世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

アンテルーム(ANTEROOM)京都|旅行にも出張にも超絶おすすめな朝食が美味しいホテル

出張で京都に行ってきました。

その時に泊まったホテルアンテルーム京都。雰囲気も素敵で朝食もおいしくて、何気なく選んだのにめちゃくちゃ当たりだったととってもとっても大好きになったホテルだったのですが・・・

実は、驚くべきホテルだったのです。

 

京都駅からは徒歩15分、大きなレディが目印

f:id:Fukuneko:20180701123832j:image

びっくりした

 

この日の京都は梅雨の晴れ間。

夏の京都はとても暑く、一刻も早く着きたい気持ちでホテルを探してGoogleマップ片手にウロウロ。

 

マップの示す場所にたどり着くと、屋根の上に大きな女性が座っている建物に「ANTEROOM」の文字。

 

ここだ!


f:id:Fukuneko:20180701123820j:image

なぜパンなのだ

 

こちらのアンテルームさんは京都駅八条口から徒歩15分。

 

お値段控えめでちょうどよかったとはいえ、AP〇ホテルとかのザ・ビジネスホテルに慣れている身としてはお仕事で使ってよかったのかしらと少し不安になります。

 

アートな空間が広がる

f:id:Fukuneko:20180701123736j:image

現代アート 

 

恐る恐るロビーに入ると、いきなりこれです。

 

アーティスティックな空間が目の前にどーん。

なんて贅沢な。

 

レセプションではさわやかなお兄さんに対応いただき、汗だくの臭いを気にしつつ説明を受け、鍵を受け取って部屋へ。。


f:id:Fukuneko:20180701123808j:image

物販もあり

 

フロントの横では京都ならではの小物や本などの販売もしていました。

 

案内や館内の表示には英語もほぼ併記。きっと外国からのお客さまも多いんですね。

 

インテリアがかわいい

f:id:Fukuneko:20180701123707j:image

今いるの日本だっけ

 

それにしてもさすが京都。ソファーの配色や照明がハイセンス。

 

いや、京都じゃないとこでもこういうホテルあるかもしれないですが、海外のおしゃれホテルみたいな雰囲気に感動しました。


f:id:Fukuneko:20180701123723j:image

日本ぽくない日本

 

中庭にはちゃんと「和」の要素も。

夜になるといっそういい雰囲気でした。


f:id:Fukuneko:20180701123746j:image

マック(PC)開いてる方いらした 

 

こちらはラウンジ。

バーは毎日夜8時~午前1時まで営業しています。

 

今回なんちゃら記念のプランでワンドリンク無料^^

のちほど飲みにきます。


f:id:Fukuneko:20180701123718j:image

朝食時のみオープン

 

朝食はこちらのレストランで朝7:00~11:00まで。

よく見たらすでに翌朝のメニューが記載されていますね。気付かなかった。


f:id:Fukuneko:20180701123849j:image

インターナショナル 

 

エレベーターに向かう途中にはコインランドリー、自販機、喫煙ルームがあります。

 

ここだけ見ると日本じゃないみたいですね。


f:id:Fukuneko:20180701123713j:image

しわしわになっても安心

 

エレベーターを上がった片隅には貸し出しのアイロンやズボンプレッサーがありました。

スーツにアイロンをかけるか迷いましたが、汗を濃縮してしまう気がしてやめました(笑)

 

部屋の雰囲気がドストライク

f:id:Fukuneko:20180701123658j:image

興奮で体温上がった瞬間 

 

そして気になる今晩のお部屋です。

楽天で予約する際にちらっと見ていたのですが、なにぶん宿を取ったのが前々日の夜。

 

京都駅周辺で手頃な(規定内の)お値段、しかもざっと見て部屋がきれいそうでネットが使えて、と探したこちらが「残り1部屋」。

あわててぽちっと予約したのでどんなホテルか未知数だったのです。

(そして冒頭の困惑。)


f:id:Fukuneko:20180701123755j:image

好きだ

 

いや、なんですかこのデザイン性。

 

世界一周中にいろいろな場所に泊まりましたが、おしゃれ化が止まらないタイ北部の都市チェンマイや北欧の雰囲気を感じるお部屋でした。


f:id:Fukuneko:20180701123731j:image

住んでもいいレベル

 

ベッドの寝心地もパジャマの肌触りも大変心地よく、にやにや。

枕元にコンセントがあるのもポイント高いです。

 

あと見えてないですが足元にテレビがあります(そういえばずっと仕事してて付けなかった)。


f:id:Fukuneko:20180701123803j:image

冷蔵庫は普通だ(ほっ) 

 

冷蔵庫はお部屋の入口。

湯沸かしポットとお茶類もあります。

 

右の鏡をスライドさせると中はクローゼットになっていました。


f:id:Fukuneko:20180701123837j:image

木製ハンガーって結構高いんだよ 

 

ハンガーは固定式ではないので壁のフックにかけることも可能。

 

海外だと盗難防止のためか固定されているハンガーが多くて洗濯ものを干すときにちょっと不便でした。

まあランドリー使えよって話なのですが(^^;


f:id:Fukuneko:20180701123812j:image

見た目よりいっぱい水が入った 

 

しかもポットはカフェ仕様。

かわいい。


f:id:Fukuneko:20180701123751j:image

マグのようでマグでない

 

お茶はアールグレイと伊藤園の煎茶でした。


f:id:Fukuneko:20180701123816j:image

電話とドライヤーも発見

 

お部屋に入った時は室内が暑く、エアコンが見当たらなかったので

 

もしやセントラルでの温度管理か・・・?

しかしこれは暑い・・・!!!

 

と汗をかいて焦りましたが、ふとソファの裏をのぞくとエアコンがちゃんとありました。

ガンガンに効くエアコンでした。


f:id:Fukuneko:20180701123854j:image

名刺入れみたいなのがキー

 

受付の際にペットボトルの水を1本サービスしていただきました。

たぶんみんなもらえるものです。

 

水道水が飲める日本において、ペットボトルの水は贅沢品という認識のふくねこ。

お水のサービスは密かにはしゃぐほどにうれしい。


f:id:Fukuneko:20180701123908j:image

ありがたやー 

 

さらに今回、女性のみのサービスプランでスキンケアセットもいただきました。

出張族にはうれしいアイテム。

 

なかったらなかったでホテルに備え付けのハンドソープや手持ちのクリームの残りでしのぐのですが、やっぱりちゃんとした製品を使うと肌が喜んでる感じがします。


f:id:Fukuneko:20180701123727j:image

シャワーカーテンもカビなし

 

バスルームはユニットタイプ。

右端のケースの中には歯ブラシ、コットン・綿棒、シェーバーが入っていました。

 

便座はおしりも喜ぶ暖房便座です。


f:id:Fukuneko:20180701123858j:image

 

バスルームの壁はちょっとレトロなタイルタイプ。

 

シャンプー、コンディショナー、ボディソープが備わっています。

いい香りでした。

 

1人ホテルラウンジデビュー

f:id:Fukuneko:20180701123843j:image

進化したソフトクリームの看板

 

夕飯を近くのスーパーに買いに行き、部屋で仕事をして過ごしていると時刻は8時を回ったところ。

 

あの特典をラウンジで使う時がやってきました。


f:id:Fukuneko:20180701123912j:image

ノンアルですが

 

そうです、ワンドリンクサービスです。

たくさんのカクテルの中から選んだこちら、名前は忘れてしまいましたが甘酸っぱくて美味しいノンアルコールカクテルでした。

 

ハッピーアワーの20:00~22:00までに来るとナッツがおまけで付いてきます。

タダのドリンクなのに恐縮です。

 

ちなみにめちゃくちゃ美味しいナッツでした。売ってるとこ聞いておけばよかった。


f:id:Fukuneko:20180701123740j:image

真っ先にパンの本取った

 

ラウンジの前には本のコーナーもあるので、ここから借りてきてゆっくり過ごすのもいいですね。

 

パンの本を読んでいたのですがどれも美味しそうでした。


f:id:Fukuneko:20180701123902j:image

照明もおしゃれさん

 

ダラダラと(?)寝る前まで仕事をし、就寝。

ふかふかで気持ち良く眠れました^^

 

朝食は絶対食べてほしい

f:id:Fukuneko:20180701123827j:image

朝からがっつりいきますよ

 

一夜明け、楽しみにしていた朝食です。

 

アンテルームさんの朝食は半ブッフェ形式。

メインを選び、サイドメニューやドリンクが取り放題というスタイルです。

 

この日のメインは

 

・和風スクランブルエッグと和風マヨネーズのピタサンド

・生ハムとメープルクリームチーズのくるみとレーズンのライブレッドサンド

・甘夏とチョコレートのタルト

 

この中から最大3つまで選べます←ちゃっかり全部1個ずつにした(笑)

 

サンド自体はそれほど大きくないので全種類にしている人もけっこう多かったです。

この中ではピタサンドが一番好きでした。とろーりスクランブルエッグがたまりません。

 

サラダにも工夫がしてあり、トッピングにちりめんじゃこ、ごぼうチップス、湯葉チップス、かぼちゃチップス、ドレッシングには白みそドレッシングなんてものもありました。

 

サラダにじゃこって美味しいですね。

スープはズッキーニのポタージュ。ズッキーニがポタージュとして出てくるとは。


f:id:Fukuneko:20180701123759j:image

いいのかこれは 

 

ブッフェ台にはおしゃれ朝ごはんの定番、グラノーラとヨーグルトももちろんあります。

 

驚くべきはそのトッピング。

黒豆ときなこ、黒蜜が置いてありました。

 

かけました。

 

酸味のあるヨーグルトと合うかちょっと心配でしたが、これが不思議とくせになる美味しさ。お代わりしに行きました。

 

黒豆をトッピングに持ってくるとは・・・さすが京都と言わざるをえないでしょう。

充実しし過ぎな朝ご飯を食べ、本日の仕事先へ向かったのでした。

 

実はこんな部屋もある

f:id:Fukuneko:20180701162103j:plain

写真は公式ホームページより拝借

 

今回私が泊まったのは普通めタイプのお部屋ですが、アンテルーム京都さんにはなんと

 

あの蜷川実花さんがデザインを手がけたお部屋もあるんです!! 

 

どうでしょう、一面のこの桜。

蜷川実花さんのワールドが展開されているゴージャスなお部屋です。

 

他にもkumagusukuさんなどアーティストの方々がデザインされたコンセプトルームが8部屋ほどあります。

 

コンセプトルームのお部屋は2万円台とちょっとお値段しますが、記念日などに利用すると思い出になりそうです。


f:id:Fukuneko:20180701123703j:image

夜もアーティスティック

 

主人が好きそうなホテルだったので、京都に一緒に来ることがあったらまた泊まりたいと思います(^-^)

 

公式:HOTEL ANTEROOM KYOTO | ホテル アンテルーム 京都

おすすめポイント

・京都駅八条口(新幹線のある方)から徒歩15分

・朝食が美味しい

・おしゃれ

・近くにスーパーあり(19:30まで)