世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

吉祥寺の老舗「あんこ屋」|平澤製餡所の創業51年の味を食べてみた

吉祥寺に老舗の餡子専門店を見つけました。

その名も「あんこ屋」。

ちょっと買い方が一筋縄ではありませんが、美味しい餡子でした!

 

老舗っぽくない店構え

f:id:Fukuneko:20180421221747j:image

あんこには伊藤園ですよね

 

主人から「今イベントでキャンディ2倍もらえるよ。」との報告。

これは行かねばということで、先週末から再び狩りはじめました。

 

あ、ポケモンGOの話です。

 

この日もまだ捕まえたことのないポケモンの影を見つけ、出没場所へと向かっていました。

そこで見つけたのがこの「あんこ屋」さん。

 

f:id:Fukuneko:20180421221756j:image

 

外観が老舗っぽくないのですが(失礼)、創業51年の老舗の製餡所さんです。

もともと吉祥寺にあった工場は三鷹に移転したそうですが、販売所としてこちらで餡を販売しているようです。

 

お値段1パック350円。

350g入りなので1g=1円というお求めやすい価格です。

 

その場で買えない餡もある

f:id:Fukuneko:20180421221759j:image

 

あんこ屋さんで作られているのは、

・粒あん

・こしあん

・しろあんn

・コーヒーあん

・塩あん(粒)

 

その他に季節の餡として、

・さくらあん(春)

・うぐいすあん(春?)

・青梅あん(6月くらい~)

・いもあん(9月くらい~)

・ゆずあん(10月くらい~)

といったラインナップ。

 

「くらい~」というのがまたいい味じゃありませんか。

 

ただし、こちらで注文を受けてから工場から持ってくるため、置いていない商品や100gなど少量で買いたい場合は受け取りが翌日になる場合もあるそうです。

(もしくは夕方の来店だったので翌日受け取りだったのかも。)

 

事前に電話しておいて受け取ることもできますし、インターホンを鳴らしてお店の方に直接注文でもOKです。

 

f:id:Fukuneko:20180421221806j:image

ずっしり

 

でもご安心ください。

粒あん・こしあんの350gパックなら突然行ってもその場で買えます。

 

こしか、粒か。

 

悩んだ末に小豆の食感を楽しめる粒あんにしました。

 

こだわりの北海道産小豆

f:id:Fukuneko:20180421221829j:image

和菓子屋のあんこだ

 

あんこを早速少し食べてみると、美味しい!!

スーパーの安いあんだんごをたまに買うのですが、餡子が全然違います。美味しい。

 

北海道産の小豆にこだわり、無添加の保存料・着色料不使用の餡だそう。

 

f:id:Fukuneko:20180424225244j:image

即席しるこ

 

店頭に書いてあった通りお湯で溶いておしるこにしても美味しいし、牛乳に溶いても美味しいです。

毎日少しづつ溶いて食べて(飲んで)います。

 

海外にもあんこのお菓子はありましたが、やはり日本の餡が一番美味しいです!