世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

本場のネパール紅茶を日本でも!LinkTea(リンクティー)の本格お手軽紅茶

世界一周で訪れた国の中でも紅茶の思い出が強いネパール。

 

そんな「100%本物のネパール紅茶」を日本でも飲むことができました!

 

 

ネパールの紅茶って有名なの?

f:id:Fukuneko:20170822010911j:image

カトマンズの市場

 

紅茶の産地というと思い浮かぶのはインドスリランカ

 

ネパールに紅茶のイメージがある方はそう多くないと思います。

 

実際に、スーパーなどで見かける紅茶の多くはインドのダージリンアッサム、スリランカのウバといったもの。

 

f:id:Fukuneko:20170819235528j:image

ネパールの山地にてエベレストを探す

 

でも実はネパールでも紅茶は日々の生活に欠かせません。

 

ネパールの携える世界最高峰ヒマラヤ山脈。

 

その麓となる丘陵地帯は紅茶の栽培に適していて、量は多くないけれどクオリティの高い紅茶が生産されています。

 

f:id:Fukuneko:20170820182655j:image

ネパールで飲んだミルクティー

 

私たちもカトマンズ滞在中、毎日紅茶を飲んでいました^^

 

深い味わいなのに飲みやすいというのかネパール紅茶の印象です。

 

日本でのネパール紅茶の位置づけはと言うと、専門店に置かれている程度でまだそれほどメジャーではありません。

 

ネパール紅茶のほとんどがヨーロッパへ輸出されているそうです。

 

f:id:Fukuneko:20190707131029j:image

 

「LinkTea(リンクティー)」はそんなネパール紅茶の専門店。

ネパール産の紅茶だけを取り揃えた珍しいお店です。

 

ネパール好き・紅茶好きのつながりで教えてもらいました。

 

linktea.jp

 

しかも現地の茶園で試飲し、美味しいものだけをオーナーから直接買い付けるというこだわり!

 

店舗はなく、現在はイベントでの試飲販売と、ネット通販での販売のみ。


f:id:Fukuneko:20190610101325j:image

 

紅茶は農薬不使用で栽培された茶葉を使用しています。

 

アールグレイやジンジャーティーなどもありますが、今回は一番人気の「セカンドフラッシュ」と、主人も私も大好きな「マサラチャイ」を購入してみました。

 

 

LinkTeaの人気No.1「セカンドフラッシュ」

f:id:Fukuneko:20190707151355j:image

 

「セカンドフラッシュ」は夏摘み(5月~6月)のお茶のこと。

対して、春摘み(3月~4月)のお茶は「ファーストフラッシュ」と呼ばれます。

 

一般的にファーストフラッシュの紅茶は香りが高く、セカンドフラッシュの紅茶は味わい深いと言われています。

 

f:id:Fukuneko:20190707143335j:image

既にいい香り

 

LinkTeaさんではセカンドフラッシュの茶葉の取り扱いもあるのですが、簡単に飲めるティーバッグをチョイス。

 

ティーバッグは三角の不織布タイプでした。

 

この形も茶葉を味わいやすくするための工夫だそう。

 

f:id:Fukuneko:20190707143356j:image

  

お湯を入れたらムーミンのマグカバーで蓋をしてしばし抽出タイム^^

(紅茶は蒸らすといいと聞いたことがあるので)

 

入れ方を見ると抽出時間は3分間とありますが、お好みでいいようです。

 

f:id:Fukuneko:20190707143416j:image

 

フタを取るとふわっといい香り!

見た目にも茶葉が開いているのが分かります。

 

こだわりたい方は温めたカップと沸騰したお湯で入れてみてください。

いっそう芳醇な香りと味が楽しめます。

 

f:id:Fukuneko:20190707143436j:image

 

琥珀色のネパール紅茶。

やはりまずはストレートでいただきましょう。

 

渋みが少なく、独特のお茶の香りが鼻に抜けていきます。

 

何というか、余韻の残る味わい。

 

f:id:Fukuneko:20190707143450j:image

甘くしても好き

 

少し残してミルクティーにしてみたのですが、ミルクティーでも紅茶の香りと味がしっかり残っていて美味しかったです。

 

甘いお菓子との相性はもちろんですが、アイスティーにして食事と一緒に飲んでも合いそうです!

 

 

スパイシーさがくせになる「マサラチャイ」

f:id:Fukuneko:20190610101331j:image

 

こちらはマサラチャイ。

 

実はマサラチャイは前に一度購入していて、リピート購入しました。

 

f:id:Fukuneko:20190610101341j:image

 

マサラチャイの茶葉は「CTC紅茶」というタイプ。

 

CTCはCrush(つぶす)Tear(引き裂く) Curl(丸める)の略。

 

CTC紅茶は、専用のマシンで茶葉を潰して引き裂き、丸い粒状にした紅茶のことです。

 

こうすることで茶葉の表面積が増え、濃厚な味わいの紅茶が抽出できるんだとか。

 

ネパールで日常的に飲まれている紅茶はCTC紅茶だそう。

 

だからあの濃厚なミルクティーができるのですね。


f:id:Fukuneko:20190610101335j:image

 

マサラチャイは手軽にカップでも作れるのですが、せっかくなのでお鍋で煮出してみました。

 

ぐつぐつ煮出しても茶葉がもれてきませんでしたよ。

 

カップでの入れ方と同じように、お湯で抽出してからミルクを入れました。


f:id:Fukuneko:20190610101345j:image

 

スパイスはクローブ・カルダモン・シナモンが入っています。

 

これこれ!このチャイですよ!!

 

個人的には甘さなしよりも砂糖を入れた方が好きです。

 

主人は小腹を満たすために飲んでいました(笑)

 

 

ネパール紅茶で紅茶が好きになった

f:id:Fukuneko:20170820182746j:image

カトマンズのカフェちくさにて

 

日本ではまだあまりその魅力が知られていないネパールの紅茶。

 

主人も私もネパールでは紅茶を飲みまくるほど、ネパールの紅茶を飲んでみてとても好きになりました。

 

またネパールに行けたらなと思います。

そして今度こそエベレストを見たいです!

 

ネパール紅茶を購入したお店

linktea.jp

 

また、ネパールはアジア最貧国と言われる国です。

地震の復興もまだまだ進んでいません。

 

紅茶を通じて現地の生産者の方を応援できたらとてもいいなと思います。

 

 

ネパールの関連記事

www.fukuneko-trip.com

www.fukuneko-trip.com