世界ふくねこ歩き~猫を探しに世界一周~

ふくねこ、ただいま世界一周中。アジア→ヨーロッパ→南米→北米で回ってます。

ヘルシンキからタリンの移動はフェリーで。ECKERO Line(エケロライン)で行ってきた

f:id:Fukuneko:20170831044058j:image

ターミナル2から出港するよ

 

世界一周51日目。

フィンランドのヘルシンキからエストニア・タリンに向かいました。

 

フェリーは「ダイレクトフェリーズ(Direct Ferries)」というサイトからオンライン予約しました。

 

日本語のフォームもあって、確認メールも英語と日本語の両方が来てありがたかったです。

 

ECKERO LINEの第2ターミナルへの行き方

f:id:Fukuneko:20170831044112j:image

新しくできたばかり

 

この西フェリーターミナル、割と最近できたばかりらしく、けっこう辺鄙な場所にあります。

 

最初メールでは「West terminal」とだけあったので西ターミナルを地図で探して行ったのですが、前日ターミナルに下見に行ってみたらこっちじゃないと。

600mくらい先の第二ターミナルだと。

 

第一はTALLINK(タリンク)というフェリー会社がメインで使用しており、ECKERO LINE(エケロライン)は第二ターミナルがメインのようでした。

 

30分前までにチェックイン完了しないと乗れない決まりが厳密らしく、ギリギリに行ってターミナル間違えたら乗れない可能性もあったので危なかったです。

 

f:id:Fukuneko:20170831044128j:image

6Tと7のトラムが使える

 

この辺鄙な場所にあるフェリーターミナル、トラムもちゃんと通ってます。

 

f:id:Fukuneko:20170831044223j:image

けっこう網羅してる

 

西フェリーターミナルを通るラインは6Tと7です。

 

f:id:Fukuneko:20170831044150j:image

けっこう高くてめげる

 

運賃は中で運転手さんから買うより券売機で買った方が安いです。

 

でも券売機がない駅もあるので、その際は問答無用で「From driver」料金になります。

 

f:id:Fukuneko:20170831044156j:image

ヘルシンキ市内なら右上の

 

トラムの料金はゾーン制です。

一回乗るごとに運賃がかかります。

 

1日券とかでうまく使えば便利な乗り物です。

 

f:id:Fukuneko:20170831044205j:image

数少ない券売機

 

券売機はあまり見かけませんでした。

 

1日券や3日券などを買うならR-Kioskという街中にたくさんあるコンビニで購入できます。

 

ホテル近くの乗り場には券売機がなく、乗車時に運転手さんから買ってのりました。

 

乗車時間はわずか5分程度。

早く移動できて楽だったけど、なんか損した気分。笑

 

f:id:Fukuneko:20170831044236j:image

余裕で間に合いそうだ

 

無事にチェックイン期限の8:00より15分ほど早くターミナルに着くことができました。

 

ECKEROフェリーの乗り方

f:id:Fukuneko:20170831044249j:image

とりあえずチェックインだ

 

チェックインは自動の機械とカウンターかあります。

 

実は昨日、あわよくば事前にチェックインできないかと一度操作をしていたのである程度要領が分かっていました。

 

f:id:Fukuneko:20170831044304j:image

後から混みあってきた

 

さささっと混む前にチェックインの機械へ行き、タッチパネルで操作。

 

予約番号を入れるところはメールで来ていたReference No.を入れたらOKでした。

 

「乗らない人を選択してください(英語)」という画面が出ますが、予定通り全員乗車するのであればそのままCheck-inをクリックすればチェックインできます。

 

f:id:Fukuneko:20170831044312j:image

よく見たらミドルネームみたいなのが

 

チェックインするとチケットが発券されます。

 

とりあえず一安心。

 

f:id:Fukuneko:20170831044325j:image

バーコードをピッと

 

あとはこの改札ゲートにチケットのバーコードをかざして通り、乗船を待つだけです。

 

f:id:Fukuneko:20170831044343j:image

ウムラウト記号の発音が分からない

 

乗船開始はチェックイン期限時刻の8:00頃からでした。

 

特にこの後のチェックはなく次々と乗船していきます。

 

f:id:Fukuneko:20170831044351j:image

乗り込む人々

 

ヘルシンキなどフィンランドの人はたまにエストニアに買い出しに行くそうです。

 

なぜなら物価が安いから。

船でわざわざ渡ってまで…と思いますが、確かにエストニアの方が食料品や飲料は物価が1/2~1/3くらい安かったです。

 

f:id:Fukuneko:20170831044405j:image

タリンまでよろしく

 

フェリーの中は快適

f:id:Fukuneko:20170831044419j:image

このスロットマシンを街でもよく見る

 

フェリーの中は広々としていて快適でした。

 

2時間半ほどの船旅でしたが、あまりそんな時間を感じませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20170831044433j:image

キャビンは事前予約必要

 

船にはカフェやレストラン、バーもあります。

免税店もありました。

 

この日は海が穏やかだったせいかほぼ揺れを感じませんでした。

 

f:id:Fukuneko:20170831044457j:image

気持ちいいデッキ

 

お天気のいい日にはデッキで過ごすのも気持ち良さそうです。

 

この日は天気はいいけどちょっと寒くて室内に逃げました。

 

f:id:Fukuneko:20170831044518j:image

タリンからの船も来てた

 

タリンとのフェリーには高速船もあって、少し高いですが1時間半くらいで着くようです。

 

そこまで急がなくてもいいような気がしますけどね。^^;

 

f:id:Fukuneko:20170831044528j:image

写真は到着時

 

ちゃんとした朝ごはんを食べ損ねたので、カフェでサンドイッチを買って食べました。

 

なぜかこのカフェ、出航後に閉まりました。

お店の人の目を気にせず過ごしやすくてよかったです。

 

エストニア入国

f:id:Fukuneko:20170831044542j:image

旧市街へ向かう人々

 

エストニアはシェンゲン協定の加盟国なので、到着後のパスポートチェックは特にありません。

 

フェリーを降りて普通に出ていきます。

イミグレの名残のゲートはありましたが人も居なく素通りです。

 

 

f:id:Fukuneko:20170831044554j:image

こんにちはエストニア

 

バルト三国のひとつ、エストニア。

 

タリンの旧市街は中世の面影が残る街並みがとても素敵でした。

 

次からは写真を撮りまくったタリンシリーズが続きます(^^)/