世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

【函館山】旧登山道から登る函館山(所要時間:1時間以内)

f:id:Fukuneko:20161114192950j:image

 

歩いていける世界三大夜景

世界三大夜景のひとつ、函館山からの夜景。

そんな函館山へはロープウェイで登るのが一般的ですが、歩いても比較的簡単に行けます。

 

山好きとしては函館に行ったからには登らねば!と言うことで登ってきました。

しかも1日2往復。物好きです。

 

ルートはいくつかあるのですが、最も一般的なロープウェイ乗り場近くから登るルートを紹介します。

 

函館山の麓から

f:id:Fukuneko:20161114193126j:image

紅葉がきれい

 

函館山ロープウェイ山麓駅まで行くまでも、けっこうな坂を登って行きます。

 

f:id:Fukuneko:20161114193200j:image

上から見下ろしてもきれい 

 

この日は平日だったのですが、人が少なくていいですね。

ロープウェイの駅から山を見て左手の方に登山口があります。

道路標識の通りに進んで車道を登って行くと登山口に着きます。

 

いざ、函館山

f:id:Fukuneko:20161114193233j:image

左手は駐車場

 

散策コースも何個かあって、どのコースから登っても1時間前後です。 

 

f:id:Fukuneko:20161114193312j:image

踏破したい 

 

登山口から少し進むと分岐の看板があります。

宮の森コースと旧登山道コースに分かれます。

 

f:id:Fukuneko:20161114193431j:image

いこいの森まで往復してもよし 

 

旧登山道コースへ進みます。

 

f:id:Fukuneko:20161114193858j:image

でっかいタライかと思った

 

登山道を登っていると、函館要塞時代の貯水槽が出現します。

その脇を通り抜けて登り続けると1合目があります。

 

f:id:Fukuneko:20161114193505j:image

 1合目

 

2合目に行くまでの間に車道を何回か渡るので、車に注意してくださいね。

 

f:id:Fukuneko:20161114193533j:image

2合目

 

f:id:Fukuneko:20161114193936j:image

落ち葉がきれい

 

急な上り坂もないので、ハイキング気分で気楽に歩けます。

 

f:id:Fukuneko:20161114193551j:image

3合目

 

f:id:Fukuneko:20161114193612j:image

4合目

 

f:id:Fukuneko:20161114212212j:image

何の実だろう 

 

f:id:Fukuneko:20161114193633j:image

5合目

 

左手に進むと牛の背見晴所です。

こちらも行きたかったけれど、時間の都合で右手の旧登山道からつつじ山駐車場を目指します。

 

千畳敷まで行く余裕のある方は下山時にそちらのコースに行くのもおすすめです。

 

f:id:Fukuneko:20161114193659j:image

6合目

 

f:id:Fukuneko:20161114212324j:image

晴れ間が出た

 

f:id:Fukuneko:20161114193756j:image

7合目

 

7合目を過ぎたらつつじ山駐車場に出ます。

道を渡って最後の階段を登り切ったら展望台までもう一歩です。

 

f:id:Fukuneko:20161114212129j:image

雲の影が街にかかってた

 

展望台に登る前の少し低い目線から見る景色もきれいです。

 

登山の時間はだいたい50分〜1時間くらいと書かれていますが、健脚の方なら30分強で登れます。

(ふくねこの足で写真を撮りつつ35分でした。2回目はやや急ぎ足で30分)

 

ゆっくりでも1時間程度で登れると思います。

 

f:id:Fukuneko:20161114193731j:image

伊能忠敬が初めて北海道で測量した地 

 

伊能忠敬さんの石版の横を登ると展望台です。

その前にザ・函館山のモニュメントを。

 

f:id:Fukuneko:20161114193958j:image

間違いなく函館山

 

展望台も何階か階層があって1番上まで行くのが少ししんどいですが、ぜひご自身の目で見て欲しい景色です。

 

f:id:Fukuneko:20161114212715j:image

帰りに神々しい景色が見れました 

 

夜景登山はライトを持って

f:id:Fukuneko:20161114212829j:image

世界三大夜景

 

夜景を見るために登るなら、日没の1時間以上前には登山口から出発するようにしましょう。

山道は日没よりも暗くなるのが早いです。

そして明かりが全くありません!

ライトを持って登るとより安心です。

 

下山も登山道を通るなら、ライトが必須です。

ちなみに車道から下山するのは危ないのでやめましょう。怖かったです。

 

風が強くて寒いので、10月〜5月くらいは真冬の服装でもいいと思います。

夏でもウインドブレーカーなどがあると辛くないです。

 

気軽な函館山登山、ぜひ自分の足でも登ってみてくださいね。

 

f:id:Fukuneko:20161114212803j:image

外国っぽいのもいい

 

函館山周辺の宿泊はこちらから探せます→【Booking.com】