世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

平成の思い出・ドラクエ5編

f:id:Fukuneko:20190115173904p:plain

どうしてもフローラで続けられませんでした

 

不朽の名作ドラゴンクエスト5

ドラクエ天空シリーズの最終章、天空の花嫁。

幼少期に父と冒険をするところから始まり、少年時代、青年時代、結婚、さらには父となり子供と旅をするという盛りだくさんなストーリー。

 

名作の多いドラクエシリーズの中で一番好きな作品です。

 

ドラクエ5をプレイした人の中で必ずと言っていいほど議論になるのが「花嫁誰にするか問題」。

 

スーファミ版のドラクエ5では幼少期にビアンカという女の子と出会い、一緒にこっそり冒険をするイベントがあります。

ビアンカとは一時別れ、主人公のストーリーのみが展開。

 

その後主人公はある街で大富豪の令嬢フローラと出会い、結婚話が持ち上がります。

アイテムを手に入れるイベントの中で主人公はビアンカと再会。

主人公とビアンカは再び一緒に冒険することになり、フローラとも対面することになります。

 

アイテムを入手し、フローラと主人公の結婚はほぼ決まったような状況。

しかし育ちのいいフローラはビアンカの存在をないがしろにせず自ら主人公に選択肢を与えるのです。

  

ここはやっぱりビアンカでしょう!

 

うちの兄は「フローラの方が使える」という理由でフローラにしていました。

 

私も2周目のプレイではフローラにしてみたのですが、どーーーしても納得できず冒険の書を作り直しました。

 

残されたビアンカが不憫で不憫で…。

主人公と結婚できなくてもフローラにはアンディがいるし。

 

みんなを幸せにするためにもう一度初めからプレイしました。

 

たぶん私のストーリーへの固執は小説版のドラクエ5を読んだからかもしれません。

 

久美沙織先生が小説化した作品で、ピエールがいい役してるんです…!!

 

少年時代の絵がかわいい(イラストはいのまたむつみ先生)。

ビアンカとのドキドキの場面も…!

 

子供たち目線も小説ならでは。

 

画像はAmazonから拝借。

楽天→【中古】 小説 ドラゴンクエスト5 (1) / 久美 沙織 / エニックス [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

 

リメイク版では第3の花嫁候補として「デボラ」というフローラのお姉さんがいるようですね。

ツンツンキャラで一部のファンに熱狂的な人気があるとか。

 

DSでもパッケージはビアンカ

 

またドラクエ5がやりたくなってきました。