世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

日帰りミャンマー!タイのメーサイから小1時間ほど国境の街タチレクに滞在してきた

タイから日帰りでミャンマーに行ける

f:id:Fukuneko:20170801225323j:plain

見渡す限りミャンマー

 

タイ北部の国境の街、メーサイ。

 

タイの国家プロジェクトとして栽培されている「ドイ・トゥン(Doi Tung)」コーヒーの産地として有名ですが、ミャンマーへの出入り口でもあります。

 

せっかくなのでドイ・トゥンコーヒー農園の見学とセットで日帰りミャンマーしてきました。

 

同日に出国、入国のスタンプが付くのが新鮮でした!

 

タイとミャンマーの国境へ

f:id:Fukuneko:20170801225354j:plain

山が国境になってる

 

正式な国境越えをする前に、コーヒー農園にほど近い国境に案内してもらいました。

 

ここは展望台からミャンマーが見渡せるようになっています。

 

f:id:Fukuneko:20170801225400j:plain

たぶんこの柵が国境

 

ミャンマー、大自然です。

 

山好きのふくねことしてはこのまま尾根を歩いて行きたいところですが、後々まずいことになりそうなので見るだけで我慢。

 

f:id:Fukuneko:20170801225404j:plain

稜線が見えると歩きたくなる病

 

f:id:Fukuneko:20170801225412j:plain

振り返ればタイ軍

 

なお軍の方々の写真OKです。

 

「一緒に写真撮りに行く?」とガイドさんが言っていたのですが、近くにいた男性ガイドさんにタイ語で話して、不穏な空気。

 

怪訝な顔をしたガイドさんが我々に「麻薬(ケシ?)やってるから近づかない方がいいみたい」みたいなことを伝えてきました。

英語なので聞き取った単語が正確ではないかも。

 

とりあえず行かない方がいいことは確かでした。

 

簡単に不正入国できてしまう

f:id:Fukuneko:20170801225430j:plain

左がミャンマー、右がタイ

 

続いて、ガイドさんが案内してくれたのは手続きなしでミャンマーに入れてしまう場所。

 

「山が国境だからここは自由に行き来できてしまうのよ」

というようなことを言ってぴょんとこの国境を越え

「Myanmer!」

と笑顔で言ってきました(笑)。

 

f:id:Fukuneko:20170801225439j:plain

国境に立ってる

 

そこで我々もイミグレを通らずミャンマーに勝手に入国してきました。

 

f:id:Fukuneko:20170801230244j:image

不正入国成功!

 

大丈夫そうだとは分かっていてもちょっとドキドキしますね。

 

あと関係ないですが上の写真だと右腕が変な風に曲がっていますが、角度の問題で心霊写真ではありません大丈夫です。

 

f:id:Fukuneko:20170801225448j:plain

ミャンマーから見た景色

 

何となくミャンマー側からも写真を撮ってみましたが、何も変わらないですね。

 

大地はつながっていて、国境は後から人間が勝手に決めたもの。

同じ空気があって、同じ空があって、同じ太陽に光が降り注いでる。

 

f:id:Fukuneko:20170801225454j:plain

おらには関係ねぇだ

 

国境付近で寝ている犬がいました。

平和だ。

 

f:id:Fukuneko:20170801225506j:plain

このゲートは国境じゃなかった

 

f:id:Fukuneko:20170801225511j:plain

下の方に見えるのはミャンマーの街

 

この後アカ族の集落のカフェに寄り、国境へと向かいました。

 

ああ…山登りしたい!

 

国境の街、メーサイ(Mae Sai)へ

f:id:Fukuneko:20170801225531j:plain

ブッフェ形式のランチ

 

このツアーは昼食付きだったので、メーサイの街でランチタイムとなりました。

 

ブッフェ形式とのこと。

血、いや、胃が騒ぎます。

 

フライドライス(チャーハン)や焼きそば、フライドチキン、野菜炒め(すごく美味しい)、タイヌードルなどからデザートまで。

 

い、胃袋が足りない…!!

 

f:id:Fukuneko:20170801230454j:image

マンゴースティッキーライス

 

チャーハンや野菜炒めも美味しかったのですが、中でもお気に入りはこの「Mango sticky rice」。

 

もち米とマンゴーに甘いココナッツミルクをかけて食べるという

「お米=おかずと食べるもの」

という図式ができている日本人にとって非常に斬新なデザートなのですが、これ、すんごく美味しい!!

 

もう一杯食べたかったー!!

 

タチレクからミャンマー入国

f:id:Fukuneko:20170801225544j:plain

タイよひと時のさらば

 

前置きが長くなりましたがいよいよ正式にミャンマー入国です。

 

出国はわりと簡単で、すぐにスタンプを押してもらえました。

一時的とはいえ通常の出国と同じなので、持っていた出国カードもここで回収されます。

 

f:id:Fukuneko:20170801225603j:plain

ミャンマー側のイミグレまですぐ

 

メーサイとタチレクの国境は川になっていて、橋を渡ると国境越えです。

歩いて国境越えするのはカンボジア→タイで経験しているので戸惑いなし。

 

ここの国境はきれいなので変な怖さがないです。

 

f:id:Fukuneko:20170801225611j:plain

左ミャンマー、右がタイ

 

意外にミャンマー側の方がきれいですね。

(ミャンマーの方ごめんなさい。)

 

f:id:Fukuneko:20170801225620j:plain

ミャンマー語!全然読めない(タイ語も読めない)

 

ミャンマー側のイミグレで一時入国の手続きをします。

タチレクのマーケットだけならビザ不要で、1人500バーツを支払って緑色の一時入国許可証みたいな紙を作ってもらいます。

イミグレにパスポートを預け、その紙を持ってミャンマーへ入国しました。

 

ところでガイドさんは出国手続きを特にしていなかった気がするのですが…。

 

顔パスなのか特別なパスを持っているのか不明ですが、見た限りパスポートを提示するシーンはありませんでした。

謎。

 

マーケット散策

f:id:Fukuneko:20170801225627j:plain

商店街ですね

 

イミグレを出て少し歩くとすぐ右手にマーケットへ降りる階段があります。

 

そこまでの間にタクシーやトゥクトゥクの運転手さんがめちゃくちゃ声を掛けてくるのですが、ガイドさんがたぶん「マーケットだけ見てすぐ帰るの」みたいなことを言っているのか、みんなすぐに勧誘をやめます。

 

タチレクのマーケットはというと、特にタイとあまり変わりません。

タイバーツも使えます。

 

タイより少し物価が安いそうです。

 

f:id:Fukuneko:20170801230504p:image

国境越えてる

 

特に買うものもないふくねこたち。

飽きてきたな~と言う頃にスコール!

 

あっという間にあちこち水浸しになりました。

 

f:id:Fukuneko:20170801225631j:plain

雨宿りさせてもらった

 

f:id:Fukuneko:20170801225639j:plain

後ろの人が傘をさすシステム

 

こんな雨の中でもバイクで移動する人は移動していて、だいたい二人乗りで後ろの人が傘をさしています。

 

あとみんなお店の前に雨水が集中して垂れる場所にバケツを置いて水をためていました。

冠水防止か生活用水なのか。

 

雨が落ち着いてきたのを見計らい、タイに戻りました。

 

再入国の際はまた入国カードを記入します。

すぐに入国できるかと思ったらパスポートを念入りに見ているようで時間がかかりました。

 

「Can you speack English?」と聞かれた後、

・あとどのくらいタイにいる予定か?

・タイの後どこかに行く予定か?

と質問されました。

 

2、3週間タイに居る予定というのと、この後マレーシアに行くと答えると、パスポートを再度チェックして入国スタンプを押してくれました。

ホッ。

 

f:id:Fukuneko:20170802011306j:image

ミャンマースタンプも付いてる

 

タイに再入国したので、滞在期間がリセットされ新たに30日が付与されていました。

 

チェックに時間がかかったのは、タイでの滞在期間を延ばすためにビザラン(一時出国して再入国することで滞在期間をリセットし、ビザなしで滞在期間をゲットすること)する人と思われたからかもしれません。

 

※タイは2015年夏ころから2回目移行のビザランが禁止されました。

 

入国してから1週間くらいでの再入国なので深く突っ込まれずに済んだのかもしれません。

 

これが30日ギリギリとかだったらもう少し厳しかったのかも。

 

これを入国と言って良いのか謎ですが、世界一周4ヶ国目にミャンマーが加わりました(笑)