世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

パリ観光②:ルーブル美術館のお宝「モナ・リザ」と「ミロのヴィーナス」を探してきた

f:id:Fukuneko:20171024053748j:image

 

芸術の街、パリ。

誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「ルーブル美術館」にやってきました。

 

f:id:Fukuneko:20171026040226j:image

 ルーブル美術館日本語HPより

 

全作品を見たら1週間以上かかると言われる収蔵数を持つルーブル美術館。

 

パリ観光の時間もあまりないので、ここでは「モナ・リザ」と「ミロのヴィーナス」を絶対に見ようと決めて回りました。

 

 

エントランスから分からない

f:id:Fukuneko:20171024053753j:image

 

「パリミュージアムパス」も無事購入できたのでエントランスへ向かいます。

 

が、「あれ?入口どこ?」

 

入口から迷いましたが、インフォメーションと反対のエスカレーターを上がったところにありました。

 

f:id:Fukuneko:20171026033658j:plain

 

入り口バーコードを読み取って入場。

 

入った先からきらびやかです。

 

f:id:Fukuneko:20171024055616j:plain

エントリーナンバー3

 

かと思いきやしょっぱなからこんな作品が展示されていました。

 

ルーブル美術館は芸術の懐も広い。

 

f:id:Fukuneko:20171024055627j:plain

どこかで見たような天井

 

更に進んだ廊下には絵画の展示。

そして見事な天井!

 

f:id:Fukuneko:20171024055606j:plain

他は落ち着いた通路

 

ずっとあんな金ピカなのかと思ったら一部だけでした。

 

ただご覧の通り人が多いです。

これでもピークの時期よりは少ないそう。

 

モナ・リザの場所

f:id:Fukuneko:20171024055623j:plain

案内が出てます

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの名画「モナ・リザ」はDenon(デュノン)翼(セーヌ川側)と呼ばれるエリアの2階、展示室6にあります。

 

とは言っても広い美術館。

だんだんどこを歩いているか分からなってきます。

 

でも大丈夫です。

館内の所々にモナ・リザの案内が出ています。

 

f:id:Fukuneko:20171024055648j:plain

途中で見た大きな絵画

 

その表示を頼りに進めば麗しのモナ・リザに出会えます。

 

f:id:Fukuneko:20171024055642j:plain

分かりやすくモナ・リザ

 

 混雑時にはモナ・リザを見るための行列が伸びているので分かる場合もあるようです。

 

今回は幸いそこまでの混雑はありませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20171024055638j:plain

この壁の裏に 

 

案内版の先へと進みます。 

 

f:id:Fukuneko:20171024053809j:image

モナ・リザ!!

 

モナ・リザの前は分かりやすく人だかりです。

 

モナ・リザ、大人気です。

ただ、モナ・リザの絵はガラスの仕切りに入れられており、さらに手前にはロープが張ってあり近付くことはできません。 

 

f:id:Fukuneko:20171024053818j:image

遠目に何とか撮れた(ボケてる)

 

写真はいくらでも転がっているので、モナ・リザを肉眼で見れたことに満足してその場を去りました。

 

神秘的な美女でした。

 

その他の作品も素晴らしかったです!

 

f:id:Fukuneko:20171024060147j:plain

 

f:id:Fukuneko:20171024060158j:plain

 

サモトラケのニケは階段の踊り場

f:id:Fukuneko:20171024060201j:plain

 

こちらはギリシャ彫刻の「サモトラケのニケ」。

 

翼を持つ女神の像で、紀元前190年頃の作品です。

3m以上もあります。

 

Denon翼2階、ダリュの階段踊り場にあるので、これを見たら2階に居るんだなという目印になります。 

 

f:id:Fukuneko:20171024060312j:plain

 

ニケの後ろ側はこんな廊下でした。

 

ミロのヴィーナス(アフロディーテ)の場所

f:id:Fukuneko:20171024060231j:plain

古代ギリシャ彫刻だらけ

 

続いて「アフロディーテ」、通称「ミロのヴィーナス」を探します。

 

ミロのヴィーナスはシュリー翼1階、展示室7にあります。

シュリー翼はモナ・リザと反対側の建物です。

 

こちらも案内を見つけてたどり着けました。

 

f:id:Fukuneko:20171024060349j:plain

 

ミロのヴィーナスは360度どこからでも見ることができます。

 

ところでこのアフロディーテは30代女性という説をどこかで聞いたのを覚えています。

それは、お腹周りの感じから30過ぎの体つきだと考えられたそうなのですが…。

 

f:id:Fukuneko:20171024060245j:plain

まじまじと見つめる

 

確かにくびれ具合がピチピチギャルではないように見えます。

鍛えられたお腹で素敵です。

 

f:id:Fukuneko:20171024060333j:plain

美しい

 

いい意味で肉厚のあるボディラインと姿勢がバランスよく、美しい彫像でした。

 

f:id:Fukuneko:20171024060702j:plain

 

個人的にはこの背中に子供の手が残された彫像が気になりました。

 

f:id:Fukuneko:20171024060244j:plain

 

解説が読めなかったのですが、何だかとても惹かれたのです。

 

f:id:Fukuneko:20171024060325j:plain

 

せっかくなのでその他の彫刻も見ながら出口に向かいました。

 

猫らしき生き物の作品もあって何だかうれしかったです。

昔から猫が親しまれていたんだなあ。

 

ルーブル美術館の所要時間

f:id:Fukuneko:20171024060327j:plain

大きな猫ではなくスフィンクス

 

ルーブル美術館はとにかく広いし階段もあるので見るのが大変です。

 

そしてよっぽど美術作品を見るのが好きじゃなければ、ずーっと見ていると正直飽きます(すみません)。

 

このくらいに的を絞って観てちょうどよい具合でした。

 

f:id:Fukuneko:20171024060330j:plain

出口も芸術的 

 

モナ・リザとニケ、ミロのヴィーナスとその途中の作品を観てだいたい1時間半くらいの所要時間でしたが、内容としてはけっこう満足です。 

 

f:id:Fukuneko:20171024053829j:image

空が見えてほっとする

 

事前にパリミュージアムパスを購入しておくのがおすすめですが、普通に並んで入場したら全部で4時間くらいはかかると思います。

 

パスがあれば並ぶ時間を半分くらいには短縮できそうです。

 

なお、パリミュージアムパスは日本でも購入可能です。

パリミュージアムパス 日本語サイト | 日本でのご購入

 

ルーブル美術館には無料開放日もある

f:id:Fukuneko:20171024053836j:image

中央の作品に目を向けざるを得ない

 

ルーブル美術館はなんと18歳未満の方は無料です。

うらやましい!

 

f:id:Fukuneko:20171026074536j:plain

晴れた日にも撮りました

 

通常の入場料金は2017年10月時点で15€。

 

ただ、一般無料観覧日というのがあり、10月から3月までの毎月第一日曜日はなんと常設展が無料で開放されています。

フランス革命の記念日である7月14日も無料です。

 

ただ、すごく混みそうですね^^;

 

26才未満の方は国籍に関わらず金曜日の18時以降の夜間観覧が無料です。

(年齢を証明する身分証明書の提示が必要。)

 

カルーセル凱旋門を抜けてチュルイリー公園へ

f:id:Fukuneko:20171026074649j:plain

 

ルーブル美術館のお隣にはチュルイリー公園という大きな公園もありました。

 

美術館から西、カルーセル凱旋門を抜けていきます。

 

f:id:Fukuneko:20171026075049j:plain

 

本家の凱旋門にも負けてません。

(いや、やっぱり負けるか。)

 

f:id:Fukuneko:20171026034559j:plain

 

手入れされた植木の横を抜けていきます。

 

f:id:Fukuneko:20171026034612j:plain

 

この先はずーっとコンコルド広場、シャンゼリゼ通り、凱旋門へと続いています。

 

パリ、平たい!

 

f:id:Fukuneko:20171024053905j:image

 

公園の横に謎の3体の像が。

 

その上の写真と空模様が違うのは別々の日に撮ったからです。

パリ3日目にようやく晴れました。

 

f:id:Fukuneko:20171024053927j:image

 

これ、「ポピー・ザ・ぱフォーマー」というアニメに出てきたキャラに似ているんですが…分かってくれる方がいたらうれしいです。  

 

f:id:Fukuneko:20171026034328j:plain

 

こんなサイコロも落ちてました。

遊び心。 

 

f:id:Fukuneko:20171026055713j:plain

 

反対側の芝生では花壇の手入れ。

植え替えのためか、花がザシザシと抜かれてトラックに積まれていました。

 

枯れる前に抜いちゃうんですね。

 

何だか花がかわいそうだな、と思いましたが、今考えると一番美しいときに役目を終えるのもまた花にとっていい生涯なのかもしれません。 

 

f:id:Fukuneko:20171026055439j:plain

 

ルーブル美術館の西から続くチュルイリー公園はそのままコンコルド広場、オランジュリー美術館に続いています。

 

f:id:Fukuneko:20171026055706j:plain

 

たくさんの整然とした並木があり、素敵な景観でした。

 

ピクニックしたりベンチで休んでいる方もたくさん。

 

f:id:Fukuneko:20171026055425j:plain 

コンコルド広場の手前にあるオクトゴナルの池に着きました。

鳥も人も池を囲んで思い思いの時間を過ごしています。

 

このままオランジュリー美術館に向かいます。