世界ふくねこ歩き~猫を探しに吉祥寺から世界一周へ~

旅が好き。猫が好き。山が好き。どうでもいいことに一所懸命。2017年7月からはちょっと世界を回ってきます。

出雲大社周辺のお店は閉まるのが早い…大しめ縄に10円玉は投げてはいけなかった

出雲大社(おおやしろ)へ

f:id:Fukuneko:20170625171402j:plain

駅舎も神社っぽい

  

出雲へやってきました。

出雲と言えば日本中の神様が集まる場所、出雲大社です。

 

なんだかんだ鳥取・米子在住時は年1くらいで訪れていたので、もう6、7回目くらいですが、最後にお参りしてからは10年ぶりくらいの大社さんです。

 

f:id:Fukuneko:20170625171507j:plain

小銭をためておくと吉

 

松江駅からは行きはバス、帰りは私鉄の一畑電車を使いました。出雲大社へ行くのは1番乗り場です。

バスは所要時間30分程度らしいのですが、土曜で混んでいたのかけっこう時間がかかりました。

 

f:id:Fukuneko:20170625171918j:plain

バスを降りたら出雲大社

 

バスは「正門前」で降りると出雲大社の参道入口、スタバの前あたりに止まります。バスならではのアクセス性。

 

バスと電車のメリット・デメリットについてちょっとまとめてみました。

 

バス

・大社入り口近くで降りられる

・正門前まで乗ると電車よりちょっと高い(500円。出雲大社駅までは470円)

・渋滞でけっこう時間がかかることがある

 

電車

・渋滞がない

・バスよりちょっと安い(490円)

・参道入り口まで少し歩く

・川跡駅で乗り換えがあることが多い

 

ホテルにバス停が近いとバスが便利ですが、時間を気にする方は電車が確実だと思います。

 

松茂る参道から境内へ

f:id:Fukuneko:20170625184521j:plain

王道の正門から

 

大社前の美味しそうなお店たちも気になりますが、まずはお参り!

 

f:id:Fukuneko:20170625172726j:plain

拝殿が遠い 

 

ああそうだ・・・出雲大社は境内までけっこう歩いたのを思い出しました。

暑いですが日陰になっているので気持ちいいです。

 

f:id:Fukuneko:20170625172739j:plain

右から参るべきか、左から参るべきか 

 

人工の石畳が終わると砂利混ざりの松並木に。

左右に通路が分かれるのですが、左から行くと手水舎があるので左から回る方がいいのかも?

 

そうとは知らず、この時間日陰の多い右側から参りました^^;

 

f:id:Fukuneko:20170625185546j:plain

 

右側から回ると魂をいただく姿を表している「ムスビの御神像」が見られます。

分かりづらいですがすごく大きいです。全景を収めるのが難しい。

 

境内へ

f:id:Fukuneko:20170625185611j:plain

 

金曜の夕方ということもあり、人もまばら。

いつも人が多かった記憶があるので違う場所のように感じました。

 

f:id:Fukuneko:20170625185628j:plain

拝殿

 

外国人観光客の方も多かったです。

神社って京都とかハトが多いイメージなんですが、こちらではほぼ見かけませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20170625185627j:plain

御神牛と御神馬

 

つい鼻を撫でたくなりますよね。

分かりますその気持ち。

 

f:id:Fukuneko:20170625185645j:plain

中には入れない

 

この中がご本殿のある敷地で、この八足門から参拝します。

 

隙間から垣間見ることはできますが、神様なのであえてあまり見ない方がいいのかもしれません。

 

大しめ縄!

f:id:Fukuneko:20170625185659j:plain

どどーーん!!!

 

そして出雲大社と言えばこの大しめ縄!!

これは記憶に鮮明に残っています。

 

ふくねこが学生時代来ていた時は、よくこの房の部分に10円玉を投げて差す光景が見られたのですが・・・

 

f:id:Fukuneko:20170625185729j:plain

どうやってコイン入れたんだ

 

今はできないようになているんですね。

ネットが貼ってありました。

 

まあそうですよね。傷みますしね。

コイン投げたときに差さってるコインが落ちてきて落ちてきて危なかったし。

 

f:id:Fukuneko:20170625185748j:plain

そんな姿もこの池は見守ってきたのですね

 

因幡の白うさぎがたくさん

f:id:Fukuneko:20170625185747j:plain

大黒様がお助けなさっている図

 

因幡の白うさぎの神話にちなんでうさぎの像がたくさんありました。

こちらは大黒様とのエピソードの1シーン。

 

f:id:Fukuneko:20170625185830j:plain

1番がけっこうむごい

 

f:id:Fukuneko:20170625185846j:plain

盃を交わすうさぎさん

 

たしかこれは夫婦の契りの儀式だったかな?

うさぎさんがかわいいです。

 

f:id:Fukuneko:20170625185944j:plain

ピカチュウっぽいのもいる

 

少し歩いたらうさぎの像がたくさんあるゾーンがありました。

みんなそれぞれしぐさや表情が違います。

 

f:id:Fukuneko:20170625185940j:plain

キリッ 

 

それぞれ意味があるのかもしれませんが、うさぎたちに囲まれてほっこりしました^^

 

大社前のスタバへ

f:id:Fukuneko:20170625190030j:plain

 

大社さんへお参りした後はスタバ好きの主人に連れられスタバへ。

ここは「和と洋」をコンセプトとしていて、スターバックスの店舗でも和モダンなデザインになっているそうです。うん、そんな雰囲気。

 

f:id:Fukuneko:20170619075635j:image

縁起良くお会計が777円

 

お腹空いていたのでサラダラップが美味しかったです。 

 

ここでしばらくブログを書きながら休憩していたのですが、賑やかな学生さんたちが来たので引き上げました(笑)。

 

夜ごはんに出雲そばを食べようとしたのですが、大社前のお店は軒並みおしまい…。

 

出雲大社前駅に向かう途中、ちょうど空いているお蕎麦屋さんがありました。

しかも入り口に…猫!!(((o(*゚▽゚*)o)))

 

f:id:Fukuneko:20170619075645j:image

きれいな香箱座りですね

 

このハチワレさん、ドアを開けたら入って行っちゃいました。

そして中にいたお客さんの足元へ(嫉妬)。

 

お店のおばちゃんが「あらーごめんなさいねー」と言ってハチワレさんを抱えて再び外へ連れ出していました。

 

f:id:Fukuneko:20170619075653j:image

入りたいんだけどにゃー

 

にゃんこ相席はふくねこにとってはむしろ大歓迎なんですが…。

ダメですかそうですか。

 

f:id:Fukuneko:20170619075701j:image

限定の全部ぶっかけ(名前失念)

 

このお蕎麦がまた美味しい!

鶏肉(旨味たっぷり)、大根おろし、かつお節、わかめ、ネギ、天かす、卵をそれぞれ少しずつ味わった後に全部混ぜてみました。それもまた美味しい。

お蕎麦もけっこうボリュームがあり、800円で満足の一杯でした。

 

ハチワレ猫さんはいつの間にかどこかへ行ってしまいました。

 

帰りは一畑電車で

f:id:Fukuneko:20170619075709j:image

 

帰りは一畑電車で松江駅まで。

夕日とローカル列車がいい雰囲気です。

 

f:id:Fukuneko:20170619075717j:image

 

発車ホームを知らせる立て看板の裏は「2」バージョンが書いてあります。

人の手でひっくり返すのがなんかいいなあ。

 

f:id:Fukuneko:20170619075728j:image

 

松江温泉駅行だったので「川跡」で乗り換え、この日の宿であるグリーンリッチホテル出雲が近い電鉄出雲市駅へ。 

 

ホテルが決まってなければこのまま松江へ行くのもありだったかな。でも安くてきれいで快適なホテルだったので泊まってよかったです。

 

f:id:Fukuneko:20170619075737j:image

 

電鉄出雲市駅とJR出雲駅はおとなりですので、JRからの乗り換えも10分もあれば余裕です。

 

一畑電車はかつて日本一長い駅名だった「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」という駅があったのですか、閉館となり「松江イングリッシュガーデン前駅」となりました。

それでも十分長いですけどね(笑)。

 

次は松江へ向かいます!

 

 

ベトナムの電子ビザ「E-VISA」を申請してみた!出国予定日の入力に要注意

ベトナムでも電子ビザがお試し期間中

f:id:Fukuneko:20170625154908p:plain

 

 

世界一周の最初の訪問国はベトナムです。

ベトナムビザは大使館で取得できますが、2017年2月1日から2年間、お試し運用でE-VISA(電子ビザ)を申請できます。

 

自力で申請してみたところ無事に発行されましたので、その方法と注意点をご紹介します。

 

ベトナムのビザは観光でも必要?

f:id:Fukuneko:20170625154827p:plain

 

ベトナムは日本のパスポートなら滞在が15日以内であればビザなしで行けます。

ただし、加えて以下の要件を満たす必要があります。


● 復路の航空券を持っている
● 入国時のパスポート期限が6か月以上残っている
● 過去30日以内にベトナムから出国していない
● 観光・ビジネス目的である

 

「ベトナムってビザがいるらしい!」というのはお友達から教えてもらって知ったのですが、片道の航空券で向かう我々はベトナム入国にあたりビザが必要であることが判明しました。

(世界一周航空券だから説明すれば行けるかもしれないけど怖い。)

 

しかも15日を超える見込み。危なかった!! 

 

ビザの申請方法を調べていたら電子ビザの存在を知りました。

最大30日ではあるものの、25ドルとけっこうお安い(クレジット決済のみ)。全部英語だったのでびくびくしながら申請しました。

 

E-VISA運用についてはこちら↓

ベトナムの電子ビザ制度の試験的運用開始 : 在ベトナム日本国大使館

 

ベトナム電子ビザの申請方法

E-VISAは上記のベトナム大使館の案内にあったリンクのイミグレーションに関するページから入れました。

 

イミグレーションに関するページ↓

https://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/

 

入るとこんな画面に飛びます。

 

f:id:Fukuneko:20170625144046p:plain

 

左上の「e-Visa」のリンクをクリックします。

 

f:id:Fukuneko:20170625144111p:plain

 

「FOR FOREIGNERS」から外国人用の申請サイトへ。

するとNational WEB portal on Immigrationというページが出てきます。

 

注)これからご紹介する方法はあくまでふくねこが申請した方法です。本サイトを参照して被った損害については一切責任を負えません。最終的なご確認は自己責任でお願い致します。

 

f:id:Fukuneko:20170625144128p:plain

 

このページはインストラクションです。

 

①パスポートをアップロードしてくださいね、パスポート番号を記入してくださいね

②申請にはUSDで25$かかりますよ、3日かかりますよ

③申請状況を確認するには登録コード(registration code)を入力してリンクから検索してくださいね

 

というようなことが書いてあります。

 

f:id:Fukuneko:20170625144158p:plain

 

このフォームに必要事項を入力していきます。

*が必須入力事項です。

 

滞在地は縦断の旅なので、ハノイの泊まりそうなホテルの住所を入れておきました。

 

f:id:Fukuneko:20170625150836j:plain

 

ここで「Requested Inofrmation」に要注意です!!

 

「Intended entry date」をデフォルトから実際の予定日に変更しても、自動的には30日後の日付になりません。

手動で変えないといけないようです。

あと、どこの空港/港/国境から出るかも入力する必要があるのでその情報はあらかじめきちんと調べておいた方がいいです。

 

現地で予定変更になったらどうするのだろう。どなたかご存知でしたら教えてください。

 

f:id:Fukuneko:20170625144232p:plain

f:id:Fukuneko:20170625144224j:plain

 

ふくねこはここで気付かずに日付を修正するのを忘れて申請してしまいました…。

ご注意ください…。

 

ちなみに顔写真はパスポートの予備を使いました。

写真、パスポートともにPCのカメラで撮ってトリミングしてアップロードしました。

 

「Require application form」をクリックして申請すると次の画面に変わります。

 

f:id:Fukuneko:20170625144210p:plain

 

内容を確認して「OK」。

 

f:id:Fukuneko:20170625144245p:plain

 

ここが最終チェックです。

ああ…Toの日付が間違っている…。

 

agreeして「Pay e-visa fee」をクリックすると支払いの画面になります。

 

支払いはPayooというサイトで行われるようです。

クレジットカードの情報など、必要事項を入力して進むと次のような完了画面が出ます。

 

f:id:Fukuneko:20170625144248p:plain

 

Payooで支払う際に入力したメールアドレスにも連絡が来ます。

(ベトナム語と英語表記のメールでした。)

 

3日後にWEBで確認

3 working daysで結果分かるよ、ということでしたが申請できてるか心配でE-Visa search menuからその後すぐ調べてみました。

 

f:id:Fukuneko:20170625144319p:plain

 

Registration codeは支払いメールにも記載されています。

E17(日付)JPN(国)パスポート番号

の規則っぽいです。

 

f:id:Fukuneko:20170625144324p:plain

 

ちゃんと in processingになっていました。よかった(出国予定日間違って申請したけどね!)。

 

f:id:Fukuneko:20170625145340p:plain

 

3日後、再度確認したらビザ番号が発行されていました。

「Click here print visa」からPDFを表示して印刷した紙を持って行き、入国手続きの際パスポートと一緒に提示すればOKです。

 

本当は8月6日まで申請しておきたかったのですが…。間違った7月26日までの19日間のビザです。4日だけって…もったいない…。

 

ベトナム大使館に問い合わせてビザの有効期限を修正できるか確認していますが、できなければ現地で延長、もしくは19日間の滞在で何とかする予定です。

 

皆さまも申請の際には日付にご注意ください!!\(;▽;)/

 

おまけ

f:id:Fukuneko:20170625154735p:plain

 

今回この日付ミスでそれはそれはへこんでいたのですが、そこで主人の優しさに触れて感動しました。

ふくねこが大使館に問い合わせをしている間に、

 

「19日で回れるよう考えよう!」

と、外に行ったと思ったら地球の歩き方アジア編を買って戻ってきました。

 

その時にいい言葉をもらったのでシェアさせていただきます。

 

失敗はしょうがない、それで落ち込むのではなくどうすればできるのか考えよう。 by 主人

 

旅中もいっぱいいっぱい失敗すると思いますが、どうすれば乗り切れるかを考えていこうと思います!

 

最後に、この失敗が次に申請される方のお役に立てば幸いです。

 

石見銀山が世界遺産に認定された理由を実際に訪れて体感してきた

世界遺産石見銀山へ

f:id:Fukuneko:20170619071845j:image

世界遺産センター行き

 

石見銀山に行ってきました。

2007年に世界遺産に認定されてから10周年の石見銀山。訪れるのは初めてです(主人は駆け足で行ったことあり)。

 

当初はスキップしようかと思っていたのですが、仁摩サンドミュージアムから仁万駅に戻り、運命の出会いと神様のいたずらがありました。

 

というのも、石見銀山行きのバスが1時間近くなく、出雲まで行ってしまおうと待合室で出雲行きの電車を待っていたところ、親切なおばさまが石見銀山のことをいろいろと教えてくださったのです。

 

なんだか急に行きたくなってきた…。

しかも電車が遅れていてバスの予定時刻近くまで電車が来ない。

 

行くか!せっかくだし!

 

ということで仁万駅10:32発のバスに乗り込みました。

 

f:id:Fukuneko:20170619071446j:image

サンドミュージアム後に乗るなら「仁万駅口」

 

ちなみに仁摩サンドミュージアムや湯迫温泉から近いバス停はこの「仁万駅口」です、湯迫温泉は次のバス停でも近いですが、コンビニがすぐなので個人的にはこちらが便利ではないかと思います。

 

運賃は今後変わるかもしれませんが、仁万駅から石見銀山のエリア内まで410円~510円です。

 

レンタサイクルあります

f:id:Fukuneko:20170619071823j:image

かわいいサイズの太鼓橋

 

石見銀山のエリアはかなり広いです。

バスの運転手さんには「大森」バス停で降りてレンタサイクルを借りるとよいと教えていただいたのでそこで借りることにしました。

 

■レンタサイクル料金(3時間)

電動自転車:700円、

普通自転車(ギア付き):500円

 

お店の方には電動を強く勧められました。石見銀山の核心ともいうべき「龍源寺間歩」までけっこうな坂道らしいのです。

 

f:id:Fukuneko:20170619072847j:image

公園になってるんですね 

 

ここは体力でカバー!!(ケチったとも言う)ということでノーマル自転車を借りました。

大きな荷物はレンタサイクル屋さんで預かってもらえました。

 

後から思ったのですが、一戸手前のバス停(大森代官所跡)で降りてレンタサイクルを借りてもよかったかもしれません。

 

f:id:Fukuneko:20170619071900j:image

サドル直し中

 

駅で出会ったおばさまによると、歩いてひとつひとつを感じながら巡るのがおすすめとのことでした。

ただメインの龍源寺間歩というところまで近い大森バス停から徒歩45分、自転車で15分ということで、時短のためにレンタサイクルにしました。

 

f:id:Fukuneko:20170619071946j:image

ガイドも付けられます

 

 歩くのが早いので歩きでもよかったのですが、帰りがめちゃくちゃ快適だったので借りて良かったです。

 

あと、電動自転車じゃないと15分じゃ着かないですたぶん。

 

ひたすら坂をこぐ

f:id:Fukuneko:20170619071956j:image

止まっては撮る

 

「銀山」という名の通り、山です。

そこを自転車で登るわけです。

 

しんどいです。

 

あ、電動自転車のおじいちゃんがが追い抜いて行った。

 

f:id:Fukuneko:20170619072006j:image

English OK

 

ところどころお茶屋さんがあってそそられますが、まずは先を急ぎます。

 

f:id:Fukuneko:20170619072019j:image

だんご三兄弟の曲がエンドレスだった

 

車道とは別に歩行者用の遊歩道があり、おばさまが勧めていたのはきっとそちらの道だろうなと思います。

 

f:id:Fukuneko:20170619072035j:image

猫発見!!

 

体力回復イベントが発動しました。

猫がいるとは思わなかったので思わぬサプライズ。

 

f:id:Fukuneko:20170619072045j:image

ハチワレ×牛さん模様

 

f:id:Fukuneko:20170619072057j:image

奥にももう1匹(わかるかな?)

 

癒されました。ありがとう。

 

道端も要チェック

f:id:Fukuneko:20170619072116j:image

 

途中見逃してしまいそうですが、小さな個人の間歩(坑道)がところどころにあります。

 

f:id:Fukuneko:20170619072128j:image

 

f:id:Fukuneko:20170619072148j:image

 

「間歩番号」というのが一個一個つけられていて、なんとこれが石見銀山には900個以上あるそうです。 

 

調査費用が割り当てられ調査ができるようになるたびに新しい間歩が発見されているとのことで、まだまだ増える可能性がありそうです。

 

石見銀山をCTスキャンしたらアリの巣みたいなんだろうな。

 

f:id:Fukuneko:20170619072208j:image

あと300m!

 

自転車はここまで。

残りは徒歩で進みます。

 

林道を歩いて龍源寺間歩まで

f:id:Fukuneko:20170619072221j:image

暑いのでなるべく日陰を歩く

 

f:id:Fukuneko:20170619072236j:image

 

途中面白い形の自販機がありました。

 

f:id:Fukuneko:20170619072246j:image

 

よくよくみると木のカバーがついているしかけですね。

きちんと横も隠してます。

 

f:id:Fukuneko:20170619072302j:image

見えた!!

 

f:id:Fukuneko:20170619072313j:image

 

龍源寺間歩に到着しました。

受付で入場料金(大人410円)を支払い、いよいよ間歩へ入ります。

 

当時の痕跡が残る坑道へ

f:id:Fukuneko:20170619072322j:image

 

間歩はいくつかありますが、予約なしで一般の見学者が入れる間歩はここだけです。

主人は前回来たときはあまり時間がなく入るのを断念したそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170619072343j:image

RPGみたいだ

 

入ると空気がヒンヤリ。

今までの暑さが噓のようです(温度計は13~4℃くらいでした)。

 

観光で入れるのは158mですが、全長600mあるとのこと。これを人間の手で掘ったのか・・・。 

 

f:id:Fukuneko:20170619072352j:image

 

この間歩は大きいのでぎりぎり頭がぶつからない天井高です。

当時の男性の平均身長は150cmと推定されているので余裕だったのでしょうが・・・。

 

背の高い方は腰が痛くなる体勢で歩くことになります^^;

 

f:id:Fukuneko:20170619073502j:image

 

人が立って歩ける間歩の横道にも複数の間歩があります。

鉱脈を探って堀り進めた跡です。

 f:id:Fukuneko:20170619073753j:image

 

残っている壁の凹凸ひとつひとつが、当時鉱山の男性たちがノミで削った跡です。それがそのまま残っています。

 

f:id:Fukuneko:20170619073728j:image

真ん中の大きいふくらみが気になる

 

f:id:Fukuneko:20170619073831j:image

排水設備も

 

地下を掘っていると水との闘いもあったようです。

下に流したり、ポンプの仕組みで上に吸い上げて排水していたそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170619073905j:image

まだまだ続く

 

一般見学者が見れるのはここまでです。

 

人の手で600mも岩山を掘るって、ただただすごい。

 

採掘の様子は絵図の記録でも

f:id:Fukuneko:20170619073506j:image

 

ここからは左手に折れ、新坑道からお帰りルートです。

 

どこかの鍾乳洞の帰りがこんな感じだったな・・・。

 

f:id:Fukuneko:20170619073510j:image

 

出口付近には資料が掲示されていて、今まで見たものについて解説されています。

 

f:id:Fukuneko:20170619073507j:image

たまたまガイドの方がいらした 

 

絵図もあり当時の様子がうかがえます。

この絵は掘っている人の元へ新鮮な空気を送っているとのこと。

 

これもだんだん改良されて、ハーブのような香りと一緒に空気を送るようになったそうです。

今も昔も「香り」の効果って利用されてたんですね。

 

 f:id:Fukuneko:20170619074034j:image

堀子は炭鉱一家のご子息

 

当時、銀山は神聖な場所とされていて女性は入れなかったそうです。

女性は外の捨て場から銀の原石が混じった石を拾って、買い取ってもらっていたとか。


しかも男性の寿命は30歳程度。短い!!

30を迎えられたらお頭付きの鯛でお祝いしていたそうです。

 

出てからも魅力が

f:id:Fukuneko:20170619074238j:image

風の香りに使ったアオキ

 

ただ、石見銀山での労働は他の炭鉱の過酷な労働環境とは違い、優遇されていたらしいです。

亡くなると遺族年金のようなものが生涯出たとか。

 

f:id:Fukuneko:20170619073517j:image

「島根県」を強調してます

 

外にはお土産屋さんもありました。

 

f:id:Fukuneko:20170619074132j:image

小学生のお土産に勧めているのはなぜだろう

 

不思議な香る石が不思議でした。

石が本当にいい香りに匂います。

 

f:id:Fukuneko:20170619073513j:image

見た目より重い

 

実際の銀の鉱石を持つことができるコーナーもあって、持ってみました。

見た目より重く、密に詰まっている感じでした。

 

光っている部分があったのですがそこは銀ではなく、黒いところがむしろ銀だそうです(酸化して黒くなってる)。

 

f:id:Fukuneko:20170619073520j:image

鉱山の神様もいらします

 

f:id:Fukuneko:20170619073516j:image

時間があれば登りたかった

 

f:id:Fukuneko:20170619074312j:image

住居跡 

 

銀山で採掘していた一家の住居がひしめき合っていた場所です。

当時住んでいた土台の石垣がそのまま残っています。

 

ここから温泉津町側の集落跡まで行けるそうですが、こちらから行くとほぼ100%迷って辿り着けないそうです。怖い。

 

石見銀山にはこうした当時の採掘跡や住居跡が、そのまま手付かずで残っています。

これが世界遺産たる所以なのだと感じました。

 

五百羅漢

f:id:Fukuneko:20170619074351j:image

 

銀山からレンタサイクルを返す途中、「五百羅漢」という看板を見つけたので行ってみました。

 

石見銀山に訪れるまで知らなかったのですが、この五百羅漢も実は世界遺産だったんですね^^;

 

f:id:Fukuneko:20170619072846j:image

 

時間がなく入らなかったのですが、ここもぜひ入りたかった!!

 

市街地へ

f:id:Fukuneko:20170623211527j:image

ここから市街地

 

大森バス停から大森代官所跡までは市街地になっています。

 

町中にも色々と気になるものが…。

 

f:id:Fukuneko:20170619072906j:image

静かである

 

f:id:Fukuneko:20170619072946j:image

めだかの学校

 

f:id:Fukuneko:20170619074752j:image

いい味出してる郵便局

 

 f:id:Fukuneko:20170623211552j:image

 軒を連ねる

 

f:id:Fukuneko:20170619074808j:image

理容遺産って初めて出会った

 

そんな気になる建物たちを見ながら歩くと公開住宅兼カフェが。

 

f:id:Fukuneko:20170619073043j:image

紋が素敵

 

f:id:Fukuneko:20170623211456j:image

手書きメニューって美味しく見えませんか?

 

こちらの「熊谷家住宅」に併設しているカフェはごはんものがなく見送りました。

 

f:id:Fukuneko:20170619073035j:image

 

時間がなくてもごはんは食べたい我々。

 

f:id:Fukuneko:20170619073032j:image

 

無事にごはんにありつけました。

ケチャップライスが美味しかったです。

 

石見銀山の入り口から各地へ

f:id:Fukuneko:20170623211635j:image

バス停近くの碑

 

西南戦争ともゆかりがあり、戦死した方々への紀念碑が建てられていました。

 

f:id:Fukuneko:20170619073051j:image

広島行きもあるのか!

 

仁万駅へ戻るのはこちらのバス停です。

大田市にも行けます。

 

広島駅新幹線口とつながっていたとは…。便は少なそうですが便利。

次は使おう(あるのかな?)。

 

f:id:Fukuneko:20170619074820j:image

超ローカルネタ

 

バスの待合には地元の小学生が作成したクイズがありました。

難問揃いです。

 

答えは猫の後に。

 

f:id:Fukuneko:20170619073306j:image

仁万駅近くのミケさん

 

f:id:Fukuneko:20170619073304j:image

きれいな錦ですね

 

f:id:Fukuneko:20170625011152j:image

どーん

 

答えはこちらです。もちろん分からなかったです。

 

当時の痕跡が残る世界遺産石見銀山は「地味だけどかっこいい!」そんな場所でした。

 

 

 

世界最大の砂時計!?「仁摩サンドミュージアム」に電車で行ってきた

島根県の仁万駅へ到着!

f:id:Fukuneko:20170618154155j:plain

次はマジです

 

次の目的地である「仁摩サンドミュージアム」へ行くため、島根県にやってきました。

広島から高速バスで北上し、山陰本線で最寄りの仁万駅へ。

 

広島から仁万への安いルートとしては、

・広島⇒(高速バス124分)⇒浜田⇒(電車50分)⇒仁万

・広島⇒(高速バス186分)⇒大田市⇒(電車10分)⇒仁万

の2パターンがあります。

合計料金はそれほど変わらないのですが、大田市経由の方が若干お安いです。

 

f:id:Fukuneko:20170618154159j:plain

石見神楽(いわみかぐら)列車だった

 

浜田経由はバスの乗車時間が2時間ちょい、大田市経由はバスに3時間乗るので、好きな方で選んでよいと思います。

 

我々は時間もちょうどよかったので、浜田経由のバスを使うルートにしました。

 

f:id:Fukuneko:20170618154208j:plain

無人駅じゃないよ

 

この感じ、好きです。

仁万駅って実は石見銀山への最寄り駅でもあるんですよね。

 

到着した日は夕方だったので近くの旅館で1泊し、翌朝一番にこちらにやってきました(宿については後述)。

駅からサンドミュージアムまでは徒歩10分くらいでした。

 

休館日にはご注意を 

f:id:Fukuneko:20170619005506j:image

一瞬ドキッとした

 

旅行者が最も恐れているもの、それは「休館日」です。

この看板を見て一瞬ショックを受けかけましたが、今日は金曜日。

 

大丈夫だ、問題ない。

 

f:id:Fukuneko:20170619070358j:image

正面入り口からの外観

 

ふくねこが鳥取県(主に西部の米子)に6年ほど住んでいたことは既に何度かお話しさせていただいていますが、その当時、やはりこちらにも一度訪れています。

その時は天文サークルのみんなでレンタカー1台で九州一周旅行をしようということで鳥取から出発し、山口方面へ向かう途中に立ち寄りました。

 

でもどこが入口とか全然記憶にありませんでした(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20170619070409j:image

木漏れ日がいい感じ

 

こちらから入ります。

 

f:id:Fukuneko:20170619070423j:image

定休日は水曜日

 

車で来ても駐車場から入口までそこそこ歩くので、雨の日は傘必須です。

夕方閉まるのが16:30と早めなのも注意点ですね。

 

いざ世界一の砂時計へ

f:id:Fukuneko:20170619070438j:image

こぢんまりした入口

 

9時開館のところ、勢い余って早く着きすぎてしまいました。

5分前くらいになって「中で待てるかな?」と自動ドアに近付いたらウィーンとウェルカム態勢。入るしかない。

 

扉の中には既に受付のお姉さんもいらっしゃって、もう入れますか?と聞いたらOKとのことで、一番乗りのお客さんになってきました。

 

入館料は大人700円ですが、「えらべる倶楽部」などの、会員証提示で値引きがあるようです。

ホームページの入館料のところには載っていなかったのですが、受付でご案内いただきました。

 

f:id:Fukuneko:20170619070452j:image

アーティスティック

 

これは以前も見たのを覚えてます。

くるくると回ったり砂が落ちたり、見ているのが楽しいです。

 

f:id:Fukuneko:20170619070507j:image

どーーーーん!!!

 

そして世界一の砂時計までは入口からすぐでした。

こんなすぐにメインディッシュにありつけるミュージアムってあまりないのではないのでしょうか(笑)。

 

この砂時計は1年歴なので、年に1回ひっくり返します。

その瞬間を一度見たいと思っているのですが・・・あ、「生きてるうちにやりたいことリスト」に入れておこう。

 

「鳴り砂」も名物です

f:id:Fukuneko:20170619070514j:image

キュッキュッキュッ

 

そして琴ヶ浜の「鳴り砂」も名物です。

某で真下に力を加えると、体育館でバスケットボールするときのような「キュッキュッ」という音がします。

 

しくみについては物理が苦手なので読んでもよく分かりませんでしたが、摩擦係数が大きいことが関係していて突いたときに音の波ができるみたいです(合ってるのか?)。

 

f:id:Fukuneko:20170619070656j:image

日本海に多い

 

日本の鳴り砂(鳴き砂)は以前は16箇所ほど確認できていたようですが、今は4か所しかないようです。

自然の経過なのか汚染なのか。

 

鳥取の青谷海岸の鳴り砂、学生時代鳴らしに行きました…夜中に。

 

f:id:Fukuneko:20170619070709j:image

砂すら輸入してるのか日本

 

砂の資源ってあまり取り上げられないですが、世界中でもなくなりつつあると思うといいのかなという気持ちになります。

国産もあると思いますが、ゴルフ場のバンカーに入ってるのは輸入された砂だったのか。

 

魅力的な砂時計がいっぱい

f:id:Fukuneko:20170619070527j:image

10日待てないでひっくり返しそう

 

他にも大小さまざまな砂時計があります。

ひっくり返してOKなものもあるので、見ても触っても楽しい空間です。

 

f:id:Fukuneko:20170619070538j:image

昔右のタイプ持ってた!

 

f:id:Fukuneko:20170619070553j:image

かっこいい

 

奥では世界の砂や日本の砂が展示されています。 

 

f:id:Fukuneko:20170619070742j:image

 

f:id:Fukuneko:20170619070753j:image

 

同じ日本でも砂の色が全然違いますね。

地元館山の砂は灰色だったので、田平(長崎)の海でベージュ色のきれいな砂浜を見たときは衝撃でした。

 

サンドアートも体験できる

f:id:Fukuneko:20170619070804j:image

これが

 

始めに受付した際、1枚無料でサンドアート体験用の台紙をいただけます。

台紙は3種類の絵柄から選べます。

 

体験は出口近くのサンドアートコーナーでセルフでできます。

台紙がシールになっていて、このタイプは△のところが1パーツずつ剥がれるようになっています。

 

f:id:Fukuneko:20170619070816j:image

こうなりました(★は自分で切れ目入れた)

そのシールをはがした部分に色砂を載せ、色を付けていく仕組みでした。

 

昔縁日でやった「スケッチせんべい」っぽいです^^

水で絵を描いて色ザラメを載せて…懐かしいなあ。まだあるのかなあ。

 

f:id:Fukuneko:20170619071400j:image

これも砂時計か

 

2度目の仁摩サンドミュージアムでしたが、たっぷり楽しめました!

 

f:id:Fukuneko:20170619071005j:image

今なら恋活やってます

 

f:id:Fukuneko:20170619071214j:image

屋上(?)にあった謎のたこ足

 

仁摩健康公園の滑り台も

f:id:Fukuneko:20170618154246j:plain

長いの(右)と短いの(左)がある

 

もうひとつ、サンドミュージアムの裏手に「仁摩健康公園」という公園があります。

ここのローラー滑り台がおすすめです。

 

f:id:Fukuneko:20170618154252j:plain

長いのは上まで来るのがちょっと大変

 

前日の夕方、宿に行く途中立ち寄ったら中学生くらいの男子2人が仲良く滑っていました。

「まだ行くのかよ~!」と言いながらもとても楽しそうでした。

 

f:id:Fukuneko:20170618154301j:plain

今見ると心もとない横柵

 

なので翌朝滑りにきました。

 

f:id:Fukuneko:20170619071207j:image

朝8時過ぎに滑り台を滑る大人たち

 

この滑り台、ところどころ意外とスピードが出て「うひょー!」とか変な声が出ました。

あと滑ってるときにおしりが破けないか不安になりますね。そして滑り終わった後おしりが熱い!!!むず痒い!!!

 

滑り台の下にローラー滑り台用のマットがあったので使用されることをおすすめします(そもそも滑る大人そんなにいないか)。

 

f:id:Fukuneko:20170618154310j:plain

たくましい腕はふくねこです

 

チェーンでぶら下がってるタイプの「うんてい」があったのでやってみました。

 

f:id:Fukuneko:20170619071233j:image

スーパーサイヤ人

 

このまま地面に向けて万歳したかったのですが、公の場に出せる絵ではなくなるので自粛しました。

(タイツを履いてるのは前日寄ったときに遊んだからです。)

 

健康になった気がします。

 

サンドミュージアム近くの宿泊

f:id:Fukuneko:20170623173140j:plain

仁万駅から徒歩20分

 

仁万には宿泊施設が少ないです。

楽天で検索したからかもしれませんが、この日取れたのはこちらの「湯迫温泉旅館」さんです。

たぶんサンドミュージアムに一番近い宿です。

 

予約日間違いのトラブルにもかかわらず対応してくださりました。ありがとうございます!

 

f:id:Fukuneko:20170619070102j:image

山小屋っぽい

 

我々の部屋は2階です。

どこかで泊まった大きめの山小屋を思い出します。

 

f:id:Fukuneko:20170619070043j:image

温泉ソムリエのいる宿です 

 

1階には女将さんか若女将が取得されたと思われる「温泉ソムリエ」の認定証がありました。

大浴場が温泉になっているのですが、お湯はやわらかくやさしい入り心地でした。

 

先に入っていた方に「タヌキがおったよ」と教えてもらい外を眺めていたら、タヌキが横切るのが見えました。通り道になってるんでしょうね。

一瞬だけど久しぶりに野生のタヌキが見れてうれしかったです。

 

f:id:Fukuneko:20170619070230j:image

やはり旅館だ 

 

部屋では電波状況も厳しくWiFiこそ使えませんでしたが、「寝る」「休む」ということに集中できてかえってよかったかもしれません。

 

f:id:Fukuneko:20170619070100j:image

ごはん(お米)が美味しかった! 

 

朝ごはんは600円で用意していただきました。

魚の甘露煮も山菜もおいしかったです。

 

お味噌汁はもちろん島根特産のシジミ汁でしたよ。

 

コンビニ情報

f:id:Fukuneko:20170619070054j:image

ローソンになったポプラ

 

ただ、湯迫温泉から飲食店やコンビニまで徒歩だと遠いのがネックです。

食べ物を調達するために一番近いのがこのローソンポプラ。

湯迫温泉旅館から徒歩15分ほどです。夕飯はここで買いました。

 

車があったらまっくた困らないんですけどね。山陰旅は車移動前提になってるころが多いですね。

でも電車×足の旅もいいものです。

 

f:id:Fukuneko:20170618154329j:plain

きれいな夕日が撮れました

 

 

広島平和記念公園に見るNo more Hiroshima, No more Nagasaki.

原爆ドームへ

f:id:Fukuneko:20170618153902j:plain

 

広島に来たら訪れておきたい場所、原爆ドーム。

原爆投下の爆心地に近いにも関わらずその姿を残しており、平和記念碑として世界遺産にも登録された場所です。

 

今回は宮島から広電(広島電鉄)で乗り換えなしで来ました。分かりやすい。

広島駅から行く場合、広電でもバスでも来れます。

 

バスの方が基準タイムだと5~6分早いのですが、広電の方が分かりやすいし安いので広電が行きやすいのではないかと思います。

※2系統、6系統だと乗り換えなしで行けます。

 

f:id:Fukuneko:20170618153754j:plain

祈る前に写真を撮ってしまった自分を恥じる

 

原爆ドーム前の駅から横断歩道を渡り、平和記念公園の敷地に入るとすぐに慰霊碑が目に入ります。

ついすぐにカメラを向けてしまいましたが、その後深々とお祈りをされていたおじいさまを見てハッとしました。そうですよね…。

 

この付近に「広島県地方木材統制株式会社」という木材を扱う会社があり、ここで殉職した方々の慰霊碑として、「広島県地方木材統制株式会社慰霊碑」が有志により建てられたそうです。

後から知ったのですが、公園の敷地内にはこういった慰霊碑がたくさんあります。

 

原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)

f:id:Fukuneko:20170618153803j:plain

中にも人が居たんだろうなあ…

 

ここへ来るのは2回目です。4、5年前、大学時代の先輩の結婚式で広島に来た際、仲間と共に訪れました。

 

もともとは物産品を扱ったり、博物館や美術館のような役割もしていたこの建物。チェコの建築家がデザインしたというのも今回初めて知りました。

だからこんなモダンな建物なんですね。

 

原爆ドームを見ると、上空で爆発したんだなあというのが伝わってきます。

あと初めて見たときもそうですが、見ていると何だかそわそわしてくるのはなぜでしょう・・・。

 

f:id:Fukuneko:20170618153808j:plain

きれいだけど悲しく感じる

 

原爆死没者慰霊碑

f:id:Fukuneko:20170618153815j:plain

公園に灯る平和の灯(ともしび)

 

原爆死没者慰霊碑にはたくさんのお花が供えられていました。

 

安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから。

 

もうこれ以上の言葉は浮かびません。

 

平和の灯

f:id:Fukuneko:20170618153834j:plain

原爆ドーム側から見た平和の灯

 

この慰霊碑と灯の間には池が作られています。

被爆した犠牲者の方々が水を求めていたことから、このような慰霊碑が建てられたそうです。

 

この火も前回は何となしに眺めていたのですが、全国の12の宗派から届けられた「宗教の火」と、各地の工業地帯から届けられた「産業の火」を合わせて灯された火というのを知り、人々の想いが込められた火なのだと、改めて思いました。

 

しかも1964年8月1日に灯されてから一度も消えていないというのだから、すごいものです。

「核兵器が地上から姿を消すまで燃やし続けよう」というこの火。残念ながら今はまだ消せる日は近くはなさそうです。

 

動員学徒慰霊塔

f:id:Fukuneko:20170618153812j:plain

小学生の子供たちも来ていました

 

この動員学徒慰霊塔は、ざっくり言うと労働力として駆り出されて犠牲となった学生のために建てられたものです。

戦禍に倒れた学生、被爆して亡くなった学生約1万人を慰霊しています。

 

写真を撮っていたら修学旅行か社会科見学できているらしき小学生の子らがどいてくれました。お気づかいありがとうございます。

 

原爆の子の像

f:id:Fukuneko:20170618153817j:plain

たくさんの折り鶴

 

小学校の教科書でも読んだ、2歳で被爆し12歳で白血病を発症し亡くなった佐々木偵子さんがきっかけとなった像です。

 

病気が治ると信じて折り続けた折り鶴。生きたかったんだと思います。

 

細かいところまで見ると、他にも韓国の犠牲者のための慰霊碑など、平和記念公園にはたくさんの慰霊碑や被爆の遺構があります。

ちょっと巻きで回りすぎちゃったな。

 

広島平和記念資料館

f:id:Fukuneko:20170618154011j:plain

 

前回来た時と雰囲気が違うなあと思ったら、本館をリニューアル工事中とのことでした(帰ってきてから知った)。

パネルや画像で紹介するものが多くなっていたように思います。

 

f:id:Fukuneko:20170618154019j:plain

 

ひとつの爆弾が引き起こした無差別破壊。

当時の証言資料を読むと涙がこみ上げてくるものばかりです。

 

f:id:Fukuneko:20170618154033j:plain

 

原爆は広島、長崎ともに投下されましたが、原爆ドームが戦災遺構として残っているためか、広島の方がよく取り上げられる気がします。

 

原爆の威力としては長崎の方が大きかったんですよね確か。山に囲まれた地形が幸いして被害の範囲が狭まったとか。

そんな原爆投下計画のことも展示資料の中にありました。

 

f:id:Fukuneko:20170618154041j:plain

たまたまこの日も空に雲一つない青空でした

 

事件は日々それなりにありますが、世界的に見たら日本は平和だと思います。

街中を歩くの銃弾に怯えることもないし、空から砲弾が飛んでくることも(今のところ)ないです。

日々大好きな猫をふらふらと探し回れます。

 

そんな国に生まれたことを感謝しています。

犠牲となった方々をがっかりさせないためにも、No more Hiroshima, no more Nagasakiを訴え続けて行こうと思いました。

 

 

冷凍キャベツを解凍後すぐ使わなかったら食中毒になりました

f:id:Fukuneko:20170621225505j:image

少しでも爽やかな画像を

 

旅の記録の途中ですが、これからの季節に気を付けたい食中毒について身をもって体験したのでその記録です。

※少々汚い表現があるのでご注意ください。

 

キャベツを冷凍保存した

6/10の夜、使い切らなかったキャベツ約1/3玉をどうしたものかと、保存方法について調べました。

 

すると、カットして冷凍できるという。

 

ザク切りにして、タッパーに詰めて冷凍しました。

 

そして9日ほどの旅から戻り、キャベツをスープにしようと冷凍庫から取り出しました。

ここですぐ調理すれば良かったのですが…外出するため一旦冷蔵庫に入れておいたのです。

 

臭いに異変があったら使わない

そして夜、キャベツをスープにしようと冷蔵庫から取り出しました。

 

あれ、ちょっと臭い変かも…。

 

でも冷凍庫に入れておいたせいかもしれないな、とそのまま使いました。

が、やはり調理後も臭いがおかしい気がする…。

主人にはキャベツは出さずにおきましたが、ふくねこはもったいない精神で臭いの違和感を感じつつ食べてしまいました。

濃い味付けにし直したら食べられなくはなかったので。

これが18時頃。

 

あれ、気持ち悪い…?

夜、ドラマ「あなたのことはそれほど」略してあなそれの最終回を見ている途中、胃がむかむかする感じが…。

そしてあなそれを見終わってお手洗いに立った瞬間、

 

$€%#??€$@&!!!!

 

とてつもない吐き気に襲われ、お手洗いに駆け込みました。

後はご想像の通りです…。

主人は大丈夫だったので、たぶんあのキャベツが原因だと思われました。

 

この時は吐き気のみで、お腹にはまだ影響していませんでした。ただ、時間の問題でした(笑)。

 

お腹にもキター

一旦吐き気が落ち着いたところでシャワーを済ませたのですが、今度はお腹もおかしい。

 

食中毒かも…。

 

ただ、出血もないし排菌さえできれば治るだろうと、病院には行きませんでした。

 

夜は3回強い吐き気で目が覚め、お手洗いに駆け込むものの胃は空っぽで何も出ないので、胃液と胆汁っぽいものが出てきました。

便もいわゆる水下痢。

脱水になると困るので、少しづつ水を口に含んで飲み込んでいました(ゴクゴク飲むと吐いてしまった)。

 

翌朝、腹痛・発熱・関節痛

あまり寝られず朝を迎えると、吐き気は落ち着いてきたものの今度はキューーっとした腹痛と頭痛がしてきました。

おまけに身体中痛くてダルい。

 

こりゃもしやと熱を測ると37度。

体が菌と戦っている証拠なので解熱はせず、腸内環境を助けるためビオフェルミンを飲んで様子を見ることに。

ただ、頭痛と関節痛がどんどんしんどくなっていきました。

外は大雨だしお腹も痛いし病院行くのすらきつい。

 

脱水対策に主人にアクエリアスを買ってきてもらい、もう一度熱を測ったら38度に上がっている\(^o^)/

そりゃしんどいはずですわー。

 

38度を越えるとさすがにきついので、下痢が治まってきていたこともあり、解熱・鎮痛薬を飲みました。

その後一旦37度3分に下がり、バナナを1本食べられました。

 

しばらく起きていたのですが、やはりしんどくなり横になって、もう一度測ったら38度3分。久々に見た体温です。

 

頭痛と関節痛に絶賛見舞われ中だったため再度薬を飲んだら少し寝られたのか、ふと気付いたら汗びっしょり!体もだいぶ楽になっていました。

その後シャワーで汗を流してスッキリしました。

 

食べ物には気をつけよう

お腹はまだいつも通りの感じではありませんが、だいぶ回復しました。

 

検査をしていないので原因は不明ですが、おそらくあのキャベツかと思われます。

あれ?と思ったら捨てる勇気も必要ですね…。

 

牡蠣に中ったときもきつかったですが、今回もそれに匹敵するしんどさでした。

海外ではより一層食に気を付けようと心に誓ったふくねこでした。

 

 

【握手カフェ(Akushu cafe)】原爆ドーム前の落ち着けるカフェ

お好み焼き丼(オコモコ丼)が食べられるカフェ

f:id:Fukuneko:20170618153027j:plain

「握」と「手」も握手してる

 

広電原爆ドーム駅、折鶴タワーに雰囲気の良いカフェがありました。

 

宮島でごはんを食べ損ねた我々、とりあえず腹ごしらえだ!とこちらのお店に入りました。

 

f:id:Fukuneko:20170618153125j:plain

多言語で「握手」がデザインされてる

 

こちらのカフェのテーマは「握手」のようです。

 

握手と言えば2017年2月の安倍首相とトランプ大統領の19秒の握手が話題になりましたね。

握手後の安倍首相の表情が…。ストロングだったんでしょうか。

 

f:id:Fukuneko:20170618153035j:plain

ハンバーガーも美味しそう

 

注文はこちらのカウンターで。

そぼろ丼からフィッシュ&チップスまで幅広いメニューを取り揃えています。

 

f:id:Fukuneko:20170618153038j:plain

ライトが折り鶴

 

木のぬくもりと柔らかい暖色系のライトで落ち着きます。

駅前から離れているのでゆっくりできそうです。

 

お好み焼き文化は最高

f:id:Fukuneko:20170618153048j:plain

テーブルにオタフクソース!

 

さすが広島です。

こんなおしゃれカフェにもオタフクお好み焼きソース!

その左にある和タバスコのような辛いソースもオタフク製でした。

 

f:id:Fukuneko:20170618153306j:image

オコモコ丼480円

 

注文したのはそんなオタフクソースをフルに堪能できるオコモコ丼です。

 

ごはんの上にレタスなどのサラダ、ドレッシング、お好み焼きにソース、マヨがかかり、ロコモコらしく目玉焼きが載っています。

 

載っているお好み焼きはごはんに合うよう粉少なめ、具材メインで焼かれています。美味しい!!

 

炭水化物×炭水化物に見えますが、見た目以上に野菜たっぷりです。

 

ゆっくりしたくなるカフェ 

f:id:Fukuneko:20170618153154j:plain

木のカウンターテーブルが素敵

 

天井の折り鶴ライトも凝っていました。

 

WiFiが使えるのか分からなかったのですが、店員さんに聞いたら手書きでSSIDとパスワードを教えてくださいました。

 

f:id:Fukuneko:20170618153204j:plain

原爆ドーム側から見るとこんな感じ

 

週末は観光客で混み合うかもしれませんが、きれいで居心地の良いカフェでした。