世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

2017年7月〜2018年1月まで夫婦で世界一周。猫との暮らしを夢見る日々。

藤野からの陣馬山登山(陣馬〜高尾山縦走)|電車だけで行ける東京近郊登山

東京近郊で富士山が見えて気軽に登山を楽しめる人気の山、陣馬山。

広々とした山頂にはお茶屋さんも多く、登山初心者の方も高尾山への縦走をする方も楽しめる山です。

 

今回は交通費節約コースとして電車のみでJR藤野駅から高尾駅まで縦走してきました!

 

もくじ

 

藤野駅から陣馬山登山口へ

f:id:Fukuneko:20180505205623j:image

 

まずは中央線に揺られ藤野駅へ。 

吉祥寺から1時間ちょっとで着きました。

 

ここから陣馬登山口までは約2km、徒歩30分ほどです。

バスを利用すると約6分ですが、今回は歩きます。

 

駅を出るとすぐに「←陣馬山徒歩」という看板があるのでその通りに左手へ。

中央線を左手に見ながら線路沿いに進むと踏切があるのでそこを渡ります。

 

f:id:Fukuneko:20180505205630j:image

線路を渡るとトンネルがあるので注意して通ります。

 

f:id:Fukuneko:20180505205641j:image

 

そのまま県道522号を道なりに。

最初は川を右手に進みますが、1kmちょっと歩くと橋を渡り川が左手になります。

 

f:id:Fukuneko:20180505205654j:image

 

2車線の道路を進んでいくと、「陣馬登山口」のバス停があります。

バスの時間が合うようであればここまでバスで来るのもありですね。

ちなみに藤野駅からここまでの間にコンビニはありませんのでご注意ください(自販機はあります)。

 

登山口の入口はバス停から100mほど先にある道を右に曲がったところです。

 

f:id:Fukuneko:20180505210205j:image

 

入口にはこんな立派な石碑もあります。

ちなみにまがらずに県道をまっすぐ進むと観光用の公衆トイレがあるので心配な方は済ませておくと良いでしょう。

 

陣馬山のおすすめ登山コース

f:id:Fukuneko:20180505210210j:image

 

登山口には登山コースの案内もあります。

 

・一ノ尾尾根:おそらく一番人気。登り1時間40分、下り1時間20分。

・栃谷尾根 :陣馬の湯経由。登り1時間50分、下り1時間20分。

・ナラコ尾根:奈良子峠経由。登り2時間05分、下り1時間55分。

・和田峠  :和田峠経由。峠から登り30分、下り20分。

 

以前、陣馬高原下から和田峠経由で登ったことがあるのですが、和田峠までは車道を歩きます。

和田峠から陣馬山はあっけなく着きました。

山道が苦手な方は和田峠コースがいいかもしれません(え)。

 

f:id:Fukuneko:20180505210220j:image

 

陣馬山だけの登山なら一ノ尾尾根から登り栃谷尾根を下って陣馬の湯に立ち寄って帰るルートがテッパンですね。

 

今回も王道の一ノ尾尾根から登ってみます。

 

f:id:Fukuneko:20180505210232j:image

 

登山開始!と言ってもはじめはこんな舗装路が続きます。

 

民家も時々あり、ここで生活をしていることをしみじみすごいなあと思いながら登っていました。

5月でも日差しが暑い!サングラスを持って行ってよかったです。

 

本格的な登山道へ

f:id:Fukuneko:20180505210239j:image

 

この「いしい農園」さんが見えたら舗装路がそろそろ終わり。

100分の標識があった分岐からここまで5分ほどでした。

※ふくねこは比較的健脚らしいです。

 

f:id:Fukuneko:20180505210300j:image

 

その先から舗装路がなくなり、いよいよ登山道へ。

 

f:id:Fukuneko:20180505210404j:image

 

ここから4km。

まだまだありますね。

 

登山道はよく整備されているので歩きやすいです。

 

f:id:Fukuneko:20180505210418j:image

 

ゴールデンウィークでもっと人が多いかと思いましたが、そうでもありませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20180505210517j:image

 

さくらんんぼの枝が落ちていました。

食べたかったけど万が一菌とか付いていることを懸念してがまん。

※そもそも山の物は勝手にとってはいけません。

 

食べたかったなぁ、さくらんぼ…。

 

巻き道も有効活用

f:id:Fukuneko:20180505210526j:image

 

登山をしているとこんな分かれ道が時々あります。

登山経験者の方はご存知かと思いますが、「巻き道」という登りを避けて通るルートです。トラバースとも言いますね。

 

陣馬山はトラバースしなくてもあまりきつくないので、好きな方を選んでいいと思います。

 

f:id:Fukuneko:20180505210618j:image

 

新緑の季節は緑がまぶしいですね。

 

f:id:Fukuneko:20180505210654j:image

 

標識がところどころにあるのでありがたいです。

分岐からここまで25分。

 

f:id:Fukuneko:20180505210702j:image

 

この季節はお花も楽しめます。

 

f:id:Fukuneko:20180505210809j:image

 

途中、「めおと坂」なるルートが。

ここからの登りは壮絶だろうなというすごい傾斜でした。

 

f:id:Fukuneko:20180505210817j:image

 

あと2km!

ここまで45分。

 

f:id:Fukuneko:20180505210836j:image

 

木漏れ日の間を進みます。

気持ちいい道です。

 

f:id:Fukuneko:20180505210847j:image

 

あと1.5km。

「陣馬山100分」の標識から約60分経過。そこそこいいペース。

 

f:id:Fukuneko:20180505210859j:image

 

緑のトンネルを進んでいきます。

尾根からの眺望はないけれど、終始緑に囲まれるルートです。

 

最後の登り!!

f:id:Fukuneko:20180505210908j:image

 

あと700mのところまで来ました。

ここで74分。さいごのひと踏ん張りです。

 

f:id:Fukuneko:20180505210916j:image

 

先ほどの標識から10分ほどで現れる階段。

ここを上れば山頂です!

 

f:id:Fukuneko:20180505210951j:image

 

登り続けること5分、山頂らしき光景が!

この瞬間はいつも心が変なテンションで満たされます。

 

f:id:Fukuneko:20180505211010j:image

 

ここまできてようやく視界が開けました。

山の上から見渡す山々。

登ってきたからこそ得られる光景ですね。

 

タイムは休憩込みで1時間30分でした。

 

山頂はお茶屋さんが多い

f:id:Fukuneko:20180505211018j:image

 

ところでこの陣馬山、山頂が開けていることもあり、お茶屋さんが多いうえにメニューが充実しています。

 

f:id:Fukuneko:20180505211035j:image

f:id:Fukuneko:20180505211043j:image

 

山の上とは思えない光景ですね(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20180505211102j:image

 

和田峠からだと700m。

近いです。

 

f:id:Fukuneko:20180505211119j:image

 

こちらは別のお茶屋さん。

 

f:id:Fukuneko:20180505211111j:image

 

おつまみ付きのビールを売っているお店も。

猫のイラストがかわいかったです。

 

f:id:Fukuneko:20180505211127j:image

 

少し下にもお茶屋さんがありました。

賑わっています^^

 

陣馬山と言えばこれ

f:id:Fukuneko:20180505211308j:image

 

そして陣馬山と言えば山頂のこれ!

白馬の像が立っているのです。

 

冬は真っ白な雪に覆われるのでその姿も美しいと人気のスポット。 

 

f:id:Fukuneko:20180505211145j:image

山盛りすぎて崩れた

 

そして山頂で食べるかき氷。

有名かどうかは分かりませんが、400円で山盛りのかき氷を作ってくれます。

 

なので個人的に今名物と決めました。

 

f:id:Fukuneko:20180505211203j:image

 

これは確実に名物の陣馬山からの富士山。

春は視界がよくないことが多いのですが、雨がちょっと前に降ったこともあり、この日はきれいな富士山が拝めました。

 

f:id:Fukuneko:20180505211207j:image

盛りなおした 

 

熱くなった体に、ふんわり冷たいかき氷がこのうえなく美味しかったです。

 

いままで食べたかき氷の中で一番美味しかったと言っても過言ではない。美味しさは味だけじゃなくシチュエーションも大事ということを身をもって体験しました。 

 

しかも400円。

高尾山口駅近くのかき氷より安い。こっちは山頂なのに。

 

f:id:Fukuneko:20180505211334j:image

 

かき氷で身も心も満たされたところで、ここから景信山、小仏峠を経由して高尾山まで縦走します!

 

数年ぶりの陣馬ー高尾縦走。

巻き道を使わないと決め、いざスタートです。

 

(続く)