世界ふくねこ歩き~猫と旅と夫と私~

2017年7月〜2018年1月+16日で世界一周。猫と暮らし始めました→むぎにゃん(https://muginyan.com)

【Saten(サテン)】西荻窪の「日本茶スタンド」という新しいスタイルのカフェ

西荻窪に新しいタイプのお茶カフェができたと知り行ってきました。

「日本茶スタンド」という今までにない斬新なカフェでとても素敵でした!

 

もくじ

 

 

茶リスタのいるお茶もコーヒーも楽しめるお店

f:id:Fukuneko:20180430145643j:image

 

Saténさんは西荻窪駅から徒歩2分ほど、西友を出て少し吉祥寺方面に歩いたところにあります。

 

もともとこちらのSaténの店主小山さん、三鷹と吉祥寺の境目くらいにあった「UNI STAND(ユニスタンド)」というカフェを経営されていたのですが、クラウドファンディングで資金を集め、このたびの4月23日、西荻窪に「Satén」として新しくカフェをオープンされました。

※Satenの「e」は本当は「é」ですが変換が大変なのでSatenと表記させていただきます。

 

ユニスタンドが閉店したのは寂しいですが、こちらの新しいカフェが気になり過ぎて早速行ってみました。

 

f:id:Fukuneko:20180430145648j:image

テラス席もある

 

お茶のバリスタ、「茶リスタ」の称号をもつ店主さん。

もともとお茶のカフェで働いていたこともあり、ユニスタンドでもお茶メニューを出していました。

 

ユニスタンドは地下にあるこぢんまりしたお店だったのですが、西荻窪の新しいお店はテラス席もある和モダンかつ開放的なお店になっています。

 

f:id:Fukuneko:20180430150011j:plain

 

面白いのがそのお店のつくり。

写真右側がコーヒースタンド、左側がお茶コーナーという二面性を持っています。

(店内の席は自由です。)

 

もう一人の経営者藤岡さんはブルーボトルコーヒーの元バリスタ。

お二人でお茶の抽出を研究されたそうです。

 

Satenでいただけるメニュー

f:id:Fukuneko:20180430145826j:image

かわいいだるまさん

 

そんな抽出のプロが作るメニュー。

いったい何が出てくるのか…?

 

Satenさんは飲み物メインのカフェなので、メニューは日本茶、コーヒー、ソフトドリンク、さらにアルコールもあります。

 

f:id:Fukuneko:20180430145835j:image

紙もまたいい感じ

 

砂炒りほうじ茶は砂と一緒にお茶を焙じているそうです。

へーへーへー!!

 

ブルックリン生まれのクラフトコーラも気になるし、抹茶ビールも気になります。

 

f:id:Fukuneko:20180430145840j:image

フードは鋭意準備中

 

今のところフードメニューはトーストと最中。

食パンは経堂のちいさな手作りパンのお店onkaさんに特注したものだそう。

 

 後日訪問。メニューが増えていました↓

www.fukuneko-trip.com

 

 

f:id:Fukuneko:20180430145854j:image

コーヒーの抽出器も

 

席はカウンターが約8席ほど、テラス席は2~3人座れそうなスペースがあります。

 

f:id:Fukuneko:20180430145858j:image

 

奥のテーブル席もおしゃれさん。

この色合いが好きです。

 

f:id:Fukuneko:20180430145906j:image

抹茶を立てる手つきが鮮やか

 

今回は目の前でお茶を淹れるところが見られるカウンター席にしました。

この茶器たちはインテリアかと思いきや、この後実際に活躍。

 

実とデザインを備えた機能美が素晴らしい。

 

目の前ではちょうど小山さんが抹茶ラテの抹茶を立てているところで、絵の具のような鮮烈な緑の抹茶がミルクに注がれる様子に興奮しました。

 

f:id:Fukuneko:20180430145911j:image

初めて見る器具にわくわく

 

その後もいろいろなアイテムでお茶を淹れる小山さんとそれをさりげなくサポートする藤岡さん。

見事な連携プレーです。

 

ほうじ茶はエアロプレスというコーヒー用の器具で抽出していました。

そんなのあるんか!

 

家では飲めない味わい深いお茶

f:id:Fukuneko:20180430145926j:image

 

こちらは主人が注文した「静岡県掛川 ひらの園ブレンド」。

コポコポと注がれたお湯にいいお茶の香りが立ち込めます。

 

こちらは後程コーヒーカップで提供されました。

(次の写真の後ろに写ってます。)

 

f:id:Fukuneko:20180430145932j:image

 

そしてふくねこの注文したほうじ茶ラテ。

目の前で先ほど抽出したほうじ茶をミルクに注いでくれます。

 

ミルクとほうじ茶の重さの違いでみごとなグラデーションが出来上がりました。

 

f:id:Fukuneko:20180430145953j:image

混ぜるタイミングに悩む

 

ほうじ茶の部分を少しそのまま飲んでみましたが、濃い!!

ミルクと混ぜるために抽出されたほうじ茶です。

 

f:id:Fukuneko:20180430145958j:image

クリーミーな色

 

「これは混ぜるべき」と確信を得たので均一に混ぜ混ぜ。

ほうじ茶のほのかな苦みと香ばしさがミルクに負けず引き立って、美味しい飲み物が出来上がりました。

 

f:id:Fukuneko:20180430150003j:image

シロップの砂糖は三温糖かな?

 

甘みが欲しいなーでも邪道かなーと恐る恐る聞いてみたところ、快くシロップを出してくださいました。

優しい甘さのシロップは三温糖かキビ砂糖製か、規制のガムシロップではなくさらりとした茶色いシロップ。

注いだら美味しくなることが保証されたシロップでした。

 

私はどちらかというとジュースとか飲み物をあっという間にごくごく飲み干してしまうタイプの人間なのですが(だからカフェに向かない)、「お茶」という飲み物がベースになっているためか、珍しくゆっくり味わいながら飲む時間を持てました。

お茶、すごい。 

 

他のドリンクも試したい

f:id:Fukuneko:20180430145817j:plain

バー的な一面も 

 

今回「砂炒りほうじ茶」に惹かれて注文しましたが、鮮烈な緑の抹茶ラテもものすごく美味しそうだったので今度はそちらを頼んでみたいと思います。

 

ストレートのお茶にも違いがあり、もうひとつの屋久島のお茶の方は甘みがあるんだそう。 

「バターのような味わい」なんてお茶の表現で初めて聞きました!

 

ちなみにお茶も飲み過ぎると酔っぱらうことがあるそうです。

成分というよりはその香りに酔うそう。これも知らなかった。

 

・斬新かつ本格的なお茶が飲めて

・落ち着いた時間を過ごせ

・お茶の豆知識も聞ける

 

そんなSatenさん。

いろいろなお茶・ドリンクを飲んでみたくなる素敵なお店です!

 

お店の場所

 

抹茶ラテもおすすめ

f:id:Fukuneko:20180501213407j:image

緑がすごい

 

翌日、どうしても抹茶ラテが飲みたくて再び来店。

アイス抹茶ラテをいただきました。

 

f:id:Fukuneko:20180501213411j:image

濃厚感!!!

 

抹茶の香りと鮮やかな緑に惚れ惚れ。

美しすぎて混ぜるのをためらいます。

 

f:id:Fukuneko:20180501213417j:image

グラデーション

 

いつまでも眺めていてもあれなので、ストローで回すと綺麗な萌黄色に。

 

飲んだお味も抹茶の味わいとミルクが相乗効果で一際美味しくなっています。

1+1は2じゃなかった。

 

あと個人的にはガラスコップの薄さにも是非注目してほしいです。

 

f:id:Fukuneko:20180503163847j:image

 

こちらは別の日に飲んだほうじ茶ラテのホット。

 

f:id:Fukuneko:20180503163854j:image

 

ふんわりフォームドミルクとほうじ茶がクリーミーな味わい。

ラテなのにほうじ茶だから後味すっきりで美味しかったです^^

 

f:id:Fukuneko:20180507103421j:image

 

更に別の日に抹茶ラテのホット。

 

f:id:Fukuneko:20180507103512j:image

 

抹茶ラテアートも素敵でした。

その場で立てる抹茶のラテなのでほんと美味しさが違います!

 

猫好きさんにもおすすめ

f:id:Fukuneko:20180501213427j:image

 

さて、奥のテーブル席には本コーナーがあるのですが、ここに気になる一冊。

 

f:id:Fukuneko:20180501213433j:image

どきゅーーん

 

「日本の猫宿」。

なんて素敵!!!

 

バリスタの藤岡さんは猫好きだそうで、ちょっとだけ猫談義に花も咲かせていただきました^^

 

f:id:Fukuneko:20180501213438j:image

 

この本にあった青森県のまるほん旅館さんの女将さん、うちの実家の子にそっくりでした!

 

f:id:Fukuneko:20180501213620j:image

 

ほくろの位置も同じ(o^^o)

そんなわけで(?)猫好きさんにもおすすめのカフェです◎