけます。

もう一方の建物にもウォーターサーバーとコーヒー、お茶セットがありました。

 

f:id:Fukuneko:20180128133450j:image

 

ベッドはカーテンで仕切られたタイプ。

一応プライベート空間は確保できます。

 

f:id:Fukuneko:20180128133506j:image

落ちないか不安だった

 

f:id:Fukuneko:20180128133512j:image

55Lザックも入った

 

上の段は登るのがけっこう大変。

ベッドサイドには鍵のかかるロッカーと台がありました。

 

夜23時くらいに帰ってきて寝る準備をしていたら、ふくねこがシャワーに行っている間に主人が「君たち少しうるさいよ、静かにしてくれ」と注意されたそう。

気を付けてはいたのですが、下の段に響いたのかな…ごめんなさい。

 

f:id:Fukuneko:20180128133531j:image

 

トイレとシャワールームは共用。

シャワーは朝方が混んでいました。

 

f:id:Fukuneko:20180128133601j:image

 

目の前にはセブンイレブンもあるし、チャイナタウンの散策にすごく便利です!

 

ただ上の段はエアコンが直に当たってすごく寒かったので、寝るときは暖かい格好で。

 

<なんちゃって評価>

プライベート感:★★☆☆☆

セキュリティ:★★★★☆

清潔さ:★★★★☆

朝食: 提供なし

 

マックスウェルのホーカーも近いし立地の良さはピカイチかも。

 

ランドリーが安い「Wink Capsule Hostel (ウインクカプセルホステル)」

f:id:Fukuneko:20180128133711j:image

 

続いてこちらもチャイナタウンにあるホステル。

チャイナタウンポイントというショッピングセンターにも近いです。 

 

f:id:Fukuneko:20180128133729j:image

 

ここも半個室。足元のカーテンを閉めればプライベート空間を確保できます。

一部屋に最大8人(ダブル×4組)の部屋だったので、個室感があってよかったです。

 

バッグを収納するスペースもカードキーで管理するので安心。 

 

f:id:Fukuneko:20180128133753j:image

 

朝食は2階の共用キッチンでいただきます。

内容は食パンやシリアルなど、ホステルによくある感じのものでした。

 

f:id:Fukuneko:20180128133801j:image

謎の甘いジュースもあった

 

りんご、オレンジ、バナナでビタミンを補給。

テーブルがあまり広くないのでゆっくり食べたい場合は朝イチとか時間をずらすといいかも。

 

プライベート感:★★★☆☆

セキュリティ:★★★★★

清潔さ:★★★★☆

朝食: ★★★★☆

 

洗濯機+乾燥機を合わせて8S$で利用できます。

見かけたコインランドリーは洗濯が最小サイズで5S$だったので安いです。

 

猫に会える「bunc hostel(ブンクホステル)」

f:id:Fukuneko:20180128135354j:image

 

ところ変わってリトルインディアエリアのホステル。

 

ダウンタウンラインのJalan Besar駅出てすぐという好立地です。

 

f:id:Fukuneko:20180128135426j:image

 

ここはドミトリーもあるのですが、2人なら個室がおすすめ。

フロントすぐ横で若干音が気になりますが、シャワー・トイレも専用なので完全個室です。

 

f:id:Fukuneko:20180128135437j:image

 

シャワーはカーテンで仕切られているだけなので床は水浸しになります。笑

 

そのせいか使い捨てスリッパが付いていました。

 

f:id:Fukuneko:20180128135450j:image

 

でもやっぱりトイレとシャワーを専用で使えるというのは便利でした。

 

冷蔵庫とポットもあり、軽くお腹が空いてもカップ麺とか食べられます。

 

f:id:Fukuneko:20180128135505j:image

285:看板猫のマァオ(中国語で猫)

 

そしてこのホステル、猫が居ます!

 

部屋の外から「にゃーん」と聞こえてきてまさかと思い出てみたらフロントデスクに猫が居ました。笑

 

人懐っこくてかわいいニャンコさんです(*´∀`*)

 

f:id:Fukuneko:20180128135518j:image

 

無料の朝食はシリアル、食パン、ドリンクの簡単なもの。

 

シンガポールってシリアルと牛乳が高いのでけっこう嬉しいです。

 

f:id:Fukuneko:20180128135537j:image

286:若い茶トラさん

 

余談ですが、リトルインディアでは猫を見かけることが多かったです。

 

f:id:Fukuneko:20180128135547j:image

寄ってきた(歓喜)

 

f:id:Fukuneko:20180128135559j:image

足の間に座った(大歓喜)

 

住民の方にごはんをもらっているようです。

シンガポールでも外猫さんに会えて嬉しい!

 

プライベート感:★★★★★(個室だったから)

セキュリティ:★★★★★

清潔さ:★★★★☆

朝食: ★★★☆☆

 

やっぱり個室っていいなと思いました。

猫が居たのもあって好印象。笑

 

個室感抜群の「MET A Space Pod」

f:id:Fukuneko:20180128135637j:image

ランドリーは10S$

 

最後に、ちょっと近未来的なホステルのご紹介です。

 

まずはドミトリーの写真をどうぞ。

 

f:id:Fukuneko:20180128135647j:image

宇宙船ぽい

 

ここは一人一人の空間がケースのようなスペースになっていて、まさに「カプセルホテル」という作りでした。

 

中の空調もしっかりしています。空調の音が気になる人は気になるかも。

 

大きな荷物は専用の鍵付きロッカーで保管できます。

 

f:id:Fukuneko:20180128135659j:image

お菓子好きにはたまらない

 

5階の共用スペースにあるお菓子はなんとフリーです。 

 

f:id:Fukuneko:20180128135720j:image

気付くと補充されてる

 

コーヒー、紅茶もセルフで飲めます。

 

朝食はセルフですが、冷蔵庫の卵、ソーセージ、チーズも自由に利用できます。

パンにチーズ、ソーセージを乗せてチンして食べたら美味しかったです。

 

フライパンとかは無いので、面倒なのかパンとシリアルだけ食べている人が多かったです。

 

f:id:Fukuneko:20180128135748j:image

 

ホステルのすぐ近くには猫カフェもありました。

 

MET A Space Podホステルはチャイナタウンなどシンガポール内に数軒あります。

 

f:id:Fukuneko:20180128135845j:image

 

ボートキーの店舗はクラークキーの夜景を観るのに便利でした。 

繁華街にあって、夜飲みたい人にも便利なホステルです。

 

プライベート感:★★★★☆

セキュリティ:★★★★★

清潔さ:★★★★☆

朝食: ★★★☆☆

 

お菓子がいつでも食べられるって素敵。

 

まとめ

宿泊費がかさみがちなシンガポールですが、カプセルタイプのホステルをうまく利用するとプライベートもそこそこ確保できて便利です。

 

今回泊まったホステルではシャワーの出もよく、さすがシンガポール!と先進国はやっぱり安定しているなあと感じました。