世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

2017年7月〜2018年1月まで夫婦で世界一周。猫との暮らしを夢見る日々。

多摩動物公園でタスマニアデビルとチーターの子供たちに会ってきた

多摩動物公園に行ってきました。

チーターの子供たちやタスマニアデビルという珍しい動物にも出会えて、寒い冬でもほっこり癒されました(*´꒳`*)

 

 

大人も子供もうれしい動物公園

f:id:Fukuneko:20180222170016j:plain

 

一時的に住まわせていただていた豊田。

そのお家から徒歩45分くらいで多摩動物公園に行けることが分かり、これは行かねば!と一人わくわくカメラを持って行ってきました。 

徒歩で。

 

f:id:Fukuneko:20180222170021j:plain

ゾウさんの像がお出迎え

 

多摩動物公園の入場料は大人600円。

中学生200円、65歳以上300円の小学生以下無料というのはさすが公立。

 

お財布に優しい動物園です。 

 

f:id:Fukuneko:20180222170027j:plain

広い

 

2018年2月時点でアフリカ園は工事中でした。

ただそれ以外の場所も広いので十分楽しめそうです。

 

大人1人で動物園に来る人ってあまりいないのでは?

と思いましたが、バズーカのようなカメラを持った手練れの方々がたくさんいらっしゃいました。

 

いやほんと、写真を撮りに来ている大人が想像以上に多くてびっくりしました。

 

カフェもある

f:id:Fukuneko:20180222170036j:plain

ズーカフェ

 

入口近くにはカフェ兼無料休憩所。

持ってきたお弁当やカフェの食事をいただけます。 

 

f:id:Fukuneko:20180222170047j:plain

ゾウさんかわいい

 

売店の食べ物の値段もそこまで高すぎず。

サンドイッチが美味しそうでした。  

 

f:id:Fukuneko:20180222174041j:image

 

カフェの横の案内所には「かんさつシート」も置いてあります。

これを持って色々な動物の生態を観察しながら園内を回ることもできます。

 

お子さん向けのシートで、楽しんで観察している子供たちが多かったです。

昔の自分を見ているようでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170054j:plain

 

園内には動物だけでなく虫が見られる昆虫園もあります。

今回は虫さんはパスしましたが、蝶や発光するワームもいるようできっと虫好きにはたまらないはず。

 

キュートな猫科の動物たち

f:id:Fukuneko:20180222170111j:plain

 

まずは早速大好きな猫系コーナーへ。

 

多摩動物公園では2017年6月8日に5頭のチーターの赤ちゃんが誕生し、4頭が無事に生まれました。

お母さんのリリーは残念ながら同年8月に虹の橋を渡りましたが、子供たちはすくすくと育ってくれたようです。

 

ちょうどこの2月9日は一時中止していた赤ちゃんの公開を再開した日で、たくさんのカメラっこが構えていました。

 

f:id:Fukuneko:20180222170116j:plain

キュピーン

 

元気に走り回ってなかなか姿を捉えられなかったのですが、ちょうど目の前に来てくれました。

 

スラっとしたおみ足にまだあどけない顔がかわいいです。

メス3頭、オス1頭だそうですが見分けられず(^_^;

 

チーターたちの顔も見れたので、行儀良く待っている子供たちに先頭を譲り次のコーナーへ。

 

f:id:Fukuneko:20180222170123j:plain

耳の長い猫

 

ここには「サーバル」というネコ科の動物が居るようです。

 

f:id:Fukuneko:20180222170135j:plain

猫…?笑

 

この丸まってる姿…。

猫より猫背。

 

寒いので猫団子ならぬサーバル団子を作って身を寄せ合っていました。

かわいいー。

 

f:id:Fukuneko:20180222170150j:plain

 

百獣の王ライオンさんたちも底冷えが気になるのか皆藁の上へ。

ライオン団子にはなっていませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170209j:plain

 

その寒さの中でも水辺で元気に過ごしているフラミンゴたち。

シンガポールにもフラミンゴが居たけれど、暑さ寒さの耐性があるのかな?

 

優しい大きな生き物たち

f:id:Fukuneko:20180222170215j:plain

 

続いて大きな動物たちも見ていきます。

 

この木なんの木気になる木。

 

木の中はこんな風になっていました。

 

f:id:Fukuneko:20180222170223j:plain

 

穴から生き物を覗けます。

でもたいてい遠くに居るのであまりよく見えませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170230j:plain

 

見える動物は何かと言うと、こんな足の動物です。

 

前あしの方が太いんですね!

 

f:id:Fukuneko:20180222170236j:plain

 

はい、そうです、象さんです。

 

f:id:Fukuneko:20180222170243j:plain

 

アフリカ象のアコちゃん。

象など大きな動物がゆったり動く姿を見ると血圧が落ち着くそうです。

元から低いふくねこには効果不明でしたが。

 

f:id:Fukuneko:20180222170249j:plain

 

ライオン、ゾウと来たらやはりキリンさんも欠かせません。

 

動物が親子で居る姿ってほんわかします。

 

f:id:Fukuneko:20180222170308j:plain

まつ毛長いですね

 

模様がクスコの石垣を思わせる柄でした。

キリンの模様は白っぽい部分よりも茶色の部分が多いんですね。

 

だらけすぎなカンガルーが愛しい

f:id:Fukuneko:20180222170331j:plain

くつろぎすぎ

 

続いてオーストリア園へ。

オーストリアと言えばやはりこのお方、カンガルーです。

 

表情や組んだ前足が妙に人間くさいですがカンガルーです。

 

f:id:Fukuneko:20180222170359j:plain

お前は本当にカンガルーなのか

 

右上のコなんか仰向けに寝転んで左手(前あし)でお腹をボリボリ掻いたり。

 

完全おやっさんです。

 

f:id:Fukuneko:20180222170408j:plain

すやぁ…

 

カンガルーも寝るときは手枕するんですね。

面白くて幸せになれた時間でした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170456j:plain

 

さらにオーストリアの生き物と言えば、そうですコアラです。

 

他の動物たちが屋外で頑張っている中、コアラは気候が大事なのか屋内で保護されていました。

 

f:id:Fukuneko:20180222170431j:plain

目がかわい 

 

コアラはどこだー、の前にネズミさんや他のオーストリア生き物コーナー。

他に袋キツネも居ましたが穴に隠れて真っ黒な写真しか撮れませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170442j:plain

スヤァ…

 

そしてお待ちかねのコアラ。

案の定木の上で寝ていました。

 

いつか野生のコアラをオーストリアに見に行きたいです。

 

世界最大の肉食有袋類!タスマニアデビル

f:id:Fukuneko:20180222170510j:plain

 

そしてこの多摩動物公園の目玉とも言えるのがこの「タスマニアデビル」。

 

f:id:Fukuneko:20180222170522j:plain

 

かわいい顔して肉食なのですよ。

 

f:id:Fukuneko:20180222170528j:plain

 

このタスマニアデビルは現存する世界最大の肉食有袋類で、なかなかの大食いだそう。

 

f:id:Fukuneko:20180222170535j:plain

 

「何でも食べる」

「大食漢」

 

・・・。

 

とても親近感を感じました。

 

f:id:Fukuneko:20180222170544j:plain

くんくん 

 

f:id:Fukuneko:20180222170555j:plain

ふがふが 

 

f:id:Fukuneko:20180222170606j:plain

 がおー

 

動きは可愛いのにキバはなかなかのモノをお持ちのよう。

デビルの名は伊達じゃない!?

 

肉食代表?大きな猫、いえトラです

f:id:Fukuneko:20180222170622j:plain

 

さらに肉食と言えばトラ。ちょうど骨付き肉をザリザリ(猫舌)とむさぼっているところでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170629j:plain

目が合った

 

檻の中なので柵がちょっと邪魔ですが、その分近くで大迫力の姿を見ることができました。

 

f:id:Fukuneko:20180222170641j:plain

撫でたい

 

ちなみに柵なしで見れる場所もあります。

こちらは遠いですが柵がない分自然な雰囲気で見ることができます。

 

トラと分かっていてもフォルムは猫。

いつかあの背中を撫でてみたいです。

 

f:id:Fukuneko:20180222170750j:plain

そろえた前足がかわいい

 

 多摩動物公園には「ユキヒョウ」もいます。

たたずまいは猫ですが、太い前足や顔つきは豹。凛々しいです。

 

雪景色が似合います。

 

f:id:Fukuneko:20180222170715j:plain

 

他にも霊長類がハンモックでくつろいでいる姿や、オランウータンがアスレチックで遊ぶ様子も見られました。

 

でもやはりみんな寒いようで、日向に居ることが多かったです。

 

f:id:Fukuneko:20180222170727j:plain

毛があってもやっぱり寒そう

 

春が恋しいですね。 

 

オオカミだけど・・・?

f:id:Fukuneko:20180222170806j:plain

お腹見せていいの? 

 

そして2018年は戌年。

オオカミさんたちもそれなりに脚光を浴びていました。

 

中にはごろんとお腹を見せてくれるサービス精神あふれるコも(笑)

 

f:id:Fukuneko:20180222170815j:plain

おおあくび

 

日向は気持ち良いのか、みんな眠たそうでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222170824j:plain

かわいいとしか思えない

 

寝顔はもはやワンちゃんですね。

オオカミが聞いたら怒りそうですが、かわいいワンちゃんを見ているようでした。

 

モフモフしたい!!

 

f:id:Fukuneko:20180222170934j:plain

 

他にもこんな動物や

 

f:id:Fukuneko:20180222170952j:plain

 

レッサーパンダもいました。

 

f:id:Fukuneko:20180222171006j:plain

こっち見た!(みんな一斉にカメラを向ける)

 

レッサーパンダのしっぽのモフモフっぷりが好きです。

多摩動物公園でレッサーパンダファンになりました。

 

f:id:Fukuneko:20180222171018j:plain

 

つかまり立ちで葉っぱのごはんを食べているところとか可愛くてたまりませんでした。

この時期のレッサーパンダは冬毛だから余計にモフ感が高いのかも?

(適当なことを言っていたらすみません。)

 

f:id:Fukuneko:20180222171035j:plain

 

もののけ姫に出てきそうな動物もいました。

 

f:id:Fukuneko:20180222171046j:plain

何だかセクシー

 

サイの体って皮が重なっているんですね。

初めてまじまじとサイの姿を観察しました。

 

次の写真、動物が隠れているのですが見つけられますか?

 

f:id:Fukuneko:20180222171054j:plain

同化してる

 

中央あたりに丸まっている動物たち。

タヌキです。

 

寒くて固まって寝ていました。

 

f:id:Fukuneko:20180222171103j:plain

あくびか雄たけびか

 

山で遭うとアウトなクマもいます。

 

f:id:Fukuneko:20180222171121j:plain

ぬんっ 

 

こうして見ると怖くないですが、リアルに野生のクマを山で見かけたときは背筋が凍りました。

 

多摩動物公園のクマさんは冬眠しないんですね。

 

お土産屋さんの誘惑

f:id:Fukuneko:20180222174122j:image

タスマニアデビル推し

 

最後に、つい寄ってしまうお土産屋さんです。

さすがここだけとあって、タスマニアデビルを全面に押し出したディスプレイでした。

 

f:id:Fukuneko:20180222174127j:image

可愛さを超えた獰猛さ

 

タスマニアデビルのぬいぐるみは可愛さをいい感じに押し殺して獰猛な雰囲気が伝わってくるぬいぐるみでした。

デザイナーはリアリティを求めたようです。

 

レッサーパンダのハンドパペットを買うか最後まで悩んだのですが、余計なものを買っている余裕はないと気付き断念しました…。

 

乗り入れる車両にも特徴

f:id:Fukuneko:20180222174136j:image

 

帰りは京王線で帰宅。

動物公園に来る車両が動物公園仕様で、思わずにこにこ顔になる車内でした^^

 

f:id:Fukuneko:20180222174149j:image

 

もちろん外側も動物公園仕様。

こういうところが地味に手間がかかっていて素敵です。

 

広いので園内をくまなく回るとけっこう歩きますが、いい運動になりました。

園内を回る無料バスもあるので、足腰が辛い方や小さいお子さんがいる方はそちらを利用するといいかもしれません^^

 

癒される動物園でした。

 

 

 

www.tokyo-zoo.net