世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

オーストリアでの宿泊におすすめの格安ホテルは「MEININGER(マイニンガー)ホテル」!

f:id:Fukuneko:20170921025837j:image

 

オーストリアはホテルもホステルもお値段が高かったです。

 

1ヶ月くらい前に予約すれば比較的安いようですが、そんな先のことは分からない。

 

そんな我々の味方をしてくれたのが「MEININGER HOTEL(マイニンガーホテル)」でした。

 

ウィーンで2泊、ザルツブルク2泊。

両方泊まってきました。

 

ウィーンのマイニンガー

f:id:Fukuneko:20170921025906j:image

「M」マークがモンスターズインクっぽい

 

まずはウィーンのマイニンガーです。

 

もともと一泊だったのですが、良かったので2泊にしてもらいました。

 

SchottenringというメトロU2ラインの駅から徒歩10分くらいです。

U2ラインは長距離バスが止まるStadionという駅と一本で行けるので便利。

 

f:id:Fukuneko:20170921025928j:image

生活できる

 

グラウンド階のキッチンエリアには電子レンジ、冷蔵庫の他、洗濯機と乾燥機もありました。

 

ただちょっと狭いので誰かが使っていると使いづらいです。

 

ここで買ってきたバケットサンドを温めて食べました。

スーパーが近くにあって、パンや牛乳などの食品から日用品まで手に入れられます。

 

f:id:Fukuneko:20170921025937j:image

 

部屋のナンバリングが面白くて、ホログラフ(合ってますか)になっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170921025947j:image

 

見る方向が変わると写真が変わります。

無駄に凝っている。

 

f:id:Fukuneko:20170921030002j:image

ベッドは合体型

 

このマイニンガーホテルはドミトリーもある宿で、部屋はシンプルですが長期滞在しやすいような設備になっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170921030022j:image

 

枕元にはコンセントもあって、枕元でスマホを充電できます。

 

f:id:Fukuneko:20170921030033j:image

 

デスクとイスもあります。

 

ミニマリストの1人暮らしの部屋のようだ。

 

f:id:Fukuneko:20170921030107j:image

 

このハンガーフックが可愛かったです。

 

もしアパート経営をすることがあったら取り入れたいデザイン。

 

f:id:Fukuneko:20170921030119j:image

 

バスルームにはドライヤーもあって、洗面台も栓ができて手洗い洗濯ができるタイプのシンクでした。

 

洗濯機(&乾燥機)は5ユーロと書いてあったので使わず。

 

f:id:Fukuneko:20170921030133j:image

ドイツ圏でよく見るタイプのヘア&ボディ洗浄剤

 

シャワーも仕切られていて、快適なお湯具合でした。

 

他のホテルが1万5千円くらいする中、ここは1万円くらいで泊まれたので助かりました。

 

朝食は別途6.9€です。

だいたいの内容は以下。

・パン(スライス、食事系のハードな丸パン)

・ヨーグルト2種

・シリアル数種

・ゆで卵

・野菜(トマト、キュウリ、パプリカ)

・チーズ(ゴーダ、チェダー)

・ハム(サラミとか4種類くらい)

・リンゴ(丸ごと)

・缶詰フルーツっぽいの(桃、パイン)

・ジャム、はちみつ、バター、チョコペースト

・クリームチーズ2種

 

毎日同じでしたが自分でサンドイッチにして楽しんでいました。

1日目はゆで卵がなかったけど2日目は登場したので気付かなかっただけかも。

 

ザルツブルクのマイニンガー

f:id:Fukuneko:20170921030215j:image

ちょっと中心地から遠かった

 

続いてザルツブルクのマイニンガーです。

 

こちらはザルツブルク中央駅から歩いて40分くらいかかりました。

 

f:id:Fukuneko:20170921030225j:image

さすがモーツァルトの街

 

こちらも内装がなかなか凝っていました。

 

ピアノなどの楽器もあって、生演奏のライブあるみたいです。

 

f:id:Fukuneko:20170921030236j:image

 

ザルツブルクのマイニンガーはエレベーターがカードキーを使わないと動かないタイプでした。

 

エレベーターがレセプションから少し離れているためか、セキュリティがしっかりしてます。

 

建物の造りがおもしろくて、廊下がゆるくカーブしていました。

 

f:id:Fukuneko:20170921030250j:image

よく見たらモーツァルト

 

部屋番号の表示もデザイン性が高かったです。

 

それゆえ読みづらかったです。

だからだと思いますが、違う部屋の人が開けようとしたらしく「ピー」と何回かエラー音が聞こえてきました。

 

f:id:Fukuneko:20170921030301j:image

赤のチェックがかわいい

 

部屋はシンプルでかわいらしい部屋でした。

証明も素敵。

 

f:id:Fukuneko:20170921030338j:image

 

おそらくトリプル使いもできるようになっているのか、ソファーベッドもありました。

 

こちらも枕元のコンセントはばっちり。

若者向けなのか、ヤングのニーズをリフレクトしています(横文字使ってそれっぽく言ってみた)。

 

f:id:Fukuneko:20170921030316j:image

 

テーブルは小さめですが、あまり使いませんでした。

小さくて問題なし。

 

f:id:Fukuneko:20170921030413j:image

 

こちらもバスルームはシャワー室孤立型。

 

3段構えのスライド扉がちょっと甘く、ちゃんと合わせないと隙間からお湯が飛び跳ねてしまいました。

 

f:id:Fukuneko:20170921030420j:image

シャンプー兼ボディソープは一緒

 

あと、シャワーヘッドから出るお湯穴が少なく、勢いよく出すと強く当たってきます。

 

そこだけ気を付ければ快適なシャワータイムです。

 

f:id:Fukuneko:20170921030428j:image

ハンドソープの垂れが気になる

 

洗面も同じタイプ。

 

ただそういえばこちらはウィーンにはあったプラコップが置いてありませんでした。

あとボディタオルも置いていませんでした(バスタオルはあり)。

 

たまたまなのかそういう部屋だったのか。

真相は闇の中です。

 

f:id:Fukuneko:20170921030607j:image

部屋から山が見えてうれしい

 

ちなみに朝食はウィーンと一緒だったので1日だけにしました。

 

毎日はさすがに飽きますわー。

こちらはゆで卵とパプリカはなかったです。

 

マイニンガー、おすすめです

f:id:Fukuneko:20170921030451j:image

「俺みたいになってるよ」と撮られた1枚

 

オーストリアのマイニンガー2軒に泊まってみましたが、多少差があれどもどちらも一定のクオリティでした。

 

ロンドンやアムステルダム、ミュンヘンなどにもあるようでした。

ホテル探しの際にはトリバゴで見たりしているのですが、マイニンガーが出てきたらチェックしていこうと思います。 

 

ウィーンからザルツブルクまではウェストバーン鉄道が安くて早いのでおすすめ

2泊3日のウィーン滞在を終え、オーストリア西の都ザルツブルクへ。

 

ウィーンからザルツブルクへの移動は鉄道を利用しました。

 

安いバスも探したけど、よく分からなかったし時間と料金を見てウェストバーン鉄道一択で。

 

ウィーン国鉄のQBBより安いし時間も変わらないのでおすすめですので、その行き方です。

 

ウェストバーンの切符の買い方

f:id:Fukuneko:20170918041807j:image

ウェストバーン鉄道のスマホ画面 

 

ウェストバーン鉄道のチケットはホームページから購入しました。

 

公式HPのこちら↓で購入できます。

westbahn.at

(英語かドイツ語)

 

英語表記にすれば購入は難しくありませんでした。

 

ちなみにドイツ語では「from=von」「to=nach」です。

 

これが分かると駅とかトラム、バス停でも便利。

 

予約時には1等、2等席や席の予約などを選ぶところもありますが(追加料金)、始発だし座れるでしょ、と席の予約はせず。

 

予約するとその列車に乗らないといけないので面倒ですしね。

 

f:id:Fukuneko:20170918041349j:image

Eチケットは印刷なしでOK

 

料金は大人一人26.5€。

この時のレートで3550円くらい。

 

国鉄だと倍くらいするので、国鉄の約半額で行けます。

 

チケットも印刷不要で、改札が来たらスマホなりPCなりに保存しておいたチケット(QRコード)を提示すればOK。

 

便利な世の中。ありがたやー。

 

ウィーンからのウェストバーンの乗り方

f:id:Fukuneko:20170918041759j:image

2017年9月15日時点の時刻表

 

ただ、このWestbahnはHbf(ウィーン中央駅)からは出ていません。

少し西のWestbahnhofから乗る必要があります。

 

でも地下鉄のU3とかU6が乗り入れていて、地下鉄の路線図も分かりやすいので辿り着くのは難しくないです。

 

f:id:Fukuneko:20170918041358j:image

乗り変えいっぱいある

 

ふくねこたちも地下鉄をU2からU3に乗り変えてウェストバーン駅まで来ました。

 

f:id:Fukuneko:20170918041404j:image

ここにも

 

着いてからも標識がところどころにあって分かりやすいです。

 

f:id:Fukuneko:20170918041407j:image

ここにも

 

迷わず行けました。

 

f:id:Fukuneko:20170918041419j:image

ザルツブルク行きは1時間おきくらい

 

時刻表を確認して、11:40に乗っちゃおう!ということに。

 

f:id:Fukuneko:20170918041415j:image

プラットフォームへ

 

出発まであと10分ちょい。

 

急ぎ足でえっさえっさと。

 

f:id:Fukuneko:20170918041420j:image

すぐ見つけられた

 

電車は既にホームに。

 

けっこうお客さんも乗り込んでいました。

 

2等車はどれだろうと思いながらとりあえず乗り、予約の入っていないシートへ。

 

f:id:Fukuneko:20170918041423j:image

座れた!

 

2等席っぽくて頭上の座席シートの表示(電子!)も空欄だったのでここは座れるはず…。

 

f:id:Fukuneko:20170918041429j:image

隣の列車もかっこいい

 

車掌さんが確認しにくるまでちょっとドキドキでした。

 

でも特に問題なく例の画面を2人分見せて完了。

 

あとは終点のザルツブルクまでのんびり過ごしました。

 

安くて便利なウェストバーン

f:id:Fukuneko:20170918041434j:image

到着!

 

2時間半で列車はザルツブルク中央駅に到着しました。

 

ウィーンより寒い!

 

f:id:Fukuneko:20170918041445j:image

こんな座席でした

 

ウェストバーンの存在を知らなかったら時間変わらないのに倍くらいの運賃払うとこでした。

 

旅行記を書いている皆様の情報のおかげです。

インターネットが普及してる時代でよかった。

 

f:id:Fukuneko:20170918041450j:image

この列車にもありがとう

 

同じように役立てるよう、旅の最新情報をアウトプットしていこうと思います。

 

f:id:Fukuneko:20170918041452j:image

赤いのと青いの

 

しかしこの運賃で営業してる私鉄のウェストバーンに対して国鉄のQBBは営業大丈夫なんでしょうか。

 

ただQBBは早く予約すればするほど安いらしいです。

 

とは言っても、明日明後日の宿を決めながら移動しているような旅人には、いつでも安い方ウェストバーンが使い勝手の良い移動手段でした。

 

ザルツブルクの日曜はお店が開いてない

f:id:Fukuneko:20170918041457j:image

ザルツブルク中央駅もでかい

 

ザルツブルク中央駅は思っていたより施設が充実していました。

 

モールみたいになっているし、地上フロア(たぶん)にはスーパーも。

 

この日は日曜日で街中のスーパーが閉まっていたせいか、このスーパーがかなり混んでいました。

 

f:id:Fukuneko:20170918041504j:image

自転車置き場にチャリめっちゃあった

 

ホテルに向かう途中のスーパーで食料を調達しようと思っていたのですが、ぜんぶ閉まってる…。

 

日曜日にザルツブルクでスーパーに行きたかったら駅で済ませておくとよいです。

(たまに開いてるとこもあります。)

 

モーツァルト生誕の地、ザルツブルク。

山並みもあって好きな雰囲気で散策が楽しみです。

 

ウィーンにある「世界一美しい図書館」は絶対おすすめ。そして一番はこっち!と思った話

f:id:Fukuneko:20170919044108j:plain

図書館巡りになってきた

 

プラハでは「世界一美しい図書館」と呼ばれるストラホフ修道院の図書館に行ってきました。

 

ウィーンにも「世界一美しい図書館」と言われる図書館があります。

 

「世界一」の定義って何だ。

 

そんな世界一美しい図書館の一つ、ウィーンの国立図書館に行ってきました。

 

入館料は7ユーロ

f:id:Fukuneko:20170919044115j:plain

行ってまいります

 

ここは図書館でが、入館料がかかります。

 

実用的な図書館ではなくもはやミュージアム化しています。

ヘルシンキのおしゃれな図書館は無料だったけど(書き忘れてたので他のサイトのリンク)、ここは福利厚生ではなく公開目的だから受け入れよう。

 

f:id:Fukuneko:20170919042439j:image

チケットもアーティスティック

 

日本ではこういうミュージアムになっている図書館って今まで行ったことないです。

知らないだけであるのだろうか。

 

f:id:Fukuneko:20170919042446j:image

大人1名7ユーロ

 

チケットを購入したらゲートを通って図書館の中に入れます。

 

f:id:Fukuneko:20170920070731j:plain

 

館内は写真撮影OKです。

 

でもフラッシュはダメ。

(たまに誰か注意されてた。)

 

f:id:Fukuneko:20170919043927j:plain

図書館は階段の上

 

入口から重厚感が。

 

壁の飾りも文学的な感じで素敵です。

 

図書館の概念を覆す図書館

f:id:Fukuneko:20170920070710j:plain

図書…館?

 

扉を開けて入ったこちらがその図書館です。

 

何だここは。 

 

f:id:Fukuneko:20170920065911j:plain

 

入った人はみな何らかの声を発してました。

 

ふくねこも同様に「ふぅおあー」という謎の声が。

 

f:id:Fukuneko:20170920065959j:plain

めちゃくちゃ美しい

 

f:id:Fukuneko:20170920065958j:plain

天井もすごい

 

f:id:Fukuneko:20170920070025j:plain

中心部の天井

 

本当に美しい図書館でした。

 

そして規模が大きい!!!

これは7ユーロ払ってよかった。

 

f:id:Fukuneko:20170920070041j:plain

何度でも見上げてしまう

 

1時間くらはずっとここでぼーっとできる気がします。

 

それぞれの本は手に取ることはできませんが、古めかしい本が並んでいるのを見ているだけでタイムスリップしたような気もちになります。

 

f:id:Fukuneko:20170920070057j:plain

 

何だかハリーポッターの世界に居るようでした。

 

f:id:Fukuneko:20170920070210j:plain

寄っても取りたくなる

 

石像とか絵が今にも動き出しそうです。

 

本は棚から飛び出して鳥のように羽ばたいてまた何事もなかったかのように元に戻る。

 

そんな空想をしていたら館内で主人とはぐれました(いつものこと)。

 

f:id:Fukuneko:20170920070121j:plain

この地球儀は左右に1個ずつあった

 

f:id:Fukuneko:20170920070122j:plain

撮りたくなる天井(窓付き)

 

「蹴りたい背中」という綿矢りささん作の芥川賞を受賞した小説がありますが、ここは「撮りたい天井」です。

 

f:id:Fukuneko:20170920070146j:plain

しつこいけど天井

 

ヨーロッパに来てから天井ばかり撮っています。

 

自分がこんなに天井好きだとは思いませんでした。

天井、かっこいい。

 

ここが世界一

f:id:Fukuneko:20170920070803j:plain

フリーメイソンの資料もあった

 

写真で残すと肉眼で見たときの感動が勝って色あせて見えるのですが、今見ても素晴らしかったなあと思うので、本当に見事な図書館でした。

 

「世界一」と言われる図書館は他にもあるようですが、ふくねこ史上ではここが世界一です!

 

ウィーン観光で外せないスポットとしてふくねこ印を押しておきます。

★(=^・^=)★

 

 

ウィーン観光。メイン通りを1日ぐるっと歩いて回ったおすすめの教会・公園など

f:id:Fukuneko:20170919042216j:image

招き猫もいたよ

 

ウィーン観光は2泊3日の中日を使い、1日で回ってきました。

 

きれいな公園がいくつもあったり馬車が走っていたり、街歩きも楽しめました。

1日でしたが、有名どころは抑えてこれたと思います。

 

ヴォティーフ教会

f:id:Fukuneko:20170919035900j:plain

前面は工事中だった

 

初めに訪れたのはヴォティーフ教会。

 

遠くからでも見える2つの塔が特徴的です。

 

f:id:Fukuneko:20170919035906j:plain

お邪魔いたします

 

中も外観に負けず荘厳でした。

 

とにかく天井が高い!

 

f:id:Fukuneko:20170919035912j:plain

ステンドグラスも素敵

 

曇っていたおかげで窓から差し込む光が強すぎず、いい具合にステンドグラスの絵柄を撮ることができました。

 

f:id:Fukuneko:20170919035913j:plain

こっちも

 

しかしまあ昔の人はどうやってこんなのを建てたんでしょうか。

 

中心にらせん階段を作って、だんだん高くして…。

とか?

 

f:id:Fukuneko:20170919035926j:plain

近寄ってみた

 

f:id:Fukuneko:20170919035949j:plain

パイプオルガンもでかい

 

長い長い期間を経て建てられたのだろうなあと思います。

職人技。

 

フロイトパーク

f:id:Fukuneko:20170919040227j:plain

 

ヴォティーフ教会の近くに「フロイトフロイト」の名を取った公園がありました。

 

f:id:Fukuneko:20170919040208j:plain

 

ただの広場のようですが、フロイトにちなんだ(?)オブジェなどもあります。

 

f:id:Fukuneko:20170919040212j:plain

椅子に名前が書いてあった

 

フロイトに詳しい人にとってはもしかしたら激アツスポットかもしれません。

 

(あいにく分かりませんでした。)

 

ウィーン市庁舎

f:id:Fukuneko:20170919040347j:plain

中はどうなってるんだろう

 

ヴォティーフ教会の近くにはウィーン市庁舎、国会議事堂があります。

 

f:id:Fukuneko:20170919040350j:plain

これ以上引けない

 

全体をきれいに入れたかったのですが、何やらこの前の広場でイベントの設営をしていてこれ以上下がれませんでした。

 

それほど大きくて立派な建物であるということだけはお伝えしておきます。

 

国会議事堂

f:id:Fukuneko:20170919040416j:plain

こちらはシンプルめ

 

ついでなので国会議事堂も撮っておきました。

 

撮ったら乗せたくなってしまう。

そして写真が増える。

 

ブログあるある。

 

フォルクスガーデン

f:id:Fukuneko:20170919040628j:plain

この方がずーっと撮ってた

 

国会議事堂前の広場から少し歩くと、フォルクスガーデンという広い庭園に行けます。

 

f:id:Fukuneko:20170919040631j:plain

イスがこんなに!

 

公園のサイドにはベンチがずらり。

 

これだけあればパーソナルスペースを確保してゆっくり休めます。

 

それともピーク時には埋まるくらい混むのですかね。

 

f:id:Fukuneko:20170919040643j:plain

お花と噴水

 

そしてお気付きのとおり天気があまりよろしくありませんでした。

 

雨の多いヨーロッパでこれまでほぼお天気に恵まれてきましたが、ついにヨーロッパらしい天気に恵まれました。

 

f:id:Fukuneko:20170919040655j:plain

かっこいい噴水

 

それでも出かける頃には雨が上がってくれ、歩くときは手ぶら(リュック)で歩けたのでありがたいです。

 

手ぶら最高。

 

f:id:Fukuneko:20170919040703j:plain

君たちに雨はうれしいね 

 

花壇の花々は雨を浴びてイキイキしていました。 

 

寒いけど咲くんだなあ!

 

f:id:Fukuneko:20170919040709j:plain

水冷たくてためらってる?

 

カルガモたちはちゃんと花壇の切れ目を歩いていました。

 

えらいえらい。

 

(あ、…単に歩きやすいだけでしょという声が聞こえた。)

 

ノイエ・ブルク

f:id:Fukuneko:20170919040717j:plain

広場には像の法則

 

花壇と噴水の奥にも見えていましたが、フォルクスガーデンの先にあるのが「ノイエ・ブルク」です。

 

「ブルク」はドイツ語で「お城」の意味です。

 

そしてお気づきかもしれませんが、ちょいちょい写真に写っているネイビーのリュックを背負った七分丈ジーンズの方がふくねこ主人です。

 

気付くといつも前方遠くに居て写真に写り込んでいます。

よかったら今後も探して見てください。

 

f:id:Fukuneko:20170919040731j:plain

馬に乗ってるの多い

 

像の土台ではお化粧直しをしている女性二人組が。

 

長そうだったのでそのまま撮らせていただきました。

 

f:id:Fukuneko:20170919040906j:plain

正面ももう一度どうぞ

 

使っている場所だけあって車がたくさん止まっていました。

 

この古めかしい造りの建物と近代的な車が同居している姿が何だか新鮮な感覚でした。

 

お寺や神社に車いっぱい止まっているのと同じか。

 

f:id:Fukuneko:20170919042502j:image

ノイエ・ブルクの裏側

 

裏側の公園からは後姿を拝むこともできます。

 

しつこいですが載せておきます。

 

f:id:Fukuneko:20170919042508j:image

裏もかっこいいのです

 

f:id:Fukuneko:20170919042517j:image

アップ

 

カイザー広場

f:id:Fukuneko:20170919040932j:plain

すみっこにも像

 

ノイエ・ブルクからドナウ川の方に向かって門をくぐるとカイザー広場に出ます。

 

f:id:Fukuneko:20170919040951j:plain

とりあえず撮る像 

 

この日はけっこう寒くてみんな冬着でした。

 

かと思えば半袖半ズボンの人も居たり。

 

f:id:Fukuneko:20170919041015j:plain

下に人を従えてるタイプの像

 

あと、人口比率もありますが中国語っぽい言語を話している観光客が多かったです。

 

日本人もけっこう見かけました。

というか多かったです。

 

f:id:Fukuneko:20170919041001j:plain

こんな門がいっぱいあるのです

 

ホーフブルグ宮殿

f:id:Fukuneko:20170919041033j:plain

どれもこれもでかいのです

 

こちらは宮殿とのこと。

 

「宮殿」と言われても何をしている場所かは具体的に想像できません。

 

ミハエル広場

f:id:Fukuneko:20170919041046j:plain

人が多かった

 

ホーフブルグ宮殿を抜けるとまた広場に出ました。

 

ここは馬がたくさんいました! 

 

f:id:Fukuneko:20170919041127j:plain

順番待ち 

 

この馬車は観光用っぽかったです。

 

馬が歩く時のカッポッカッポッという蹄の音が好き。

 

f:id:Fukuneko:20170919041141j:plain

この像が人気だった

 

西洋圏の像はちょいちょいこういうトップや時に男性のアンダーが露わになっている像が多いのですが、なまめかしく見えないのは芸術として完成されているからでしょうね。

 

f:id:Fukuneko:20170919041201j:plain

かっこいいと思った構図

 

この広場は人が多かったです。

 

みんな何のためにここに居るのかなと思って少し見ていましたが、写真を撮っている人が半分くらい。

何をするでもなく辺りを見ている人が4割くらい。

後は歩いてる人でした。

 

ほぼみんなスマホ持ってました。

 

ステファン大聖堂

f:id:Fukuneko:20170919041629j:plain

こちらも一部改修中

 

宮殿エリアから少し離れたところにあるのがこのステファン大聖堂です。

 

屋根の模様が今までの教会でなかった感じなので印象的でした。

 

f:id:Fukuneko:20170919041649j:plain

柱がすごい

 

こちらは柱の装飾が見事でした。

彫刻が細かい!

 

f:id:Fukuneko:20170919041713j:plain

いいタイミングで馬車来た 

 

外観も細かくて何枚も撮ってしまいました。 

 

f:id:Fukuneko:20170919042617j:image

細かい

 

f:id:Fukuneko:20170919042618j:image

どうやって造ったんだ

 

ただ、やはりこういう観光地には物乞いのおばあさんが多かったのも事実です。 

 

そういうおばあさんたちも仲間のコミュニケーションはあるらしく、街角で何かを笑顔で話しているのを発見。

 

笑顔が出るなら大丈夫だなと思いました。

 

モーツァルト・ハウス

f:id:Fukuneko:20170919041444j:plain

のだめカンタービレにも出ましたね 

 

そしてここがモーツァルトハウスです。

 

あの音楽家のモーツァルトが住んでいたウィーンの家で、ミュージアムになっています。

 

f:id:Fukuneko:20170918040436j:image

夜7時まで開いてる

 

入ろうかとも思いましたが、ザルツブルクでモーツァルトの家に行く予定だったので、こちらは節約しました。

 

なので入口だけ。

 

f:id:Fukuneko:20170919042650j:image

花壇が音符♪

 

代わりにモーツァルトの像を見てきました。

 

ノイエ・ブルクの裏、国立図書館の近くにある公園内に建っています。

 

f:id:Fukuneko:20170919042658j:image

足元には楽器も 

 

実はここ、場所をちゃんと把握せずにいたので、観光の最初の方に通った場所にもう一度やってきたのでした。 

 

ノイエ・ブルクらへんを見るついでに来ると近いです。

 

ウィーン国立劇場(オペラハウス)

f:id:Fukuneko:20170919043240j:plain

伝統を感じる

 

ここも後から気付いた場所です。

 

ホテルザッハーの 裏手通りにありました。

 

ここでオペラを聴きたかったのですが…。

諸所の事情で断念しました。

 

いつかまた聴きに来たい。

 

Stad Park(スタッドパーク)

f:id:Fukuneko:20170919043246j:plain

花壇もかわいい 

 

場所が変わって旧市街の東にある市民公園です。

 

ここにはたくさんの像があります。

 

f:id:Fukuneko:20170919043304j:plain

ヨハン・シュトラウス像

 

たぶんこの公園で一番有名なのがこのシュトラウスの像。

 

他の像とは格が違いました。

 

f:id:Fukuneko:20170919043311j:plain

誰かの像

 

こちらの方のお名前は失念しました…。

 

f:id:Fukuneko:20170919043316j:plain

 

こちらも失念。

 

ドイツ語表記で読むのがしんどかったのです。

 

f:id:Fukuneko:20170919042734j:image

ペンギンさん(像)

 

あとなぜかペンギンの像がありました。

 

ペンギン、かわいいですよね。

 

フロイト・ミュージアム

f:id:Fukuneko:20170919042148j:image

何気に朝一で行った

 

最後にフロイト・ミュージアムです。

 

ホテルから一番近い場所にあったので朝いちばんに訪れました。

 

扉を開けて中に入ると右手に階段があって、そこを昇るとフロイト・ミュージアムです。

 

f:id:Fukuneko:20170919042145j:image

階段にはメッセージ 

 

入るときもう一個ドアがあり、そこはブザーを押して開けてもらうタイプ。

 

ちょっとハードルが高い。

そして入館料も12ユーロと高かったです。

 

f:id:Fukuneko:20170919042156j:image

写真はフラッシュ撮影じゃなければOK 

 

音声ガイドが入館料に含まれていて、日本語の葉ないですが英語の音声ガイドが借りられます。

 

館内にはフロイトが使っていた帽子や杖なども保管されていました。

 

f:id:Fukuneko:20170919042203j:image

分かりにくいけどめちゃくちゃでかい 

 

特にフロイトのトランクがものすごく大きかったです。

 

どうやって持ち運んでたんだろう。

実はフロイトは力持ちだったのかもしれない。

 

(たぶんそんなんじゃない。)

 

ウィーンは見どころいっぱいだけど1日でも回れる

f:id:Fukuneko:20170919042232j:image

日本食屋さんも数件見た 

 

ウィーンは意外と歩いても回れました。

 

でも思っていたよりそれぞれが離れていました。

というかそれぞれの建物がでかい。

 

市内交通のday ticketやViennaカードなどを使うとバスも乗れてもっと楽に回れると思います。

 

実はウィーンで一番衝撃を受けたのは国立図書館でした。

図書館については次の記事をご参照くださいませ。

 

ウィーンの名店カフェ・ザッハーで超濃厚なザッハトルテ「オリジナルザッハー」を食べてきた

f:id:Fukuneko:20170918035149j:image

混んでました

 

音楽と芸術の街、ウィーン。

 

歴史ある美しい建物が残る街です。

 

そして日本にはないザッハトルテの名店「ザッハー」がある街です。

 

花より団子。

芸術よりチョコ。

 

行ってまいりました。

 

驚くほど高いわけではない

f:id:Fukuneko:20170918035154j:image

日本円を応援しよう

 

カフェザッハーはウィーンを代表する高級ホテル、「ホテルザッハー」に併設しています。

 

訪れた後また通りかかったのですが、その時も行列だったので常に行列ができているんだと思います。

 

入口にメニューがあり、価格を確認。

 

ウィンナーコーヒーっぽいのが5.9€。

オリジナルザッハー(ザッハトルテ)が6.9€。

 

高いけど目玉が飛び出るほどじゃなくて一安心。

 

服装は半ズボン以外はほぼOK

f:id:Fukuneko:20170918035159j:image

ここで待ちました

 

格式高いホテルに併設しているカフェなので、服装が心配でしたが意外とみんなカジュアルでした。

 

ただ半ズボンはNGと立札(古い言い方ですね。何て言うんだろう)に書いてありました。

 

観光地になっているから多少服があれでも入りやすかったです。

 

メニューもおしゃれ

f:id:Fukuneko:20170918035208j:image

歴史も書いてありました

 

10分か15分ほど待ったでしょうか。

思ったより回転がよく、割とすぐに入れました。

 

あとテーブルの席数で空いた席に合うグループを通しているようだったので、効率よく回しているようでした。

さすがだ。

 

テーブルには一人一冊の物々しいメニュー。

中にはメニュー以外にザッハーの歴史のようなものも書いてありました。

 

f:id:Fukuneko:20170919042030j:plain

壁も立派

 

ところで、メニューにザッハトルテではなく「オリジナルザッハー」と書かれていたことが気になった方も居るかと思います。

 

ザッハトルテ好きの方はご存知かもしれませんが、もう一つの名店「デメル」と商標権を争い、今の「オリジナルザッハー」という名前になったんだそう。

 

甘いケーキにも甘くない背景があったようです。

 

f:id:Fukuneko:20170919042040j:plain

しばし待つ

 

実はふくねこ主人は8年暗い前にも一度ウィーンに来ていて、その時は身なりが気になって入れなかったそうです。

 

8年越しのザッハトルテに胸を震わせていました。

 

濃厚×濃厚なオリジナルザッハー

f:id:Fukuneko:20170918035221j:image

それほど待たずにすぐ来た

 

お店は常に満席状態。

 

にもかかわらず我々のオーダーしたカフェラテ的なもの(読めなかった)とオリジナルザッハーが来ました。

 

主人は何やらいろいろ感動を言葉にしてつぶやいていましたが、こちらはマイペースに行かせていただきます。

 

f:id:Fukuneko:20170918035227j:image

乗ってるチョコがザッハー印

 

さすが本場というか、めちゃくちゃ濃厚なチョコケーキでした。

 

ほぼ甘くないホイップを付けるとちょうどよかったです。

 

うー美味しい。

 

大事に食べました。

乗っているチョコを食べるタイミングに迷いましたが、辿り着いたら食べる方式で行きました。

 

こんなささいなことに悩まない人間になりたい。

 

サッハー、余裕があればぜひ来店を

f:id:Fukuneko:20170918035239j:image

お手洗い前の制服クマさんズ

 

どっしりと重厚なザッハーのオリジナルザッハーは、日本では食べられないということもあり、ウィーンに来たら食べる価値があると思います。

 

デメルの方を食べていないのでどっちがいいとは言えませんが…。笑

 

ただ行列に並ぶ覚悟とそれなりの出費になるという覚悟は必要かと。

 

ショップもあったので、時間がない方はショップ利用という手もあります。

 

f:id:Fukuneko:20170918035255j:image

機敏に接客されてます

 

濃厚過ぎて食べられなかったひともいるらしいので、甘いのが苦手な方は厳しいかも。

 

右前奥に座っていたカップルの男性の方は別のメニューを頼んでいました。

 

食事メニューも美味しそうでした!

 

 

ブラチスラバからウィーンへは快適なRegioJetで1時間ちょい。到着後の移動も便利でした

f:id:Fukuneko:20170918034301j:image

ホテルから400mくらいだった

 

ブラチスラバ観光の後、お昼過ぎのバスでウィーンへ向かいました。

 

使ったのはベルリン~プラハの移動時に利用して快適だったRegioJer(レギオジェット)。

 

西のSNPターミナルにも停まるようでしたが、もちろんホテルから近いバス停発でチケットを取りました。

 

ここではウィーンの交通事情も含めて記録しています。

 

もくじ

 

ブラチスラバのバス乗り場Nivy

周りには何もないけどね

 

バスは乗る1時間くらい前にスマホかでサイトから予約してチケットを購入しました。

便利ですなあ。

 

f:id:Fukuneko:20170918034320j:image

人気は少ない

 

バスターミナルで軽食を買ってバスに乗ろうと考えていたのですが、スーパーなどのお店が軒並み閉まっている中、バスターミナルのお店も閉まっているのではないかと思いましたが、そこは首都。

 

しっかり開いていてくれました。

 

でもこのパン屋さんと写真右の小さい売店、写真にないけど青い看板の「EURO BUFFE」というお店のみでした。

 

f:id:Fukuneko:20170918034334j:image

バスが本当に来るのか不安になるレベル

 

乗り場は「16」と電光掲示板に書いてあり、下見に行ったらすぐそばでした。

 

安心したので食べ物の調達へ。

 

EURO BUFFEのバケットは作り立てでおすすめ

f:id:Fukuneko:20170918034351j:image

2€しなかった

 

先ほどのターミナル内の青い看板の「EURO BUFFE」というお店でバケットサンドを買ったのですが、なんとその場で挟んで焼いてくれるタイプのお店でした。

 

店員さんは1人なので時間はちょっとかかりますが、焼いたところがパリッとしていてすごく美味しかったです!

 

定刻15分前に乗り場に行き、バスも間もなくやってきました。

 

そして時間どおりに出発。

素晴らしい。

 

1時間ちょっとでバスはウィーンに到着しました。

短い路線だからとドリンクサービスはないかなと思いましたが、しっかり無料のホットチョコレートも飲ませていただきました^^

 

到着後の最寄りはStadion

f:id:Fukuneko:20170918034407j:image

U2ラインです

 

バスはU2ラインのStadion(スタディオン)というメトロ駅の近くに到着します。

 

ウィーンの地下鉄は乗り変えもそれなりに対応できて便利です。

 

f:id:Fukuneko:20170918034522j:image

東京を思い出した路線図

 

知らないと損をするかも?なウィーンのメトロ・トラムの乗り方

f:id:Fukuneko:20170918034528j:image

青い箱が改札

 

まずはメトロです。

ウィーンのメトロには自動改札はありません。

 

代わりに自分で切符を青い改札機に差し込んみます。

 

差し込むと「チリーン♪」という心地よい音がします^^

 

主人はこれが気に入ったらしく、2回目に使ったときに動画を取って何度も再生して楽しんでいました。

 

f:id:Fukuneko:20170918034617j:image

打刻された

 

切符は駅にある券売機でカードでも買えます。

 

他にも1日券などチケットの種類があるので、いっぱい使う予定があれば自分に合ったチケットを買うとお得かもしれません。

 

切符はメトロ、トラム、バス、国鉄も共通で、1方向に向かうのであれば乗り変えも自由です。

そう考えると日本よりお得!?

 

f:id:Fukuneko:20170918034434j:image

行先が書いてあって分かりやすい

 

ウィーンの地下鉄はすごく分かりやすかったです。

 

路線名、駅名、終着駅が写真のようにホーム手前に書いてあるので、ちゃんと見ればたいていは間違えずに行けます。 

 

f:id:Fukuneko:20170918040000j:image

トラム内の券売機は2.3€

 

トラムの場合、乗ってからトラム内の券売機でも買えます。

トラム駅にある場合もあるようですが、見かけませんでした。

 

トラム内で買うと0.1€高かったので、もしメトロの駅が近かったらそこで買って乗るとちょっとお得です。

 

共通でいろいろ乗れるって便利!

オーストリアの人が日本に来たら「なんでこんなにいちいち切符を買わなきゃいけないんだ!」と叫びそうですね。

 

東京メトロに都営地下鉄、JRに私鉄もたくさん。

 

もし東京で外国の方に列車案内するときは、Suicaをおすすめしようと思いました。

 

 

ブラチスラバのホテル「アポロ(Apollo)」は朝食が美味しくて東ターミナルからのバス移動に便利

f:id:Fukuneko:20170918042557j:plain

お世話になりました

 

ブラチスラバは「ちょっとした経由地」という感じだったので、1泊のみ滞在しました。

 

その時に泊まったホテルがこのアポロホテルです。

 

正直中心地からはちょっと遠かったのですが、その分お値段の割に良い部屋に泊まれました。

そして朝食が美味しかったです!

 

西洋のダブルルームはベッド合体型

f:id:Fukuneko:20170918033946j:image

一見ダブルベッドですが

 

ヨーロッパに来てアジアと違うなーと思ったのがホテルのベッドです。

 

アジアだとダブルルームはダブルベッドが置いてあるのですが、ヨーロッパのホテルはダブルはシングルベッドを2台くっつけてダブルベッドにしてあるのです。 

 

f:id:Fukuneko:20170918033956j:image

シングルベッドがくっついてる

 

確かに「ダブル」ベッドなんですよね。

 

個々のホテルもけっこうちゃんとしてるホテルなのですが、くっつけてるタイプだったのでこれがスタンダードなのかな?

 

ツインルームにもできるから用途に合わせて変えられて合理的だなあと妙に感心しました。

 

ポットのある幸せ

f:id:Fukuneko:20170918034003j:image

温かい飲み物がうれしい

 

あと、ホテルに泊まって部屋にポットがあるとテンションが上がります。

 

寒くなってきた今日この頃、ホステル・ホテルに限らず部屋で温かい飲み物が飲めるって地味に幸せです。

 

まぁ着いたこの日はたまたま特別暑かったのですが。

夜には冷えてきたのでホットドリンクで癒されました。 

 

バスルームはシャワールームつい立て式 

f:id:Fukuneko:20170918034017j:image

安心してください。着てますよ

 

シャワーはトイレと隔てられていましたが、ドアはなかったので下手するとトイレ側に水が来ます。

 

でもちゃんと考えられていてそんなに水浸しになることはありませんでした。

 

あと服装が裸にリュックしょってるみたいに見えますが、暑くてタンクトップになっているだけでちゃんと服を着ています。

 

f:id:Fukuneko:20170918034030j:image

シャワーヘッドが外れなかった

 

シャワーは上から降り注ぐタイプシャワーヘッドがもう一個別についていたのですが、シャワーヘッドを置いておく場所から外そうとしてもうんともすんとも。

 

諦めて自らが動きました。

 

本当は外れたのだろうか。

でも無理に動かして壊れると怖いからやめておきました。

 

f:id:Fukuneko:20170918034045j:image

ハンガーいっぱいで重宝しました(洗濯に

 

ロケーションは観光地からは遠めなものの、東バスターミナルから近く、スーパーも近くに3件あったので何気に便利でした。

 

ただ、ブラチスラバに着いた日の翌日がスロバキアの祝日だったので、スーパーが軒並み閉まっていました…。

 

せっかくお湯があるのにカップ麺を食べることもできず。

 

この「祝日や日曜にお店が閉まる」ということも、日本とは違うなあと思いました。

しかも首都なのに。

 

朝食が美味しい

f:id:Fukuneko:20170918034056j:image

スクランブルエッグまた食べたい

 

ホテルは朝食込みだったので、思う存分ブッフェを堪能しました。

 

久々の温野菜!

冷たいトマトやキュウリ、パプリカを置いているブッフェは多いのですが、温かい野菜ソテーなどを出しているところは少ないのですごく美味しく感じました。

 

野菜不足がちょっと解消できた気がします。

 

時系列的には

 

ブダペストからバスでブラチスラバ着

ホテル泊

荷物を預けて半日観光

バスでウィーン

 

だったので、この後観光をしてホテルに荷物を取りに戻り、ウィーン行きのバスターミナルへ。

 

祝日で開いている施設が少なかったのがちょっと残念ですが、ブラチスラバの静かさをより一層味わえました。笑