世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

2017年7月〜2018年1月まで夫婦で世界一周。猫との暮らしを夢見る日々。

ジュラシックワールド炎の王国を観てきた感想(ネタバレ薄っすらあり)

ジュラシックワールドの最新作、炎の王国を吉祥寺プラザで誕生月割引で観てきました。

ハラハラしっぱなしで面白かったです!

 

※ストーリーの内容にはあまり触れていませんが、まっさらな気持ちで映画を観たい方はそっと画面を閉じてください( ´ω` )

 

観る前にこれまでのおさらいをしておこう

f:id:Fukuneko:20180721221933j:image

 

シリーズものを観るうえで映画を楽しむためにしておきたいこと、それは過去の作品をある程度把握しておくこと。

 

今回も過去の登場人物や出来事からつながっているシーンがちらほらありました。

 

この辺は某映画番組さんがいいタイミングで流してくれてたので予習済み(笑)

 

過去作品を観ていなくても映像がすごいし楽しめるストーリーになっていますが、今回の作品は前作の3年後のお話なので、前作(ジュラシックワールド)だけでも観ておくと良いです。

 

ブルーとオーウェンが見逃せない

今回の超ざっくりとしたストーリーは、

 

ヒトが復活させた恐竜たちが生活するジュラシックワールドの島で火山が噴火し、恐竜たちを助けようとしたらあれれれそんな展開に!?

 

というものです。

ざっくりしすぎか。

 

ちなみに…

前作のジュラシックワールドでは「ブルー」と名付けられたラプトル(小型肉食獣)とブルーを育てたオーウェンがキーダイナソー(?)・キーパーソンになっています。

 

このブルーとオーウェンの関係は2の炎の王国でも重要な側面になります。

まぁそうなるのは予想できますね(^▽^;)

 

内容はなかなかダーク!

あの第1作目のジュラシックパーク、ジュラシックワールドの

 

「恐竜を復活させたよ!さあみんなで見て楽しもう!」

 

という展開に比べると、今回の炎の王国は人間の醜さとか強欲さの方に焦点が当てられているなと思いました。

背景となるストーリーが暗いです。

 

「ロードオブザリング」といい「パイレーツオブカリビアン」といい「ハリーポッター」といい、

シリーズものはどうしてこうだんだんダークになっていくんでしょう(笑)

 

時々心臓に悪いので覚悟を

で、今回のジュラシックワールド2ですが、例にもれず心臓に悪いです!(笑)

 

「ああ〜やばいやばい…」

「出る…たぶん出てくる…」

 

スクリーンを直視できず半目で見るシーンもしばしば(ビビリです)。

 

ともすれば

 

「いやいやいや、ありえんって!(笑)」

 

とちょっと笑っちゃう展開もジュラシックシリーズならでは。

 

恐竜の動きもさすが最新作。迫力満点で見応えがありました!

 

ジュラシックワールドはどうなるのか…

オーウェンとブルーの再会は…?

 

ぜひ心臓を鍛えに劇場へ足を運んでみてはいかがでしょう(笑)