世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

吉祥寺の素敵な猫カフェてまりのおうち(写真多め)にゃんずと過ごす至福の時間

 猫分補充に猫カフェへ

f:id:Fukuneko:20170607173208j:image

いらっしゃいませ

 

吉祥寺東急裏の猫カフェ「てまりのおうち」に行ってきました。

入った瞬間から猫・猫・猫♡

 

いつもより写真多めでお送りします。

 

 朝イチ入場がおすすめ

f:id:Fukuneko:20170607173402j:image

かわいい看板は中道通り側からは見えない

 

訪れた猫カフェは吉祥寺東急のすぐ近くにある「てまりのおうち」。

引っ越してききてからずっと行きたかった猫カフェです。

 

何度か土日に覗いたことはあるのですが、混んでいることもあり断念。

この度ついに平日に行くことができました。

 

f:id:Fukuneko:20170607173422j:image

階段にある看板もかわいい

 

猫カフェは時間制のところが多いですが、ここ「てまりのおうち」は時間制限がありません。

 

つまりオープンの10時に入場して入り浸るなんてこともできちゃうのです。

(飲食物は持ち込み禁止です。)

 

f:id:Fukuneko:20170607173431j:image

何か下に居るね(足は夫)

 

そして「てまりのおうち」のもうひとつのポイントはお店のつくりです。

 

看板にもあるように、「ふしぎなネコの森」がテーマになっています。

入る前からしてかわいくてワクワクします。

 

f:id:Fukuneko:20170607173439j:image

なぜかハリネズミだった

 

いざ、ふしぎなネコの森へ

f:id:Fukuneko:20170607173449j:image

猫用ドアもあるのがポイント(開かないけど) 

 

前置きが長くなりましたが「てまりのおうち」にいよいよ突撃します。

 

このかわいいねこの扉を開け、まずはおうちに上がらせていただくための手続きをします。

ネコの森への入場手続きですね。

 

f:id:Fukuneko:20170607173508j:image

足元にも注目ですよ

 

f:id:Fukuneko:20170607173521j:image

入場手続きの受付

 

てまりのおうちは土足厳禁です。脱いだ靴は左手の下駄箱に収納します。

受付のスタッフさんは常駐ではありません。

猫さんたちとゲストのお世話で忙しく席を外していることも多いので、その場合は写受付の右上にあるニワトリの呼び鈴を鳴らすと、猫のようにどこからともなくスッと出てきてくれます。

そして受付でおうちの中での過ごし方の説明を受けます。

 

簡単にまとめると、

・入場料は後払い

・時間制限はないけど一度退出したら入れません

・抱っこはしないでね

・フラッシュ撮影は猫に良くないからダメですよ

・飲食物、おもちゃは持ち込まないでね

というようなもの。

 

了承し手を消毒したら、いよいよおうちへお邪魔します。

 

f:id:Fukuneko:20170607173629j:image

いきなり机に座ってた 

 

入場の際にスタッフさんが指定の席に案内してくださるのですが・・・一歩入ってその猫さんたちの多さに顔がにやけます!

はやる気持ちを抑えてまずは席へ。

 

 

なんということでしょう。

ふくねこ達が案内された席にはスコティッシュフォールドの「くま吉」さんという猫様がでーんと鎮座しておりました。

 

そして改めて辺りを見回すと猫天国。

 

f:id:Fukuneko:20170607174640j:image

右端の大きな猫は夫です

 

もうどの子から声をかけていいか分かりません。

そんな状態でドキドキしていたらなんと朝ご飯タイムになるという。

これは・・・

 

突撃てまりの朝ごはん!!!

 

猫たちのざわめきに混ざって人間たちもカメラを構えます。

 

f:id:Fukuneko:20170607174705j:image

ごはんにゃーごはんにゃー

 

f:id:Fukuneko:20170607174708j:image

はやくはやくー!はやくちょーだい!

 

猫さんたちにはそれぞれ決められたごはん皿があるようで、スタッフさんが一生懸命それぞれの猫さんに当猫のごはんが行き渡るようお世話していました。

 

栄養管理きちんとされているのねー。

 

時々「それは違うでしょ、自分のたべなさいっ」と他の子のごはんを食べている猫さんを離したりしていました。

 

f:id:Fukuneko:20170607174718j:image

うじゃうじゃ(右奥のアメショさんごはん狙ってる)

 

この光景を見るためにも朝イチ入場、おすすめです。

 

この日はふくねこたちの前に女性がお一人いらっしゃるのみでした。すごく慣れていらっしゃって、てまりのおうちのプロと呼ばせていただきました(心の中で)。

猫さんたちの名前も覚えていて、猫さんたちの撮り方も手馴れ感が半端なかったです。

 

推しメンの「ちり」ちゃん

f:id:Fukuneko:20170607174748j:image

反則のかわいさ

 

数々の猫さんたちの中でも、ふくねこのハートをわしづかみにした猫様がこちらです。

 

マンチカンの「ちり」ちゃんです。

ちなみにちりちゃんには美少年のお兄ちゃんがいます。

 

 f:id:Fukuneko:20170607213551j:image

こちらも反則のかわいさ

 

お兄ちゃんは「モップ」です。

 

歩く姿を見ていただくとわかるのですが、フサフサのモップそのものです。

しかしその美しさはただのモップではありません。きこりの泉に落ちたモップを泉から現れた女神様が取り出した最上級のモップです。

 

f:id:Fukuneko:20170607174755j:image

おいしかったにゃー

 

f:id:Fukuneko:20170607174803j:image

ペロリ

 

ちりちゃん・・・目を離している隙にごはん食べられてます。

 

どこを見ても癒し空間

f:id:Fukuneko:20170607174903j:image

フロア中央にはムーミンっぽいおうち

 

この「てまりのおうち」、猫さんが居るだけでなく店内がとても工夫されていて、どこを見てもほんわかできます。

 

猫たちが楽しめる空間は人間も楽しい。

 

f:id:Fukuneko:20170607174837j:image

猫さんがどこでも登れるようにステップが

 

どことなく飯能のムーミン谷を思い出します。

 

www.fukuneko-trip.com

 

ごはんを食べた後の猫さんたちは思い思いの時間を過ごしておりました。

 

f:id:Fukuneko:20170607174952j:image

身だしなみを整える「みるく」

 

みるくは吉祥寺にある姉妹店「とことこ雑貨店」の店長さんです。かわいい猫モチーフのアクセサリーや雑貨がたくさんあります。

てまりのおうちから近いのでそちらもぜひ。

 

f:id:Fukuneko:20170607175017j:image

キリッと3にゃんず

 

左から「きびたろう」、「ウィリアム」、「バルーン」。

 

f:id:Fukuneko:20170607175030j:image

誰か遊んでくれるかにゃー

 

「ピッピ」は靴下が特徴です。かわいすぎる。

 

f:id:Fukuneko:20170607175136j:image

見つめ合うにゃんず

 

もしかしたら席を譲ってほしいのかもしれない。

 

f:id:Fukuneko:20170607175215j:image

マズル(口元)を下から見上げるのが好きです

 

f:id:Fukuneko:20170607175248j:image

背中に重みが・・・!!!

 

そんな下からのアングルを撮ってしゃがんでいたら、突然ずしっと背中に重みが。

その後背中で爪とぎを始めました(笑)。

 

そして座る。

動けないふくねこ。

 

いや、このシチェーションは猫様からのご褒美。動いてはいけない。気のすむまでこのままでいてもらおう。

 

f:id:Fukuneko:20170607175304j:image

撮ってもらってた(ナイス夫!)

 

カフェメニューも充実

f:id:Fukuneko:20170607175510j:image

フードが来ると囲まれる

 

てまりのおうちは猫「カフェ」です。

人間のごはんもいただけます。ドリンクメニューが多く充実していて選ぶのも楽しいです。

期間限定で入口の缶バッジ(200円)をガチャガチャでゲットしておくとドリンクが無料になるサービスをしているので、缶バッジガチャ、おすすめです。

(2017年6月1日~30日)

 

f:id:Fukuneko:20170607175534j:image

豆乳きなこバナナ(580円)も無料で頼めた

 

f:id:Fukuneko:20170607175614j:image

気付いたらとなりのテーブルに

 

人間はテーブルに乗るとお行儀が悪いですが、猫さんが乗ったら芸術です。

 

f:id:Fukuneko:20170607175812j:image

まだ囲まれてる

 

ひたすら猫を愛でる

f:id:Fukuneko:20170607175922j:image

にくきゅう が あらわれた!

 

ふにふにしますか?

>はい

 いいえ

 

突然ですがこの肉球は前足でしょうか後ろ足でしょうか?

 

 

 

答えは

 

f:id:Fukuneko:20170607175940j:image

後ろ足でした

 

後ろ足の肉球ってなかなか拝めないので、ここぞとばかりに見つめさせていただきました。

 

あと、なぜかふくねこを気に入ってくださった猫様がいらっしゃいました。

 

f:id:Fukuneko:20170607180014j:image

えーと・・・

 

f:id:Fukuneko:20170607180025j:image

そこが落ち着くのかな

 

f:id:Fukuneko:20170607180034j:image

ぴったりくっついてる

 

実家の子はくっついてくれないので、久々のこの感じにほくほくしました。

 

f:id:Fukuneko:20170607180056j:image

おや・・・?

 

f:id:Fukuneko:20170607180102j:image

おさまってる

 

f:id:Fukuneko:20170607180113j:image

頭かくして

 

f:id:Fukuneko:20170607180124j:image

尻(としっぽ)隠さず

 

f:id:Fukuneko:20170607180128j:image

われ関せずのごま吉

 

f:id:Fukuneko:20170607180146j:image

箱入り息子のフィガロ

 

f:id:Fukuneko:20170607180156j:image

イケメン!!

 

f:id:Fukuneko:20170607180212j:image

「オペラ」と「ファニー」

 

f:id:Fukuneko:20170607180218j:image

見てると眠くなる・・・

 

f:id:Fukuneko:20170607180227j:image

じっ・・・

 

f:id:Fukuneko:20170607180315j:image

いちゃいちゃ(?)

 

電車内などでの人間のいちゃいちゃはあまり微笑ましくないケースが少なくないですが、猫さんのいちゃいちゃはどんないちゃいちゃでも微笑ましいです。

 

f:id:Fukuneko:20170607180328j:image

君たちの関節はどうなっているんだ

 

f:id:Fukuneko:20170607180341j:image

にゃにー?

 

ロシアンブルーのかかし君が寝ているところへピッピがやってきました。

 

f:id:Fukuneko:20170607180347j:image

 

ひっくり返ってじゃれてました。

猫パンチがさく裂しています。

 

f:id:Fukuneko:20170607180356j:image

 

迷惑そうなピッピの表情がまたいいです。

しばらくして飽きたようで、何事もなかったようにお互い毛繕いしていました。猫だ。

 

もう少し猫写真が続きます。

 

f:id:Fukuneko:20170607180422j:image

美脚にゃんこ

 

f:id:Fukuneko:20170607180431j:image

一目見たら忘れない「マッシュ」

 

近付いて来よう顔を出したところを撮ったのでぶれました。

 

f:id:Fukuneko:20170607180503j:image

猫が2匹(?)

 

f:id:Fukuneko:20170607180513j:image

器用になめますね

 

f:id:Fukuneko:20170607180533j:image

猫カフェの名前にもなっている「てまり」

 

f:id:Fukuneko:20170607133203j:image

むふーん

 

さすが家主、風格ある寝姿です。

 

f:id:Fukuneko:20170607180729j:image

ヘイ、トミー!

 

トミーはアメリカンカール。耳が特徴的です。

 

カメラ慣れしている子が多いのでアップでも撮らせてくれます。

 

f:id:Fukuneko:20170607180758j:image

もちもちキャットドッグ

 

夫からひと口もらったのですが美味しかったです。

食べ物を置いて席を離れるときはフードカバーでガードします。

 

f:id:Fukuneko:20170607180814j:image

アメショの「かえで」ちゃんも美猫

 

てまりのおうちはほんと美猫が多いです。

もはや猫キャバです。

 

外猫も大好きですが、猫カフェの猫さんたちもまたかわいいですね。

 

f:id:Fukuneko:20170607180918j:image

癒される

 

土日祝日は予約が安心

f:id:Fukuneko:20170607180608j:image

 

てまりのおうちに行くなら絶対平日の朝イチがおすすめです。

日によるかもしれませんが、予約なしでも問題なく入れました。

 

土日祝日は混むそうなので、席の予約をした方がよいとのことでした。

 

【入場料】 

平日:1200円+税

土日祝:1600円+税

 

10:00~21:00(入場後の時間制限なし)

19:00以降の入場は700円

 

かわいい猫さんたちと存分に触れ合ってきてください(=^ω^=)

 

【公式HP】

不思議なネコの森「てまりのおうち」東京 吉祥寺 猫カフェ

 

おまけ

朝ごはんの光景は猫島の青島を思い出しました↓

www.fukuneko-trip.com