世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

バルセロナ2泊3日でガウディ建築を堪能!②:カサ・ミラとカサ・バトリョ行くならどっち?

バスでグエル公園から24番のバスでカサ・ミラの近くの「Passeig de Gracia」まで乗り、カサ・ミラにやってきました。

 

カサ・ミラ(別名ラ・ペドレラ)に続き、カサ・バトリョ(カサ・バッリョ)、カタルーニャ音楽堂のガウディ建築を見学していきます。

 

 

カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)

f:id:Fukuneko:20171029225535j:image

波打ってる

 

Passeig de Garsiaのバス停からガルシア通りをカタルーニャ広場方向に歩いて行くと、左手にひと際目を引く建物が現れました。

 

f:id:Fukuneko:20171031021402j:plain

これはなんだ

 

カサ・ミラが何かをあまりよく知らなかったふくねこでも一目で分かります。

これは何か大変なものだ・・・!

 

カサ・ミラは「ミラ邸」という意味で、言うなればミラさんのお屋敷。

当時この建築はあまり評価されなかったようで、その外観から「石切り場」を意味する「ラ・ペドレラ」と呼ばれました。

 

ここでは今もその呼称で親しまれています。

 

カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)の入場料

f:id:Fukuneko:20171031021424j:plain

 

カサ・ミラの入場チケットには4種類あります。

※金額は2017年10月時点の大人一枚。

 

デイチケット(指定した日の日中に入場可):22€

プレミアムチケット(日中であればいつでも優先入場可):29€

デイ&ナイト(昼も夜のライトアップ時も入れる):41€

ナイトチケット(夜のライトアップ時に入れる):34€

 

なかなかの高額!

 

デイチケット以外はすべて何かしらの特典が付いています。

詳しくはラ・ペドレラのHPからご確認ください。

 

今回はデイチケットで入場。

チケットはWEBでも購入可能ですが、窓口で購入しても金額は変わりませんでした。

 

ラ・ペドレラの建物内へ 

f:id:Fukuneko:20171031021702j:plain

パティオも曲線 

 

日本ではカサ・ミラの名前がメジャーなようですが、音声ガイドでも「ラ・ペドレラ」が使われていたのでここでもラ・ペドレラと呼ぶことにします。

 

ラ・ペドレラの内部に入るとまずその構造に息をのみます。

 

ヨーロッパ建築では内側を囲うように建物が建っていることが多いですが、それが曲線というのに衝撃です。

 

しかもそれを1910年に建てたという飛びぬけた発想力。

 

f:id:Fukuneko:20171031021717j:plain

屋上もなんだかすごいことに

 

この建物は今も賃貸住宅として利用されていて、実際に住んでいる方もいらっしゃるというから驚きです。

 

f:id:Fukuneko:20171031021724j:plain

ジブリの世界が現実に

 

家賃いくらぐらいなんだろう・・・ と思って調べてみたら、1200€程と。

1€約130円くらいとして156000円。

 

あれ?意外に安い!

 

f:id:Fukuneko:20171031021732j:plain

これも計算かな

 

屋上もまるで公園のような造り。

 

ガウディはワクワクを作る天才だったのかも。 

 

f:id:Fukuneko:20171031021740j:plain

 

屋根裏は魚の骨からヒントを得た形状だったかな?

 

これもユニークです。

 

f:id:Fukuneko:20171031021755j:plain

 

屋内の展示エリアにはラ・ペドレラの模型。

 

うねうねしています。

 

f:id:Fukuneko:20171031021815j:plain

 

これはガウディがよく利用したフニクラについて説明している場所にあったモデル。

 

ガウディは生き物や植物など自然界にある形状を多く取り入れていたそうです。

 

内部では当時のブルジョワ階級の暮らしぶりも見ることができました。

 

f:id:Fukuneko:20171031022950j:image

子供部屋

 

子供部屋は車の音など外の騒音が届きにくいよう内側に作られていたそうです。

 

f:id:Fukuneko:20171031023000j:image

お人形はいつの時代もお友達

 

f:id:Fukuneko:20171031023015j:image

メイドさんの部屋

 

f:id:Fukuneko:20171031023028j:image

シンプル

 

f:id:Fukuneko:20171031023034j:image

キッチン

 

f:id:Fukuneko:20171031023045j:image

大きなカマドも

 

f:id:Fukuneko:20171031023106j:image

何の部屋だったかな

 

f:id:Fukuneko:20171031023117j:image

主寝室ではないベッドルーム

 

f:id:Fukuneko:20171031023141j:image

バスルーム

 

f:id:Fukuneko:20171031023142j:image

広い!

 

f:id:Fukuneko:20171031023155j:image

書斎かな?

 

f:id:Fukuneko:20171031023208j:image

ダイニング

 

f:id:Fukuneko:20171031023213j:image

主寝室

 

f:id:Fukuneko:20171031023231j:image

主寝室用のバスルーム

 

当時この主寝室専用のバスルームを設置するのはそれまでなかったそうです。

 

f:id:Fukuneko:20171031023250j:image

階段の手すりが気持ちよかった

 

カサ・バトリョ(カサ・バッリョ)  

f:id:Fukuneko:20171031021959j:plain

 

続いてカサ・バトリョです。

カサ・ミラの少し南にあります。

 

f:id:Fukuneko:20171031022014j:plain

 

 こちらもバトリョ邸、バトリョさんのお屋敷です。

 

バトリョがスペイン語、バッリョがカタルーニャ語読みだそう。

 

カサ・バトリョの入場料

f:id:Fukuneko:20171031022018j:plain

 

こちらの入場料はかなりいいお値段です。

一番安い普通の入場チケットでも窓口で買うと28€。

 

何時になるか分からず最初WEBから窓口に並んでいたのですが、並んでいるときに「ウェブサイトから購入すると23.5€です。今購入しても入れます」という案内があり、その場でその時の日時を指定してEチケットで入場できました。

 

チケットはカサ・バトリョ公式HPから予約するのが断然お得ですよー!

 

音声ガイド端末に隠れた秘密が

f:id:Fukuneko:20171031022038j:plain

 

カサ・バトリョは海の中をイメージして作られていて、天窓がカメの甲羅風だったり、階段が波打つ形だったり、まるでディズニーのアトラクションのようでした。

 

f:id:Fukuneko:20171031022036j:plain

 

しかもガイドの端末をポイントにかざすと素敵な仕掛けが!

 

天井のカメの甲羅のような窓からカメが出てきて画面の中で泳ぎ始めました。

これは楽しい!!

 

f:id:Fukuneko:20171031022101j:plain

まるで竜宮城

 

f:id:Fukuneko:20171031022106j:plain

 

窓枠も曲線。

外にはサンゴ礁のような柵も。

 

見飽きない室内と仕掛けだらけの粋なガイドでなかなか足が進みません。笑

 

f:id:Fukuneko:20171031022109j:plain

暖炉からキノコ出てきた 

 

f:id:Fukuneko:20171029225706j:image

差し込む光

 

本当は部屋には何もないのですが、画面の中では家具が配置されています。

 

f:id:Fukuneko:20171031023507j:image

天井ミルククラウン

 

ダイニングの天井にはミルククラウンの装飾。

 

食事をする部屋にぴったりです。

 

曲線と木の暖かみある空間

f:id:Fukuneko:20171031022115j:plain

 

手すりにもこだわりがあり、木で作られたとても触り心地のよい手すりでした。

壁にもがないから気持ちも滑らかに降りられます。

 

f:id:Fukuneko:20171031022229j:plain

 

エレベーターも海の中を思わせるデザイン。

 

柵にも木が使われているのがガウディのこだわりだそう。

 

f:id:Fukuneko:20171031022236j:plain

 

屋根裏部屋もアーチ状。

魚の骨のようです。

 

壁から入る光は自然光。

うまくできています!

 

f:id:Fukuneko:20171031022239j:plain

 

エレベーターのある吹き抜けにもある工夫が。

 

この青い色、上に行くほど色が濃くしてあります。

天井からの光を受けて色が均一に見えるようにしているのです。

 

f:id:Fukuneko:20171031022308j:plain

 

明るいと白っぽくなりますもんね。

 

窓も上は小さめに、下は大きく採光のバランスが取られています。

 

f:id:Fukuneko:20171031022309j:plain

 

屋上はまるでお城のようでした。

 

夜には「An evening toast」と言ってライトライトアップされた屋上でスパークリングワインを飲むチケットもあったりします。

 

f:id:Fukuneko:20171031022325j:plain

 

ここは水のタンクがあった場所。

こんなおしゃれなオブジェになっていました。

 

f:id:Fukuneko:20171031022343j:plain

最後まで素敵

 

正直「入場料高ッ!!!」と思ったのですが、入ってみると大満足のカサ・バトリョでした。

 

カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)かカサ・バトリョどちらに行くか迷ったら、個人的にはカサ・バトリョがおすすめです。

 

カタルーニャ音楽堂

f:id:Fukuneko:20171031023851j:image

これかと思ったら奥だった

 

カサ・バトリョからさらに南寄りに進み、カタルーニャ音楽堂にも足を伸ばしました。

一瞬手前のピンクの建物かと思ったのですが、奥にちゃんとした建物を発見。

 

カタルーニャ音楽堂はガウディの師モンタネールが手がけた建築です。

バルセロナ市内だとサン・パウ病院もその一つです。

 

カタルーニャ音楽堂の見学ツアー料金 

f:id:Fukuneko:20171031023906j:image

 

カタルーニャ音楽堂は現在も現役でコンサートが開催されており、日中は見学ツアー(公式サイトで予約可)が行われています。

料金は18€。

日本語はなく、英語、カタルーニャ語、スペイン語、フランス語、イタリア語のどれか。

 

公園準備があるときは開いていないこともあるようです。

 

f:id:Fukuneko:20171031023919j:image

 

見学ツアーの入口は裏側で、こちらは表側。

 

f:id:Fukuneko:20171031023942j:image

 

こちらからも内部が少し見えました。

 

f:id:Fukuneko:20171031024002j:image

かわいいチケットブース

 

今回見学コースの時間が終わっており入場しなかったのですが、次回はぜひ中も入ってみたいです!

 

カタルーニャ広場も行ってみた

f:id:Fukuneko:20171031024157j:plain

 

近くにカタルーニャ広場があったのでこちらも行ってみました。

 

噴水もあって鳩の憩いの場にもなっている様子。

 

回数券に助けられた

f:id:Fukuneko:20171031024459j:plain

鳩まみれ

 

次の瞬間、お米(?)を袋に持ったおじさんがそれをまき散らし、鳩が一斉にむらがりました。

 

はしゃいで鳩の大群に突入して間とまみれで写真を撮っている中国系のおばちゃんが何だか可愛かったです。

(左の女の子ではないです。)

 

f:id:Fukuneko:20171029225751j:image

あと4回分は明日

 

帰りはメトロでホテル近くのサグラダファミリア駅まで戻りました。

バスでちゃんと寝られなかったので回数券で気楽にメトロやバスに乗れてよかったです!

 

サグラダファミリアの予約が取れたのは翌日になってしまったので、明日サグラダファミリアへ入ります。

楽しみです。