世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

ユニバーサルスタジオシンガポールだけじゃない!セントーサ島を1日観光

1月24日はセントーサ島を観光しました。

セントーサ島にあるのってユニバーサルスタジオシンガポールくらいかと思っていましたが、水族館やマーライオンなどいろいろと楽しめました。

 

 

セントーサ島への行き方

f:id:Fukuneko:20180202180422j:plain

空からも行ける

 

まずはセントーサ島への行き方を。

セントーサ島へはモノレール、徒歩、車(タクシー・バス・レンタカーなど)、ケーブルカーで渡ることができます。

 

モノレールで行く場合

f:id:Fukuneko:20180202175859j:image

2両編成だから激混み 

 

セントーサ・エクスプレスに乗って行けます。

MRTハーバーフロント駅からビボシティの3階へ向かうと乗り場があり、EZ-Linkがあれば改札でタッチしてそのまま乗れます。

 

入島料として4S$かかります。

ただ必要なのは行きだけで、入ってしまえば島内ではモノレール乗り放題です。帰りの運賃もかかりません。

 

f:id:Fukuneko:20180202175926j:image

帰りは乗るだけ

 

チケットはネットでも買えますが、チケット売り場で引き換える必要があります。

詳細はこちら(公式)↓

セントーサ島入島券 - セントーサ・オンラインストアーアトラクションやイベントのチケット購入

 

チケット売り場はけっこう混んでいたので、MRTを多く使う方はEZ-Linkを買っておくと並ばずに乗れて楽ちんです。

EZ-Linkは日本のSuicaやPasmoのような交通系ICカードで、5S$のカード代がかかりますが割引運賃が適用されるためたくさん乗る場合は切符を買う手間も省けて便利です!

(カード代は返金されませんが残金は返金してもらえるし、セブンイレブンでも使えます。)

 

徒歩で行く場合

徒歩で行く場合はMRTハーバーフロント駅から橋を渡って歩いて行けます。

1kmちょっとなので15~20分くらいで渡れるという実は近い島です。

 

車で行く場合

路線バスでも行くことができます。バスの運賃のみで入島料はかかりません。

もちろんタクシーやレンタカーでも行けますよ~。

 

ケーブルカーで行く場合

f:id:Fukuneko:20180202180341j:plain

豪華客船の上を越えて

 

ケーブルカーは料金は高いですがハーバーフロントとセントーサ島を上から眺められるのでアトラクション感は満載です!

詳細はこちら(公式)↓

Singapore Cable Car Sky Network — One Faber Group

 

セントーサ島の見どころ

f:id:Fukuneko:20180202181136j:plain

インスタ映えしそうな文字

 

セントーサ島にはアジアで2番目のユニバーサルスタジオ、「ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)」があります(ちなみに日本のUSJはアジアで最初のUS)。

 

その他、世界最大級の規模をもつ水族館「シー・アクアリウム(マリンライフ・パーク)」、そして大きなマーライオンが居たりします。

そして常夏のシンガポール、ビーチももちろん楽しめます!

 

ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)

f:id:Fukuneko:20180202181222j:plain

やっぱりこれですね

 

言わずと知れたユニバーサルスタジオのテーマパーク!

ジュラシックパークやミニヨンズなど、大人から子供まで楽しめる場所です。 

 

f:id:Fukuneko:20180202181448j:plain

一度は見たことがあるのでは

 

エリアごとに雰囲気が全然違うので歩いているのも楽しいです。

 

f:id:Fukuneko:20180202183858j:plain

エジプトっぽい

 

f:id:Fukuneko:20180202183910j:plain

大きなお城が

 

f:id:Fukuneko:20180202184130j:plain

シュレックでした

 

このシュレックの4Dシアター、面白かったです。

シアタータイプなので幸いあまり混んでおらず待たずに入れました。

 

f:id:Fukuneko:20180202181511j:plain

2種類のコースターが入り組む

 

ふくねこは絶叫系は「怖いけど乗ってみたい」質なのですが、主人は全力で拒否。

時間もなかったのですぐに乗れる大人しいアトラクションだけ乗りました。

 

f:id:Fukuneko:20180202181832j:plain

主人「これなら平和そうだ」

 

そしてようやく入ったのが「スパゲッティ・スペース・チェイス」。

これも全然待たずに乗れました。笑

 

f:id:Fukuneko:20180202181735j:plain

ちょっとくらいドキドキがあるかと思ったら

 

f:id:Fukuneko:20180202181752j:plain

最後まで平和に終了

 

ジェットコースター、乗ってみたかったな…(ボソッ

 

f:id:Fukuneko:20180202181915j:plain

わかるかな?

 

あと、USSにはミニヨンズがいっぱいいました。

f:id:Fukuneko:20180202181919j:plain

ミニヨン水筒も

 

f:id:Fukuneko:20180202181931j:plain

写真スポット

 

f:id:Fukuneko:20180202181946j:plain

頭上にもミニヨンズ

 

パークでの食事について。

USSの中のレストランはかなりお高いです。

一時的にパークを出るのであれば、出口で手にスタンプを押してもらい、それを再度入口で見せて再入場できます。

 

f:id:Fukuneko:20180202183253j:plain

いろいろあるよ

 

パーク外のレストランの方がまだ安いですし、ファストフード系の飲食店もあるので、ごはんだけ外に食べに行くとちょっと節約できます。

 

シンガポール水族館(シー・アクアリウム)

f:id:Fukuneko:20180202182057j:plain

屋内は涼しいなあ

 

こちらの水族館は世界最大級の規模を誇るマリンライフ・パークです。

800種、10万匹以上の生き物が集結しているそう。

 

f:id:Fukuneko:20180202182224j:plain

魚だらけ!

 

f:id:Fukuneko:20180202182325j:plain

海がここにある

 

海をそこに切り取って持ってきたような大きな水槽には圧巻です。 

 

f:id:Fukuneko:20180202182424j:plain

竜宮城のよう

 

f:id:Fukuneko:20180202182459j:plain

私は魚になりたい

 

f:id:Fukuneko:20180202182511j:plain

海の中を歩く

 

f:id:Fukuneko:20180202182545j:plain

クラゲもいるよ

 

水族館なら雨が降っても楽しめるし、何より涼しいので快適です!

 

セントーサ・マーライオン

f:id:Fukuneko:20180202182630j:plain

ちょっと黒い

 

セントーサ島にもマーライオンがいます。

こちらのマーライオンは口から水を吐きませんが、大きいです! 

 

f:id:Fukuneko:20180202182719j:plain

広くたくましい背中

 

料金はかかりますが、中に登って口から顔を出せます。

見たことはないですが夜は目が光るそうです。笑

 

f:id:Fukuneko:20180202182812j:plain

 

裏手にはまるでガウディの作ったグエル公園のようなモザイクタイルの水路が続いています。

 

f:id:Fukuneko:20180202182821j:plain

 

水があると気持ち涼しくていいですね^^

 

ビーチ

f:id:Fukuneko:20180202182901j:plain

曇ってるけど暑いよ

 

セントーサと言えばやっぱりリゾート感あふれるビーチ。 

水着もビーチサンダルも持っていなかったのですが、海を見ていたら我慢できずスニーカーを脱いで足だけバシャバシャと入ってきました。

1月でも常夏のシンガポール、気持ち良かったです!

 

f:id:Fukuneko:20180202183028j:plain

子供用のプールランドもあった

 

ちゃんと足を洗う場所もあるので帰りはきちんときれいにして靴を履いて戻れました。

 

セントーサで1日以上遊べる

f:id:Fukuneko:20180202183153j:plain

 

セントーサ島だけでも観光するところが多いので、特にUSSに行く場合は丸一日使っても回り切れないかもしれません。

 

セントーサ島内のホテルはかなり高いので、対岸に泊まって1日目にUSS、2日目に水族館やビーチでゆっくりというのが理想ですね。

1日で全部回ったらかなり大変でした。

 

海は見ていると入りたくなるので水着とタオルもぜひ。