世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

シンガポールの無料植物園「ボタニックガーデン」で緑に癒される(世界の猫探し287匹目)

ハウパーヴィラに続き、シンガポールの無料で楽しめるスポット「ボタニックガーデン」にも行ってきたのでそのご紹介です。

※タイトルが間際らしいですがボタニックガーデンに猫はいません(残念にゃ)。

 

 

駅からすぐの世界遺産

f:id:Fukuneko:20180204150427j:image

 

ボタニックガーデン(Botanic Gardens)にはMRTのサークルライン、ダウンタウンラインが通っていてアクセスも便利です。

 

しかも駅名になっているとおり、駅を出てすぐ右手に入り口があります。

 

f:id:Fukuneko:20180204150442j:image

ランナーもいる

 

しかもこの ボタニックガーデン(シンガポール植物園)、2015年にユネスコの世界遺産に認定された実は何気にすごい庭園なのです。

 

なのに入園料も無料で誰でもふらっと気楽に来れます。

 

f:id:Fukuneko:20180204145708j:plain

 

中はボタニックガーデンの名の通り植物園。

緑がいっぱいです。

 

f:id:Fukuneko:20180204145715j:plain

 

ところどころ「フラワーガーデン」とか名前のついたエリアがあります。

 

でもフラワーガーデンにはあまり花がなかったです(見落とし?)。

 

f:id:Fukuneko:20180204145721j:plain

暑さもしのげる

 

こんな緑のトンネルもありました。

 

f:id:Fukuneko:20180204145726j:plain

休憩休憩

 

園内には何ヶ所かレストラン、お土産屋さんを備えた休憩所があります。

 

お土産屋さんにさほど目新しいものはありませんでしたが、涼めました。笑

もちろんトイレもあります!

 

なぜか安い日本の自販機がある

f:id:Fukuneko:20180204150220j:image

よく見たら日本語

 

ボタニックガーデンに限ったことではありませんが、シンガポールでは時々日本の自販機を見かけます。

 

他のアジアの国々や南米でも日本語表記が残る自販機を見ましたが、ここまでがっつりまんま日本の自販機なのは初めて見ました。

 

f:id:Fukuneko:20180204150234j:image

シュワっ

 

敬意を表して富士リンゴのサイダーを。

暑さと歩いて疲れた体に染み渡りました。

 

f:id:Fukuneko:20180204145732j:plain

ジャングルに居る気分になる植物

 

あと、ホステルの冷凍庫を借りて水を凍らせたペットボトルを持って行っていたのがよかったです。

 

シンガポールどこも暑い。

 

f:id:Fukuneko:20180204145742j:plain

唐突に芸術

 

f:id:Fukuneko:20180204145754j:plain

楽譜まで再現

 

ちなみにこの時期(1月)は雨季で天気が曇りがちなことも多かったです。

 

おかげで乾季よりは涼しいのですが、それでも暑い!!

 

f:id:Fukuneko:20180204145802j:plain

ホールみたいなスペースもあった

 

ただやはりその暑い季候ならではの植物たちは普段日本で目にすることがないものも多く、歩いていて楽しいです。

 

見ての通り雨宿りできる場所は少ないので、特に夕方訪れる場合は雨季乾季関係なくスコール対策に雨具を持っていると安心です。

 

お花もちゃんとある

f:id:Fukuneko:20180204145843j:plain

中央付近の時計塔

 

フラワーガーデンにはお花が少なかったですが、園内にはお花も咲き誇っています。

 

f:id:Fukuneko:20180204145826j:plain

アヤメとか菖蒲の仲間かな?

 

ちょうど時計塔の周りに紫や黄色の花が植えられていました。

よく手入れされていてきれい。

 

それにしてもこんな広い植物園が無料ってすごいと思うのです。

 

f:id:Fukuneko:20180204150005j:plain

こういう花食べたことある

 

シンガポール在住の方によると税金が高くなったりしていて政府への不満もありけっこう大変だそう。

 

f:id:Fukuneko:20180204145828j:plain

南国っぽい花

 

こういう施設を国民・観光客問わず無料で開放してくれるのは嬉しいけど、税金で賄われてるのかなと思うとちょっと複雑な気持ちになりました。

 

(その分飲食で経済に貢献してきました。よく食べた 笑)

 

ボタニックガーデンへの行き方・営業時間・料金

f:id:Fukuneko:20180204150610j:image

帰りのカフェはエアコン効いてて寒くなるやつ

 

ボタニックガーデンへはMRTサークルライン、ダウンタウンラインの「Botanic Gardens」駅から行けます。

 

 

駅の出口表示に従って地上に上がると右手に入り口があります。

 

入園料金は無料です!

 

営業時間は5:00~0:00までですが、オーキッドガーデンなど開園時間が限られている庭園もあるのでご注意くださいませ。

(詳細はこちら↓)

www.sbg.org.sg

 

8:30~19:00の間であればすべての庭園が開いています。

ヒーリングガーデンとチルドレンズガーデンは月曜お休みです(祝日除く)。

 

この広い敷地を持つシンガポール植物園、帰りもBotanic Gardensの駅に戻るとちょっと大変ですが、園内の道がいろいろあるので違う道から戻っても楽しいと思います。

 

f:id:Fukuneko:20180204235717j:image

ジブリ映画に出てきそうな道(Farrer Roadに向かう途中)

 

戻らずに途中でサークルラインのFarrer Roadに抜けるか、頑張ってオーチャードまで行くこともできます。

いずれにせよいっぱい歩きます。笑

 

おまけ:猫のいる本屋さん

f:id:Fukuneko:20180204150634j:image

 

我々は帰りにチョンバルに行ったので、サークルラインのFarrer Roadまで歩きました。

地図で見た感じよりけっこう遠かったです。

 

チョンバルでいくつかカフェや書店(主人が好き)を巡ったのですが、そのうちの1店に猫さんがいました^^

 

f:id:Fukuneko:20180204150640j:image

すやぁ…

 

気持ちよく眠るしっぽだけ茶トラのシロさんの横には何やら注意書きが。

 

f:id:Fukuneko:20180204150653j:image

触らないでね

 

「こんにちは!わたしはとっても幸せに健やかに寝ています。お願いだから触らないでね。引っ掻いちゃうよ。」

 

たぶん何もしなければ大人しいけど触られると爪を立てる性格のコなんですねー。

ぐっとこらえて写真だけ撮らせてもらいました=^X^=

 

f:id:Fukuneko:20180204150705j:image

何かと思ったら本だった

 

この本屋さんには本の自販機も。

本の自販機なんて初めて見ました!!

 

f:id:Fukuneko:20180204150718j:image

ミステリ―小説のことかと思った

 

お値段は日本円で1650円くらいでしょうか。

「mystery book」とあったのでミステリー小説しか売ってないのかと思いましたが、たぶん自動販売機の「ハテナ缶」(ふくねこが小学生くらいのとき流行った買ってみないと分からないジュースなんですがご存知ですか)的な意味合いなんですね。

 

そこまで冒険できる財力はないので未購入ですが、試しに買ってみたくなる自販機でした。