世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

2017年7月〜2018年1月まで夫婦で世界一周。猫との暮らしを夢見る日々。

シンガポール動物園とナイトサファリ、リバーサファリのお得なチケット

2度目のシンガポール。マーライオンやガーデンズバイザベイは以前観光したし、あとどこ見るの?

と思っていましたが、小さいようで広いシンガポール。他にも見どころ盛りだくさんでした。

 

 

シンガポールの4つのワイルドパーク

f:id:Fukuneko:20180201215740j:plain

 

高いビルが立ち並ぶイメージのシンガポールですが、世界的にも有名なナイトサファリや動物園があり、たくさんの人が訪れています。

今回、ナイトサファリやリバーサファリを含む4つのワイルドパークを巡ってきました。

 

ちょっと駆け足でしたが、動物園では檻がなく自然の姿の動物たちを見ることができ、ナイトサファリでは歩いて夜の動物たちの姿を観察することができてワクワクしました!

 

お得なマルチパークチケット

f:id:Fukuneko:20180201215846j:plain

なぜかあったでかいスタバ

 

シンガポール動物園、ナイトサファリ、リバーサファリ、ジュロンバードパークの2施設以上に行く場合、「Wildlife Reserves(ワイルドライフリザーブス)Singapore」が販売しているMuiti-Park ticket(マルチパークチケット)がお得です。

 

まずはそれぞれのパークの入場料とマルチパークの料金を以下にご紹介します。

※2018年1月31日時点

 

<各パークの正規料金> 

Singapore Zoo(シンガポール動物園)

大人:S$33 | 小人:S$22

 

River Safar(リバーサファリ)

大人: S$30 | 小人:S$20

 

Night Safari(ナイトサファリ)

大人:S$45 | 小人:S$30

 

Jurong Bird Park(ジュロンバードパーク)

大人:S$29 | 小人:S$19

 

<マルチパークチケット>

ParkHopper Plus(パークホッパープラス)

大人:S$88 | 小人:S$68

4つのパーク入場券に以下の乗車券付き

・シンガポール動物園、ジュロンバードパークのトラム

・ナイトサファリでの英語ガイドトラム

・リバーサファリでのボート

・シンガポール動物園でのカルーセル

 

4-Park Admission(4パークアドミッション)

大人:S$78 | 小人:S$58

4つのパーク入場券。最大50%お得。

※トラムやボートのチケットはオプションで付けられます。トラムだけで大人10S$するので、トラムを利用する予定があるならパークホッパープラスでいいと思います。

 

2-Park Admission(2パークアドミッション)

大人:S$55 - 65 | 小人:S$35 - 45

2つのパーク入場券。最大17%お得。

 

個別のチケットはそれぞれがなかなかのお値段。

 

結論としては、2つのパークに行くなら2パークアドミッションチケット3つ以上のパークに行くなら4パークアドミッションチケットを買うとお得です。

 

なぜなら3つのパークに普通に入ると大人1人最低でも92S$かかってしまうので、いっそ4パークチケットを買った方が4つ行かなくても安いのです。

 

ただ、マルチパークチケットは7日間の有効期限があるので注意が必要です(1週間以上シンガポールに居ることってあまりないと思いますが念のため)。

 

ホステルや観光案内所でも値引きチケットを売っていますが、見た限りおそらくセット券の方が安かったので上記で比較してみてください。

 

しかもナイトサファリの時間も指定して買えるので、当日チケット引き換えに並んでいるうちに希望の時間が売り切れて取れず次の時間まで待ちぼうけ、という無駄も避けられます。

 

なんかめんどくさいな…という場合は事前にVoyajinさんで購入しておくのがおすすめ。

オール日本語対応・日本で決済可能なので、英語に自信がなくても安心です。

www.govoyagin.com

 

Voyajinでのチケットの注意事項として、現地ではメール受信できる必要があります。

docomoやsoftbank、auなどのキャリアメールではなく、ネット環境さえあれば受信できるyahooメールやgmailを登録しておきましょう。

 

ホテルや観光地ではフリーWi-Fiが利用できることが多いですが、プリペイドSIMが安くておすすめです。

こちらも日本で購入できるので、現地で購入する手間が省けます。

www.govoyagin.com

SIMを差し替える場合はSIMフリーになっているかの確認をお忘れなく! 

 

それぞれのパークの特徴

f:id:Fukuneko:20180201221241j:image

平日でも混むナイトサファリ

 

時間があればすべてのパークを周ることができますが、それぞれのパークもけっこう広く短時間で見るのはけっこう大変です。

 

とは言っても動物園とリバーサファリ、ナイトサファリは中心部から遠いエリアにあるため、移動時間と交通費を考えるとなるべく1日で済ませたいところ。

 

我々は半日でシンガポール動物園、リバーサファリ、ナイトサファリを駆け足で周ってきました。

 

簡単ですがそれぞれのパークの特徴を以下にまとめています。

 

シンガポール動物園

f:id:Fukuneko:20180201213104j:plain

シマシマシマウマ

 

所要時間1時間半~3時間。

檻がなく、動物を近くに感じられるデザインの動物園です。

 

f:id:Fukuneko:20180201213236j:plain

ふいー

 

頭上でサルが綱渡りをしていたり、カンガルーやシマウマ、マレーバクなどの動物を目の前で見られました。

 

f:id:Fukuneko:20180201213320j:plain

ツートンカラーがおしゃれ

 

ホッキョクグマや珍しいホワイトタイガーも居ます。

 

f:id:Fukuneko:20180201213412j:plain

チョコパリアイスが泳いでる

 

f:id:Fukuneko:20180201213440j:plain

ぴーん

 

プレーリードッグが背筋を伸ばして立っている姿は胸キュンものでした!

 

f:id:Fukuneko:20180201213547j:plain

ごはんもあげてたよ

 

入口近くの3番乗り場と4番乗り場の間にシマウマやライオンが居るので、はじめはトラムに乗らず歩いて行くのがおすすめです。

 

リバーサファリ

f:id:Fukuneko:20180201213817j:plain

 

所要時間1時間半~3時間。

マナティやジュゴン、淡水生物からパンダまで見られるサファリです。

水族館と動物園を足したようなパークでした。

 

f:id:Fukuneko:20180201214148j:plain

ウロウロし続けるパンダ

 

f:id:Fukuneko:20180201214203j:plain

怖い顔の魚

 

スコールで乗れなかったボートクルーズが楽しいそうです。

ボートチケットを買っておいたのに乗れなかった!という場合はちゃんとチケット代の5S$分のバウチャーとしてパーク内のレストランもしくはお土産店で利用できます。

 

f:id:Fukuneko:20180201214502j:plain

パンダまんはあんこかチョコ

 

ワニもいて迫力がありました!

 

ナイトサファリ

f:id:Fukuneko:20180201214639j:plain

 

所要時間2時間~3時間。

夜の真っ暗な動物園を歩き回れる世界的にも有名なサファリです。

 

f:id:Fukuneko:20180201214736j:plain

ところどころに演出あり

 

トラムに乗ると楽ですが、ここはぜひ足で周ってほしいところ。

暗闇の中で見つける動物の姿にドキドキします!

 

f:id:Fukuneko:20180201221544j:image

居た!

 

f:id:Fukuneko:20180201221558j:image

なんか居る(ワラビー)

 

いないなーと思っても実はよく見ると居たりするのでゆっくり見て回りました。

写真は撮りづらいですが、他ではなかなかできない体験でした。

 

f:id:Fukuneko:20180201222136j:image

看板で答え合わせ

 

ナイトサファリの入口で炎のショーもずーっとやっていて、それもすごかったです。

 

ジュロンバードパーク

f:id:Fukuneko:20180201214946j:plain

 

所要時間1時間~2時間

鳥が好きな人におすすめ。

 

f:id:Fukuneko:20180201215116j:plain

ピンクの軍団はフラミンゴ

 

f:id:Fukuneko:20180201215218j:plain

とさかがヤンチャなファンキーたち

 

鳥自体は動物園にも居るので、時間がない方は割愛してもいいかもしれません。

 

ここだけ場所が上の3つのパークと場所が違うので、4パークのマルチパークチケットを買っておいて、滞在中に時間が余ったら行くというのも手です。

 

アクセスと1日で回りたい場合の順序

もし動物園、ナイトサファリ、リバーサファリを1日で周りたい場合、次のようなスケジュールで行くと余裕があってよいと思います。

我々は昼から移動を始めたので時間がカツカツでした。笑

 

チケットはマルチパークチケットでナイトサファリを19:15で指定しておくと、夜遅くなり過ぎないので体も楽です。

 

<モデルコース>

8:00 市内中心部のホテル出発

UBERやMRT、バスで移動

シャトルバスのチケットを扱っているホテルもありますが、UBERやGrabを使うと便利です。

※MRTとバスで行く場合は後述。

8:30~9:00頃 シンガポール動物園着(3つのパークが隣接しています)

★ここで天気予報チェック★

リバーサファリはほとんどのエリアに屋根があるので雨が降っていてもそれほど影響はありません。

でも動物園は屋根がないので雨が降ってくるとけっこうやっかいなのです。

天気予報を見てどちらを先に見るか決めるとよいと思います。

 

リバーサファリの方が最終入場が遅く(スタッフさんによると18時30分)19時まで開園しているので、着くのが遅くなっちゃった!という場合は動物園を先に観ると時間を有効に使えます。

我々はギリギリだったので、「動物園→リバーサファリ」の順で周りました。

17:30~19:00頃 ナイトサファリまで夕飯タイム

少し高めですが、フードコートのようなレストランがナイトサファリ入口近くにたくさんあります。

19:00頃 ナイトサファリ入場待ち

入場できる数十分から入場待ちの列ができ始めます。並んでいる間に炎のショーが始まるので、横目に見ながら並んでいる人が多かったです。

19:15 開園

20:00 退園

UBER、タクシー、バスなどで帰路へ。

 

シンガポール動物園への行き方

f:id:Fukuneko:20180201215552j:plain

 

最後に、シンガポール動物園(ナイトサファリ、リバーサファリ)への行き方です。

一番簡単なのはUBERやGrab Taxi、タクシーを利用することですが、公共交通機関で行くと安いです。

料金と時間をまとめておきます。

 

車の場合

UBER:S$25-41/30分

Grab  :S$20-50/30分

タクシーも同様ですがこれより少し高め。

 

公共交通機関の場合

MRT:中心部から30~45分/S$1.69

Khatib駅出口A

Khatib駅Exit A Pick Up Pointからシャトルバス利用:15分/S$1

f:id:Fukuneko:20180201221931j:image

20分に1本

f:id:Fukuneko:20180201221939j:image

こんなバスです

f:id:Fukuneko:20180201221952j:image

内装がかわいい!

シンガポール・ズー

 

帰りはシャトルバスがないのでバスでYio Chu Kang(イオチューカン)駅かAng Mo Kio(アンモキオ)駅まで路線バスに乗り、そこからMRTで戻ることになります。

シンガポールはバスの路線が多くて分かりにくいので、不安な場合はタクシーやUBERを使った方が無難です。

 

ネットが使えればGoogleマップのルート検索で利用するバス番号も案内してくれるので、我々は迷わずバスで帰れました。

やっぱりネット環境があるってありがたいです!

 

シンガポールではGoogleマップをかなり活用できたので、現地SIM(その記事)や海外Wi-Fiレンタル でネット環境を手に入れておくと移動にとても役立ちました^^

 

安全と言われるシンガポールですが、夜遅くの帰宅には気を付けてくださいね。

 

www.govoyagin.com

 

www.govoyagin.com