世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

機内食が美味しいタイ航空でチェンライへ!バンコク経由で9時間半

タイ北部の都市チェンマイ。

 

バンコクに次ぐタイ第二の都市でもあります。

 

 

タイのチェンマイってどんなとこ?

f:id:Fukuneko:20160927184405j:image

 

チェンマイはタイの「地球の歩き方」にも数ページしか情報がないような街。

 

f:id:Fukuneko:20160919180722j:image

今も残る城壁の跡

 

正方形のお濠に囲まれた旧市街、そして新興エリアの古さと新しさを兼ね備えています。

 

タイの中でも北部に位置し、バンコクより過ごしやすい気候。

近年では人気が高まり、セミリタイア組やカフェ好きの間では密かに人気の街でもあります。

 

日本からチェンライへの所要時間

東京からチェンマイまでの所要時間は約9時間半(バンコク経由の場合)。

 

ちぇまいには国際空港があり、台北経由や香港経由も飛んでいます。

 

日本との直行便は今のところありません(特別便の運航は年1回程度ある場合も)。

 

現在チェンマイ第二の新しい空港を建設中。

 

これからますます発展が気になる都市です。

 

持って行ったもの 

まずはパスポート、海外旅行保険証、お金(円とバーツ)の3種の神器。

 

これらと以下のものを35L登山ザックにつめて行きました。

 

・着替え(ガウチョっぽいゆるパンツ×1、Tシャツ系×2、靴下×2、薄手のパーカー)

・使い捨て下着(ダイソーの不織布のやつ)

・ハンガー(洗濯もの干すため)

・カメラ

・スマートフォン

・タブレットPC

・上記に付随する充電器、ケーブル類

・タオル1枚

・絆創膏

・常備薬(ロキソニン)

・色ペン、ミニスケッチブック(絵を描きたい)

 

コンセントは日本と同じ形状でそのまま使えます。

 

220Vなので製品の仕様に100V〜240Vとか書いてあれば問題ないです。なんか不安なささり方しますがいけます。

 

最近の家電はだいたい大丈夫っぽいですね。

 

そのまま差せるのですが、一応こんな感じの変換アダプタを持ってきました。

 

f:id:Fukuneko:20160918230609j:image

 

一個あると電源プラスUSBで2つ充電できるので便利です。

 

2000円前後で買えます。

 

カメラはミラーレス一眼を持って行きました。

 

タイの現地通貨はバーツ。

だいたい1バーツ3.3~3.8円くらい(上り中)。

 

両替は出発前に吉祥寺でしていきました。

 

おすすめは航空券とホテルだけの予約

f:id:Fukuneko:20160918192811j:image

案内板の彩りがすでにタイ

 

私たちの利用便はタイ国際航空でした。

 

チェンマイへの旅行は、航空券とホテルだけのツアーか、自分で飛行機と宿を確保する気ままな過ごし方がおすすめ。 安くチケットを手配するには次のような方法があります。 航空券と宿をセットで予約すると安くなるエクスペディアを使う エアトリなどで格安航空券を探し、ホテルはagodaで予約する

 

 

タイ航空の機内は足元にゆとりがあってよかったです。

 

f:id:Fukuneko:20160918192227j:image

きれいだなあ

 

出発して少しすると、お昼ごはんが運ばれてきました。 

チャーリーとチョコレート工場に出てくるウンパルンパに似ている客室乗務員の方が、

 

f:id:Fukuneko:20160918225539p:plain

「2 choices, タイ、ノテリヤキ、サカナ、fishのタイネ、and beef green curry」

 

と説明してくださいました。

グリーンカレー好きのふくねこは心の中でガッツポーズ。

 f:id:Fukuneko:20160918192248j:image

全景。牛肉たっぷり

 

f:id:Fukuneko:20160918192301j:image

近景。ごはんもおいしい

 

機内食はタイ(しゃれ?)の照り焼きとグリーンカレーが選べました。

ついてた茶そばもチキンサラダも、パンとケーキも美味しかったです。

 

バンコクで入国審査を済ませ、国内線へ乗り継ぎます。

入国カードが出国カードとつながっていて(左側が入国カード、右側が出国カード)、入国時に両方記入して出す方式でした。

帰りの便名がまだ分からず空欄にしましたが大丈夫でした。

 

乗り継ぎの場所は「Transfer」「Chaing Mai」の文字で認識。

乗り継ぎの人々には突然寄ってきた係の方に胸にシール貼られたんですが、荷物の扱いを知らせる何かの目印のようでした。

 

バンコクーチェンマイ便もそこそこ大きい機体で、シートにモニターもついてました。

 f:id:Fukuneko:20160918192339j:image

これで離陸と着陸を見るのが好き

 

あと、1時間くらいしか乗らないのに軽食が出ました。

ほかほか。

f:id:Fukuneko:20160918192359j:image

f:id:Fukuneko:20160918192412j:image

これすごく好きだ

 

グリーンカレーのトルティーヤで、空腹にこれはありがたかったです。飛行機乗ってただけなのに・・・それでもお腹は減るから不思議。

 

いよいよチェンマイ 

f:id:Fukuneko:20160918192449j:image

国際空港だけど滑走路1本

 

ほどなくして チェンマイ国際空港に着陸。

 

荷物を受け取って送迎の方を探・・・すぐ見つけました。

カタカナで我々のフルネームを描いた紙をもっていただいていて、すごくわかりやすかったです。

 

「本当に送迎の人か確認するまでは着いていってはだめだ、ちゃんと確認してから車に乗るんだ」

 

そんな風に厳戒態勢を貫いていた夫も、特に何も言わずにご挨拶していました。

そのくらい安心感のある分かりやすさでした。

 

f:id:Fukuneko:20160918231347j:image

到着したときの夕日が神々しかった

 

送迎の方は日本語も上手で、おすすめのコーヒー店やホテル周辺の飲食店事情など、チェンマイのことをいろいろ教えてくださいました。

 

チェンマイ(タイ自体?)には日本の製品が多く、確かによく目にしました。

あとセブンイレブンがいっぱいあります。

 

KFCもSUBWAYもあり、便利で暮らしやすい街です^^

 

チェンマイの交通事情

 f:id:Fukuneko:20160919200913j:image

バイクが多い

 

ここでチェンマイの交通事情を。

車線は日本と同じ左側通行です。車、バイク、トゥクトゥクもビュンビュン走ってます。道路を渡るときは、基本的に自分の判断で行けるときに渡ります。

最初はなかなか渡れませんでしたが、だんだんタイミングがつかめてきました。なんか「見える」瞬間があるのです。

 

f:id:Fukuneko:20160919201006j:image

信号があっても周り見ないと轢かれる

 

横断歩道もあるにはありますが、存在意義があまり感じられませんでした。時々ドライバーが手で合図して「行け行け」ってしてくれる時もあります。

 

そんな感じで周辺に注意しながら歩きます。

 

f:id:Fukuneko:20160919180738j:image

読めないけど寺院だと思う

 

f:id:Fukuneko:20160919181008j:image

お釈迦さまがいらっしゃった

 

入っていいのかドキドキしながら拝観させていただきました。

 

f:id:Fukuneko:20160919181020j:image

白い象と門

 

f:id:Fukuneko:20160919180805j:image

謎の動物たちがお出迎え

 

Lok Moleeという寺院のようです。 

お濠の外北側、真ん中らへんに位置しています。寺院の中では大きい方っぽい。

 

 f:id:Fukuneko:20160919180842j:image

晴れてるとこんな感じ

 

チェンマイ情報は随時アップデートしていきます!