世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

【バタフライクリーク】こんなところに動物園?オークランド最後の癒し|ニュージーランド夫婦旅

ニュージーランド最終日。

オークランド空港の近くに動物園があることをたまたま見つけ、行ってみたらものすごく癒されました!

 

f:id:Fukuneko:20181029195022j:plain

パターゴルフ場もあった

 

もくじ

 

オークランド空港そばの動物園「Butterfly Creek(バタフライクリーク)」

f:id:Fukuneko:20181029195145j:plain

 

今日は日本に帰国する日。飛行機が23時発なのでまだまだ時間があります。

そこで地図を見ていて見つけたオークランド空港の近くにある動物園「Butterfly Creek(バタフライクリーク)」へ行ってみました。

 

バタフライクリークには何がある?

ここバタフライクリークには 

 の動物エリア(クリックで飛びます)、そして

  • ROCKET ROPE(ロケットロープ)

というアスレチックがあります。

 

そう、あのニュージーランドの国鳥「キウイ」にも会えちゃうのです!

 

バタフライクリークの場所

バタフライクリークはオークランド空港から徒歩15分~20分ほどの場所にあります。

無料シャトルバスも出ているので便利です。

 

バタフライクリークの入園料

 

上にあるのがバタフライクリークの入園料です。

公式ページ

 

「FARM ANIMALS ONLY」のチケットはバターミルク農場のみの入場。

キウイを見たい場合は「ALL ATRACTIONS」のチケットを買う必要があります。

 

ロケットロープのアスレチックは含まれません。

 

アトラクション間の行き来は自由ですが、チケットによりリストバンドの色が異なるのでそちらで見分けるようになっています。

 

バタフライクリークでの所要時間

バタフライクリークはそれほど大きな動物園ではなく、すべてのアトラクションを見ても1時間ほどで周れます。

 

私たちはオールアトラクションのチケットで入りました。

バターミルク農場に長居をしたので、お昼ごはんを含めて3時間ほど滞在。

 

それではいざ中へ!

 

TROPICAL BUTTERFLY HOUSE(熱帯蝶館)

f:id:Fukuneko:20181029195428j:plain

 

エントランスから入場するとまずはAquaria(水族館)があり、蝶の館に抜けます。

水族館にはカエルや淡水魚が多かったです。

 

蝶の館はちょうちょが苦手な方はきついかも(笑)

そこらじゅうをひらひらと飛んでいます。私は蝶が好きなのですが、主人は苦手なので早々に退室。

 

f:id:Fukuneko:20181029181647j:image

 

蝶の館の出口付近にはは文鳥もたくさん。

文鳥…かわいいですよね。

 

f:id:Fukuneko:20181029195723j:plain

 

さらにその先には爬虫類。

何だか神々しいたたずまいで光を見上げておりました。

 

f:id:Fukuneko:20181029195810j:plain

 

こんな仲睦まじい姿も見られました^-^

 

KIWI FOREST(キウイの森)

f:id:Fukuneko:20181029193259j:plain

 

そしていよいよキウイの森へ。

中は暗いです。

 

f:id:Fukuneko:20181029193452j:plain

 

入口には絶滅してしまったニュージーランドにかつて生息していた鳥「MOA(モア)」のはく製。

 

大人の背丈くらいあります。恐竜みたい。

 

f:id:Fukuneko:20181029193616j:plain

 

壁にはキウイの説明も。

キウイが5種類もいるなんて知りませんでした!

 

f:id:Fukuneko:20181029193711j:plain

 

骨格と模型の卵も。

 

ここまでだいぶ引っ張りましたが、ようやくキウイの部屋に入場です。

 

f:id:Fukuneko:20181029193811j:plain

 

入口にはキウイを見る際の注意事項。

静かにすること、暗いので目を慣らしてじっくり見ることがポイントのようです。

 

中は真っ暗で写真を撮るのが難しいのですが(もちろんフラッシュ禁止)、ちゃんとキウイが見られました!

ガラスの手前をずーっと往復していてかわいかったです。

 

もし見れなくてもカメラで巣が見れますし、時間をおいてから来ると見られる可能性があるそうです。

時間の許す限りチャレンジしてみてください^^)/

 

f:id:Fukuneko:20181029181846j:image

 

キウイの森を出るとウナギがいます。が、写真が少し気持ち悪いので割愛…。

なのでカワウソの写真をどうぞ。

 

f:id:Fukuneko:20181029194016j:plain

 

何か話し合ってます。

 

f:id:Fukuneko:20181029194024j:plain

 

私はこういう小さくてくねくねした生き物がすごく好きみたいです。

主人もはまっていました^^

 

CRCODILES(クロコダイル)

f:id:Fukuneko:20181029182029j:plain

 

そしてかわいいカワウソの後にはクロコダイル!

迫力があるのに足を広げてお腹をぺたーっとしている姿はちょっとひょうきんな感じ。

 

ごはんタイムもあるので迫力を感じたい方はタイムスケジュールを確認して行ってみてくださいね。

 

DINOSAURS KINGDOM(恐竜王国)

f:id:Fukuneko:20181029194204j:plain

 

次のエリアはなんと恐竜。

もちろん機械仕掛けですが、これがなかなかジュラシックパークな雰囲気なのです。

 

f:id:Fukuneko:20181029194305j:plain

 

f:id:Fukuneko:20181029194158j:plain

 

f:id:Fukuneko:20181029194508j:plain

 

後ろにチラチラ見えているのがROCKET ROPEというアスレチック。

 

かなり高いところを歩くのですが、ちゃんと命綱とヘルメットをかぶって遊びます。

ニュージーの子たちはこんなダイナミックなアトラクションを楽しんでいるんですね…!

 

f:id:Fukuneko:20181029194527j:plain

 

建物の中にもちょっとした展示が。

恐竜王国、なかなか見ごたえがありました。

 

ここからはお遊びコーナー。

 

f:id:Fukuneko:20181029182037j:image

ニャー助が食べられちゃう!!


f:id:Fukuneko:20181029182021j:image

助けてー!

 

f:id:Fukuneko:20181029201719j:plain

閉じ込めて一安心

f:id:Fukuneko:20181029182106j:image

だめだ助けて(楽しい)

 

f:id:Fukuneko:20181029182046j:plain

T-REXが襲ってくる!

 

f:id:Fukuneko:20181029182055j:plain


あまり期待していなかっただけに(失礼)かなり充実した王国でした。

大人も楽しめますよ。

 

バターミルクファーム

f:id:Fukuneko:20181029182438j:image

 

続いてイチオシのバターミルク農場。

こちらのファームにはたくさんの小動物や羊、ヤギなどがいます。 


f:id:Fukuneko:20181029182429j:image

 

小屋の中にはオウム類の鳥たち。

このオウム、ずっとここに居てました。


f:id:Fukuneko:20181029182356j:image

 

もふもふのうさぎさんをもふもふすることもできます。

もふもふ。


f:id:Fukuneko:20181029182451j:image

 

外にはヤギなどの家畜系動物。


f:id:Fukuneko:20181029182434j:image

 

もちろん羊も♪

(曇って暗くなってしまった)


f:id:Fukuneko:20181029182402j:image

 

なんとアルパカもいました。

このドヤ顔が好きです。


f:id:Fukuneko:20181029182445j:image

 

ヤギは木登りが得意と知識では知っていましたが、実際にヤギがはしごを登って高いところを歩くのを見るは初めて。


f:id:Fukuneko:20181029182411j:image

 

ファームにはところどころこんな感じで動物の紹介があったりします。


f:id:Fukuneko:20181029182456j:image

 

ご本人(ご本犬)の登場。

ファーム内を点検して回っていました。


f:id:Fukuneko:20181029182418j:image

 

とても人なつくて優しい子でした。

かわいいなあ。


f:id:Fukuneko:20181029182424j:image

 

ヤギたちもフレンドリー。

たぶんエサをもっていると思われたのかもしれない。

 

f:id:Fukuneko:20181029194914j:plain

 

そしてファーム一番の人気者はこの豚の赤ちゃん。

時々外を走り回るのですが、てててててと走るその姿がなんとも愛しいのです。


f:id:Fukuneko:20181029182349j:image

 

大人気でみんなにさわられていました(笑)

毛はやっぱり豚さんの毛で、赤ちゃんでも割と硬かったです。

 

カフェレストランもある

f:id:Fukuneko:20181029182739j:image

 

ファームで触れ合っていると時刻はもうお昼。

せっかくなのでここで何か食べようとカフェレストランへ。

 

ショーウインドウにあるものから選んでもいいですし、フライドポテトなどを注文することもできます。


f:id:Fukuneko:20181029182734j:image

 

注文したのはファーストインプレッションから決めていたビーフラップ!

これ、写真だと分かりづらいですがかなり大きいです。

 

包んでいるラップ生地が直径30cmくらいありそう。


f:id:Fukuneko:20181029182726j:image

 

ラップはあたためて持ってきてくれるのでほかほか。

 13ドル(1000円弱)するのですが、1本食べたらおなかいっぱい。野菜もたくさん敷いてあるのでバランスよくいただけました。

 

ファミリーでもカップルでも一人でも楽しめる

f:id:Fukuneko:20181029182545j:plain

これは一人でやるとちょっとイタイ

 

思いのほかじっくり滞在したバタフライクリーク。

キウイも見ることができて動物たちにも癒され大満足の動物園でした!

 

お得なファミリーセット券もあるし、3歳以下は無料というお子さん連れにやさしい動物園です。

オークランド空港近くで時間をつぶしたい時にはうってつけの場所だと思います^^

歩いても行けますが、空港からの無料シャトルバスもありますので機会があったらぜひ行ってみてください♪

 

www.butterflycreek.co.nz