世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

谷中の猫が居るカフェ「ねんねこ家」さんで猫のひとときと猫まんじゅう

猫好きの間で有名な、谷中の猫の居る喫茶店「ねんねこ家」さん。

2018年11月に閉店されてしまうということを知り、行ける時に行っとこう!と思い立ち行ってきました。

 

もくじ

 

路地に現れる喫茶店

f:id:Fukuneko:20180410215648j:plain

 

「ねんねこ家」さんは谷中銀座から徒歩約10分、東京メトロ根津駅から歩いて約5分の場所にあります。

日暮里駅からだと徒歩15分ほどです。

 

f:id:Fukuneko:20180410220118j:plain

谷中銀座をぶらぶらした後たのですが、ここにきてようやく猫さんの姿を捉えることができました!

 

f:id:Fukuneko:20180410215907j:plain

サバねこチョビさん

 

猫の姿に心躍らせながら近づくと、お店の猫さんが肉球マットに乗ってお出迎え。

首輪についている猫札もかわいいです。

 

現在はカフェのみ営業(2018年11月まで)

f:id:Fukuneko:20180410220131j:plain

 

お店の全貌はこんな感じ。

右の赤い鳥居のある場所は、もともとゲストハウスをされていた2階への入口です。

諸事情からゲストハウスの営業は終了してしまいましたが、カフェとしての営業は11月までされているそうです。

 

f:id:Fukuneko:20180410220337j:plain

 

カフェのメニューは

・にゃポリタン(ナポリタン)

・にゃんカレー

・猫舌シチュー

 

デザートとしては肉球型のしらたまぜんざい、ねこまんじゅう。

もちろんドリンクもあります。

 

お値段は正直高めですね^^; 

 

f:id:Fukuneko:20180410221206j:image

 

ちなみに猫まんじゅうは桜あん、チョコチップあん、抹茶あんの3種。

かわいい!!

 

f:id:Fukuneko:20180410220722j:plain

 

さっきから足元で寝てるにゃんちゃんは大人しく人懐っこくなでなでしても逃げません。

 

久々に猫の体に触れられて最高の気分です(*´ω‛*)

やっぱり定期的に猫分を補充しないとだめだな。

 

ねんねこ屋さんの店内は飲食のみ

f:id:Fukuneko:20180410220206j:plain

 

店頭でにゃんちゃんを撫でてニヘニヘ顔になっていたら、ねんねこ屋さんの女将さんに「良かったら中もどうぞ」と言っていただいたのでおじゃましてきました。

 

本当は店内は飲食目的のみの立ち入りだそうですが、「今お客さんいないから」とこっそり入れてくださいました。

ありがとうございます!

 

f:id:Fukuneko:20180410220051j:plain

いい感じに混沌

 

家屋の一部をカフェとして提供しているため、まさにそこは「家」です。

昔の実家を感じるその空間に、所狭しと猫グッズや人形が置いてあり、壁も猫で埋め尽くされています。

 

ちなみに猫カフェではないので猫が必ずしも居るとは限りません。

猫とは気まぐれないきものなのです(だがそれがいい)。

 

f:id:Fukuneko:20180410220212j:plain

 

こんなおひとり様スペースもありました。

かごや端っこのクッションは猫さんの寝床かな?

 

「かけション注意」の注意書きがあるのでオスの猫さんが居るのでしょう。

 

f:id:Fukuneko:20180410220140j:plain

猫まんじゅうはカフェでもいただけます

 

そもそもゲストハウスをやめてしまったのは猫さんたちの老化が進んだことも一因だそうです。

老いが進みお客さんに粗相をしてしまったり、夜泣きをしたり…。

猫にも痴呆があるのです。

 

f:id:Fukuneko:20180410220151j:plain

あなたもお年そうね

 

その後ねんねこ屋さんは「老猫見守りカフェ」として営業されているそう。

 

今回は猫アルツハイマーと戦う「タクヤ」、持病と闘病中の「さん吉」に会うことはできませんでしたが、ねんねこ屋さんの3匹の猫たちがどうかおだやかな日々を過ごせますように。

 

f:id:Fukuneko:20180410220130j:plain

隙間が気になるちょび 

 

タクヤは御年22歳。

飼い猫の寿命が延びているとはいえ、人間だと100歳を越えるような年齢です。

人間でも猫でも「老後」は課題だなと考えさせられました。

 

可愛すぎる猫まんじゅう

f:id:Fukuneko:20180410221258j:image

三毛猫は抹茶あん

 

そんなねんねこ家さんで猫まんじゅうをお土産に買って帰りました!

店内で食べてもよかったのですが、主人見せたかったので持ち帰りに。

 

猫まんじゅうは2個1セットの販売で、1個300円です。

三毛猫がかわいすぎる。

 

f:id:Fukuneko:20180410221302j:image

黒ぶちは桜あん

 

こちらは桜あんの黒ぶち。

ちゃんとお鼻がピンクなのがまた素敵なのです。 

 

f:id:Fukuneko:20180410221308j:image

 

せっかくなので並べてみました。

かぶりつくのに勇気がいりましたが、どちらも美味しいおまんじゅうでした!

 

※製造元はリラックマまんじゅうなども販売している「あわ家惣兵衛」さんでした。結婚式二次会のお土産でもお世話になったのでなんだかうれしい。

 

ねんねこ家さんへの行き方

f:id:Fukuneko:20180410221327j:image

いい香箱っぷりにゃ 

 

ねんねこ家さんは水曜定休、営業時間は11:30~18:00です。

東京メトロ千代田線根津駅が最寄ですが、日暮里駅からも15分くらいで歩いて行けます。

 

 

運がよければ猫に会えるカフェ「ねんねこ家」さん。

気になる方は閉店してしまう前にぜひ訪れてみてください。 

 

ねんねこ家さんのホームページ↓

http://nennekoya.com/