世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ベネチア観光は橋と水路と船と猫(世界の猫探し81~83匹目)

f:id:Fukuneko:20171002020418j:image

ベネチアらしい風景

 

引き続き猫を探しながらベネチア観光です。

 

初めに申し上げておきますが、この記事はただただ風景と猫を載せているだけでこれといって有用な情報はありません。

 

最近気にしてるGoogle先生の評価もよくないかもしれません。

 

でもいいんです。

ブログだから。

 

謎の金の棒、現る

f:id:Fukuneko:20171002020441j:image

金の延べ棒

 

ベネチア歩きを始めて間もなく、謎の金の塔というか棒が立っているのを見付けました。

 

これは…フィンガーチョコレート!?

 

フィンガーチョコレート(カバヤ食品)という金と銀の紙に包まれたチョココーティングされた軽めのビスケットが子供のころ好きでした。

中身も好きでしたが外側の銀紙、金紙を丸めて玉にするのがすごく好きでした。

 

あの金の棒が何かは結局分からず。

 

橋から運河を見てみよう

f:id:Fukuneko:20171002020514j:image

あっちも

 

ベネチアの街は大運河(グランド・カナル)と呼ばれる大きな運河と小さな水路で張り巡らされています。

 

f:id:Fukuneko:20171002020531j:image

こっちも

 

ベネチア島内の運搬や公共交通はこの大小の運河がメインとなります。

 

と言っても水上バス(ヴァポレット)は高いし遅いしであまり使わないので、実質の観光は徒歩がメインです。

 

f:id:Fukuneko:20171002021732j:image

船だらけ

 

そして運河にはものすごく船が多いです!

 

タクシーも水上タクシーがあったりして、水路が道路と同じようになっていました。

 

f:id:Fukuneko:20171002021745j:image

大きめの船が通る大運河は橋も大変

 

前にも書きましたが、その川を渡るためには橋を渡る必要があります。

 

船が通るのでけっこう登らないといけない。

移動はなかなか大変です。

 

f:id:Fukuneko:20171002021520j:image

景色がいいところは人が集まる

 

橋から景色を見ていると人だけでなく荷物を載せた船もよく見ます。

 

島内は細い道が多いので、車が一台もありませんでした。

(ベネチア本島内は入れないそう。)

 

本当に船が車代わりなんですね。

 

f:id:Fukuneko:20171002021530j:image

船着き場もたくさん

 

ベネチアがロマンチックな街なのは、車がないからなのかなあとも思いました。

 

船の排気ガスがあるので空気はそこまできれいな感じはしませんでした。笑

 

f:id:Fukuneko:20171002021717j:image

なんか撮りたくなる

 

街歩き、そして猫

f:id:Fukuneko:20171002020540j:image

何だろう?と思ったら

 

運河も見慣れてきたところで陸地へ。

 

人が入っていく建物があり、興味本位で寄ってみました。

 

f:id:Fukuneko:20171002020553j:image

コンサートホールでした

 

入って見たらコンサート用の建物でした。

チケットも売っていて、29ユーロ~というリーズナブルさ。

 

日にちが合えば行ってみたかった…。

 

そういえばイタリアは「耳をすませば」で天沢聖司くんがクレモーナにバイオリン製作の学校に行くと言っていたように、バイオリンの国。

 

ベネチアの街中にもバイオリンやビオラ、チェロなどの弦楽器を展示している施設がいくつかあり、見ているだけでも素敵でした。

 

f:id:Fukuneko:20171002020607j:image

教会は有料

 

そして、ベローナもそうでしたがベネチアもだいたいの教会が有料の場所が多かったです。

 

まあ、日本の有名観光地の神社仏閣でも拝観料要りますもんね…。

 

f:id:Fukuneko:20171002030941j:plain

イタリアはこういうタイプがやはり多い

 

なので教会は主に外観のみです。

 

そして、ベネチアの街中にも猫が居ました!

 

f:id:Fukuneko:20171002020624j:image

81:白いショートソックスさん

 

ふと、道を歩いていると前方にどこからともなく猫が現れました。

 

ててててっと近寄ってきて「おおお」と思ったら横をすり抜けて走り去ってしまいました…。

 

f:id:Fukuneko:20171002020632j:image

瞬く間に一番奥まで

 

細い道に入り突き当りのお家の窓へ。

 

ふくねこたちも追いかけます←。

 

f:id:Fukuneko:20171002020647j:image

 

猫さんはお家に入れなかったらしく、また降りてきました。

 

首輪があったので飼い猫さんのようです。

 

f:id:Fukuneko:20171002020650j:image

 

こいつらは危害を与えなそうだ、と思ってくれたのか、今度はゆっくり横を歩いて行きました。

 

この後窓を閉められた音が。笑

 

f:id:Fukuneko:20171002020708j:image

いい背中ですね

 

猫さんはしばらく道端で物思いにふけったあと、またどこかへと歩いてゆきました。

 

いいなあ。猫になりたい。

 

f:id:Fukuneko:20171002020718j:image

鳩も撮って欲しいって

 

その後も大小の橋を越えて街歩き。 

 

f:id:Fukuneko:20171002020733j:image

こんなところにアザラシ

 

こういういたずら、好きです。 

 

f:id:Fukuneko:20171002021507j:image

映画の中に出てくる小物だ

 

そしてさすがイタリア。

街中にはおしゃれで使うのがもったいないようなアイテムが色々と売っていました。

 

本当にこういうの日常的に使うの?

インテリアじゃなくて?

 

f:id:Fukuneko:20171002021535j:image

ティファニーも知ってる

 

そして再び見つけました。

猫さんです。

 

f:id:Fukuneko:20171002021851j:image

82:看板猫?

 

このラテのような色味のコはお食事中でした。

 

写真を撮っている間、こちらに目線をくれました。

撮影が終わると再びカリカリ(食事)に。

 

ありがとうございます。

 

f:id:Fukuneko:20171002022027j:image

83:なぜその体勢

 

さらに進むとまた猫さんが。

 

こおはペットグッズのお店でした。

 

開けてもらうのを待っているのか、ごはん待ちなのか。

 

f:id:Fukuneko:20171002022038j:image

前足のストレッチ

 

この後小型犬に吠えられていましたが、猫のプライドに掛けて一歩も引きませんでした。

 

ベネチアは猫もかっこいいぞ。

 

細い水路にあふれるロマン

f:id:Fukuneko:20171002021546j:image

ゴンドラが待機

 

突然ですが、ふくねこがベネチアという場所について知ったのは「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」から。

 

少年ジャンプに連載されていた、40年も続いてアニメ化もされた大ヒット少年漫画です。

 

f:id:Fukuneko:20171002021559j:image

どこを撮っても絵になる

 

その漫画のとある回で主人公の両さん(両津勘吉)と部長がヨーロッパ旅行に行くのですが、ベネチアの回を特によく覚えています。

 

f:id:Fukuneko:20171002021752j:image

救急車もボートらしい

 

その中では両さんが現地のゴンドラの運転手(ゴンドーリエ)に成りすましてお金を稼いだりするというお話も。

 

f:id:Fukuneko:20171002020758j:image

 

実際にベネチアを訪れたとき、お客さんを乗せたゴンドラはそんなに多くは見かけませんでした。

 

不景気ですかね。

 

f:id:Fukuneko:20171002020821j:image

ゴンドラたくさん

 

そのお話の中では両さんと部長は水上タクシーを使っていました。

 

リッチだ。さすが部長!

 

f:id:Fukuneko:20171002021812j:image

いつかは沈むかもしれない街

 

そんなベネチアも、地球温暖化による海水面の上昇の影響を受けています。

※海水面の上昇については諸説あります。

 

漫画の中でも、「年々少しずつ沈んでいる」という話題がありました。

 

f:id:Fukuneko:20171002021950j:image

 

そのことを思い出して、ちょっと切なくなりました。

 

f:id:Fukuneko:20171002021956j:image

 

2012年の大雨のときは街の7割が沈んだそうで、住むには大変な場所なんだろうなあ。

 

再び陸地へ

f:id:Fukuneko:20171002021941j:image

ベネチアならでは

 

続いて、ふたたび陸地に目を向けます。

 

f:id:Fukuneko:20171002021628j:image

時計塔で時間が分かる(ずれてることもある)

 

お腹が空いたので食べものを探します。

 

歩いているとピザやフォッカッチャ、パニーニサンドイッチのお店がたくさんあります。

 

困ったことに、どれも美味しそうなのです。

 

f:id:Fukuneko:20171002021642j:image

トマトとチーズはテッパン

 

写真のようなロールが平均価格4~5ユーロのところ、たまたま3.5ユーロのお店を見つけたのでそこで買いました。

 

食べる前に温めてもらえます。

 

イタリアはチーズとトマトが入ったものが美味しい。

 

f:id:Fukuneko:20171002021656j:image

 

他にもこんな教会や、

 

f:id:Fukuneko:20171002020750j:image

 

装飾が見事な教会もありました。

 

f:id:Fukuneko:20171002020804j:image

 

あと写真のとおりベネチア、人が多かったです。

 

9月末。まだまだ観光シーズン真っ盛りでした。

 

細道コレクション

f:id:Fukuneko:20171002021840j:image

石畳とレンガ

 

建物を建てられる面積が限られるベネチアの街は、建物と建物の間が近いです。

 

ゆえに細い道がたくさんあります。

本当に狭いところだとすれ違うのにも少し身を引かないといけないような場所も。

 

f:id:Fukuneko:20171002021448j:image

ジャッキー・チェンなら飛び移れる

 

窓もかっこいいのでついつい撮りたくなります。

 

f:id:Fukuneko:20171002022007j:image

同じようで違う道

 

気付いたら同じような細道が何枚も。

 

f:id:Fukuneko:20171002022017j:image

日光は入らないだろうな 

 

ただこういう細い道は夜はひったくりや強盗などの犯罪も起きやすいそうなので、夜間は避け、広くて人通りの多い道を歩きましょう。

(by地球の歩き方)

 

f:id:Fukuneko:20171002020829j:image

広いところは広い

 

次は正面の教会とタワーに登ります。