世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

岡山・島根のセブンイレブンのおにぎりは味付け海苔だった!中部・中国地方のツナマヨおにぎり達

ツナマヨのある世界

 

Anytime, anywhere ツナマヨ.

昨今、ツナマヨおにぎりは日本のどこにいても、大抵はいつでもどこでも買うことができます。

 

そんな素晴らしい環境の恩恵にあやかって、今回の旅の道中もツナマヨを欠かさず補給することができました。

 

この旅でふくねこのガソリンとなったツナマヨ達をご紹介します。

 

※ただただツナマヨおにぎりが続きます。

 

名古屋駅売店

f:id:Fukuneko:20170701002110j:imagef:id:Fukuneko:20170701002123j:image

レモン果汁入り

 

まずは名古屋駅の高速バス乗り場に近い売店にあったシーチキンマヨネーズおにぎりです。

高山行きのバスに乗る前に購入。

 

味については触れません。

だってツナマヨは等しく美味しいのだから(覚えていないくらいなので普通に美味しかったのだと思います)。

 

名古屋ではファミマでもサンクスでも買いましたが、うっかり写真を撮り忘れました。

 

高山セブンイレブン

f:id:Fukuneko:20170701002141j:imagef:id:Fukuneko:20170701002147j:image

名古屋で製造

 

高山ではスパホテルアルピナ飛騨高山というホテルに泊まったのですが、そのすぐ近くにあるセブンで購入。

 

直前割でグレードアップされた部屋に安く泊まれた(1人6000円弱)というのもありますが、すごく素敵なホテルだったので、高山に泊まる予定のある方に全力でおすすめしたいです。

屋上の露店付き温泉も最高でした。

 

おにぎりは安定の味。

 

岡山セブンイレブン

f:id:Fukuneko:20170701011915j:imagef:id:Fukuneko:20170701011947j:image

味付け海苔!

 

岡山のセブンツナマヨは味付け海苔でした。その分カロリーアップ?

他にも味付け海苔のおにぎりが多かったです。

 

味付け海苔が好きなので岡山に住みたいと思いました。

 

 

f:id:Fukuneko:20170701002157j:imagef:id:Fukuneko:20170701002204j:image

 

こちらは番外編の「えびめし」。

岡山名物「えびめし」をおにぎりにしたものです。

本物のえびめしを食べたのは10年以上前ですが、このおにぎりを食べてこんな感じだったなあと思い出しました。

 

広島セブンイレブン 

f:id:Fukuneko:20170701002220j:imagef:id:Fukuneko:20170701002227j:image

ノーマル海苔に戻った

 

これはどこで買ったかな…。

広島のどこかのセブンイレブンです。

 

廿日市(はつかいち)って知らないと読めない地名ですよね。

 

島根セブンイレブン 

f:id:Fukuneko:20170701002249j:imagef:id:Fukuneko:20170701002301j:image

再び味付け海苔!

 

松江駅にて。

岡山工場の製品が届くためか、島根のセブンイレブンツナマヨおにぎりも味付け海苔でした。

 

味付け海苔のツナマヨにまた会えてうれしかったです。

 

鳥取駅ハートイン

f:id:Fukuneko:20170701002315j:imagef:id:Fukuneko:20170701002329j:image

雑穀米タイプ初めて見た

 

鳥取ではローソンやセブンイレブンといった大手コンビニに行く機会がありませんでした。

 

ちなみに鳥取県のセブンイレブン店舗数は19です(東京は2523)。

※2017年2017年6月末

 

ただ、なぜか鳥取駅のハートイン(駅のコンビニ)にツナマヨおにぎりがやたらと揃っていました。

全ては食べ切れないので、和風ツナマヨなどは除き、スタンダードな具材の4種を購入してみました。

 

f:id:Fukuneko:20170701002340j:image

ちゃんと雑穀米 

 

 

f:id:Fukuneko:20170701002347j:imagef:id:Fukuneko:20170701002354j:image

具が少なかった

 

こちらは鳥取県産米を使用。

もう少し…具が欲しかったです。製造者さんは地元の会社のようですね。長芋入りとはめずらしいです。

 

 

f:id:Fukuneko:20170701002359j:imagef:id:Fukuneko:20170701002405j:image

こちらも地元製造

 

ふんわりと自分で謳っているツナマヨおにぎりです。

ただ、ごはんの違いはそこまで分からず。具がそれなりにあり美味しかったです。

 

 

f:id:Fukuneko:20170701002421j:imagef:id:Fukuneko:20170701002428j:image

シノブフーズ

 

こちらは中国地方の方ならきっと見たことがあるQシリーズもの。

 

このシノブフーズ製の豆大福が大学生協に売っていて、それをお昼に買うのが楽しみでした。皮が厚めで美味しかったのです。

 

これらの他、和風のものやなぜか値段が高いツナマヨおにぎりも含めると、7種類くらいツナマヨおにぎりが売られていました。

あんなにたくさんのツナマヨを見たのは初めてです。興奮しました。

 

中部セブンイレブン 

f:id:Fukuneko:20170701002435j:imagef:id:Fukuneko:20170701002441j:image

暗い時間に買ったらしい

 

帰りに中部のどこかのセブンイレブンで購入したこちら。

昆布ごはんにツナマヨが入っています。

 

ツナマヨと昆布をセットで買うことが多いふくねこ。

これなら一個で済みます。すばらしい。

 

東京に戻ったら売っていませんでした…。ぜひ関東でも展開を!

 

それぞれの土地で食べるツナマヨおにぎり。

せっかくなら土地のものを食べたらいいのに、という思いもありますが、やはりご当地で食べるツナマヨもまた格別なのです。

 

別枠: とうふちくわ 

f:id:Fukuneko:20170701002613j:image

 

鳥取伝統のとうふちくわ。大好きです。

とうふちくわは、とうふのふんわり感があるちくわです。どうしよううまく言えない。

 

ちくわの半分くらいの原材料が豆腐でできています。

 

ちむらのとうふちくわが特に好きです。ねぎ、カレー味などいろいろあります。

これとおにぎりをバスの中で食べられたのが幸せでした。

 

東京のアンテナショップで1本200円くらいするのですが、たまに食べたくなります。

鳥取びいきもありますが、全国の方に食べていただきたいちくわです^^

 

 

旅のツナマヨについてはこちらもあります↓ 

www.fukuneko-trip.com

 

www.fukuneko-trip.com